スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

20世紀少年 終わりの始まり 

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり

▼ジャケット表
20centuryboys1.jpg

▼ジャケット裏
20centuryboys2.jpg

▼盤面
20centuryboys3.jpg

▼仕様
・時間:142分(本編)+特典
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/5.1chchサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
世界が終わろうとしています。
ぼくらの"ともだち"によって…。
1969年。
少年ケンヂは人類滅亡を空想して、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、確実には起こりえない"未来"のはずだった…。
だが、大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。
時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。
実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!
世界を陰で操る謎の男"ともだち"とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのだろうか?
そして、2000年12月31日、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する"その日"が訪れる…。
世界が注目する浦沢直樹のベストセラーコミック『20世紀少年』が遂に実写映画化。
堤幸彦を監督に迎え、超豪華なオールスターキャストが集結、約50年に及ぶ壮大なストーリーが動き出した。
謎が謎を呼ぶ第1章。ここから、終わりが始まる。

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは強めにかかっています。
このフィルムグレインの質にやや難があり。
フィルムらしさの味のあるグレインというよりも、人工的なデジタルノイズようなあまり綺麗に見えないグレインとなっています。
暗いシーンでは顕著に出るためうるさく汚く感じるかもしれません。
シャープさはぼんやりとして輪郭が甘いシーンが多い。
所謂、邦画らしい映像と言えば伝わるでしょうか。
キリッとした絵ではなく、ぼやっとした邦画テイストです。
引いたシーンではより顕著に。
暗部シーンでの諧調もよろしくない。
かなり諧調が悪く潰れてるかと思える程、暗いシーンでの表現に難があります。
とにかくこの諧調表現の悪さには閉口。
動きのあるシーンについても破綻する事はありませんが、見ずらい箇所が多い。
とは言え、高ビットレートを維持した映像ですし再現性はよいのだと思います。
もうこれらの物足りなさは邦画全般に言えるマスターや撮影機器の問題なのでしょうね。
他のBD作品と比べると並~少し下。
再現性はよいのだと思いますが、ソースの問題が大きい。
邦画テイストが好きなら問題なく見れるとは思います。
新作ですし、邦画にしては珍しく結構な制作費をかけた作品と聞いていましたので、従来の邦画と違った質の映像を見せてくれるのかと期待していましたが、よくある邦画テイストで残念です。
邦画にももっと頑張ってもらいたい。
【音質】
音もそこそこ。
重低音はよく出ています。
鳴りもよいですが、そこそこ重みの感じる音。
高音についてもクリアな音が出ていて伸びもまずまず。
サラウンド感についてはシーンによってかなりバラツキがある。
よく音がなり臨場感のあるシーンが一部で見受けられますが、基本的には大人しめになっています。
セリフ部分は聞き取りにくい箇所が結構ある。
多くは邦画によくあるボソボソ話す役者のせい。
ただ、音の鳴りがよい分、セリフと被ってしまい聞き取りにくい箇所も。
音のバランスがあまりよろしくないのだと思います。
セリフ部分を考えないなら★4くらいはありそうですが、トータルなら★3。
ロスレスサウンドながらこの音質ですから、こちらもソースの問題なのでしょうね。
【物語】
内容は漫画「20世紀少年」を実写化した作品。
全3部作のうちの1作目となります。
原作を読んだか読んでいないかで感想が異なるかもしれません。
基本的に原作を読んでいなくてもついていけるとは思いますが、説明不足で分かりにくい箇所もあるかも。
原作を読んでいる自分としては登場人物やストーリーを含め、説明不足な箇所を補完できるのですが、不親切な箇所も多いです。
一方、原作を読んだ人からすると、原作に忠実な反面、型にハマり過ぎていて物足りなさを感じる。
とは言え、テンポは悪くないと思います。
途中途中の見せ方は好きですが、クライマックスの見せ方はあっけなく肩すかし。
見せ方、演技などを含め、内容の割に緊張感が全くないのも難。
しかし、この作品の酷さは役者の演技につきます。
漫画原作の弊害か演じ切れていない役。
特に少年時代の演技の酷さは見ていて苦痛を感じるレベル。
全体的に楽しめない訳ではないのですが、なんとなくで終わってしまい、第2章へと続いていきます。
3部作という事もあるのでしょうが、型にハマりすぎたTVドラマのような作りになっています。
【特典】
特典はHD画質で第1章と第2章の予告、TVCMのみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質はいかにも邦画的な質になっていますし、特典も寂しい作り。
よほど作品が好きじゃない限りお薦めできません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり】
監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子
製作年:2008年
発売日:2009/01/30
販売元:バップ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/04 08:37 ] な行 | TB(0) | CM(0)

狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX 

狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX

▼BOX表
ookamikoushinryo1.jpg

▼BOX裏
ookamikoushinryo2.jpg

▼ジャケット1表
ookamikoushinryo3.jpg

▼ジャケット1裏
ookamikoushinryo4.jpg

▼ジャケット2表
ookamikoushinryo5.jpg

▼ジャケット2裏
ookamikoushinryo6.jpg

▼フォトスタンド収納ケース表
ookamikoushinryo7.jpg

▼盤面1
ookamikoushinryo8.jpg

▼盤面2
ookamikoushinryo9.jpg

▼盤面3
ookamikoushinryo10.jpg

▼盤面4
ookamikoushinryo11.jpg

▼仕様
・時間:約308分(本編)+約7分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)×4枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
賢狼ホロと行商人ロレンスの出逢いと波乱の道中がHDクオリティで蘇る!
«高品位HDマスターからのダイレクトオーサリング»
«インナージャケットは全て文倉中描き下ろし»
シリーズ全13話を完全収録【テレビ放送12話+未放送1話/BD25G×4枚組】
映像特典:ノンテロップOP&ED、TV-スポット集、第十三幕ノンテロップED
【封入特典】
■オールカラーブックレット
■特製プロマイド(24枚)&フォトスタンド
■DVD版ジャケットイラストカード(6枚)

▼感想
【画質】
映像はそこそこです。
フィルムグレインはTVアニメですので全くなくすっきりした映像。
シャープさは輪郭が甘くぼんやりするシーンが多いです。
本編とOP&EDで違いがあり、OP&EDのほうが製作解像度が高いのでしょうか。
OP&EDは綺麗な輪郭線が保たれておりよい出来で満足できるのですが、本編は弱くなる。
ソフトフォーカスをかけたかのような柔らかい映像になっていますが、純粋に解像度が足りてない感じがします。
一部輪郭線に軽いジャギーが出ますが、ジャギーについてはそこまで目立つものではないので気にならないかと思います。
それよりも気になるのが、本編時に現れる輪郭線の乱れのようなもの。
1080pのプログレッシブ収録なはずですが、インタレースかと思うかのような映像になっています。
インタレース時の走査線の影響を受けてしまっているようなそんな映像。
これが輪郭線に切れ目を与えて汚くしてしまっています。
ただ、常にこのような映像という訳ではなく、出ないシーンも多いです。
暗部の諧調表現はそこそこ、黒が潰れる事はありませんし再現性は悪くないです。
発色は良いので綺麗な色は出ている。
ノイズやモアレが発生しそうなシーンも破綻していないのは○。
自然の描写が綺麗に再現されているので見ていて心地よいです。
再現性は悪くないと思います。
他のBDアニメと比べるとそこそこでしょうか。
走査線の影響を受けたかのような本編映像は気になりますが、それ以外は映像全体が破綻する事はありませんので悪くはない画質。
OP&EDだけなら★5、本編は★3の印象。
【音質】
音は中々よいです。
重低音はやや軽さが残る音。
これはTVアニメなので仕方ないでしょうか。
高音の伸びはよいです。
綺麗な音がしっかり通りますので心地よい。
ステレオ音声ですのでサラウンド感はありませんが、素直な音が出ています。
セリフ部分もクリアですので聞き取りにくい箇所もなし。
原音を忠実に再現した音質だと思います。
【物語】
内容はライトノベル原作を1クールのTVアニメ化した作品。
行商人と連れの賢狼の旅を描いた作品。
舞台が中世ヨーロッパのような世界観で好みです。
行商人が主人公という事で、商談話が随所に出てきますが、会話だけだと少し分かりにくい箇所もあり、一度聞いただけでは理解するのに苦労するシーンも。
ゆっくりとした展開から急にシリアスになったりとメリハリがありテンポはよい。
ただ最後は神頼み的な展開になってしまうので、緊張感という意味では欠ける内容です。
1話~6話で一区切り、7話のおまけがあり、8話~13話で一区切りといった流れ。
ですので、大まかな話としては2本。
もっと見ていたいと思えるので、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。
このアニメの面白さは主人公二人の掛け合いですね。
付かず離れず見ていてにやけてしまうような出来になっています。
そしてヒロインであるホロの独特な話し方や仕草など、これをかわいいと思えるかどうか。
このホロをかわいいと思えるかどうかに、このアニメにハマるかどうかが集約されていると思います。
個人的にはラストのまとめ方といい好みの作品でした。
二期の制作も決まっているようなので楽しみです。
【特典】
特典はHD画質でノンテロップOP/ED。
映像特典は上記のみですので少し寂しいですが、封入特典に満足できる。
ブックレットやDVD版ジャケットのイラストカードの出来も中々よいですが、フォトスタンドの出来がかなりよいです。
しっかりと作られた物ですのでファンなら満足できると思います。
【総評】
画質以外に注文を付けるとしたら1層DISC4枚組という事でしょうか。
せっかくBOXで発売するのですから、2層DISC2枚組にしてくれたほうが有難い。
本編の画質はやや癖があるものの、音質は素直ですし、封入特典の作りはいいですので、作品のファンなら押さえておいてもいいかもしれません。
2009年3月末日までの期間限定生産との事ですので、購入を検討している方はお早めに。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX】
監督:高橋丈夫
出演:福山潤(声)、小清水亜美(声)
製作年:2008年
発売日:2009/01/30
販売元:ポニーキャニオン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/01 09:41 ] あ行 | TB(0) | CM(4)

マクロスF(フロンティア) 6 

マクロスF(フロンティア) 6

▼ジャケット表
macrossf61.jpg

▼ジャケット裏
macrossf62.jpg

▼マクロスフォールドカレンダー '09/'59 ランカ・バージョン(初回特典)
macrossf64.jpg

▼盤面
macrossf63.jpg

▼仕様
・時間:72分
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
バジュラ空母艦隊、フロンティア船団に接近!
激戦の陰に、黒幕たちの思惑が渦巻く…。
14 マザーズ・ララバイ
バジュラ空母艦隊は消滅した惑星ガリア4を離れ、フロンティア船団めがけてフォールドを行った。
迎撃に向かうルカは、ナナセに秘めた気持ちを打ち明けようとするが…。
準女王艦の内部に捕獲されたランカは、不思議な空間の中で亡き母の子守唄を聞く。
彼女の記憶が指し示す真実とは何か?
15 ロスト・ピース
大損害を受けたフロンティア船団。
帰還したシェリルは体調がなかなか回復せず、グレイスから仕事のキャンセルを告げられた。
ガリア4の事件から市民の関心はランカへと移り、その人気は急上昇する一方だ。
その陰で密かに進行する謎のプロジェクト…。
黒幕たちが事件を振り返る。
16 ランカ・アタック
アルトはS.M.Sのオーナーであるビルラーの屋敷に呼び出された。
断層で隔てられた銀河をひとつにしたい - 自らの夢を熱くアルトに語ってみせるビルラー。
一方、ランカの歌がバジュラ対策に有効だと考えた三島は、大規模な実験を提案する。
兄オズマたちに護衛され、ランカはついに戦場へと出た。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
基本的に現在までに出ている計5巻と全く同じ画質です。
グレインは当然なくTVアニメらしいすっきりとした映像。
シャープさは相変わらず甘さの残る映像になっています。
やや輪郭がぼんやりとしておりキリッとはしておりません。
意図的な演出で少し柔らかい輪郭にしている面もあるでしょうが、それよりも解像度が足りていないような印象が強い。
発色はとてもよく鮮やかな色を綺麗に再現できています。
暗いシーンの諧調表現もよく満足できる。
いつも以上にグリグリと動く戦闘シーンが盛り込まれていますが、全く破綻しないのはさすが。
あれだけスピード感があり細かいシーンを破綻なしで見れるのはBDならではじゃないでしょうか。
他のBDアニメと比べても中々綺麗な部類に入ると思います。
現在までに出ている計5巻と全く同じ画質と言えるので、それまでの購入者なら安心できる映像です。
【音質】
音も中々。
こちらも基本的に過去計5巻と変わらない音です。
重低音はやや軽さが残るものの鳴りはよいので迫力があります。
高音はやはり綺麗ですね。
クリアな音ですし綺麗に伸びる音ですので心地よいです。
サラウンド感はステレオ音声という事でありません。
セリフ部分はクリアで、重なる事がほとんどなく聞き取り易い。
原音に忠実な音質だと思います。
【物語】
内容はTVアニメ、マクロスFの第14話~第16話収録です。
14話は戦闘メインの話になっておりよく動きます。
ただ7話であったようなマクロスらしい歌と戦闘の融合が薄れてしまっているのは残念。
15話はこれまでの総集編に近い形で進みますが、シェリルとランカの二人が歌うシーンなどはとても印象的で好きなシーンの1つです。
これまで以上にストーリーが急転し色々と謎や黒幕の正体が見え隠れしていく。
話が一気に進行していき謎も深まる反面、面白みにやや欠ける展開な印象です。
毎回のように変わるEDは楽しいですし歌が豊富なマクロスの良さが出ています。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でマクロスグッズ紹介、バンダイビジュアルBD紹介。
チャプターは通常のチャプターの他、曲名からチャプターを選ぶ事ができ、ここはマクロスらしくて◎。
封入特典でブックレット、さらに初回特典で卓上カレンダーが付いてきます。
この卓上カレンダーですが第3巻でついてきたものと違い、台となるものが付属しておらず用紙のみとなります。
【総評】
画質/音質は過去計5巻と同等レベルですので、安心できる作りですので作品のファンなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【マクロスF(フロンティア) 6】
監督:河森正治(総監督)、菊地康仁
出演:中村悠一(声)、遠藤綾(声)、中島愛(声)
製作年:2008年
発売日:2009/01/23
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/01/28 09:59 ] ま行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。