スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

▼ジャケット表
therewillbeblood1.jpg

▼ジャケット裏
therewillbeblood2.jpg

▼盤面
therewillbeblood3.jpg

▼仕様
・時間:158分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
«欲望»という名の黒い血が、彼を«怪物»に変えていく…。
アカデミー賞受賞 ダニエル・デイ=ルイス主演。
石油王の魂の破滅を描いた鮮烈な人間ドラマ。
アカデミー賞最多8部門ノミネート、見事2部門でオスカーに輝き、全米で大絶賛された映画史に残る必携の傑作!
舞台は20世紀初頭のカリフォルニア。
幼い息子と2人きりで石油発掘による一攫千金を狙うダニエル・ブレインヴュー(ダニエル・デイ=ルイス)は、1人の青年から仕入れた情報を手がかりに見渡す限りの荒野を買取り、莫大な油田を掘り当てる。
勢いに乗って事業を拡大し、富と権力を手にする一方、油田の大事故で息子が聴力を失ったことをきっかけに、自ら周囲との関係を閉ざし孤立していく…。
大地から噴き出す黒々とした石油のようなブレインヴューの欲望が、彼自身の魂をのみ込み破壊していく様を、躊躇せずに描いた壮絶な人間ドラマ。
『ブギーナイツ』、『マグノリア』で知られる俊英ポール・トーマス・アンダーソン監督入魂の1作。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに処理されています。
とてもフィルムライクな質感が出ている反面、人によってはノイジーでうるさく感じるかもしれません。
ただこの作品の雰囲気はよく出ているので、これくらい強くてもいいかも。
人物描写がとてもよいです。
シャープさはとてもよく輪郭が綺麗に出ている。
時折輪郭を強調させすぎではないかと思うくらい強く出ています。
暗部シーンは撮影か仕様なのか分かりませんが諧調がおかしい。
潰れていると感じるくらい暗く分かりにくいのですが、これは演出なのでしょうか。
それと気になるのは独特な輝度。
ギラギラと感じるくらい強いコントラストになっていますので好みが別れそうです。
他のBD作品と比べると十分綺麗な部類に入ります。
好みが別れそうな映像ではありますが、個人的には★4~5はある高画質な映像。
VC-1でもこういった映像が出せるのだなと感心できる映像ではあります。
【音質】
音は中々よい。
とにかくシーンによって音が変わる。
ドラマ調の箇所は重低音はほとんど響かなく軽い音になっています。
高音は全体を通してよく鳴り伸びる音。
特徴的なBGMを綺麗に再現できている。
サラウンド感はドラマ調パートではほとんど感じる事はありません。
ただ、石油発掘シーンなどでは驚くくらい四方から鳴り迫力のあるサウンドに。
セリフ部分はクリアで聞き取り易いものの、セリフ箇所でのサラウンドがほとんどないのが気になりました。
音としての差はあるものの、仕様でしょうから仕方ありません。
原音を忠実に再現した音だと思います。
【物語】
内容は一人の石油人の人生を描いたヒューマンドラマ。
欲を描いた作品でとてもエネルギーに溢れています。
映像面では独特な描写など多いのですが、その中でも特徴的なのは音。
作風とは全く合わないサウンドが頻繁に挿入される。
最初から強烈な違和感を感じるものの、登場人物の心理描写と相俟って次第に慣れていき、不思議な感覚に。
そしてダニエル・デイ=ルイスの演技力が圧巻です。
ただ、他の出演者に違和感を感じたりと最後まで合わなかった箇所も。
何より作品がとにかく長い。
作品の尺が長いのもそうですが、所々間延びしてしまって、飽きはしないものの疲れてしまう。
本当にここまで尺を長くする必要性があったのか謎です。
圧巻な演技力による衝撃の結末と、本来なら終わった後に色々と考えてしまうのかもしれませんが、最初に感じる感想は「疲れた」というのが正直な感想です。
内容、音などを含めて、人を選ぶ作品なのは間違いないと思います。
好みな人はたまらないでしょうし、合わない人は退屈に感じるかも。
個人的には作品自体は嫌いではないのですが、疲れました。
それにしても、THERE WILL BE BLOODというタイトルは上手に付けましたね。
作品自体がうまく集約されたタイトルです。
【特典】
特典はHD画質で予告、未公開シーン、別テイク、資料集、石油の物語と中々。
石油の物語は1920年代当時の石油事業宣伝フィルム(モノクロ)と興味深いです。
【総評】
画質/音質と好みが別れる感じはしますが十分高品質ですので、作品に興味があるなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド】
原題:THERE WILL BE BLOOD
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ケヴィン・J・オコナー
製作年:2007年
発売日:2008/08/20
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/24 02:53 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX 

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

▼BOX表
macrosszero1.jpg

▼BOX裏
macrosszero2.jpg

▼ジャケット1表
macrosszero3.jpg

▼ジャケット1裏
macrosszero4.jpg

▼ジャケット2表
macrosszero5.jpg

▼ジャケット2裏
macrosszero6.jpg

▼ブックレット
macrosszero9.jpg

▼盤面1
macrosszero7.jpg

▼盤面2
macrosszero8.jpg

▼仕様
・時間:158分(本編)/15分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×2枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
オリジナルビデオアニメーション
全5話収録(2枚組)
「マクロス」シリーズ初!
HD制作&3DCGを駆使した記念すべきOVAシリーズ、Blu-ray Discで登場!
ボックスイラストはメカニックアート天神英貴による描き下ろし!
[封入特典]
■20P解説書
[映像特典]
■「マクロス ゼロゼロ」
■声優コメント
[音声特典]
■最終章「鳥の人」新録オーディオコメンタリー

▼感想
【画質】
映像は綺麗ですが、判断が難しい。
全編を通してグレインはなくすっきりした映像。
全5話構成なのですが、話数によって画質というか作画に違いがあります。
気になるのが輪郭線で現れるジャギー。
このジャギーなのですが画質的な要素で現れている訳ではなく、どうやらマスター自体に現れているようです。
3DCGやデジタル加工した際に見受けられるようで、稀にジャギーが強く出る。
ただ、制作を重ねていくごとにこなれていったのか、4話5話という終盤の話ではほとんど出る事はなくなります。
ですので、1話~3話までの画質と4話~5話までの画質が全く別物に感じる。
シャープさにおいても同様で、全体を通すと強い輪郭線ですので比較的くっきり感じるかもしれませんが、1話~3話まではソフトフォーカスをかけたような少しぼんやりした箇所も多い。
一方で4話~5話は非常にくっきりとした映像になっています。
暗部シーンは比較的頑張って出ている。
動きのあるシーンが多いですが破綻する事なく再現できているのはさすが。
全体を通すとハイビジョンらしさを感じる事はできる画質で満足できる。
他のBDアニメと中々綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
評価的に言うならば、1話~3話は★3つ、4話~5話は★5つとバラツキのある画質ではあります。
ディスク2の4話5話に収録されている高画質な映像は見る価値があると思います。
【音質】
音も中々よい。
重低音は少し軽さが残るもののよく出る音。
鳴りがとてもよいので音の軽さをカバーしてくれています。
高音は大変綺麗に出ていてよく伸びる。
広がりのあるサウンドがクリアに出ていて美しい。
サラウンド感は戦闘シーンでは中々すごい。
ただ音の位置はあまりいいとは言えず、迫力があるのですが臨場感には少し欠ける印象。
セリフ部分は一部シーンで他の音と重なり聞き取りにくい箇所があるものの、全体を通すとクリアで悪くないです。
アニメシリーズの音としては十分満足できると思います。
【物語】
内容はマクロスシリーズのOVA作品。
メッセージ性の強いシリアスな展開のアニメ。
設定は少し分かりにくさがあるものの、ついていけない程ではありませんでした。
少し後半が早足になるので、全5話だと尺が短いのかもしれません。
もう少し長ければ色々と深く描けたのかなと、そこは残念。
ただその中に色々な要素を詰め込んでいる。
マクロス的な要素もしっかりと入っています。
3DCGを使った戦闘シーンもスピード感、迫力があって秀逸な出来です。
ラストの〆方も個人的には美しくて好み。
好みが別れるかもしれませんが、自分はこの作品かなり好みです。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質(4:3上下黒枠)でコメディー予告であるマクロスゼロゼロ、HD画質(4:3)で声優コメントとそこそこ。
音声解説は最終話のみに入っているのですが、新録でマクロスFについての話もチラッと入っています。
他に封入特典で20Pの設定や解説などを書いたブックレット。
このブックレットの出来は中々よい。
【総評】
画質/音質は満足できるレベルですので、作品やシリーズのファンなら是非。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【マクロス ゼロ】
監督:河森正治
出演:鈴村健一(声)、小林沙苗(声)、南里侑香(声)
製作年:2002年
発売日:2008/08/22
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/22 07:37 ] ま行 | TB(0) | CM(0)

バンテージ・ポイント 

バンテージ・ポイント

▼ジャケット表
vantagepoint1.jpg

▼ジャケット裏
vantagepoint2.jpg

▼盤面
vantagepoint3.jpg

▼仕様
・時間:約90分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
«23分間»に隠された«真実»…8人の時間が交差するリアルタイム・アクション超大作!
演説中の大統領を打ち抜いた1発の銃弾。
8人の異なる視点から始まる8つの時間。
真実はいったい何なのか…!?
スペイン・サラマンカ、マヨール広場。
国際テロ対策の首脳会議が開催される会場にて、アシュトン米大統領への狙撃事件が発生。
事件の鍵を握る重要な目撃者は8人いたが、彼らが異なる地点・立場から見たものは違っていた…。
現場にいたシークレット・サービスのトーマス・バーンズは、事件の裏に隠された真相をたった1人で追い詰めるが…。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるもの。
程よい案配で処理されているのでフィルムライクな質感が残りつつも、ノイジーには感じません。
これくらいのグレイン処理が好みです。
シャープさもよく細かい箇所も丁寧に再現できています。
くっきり感のある画質になっている。
暗部シーンはあまりありませんが綺麗に出ている。
動きのあるシーンの再現性はとても素晴らしい。
よく映像が動くのですが全く破綻する場所がありません。
時折、撮影機材のせいなのかピントがずれて甘くなる箇所があるものの、全体を通すと満足できる画質。
色のメリハリが大人しい作品なので好みは別れるかもしれません。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
★4~5はある高画質な映像。
個人的にはこれくらいの画質で出してもらえれば満足できる。
【音質】
音はとてもよい。
重低音はしっかりと響きのある音。
厚みのある音で低音が綺麗に出ています。
高音もよく伸びてクリアな音が出ている。
サラウンド感はとても感じる事ができます。
とにかく音がよく回る。
綺麗に出てくれるので音の位置もはっきりして臨場感たっぷりです。
セリフ部分もクリアで聞き取り易い。
音質面での不満はありません。
【物語】
内容は様々な視点が交差するサスペンス・アクション。
とにかくスピード感溢れる作品です。
最初の出だしから惹き付けられそのまま一気に駆け抜ける。
スリリングな展開、様々な視点が交差するごとに明らかになっていく真相と意外性。
テンポが大変よく90分という尺もあって息をつかせぬ展開。
どこかTVドラマ24を感じさせるような箇所もありますが、綿密に計算されたシナリオ。
カーチェイスを始めとしたアクションシーンの出来もスリリングで素晴らしい。
細かい設定を見るとご都合主義な展開もありますが、個人的にはあまり気になりませんでした。
深く考えずにサスペンスアクションとして見ると大変楽しめる傑作だと思います。
個人的には大好きな作品です。
【特典】
特典は音声解説の他、GPSトラッカーというPinP機能、HD画質でメイキング、ドキュメンタリー、SD画質でもう1人の俳優、BD-LIVEと豪華。
GPSトラッカーというPinP機能については特典から選び、本編中に別映像を表示しながらという形なのですが、映像の早送りができなかったりと使い勝手が悪いです。
BD-LIVEについてはメン・イン・ブラックに収録されていたのと同じもの。
立ち上がりが遅いのでこちらも実用性には欠ける。
とは言え、メイキング・ドキュメンタリーなどHD画質で収録されていますし特典類の満足度は高いです。
【総評】
画質/音質/特典と満足できる作りですので、サスペンス・アクション好きならお薦めできます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【バンテージ・ポイント】
原題:VANTAGE POINT
監督:ピート・トラヴィス
出演:デニス・クエイド、マシュー・フォックス、フォレスト・ウィッテカー
製作年:2008年
発売日:2008/08/20
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/22 01:32 ] は行 | TB(0) | CM(0)

ウォーター・ホース 

ウォーター・ホース

▼ジャケット表
waterhorse11.jpg

▼ジャケット裏
waterhorse12.jpg

▼盤面
waterhorse13.jpg

▼仕様
・時間:約112分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフが贈る、ファンタジー・アドベンチャー大作!!
孤独な日々を過ごす少年アンガスは、ある日、ネス湖で不思議な卵を見つけ持ち帰る。
なんとそれは伝説の生き物"ウォーター・ホース"だった。
やがて友情と信頼で結ばれ、かけがえのない存在になっていくが、平和な日々は長く続かなかった。
砲撃の的となってしまったウォーター・ホースを逃がそうとアンガスは懸命になるのだが…。
果たして少年はたった一人のトモダチを守ることが出来るだろうか?

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です
フィルムグレインは細かい粒状感のものが適度に点在しています。
うるさく感じる事は全くなくフィルムライクな味のあるとてもいい質感。
人物描写がとてもよい。
シャープさは細かい箇所もしっかりと再現されていてよいです。
スコットランドの美しい風景が見事に映し出されている。
この素晴らしい画質での風景を見るだけでも価値があります。
暗部シーンや動きのあるシーンでも丁寧に再現されていて破綻する箇所も皆無。
少し独特な色調のある作品ですが、綺麗で素晴らしいです。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
この映像で出してくれるなら大満足です。
【音質】
音もとてもよい。
重低音は抑えめながらしっかりと響きのある音。
高音は大変よく伸び、綺麗な音が広がります。
サラウンド感もよく感じる事ができ、水音の再現などは見事。
セリフ部分もクリアですし、全体的にクリアで美しい音が出ています。
音質面での不満もありません。
【物語】
内容は戦時中を舞台にネス湖伝説を元にしたファンタジー作品。
戦時中という世界観ながらリアリティは全くありません。
設定には突っ込み所満載ですので、ファンタジーとして見ないと厳しいかも。
とにかく美しいスコットランドの雄大な風景が素晴らしいです。
画質がいいからこそ、この風景のおかけで不思議な世界に入れます。
CGはリアルで違和感もない。
テンポは悪くはないのですが、展開は読める王道なので少しダレるかもしれません。
ありきたりな展開ですので安心して見れる反面、起伏もあまりなく平凡に感じるかも。
感動作のようですが個人的にはあまりくるものがありませんでした。
演出次第でもっと感動的な作品に出来たと思うので残念な作品。
普通に見る事はできたものの、全体的に中途半端に終わってしまった印象です。
【特典】
特典はバーチャル・クルーソー・ゲームの他、HD画質で未公開シーン集、メイキング&ドキュメンタリー集と中々豪華。
バーチャル・クルーソー・ゲームは簡単な育成ミニゲームといったもの。
【総評】
画質/音質/特典はかなりよく大変満足できる仕上がりですので、内容に興味があるようでしたら是非。
個人的に内容自体は印象が強い訳ではありませんが、他の仕様がよく満足できる一本でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ウォーター・ホース】
原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP
監督:ジェイ・ラッセル
出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン
製作年:2007年
発売日:2008/08/06
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/10 00:22 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

イノセンス アブソリュート・エディション 

イノセンス アブソリュート・エディション

▼ジャケット表
innocenceabsolute11.jpg

▼ジャケット裏
innocenceabsolute12.jpg

▼盤面
innocenceabsolute13.jpg

▼仕様
・時間:約99分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEX/日本語
・音声④:DTS-ES/6.1chサラウンド/日本語
・字幕①:劇場公開時字幕
・字幕②:日本語字幕
・字幕③:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
「イノセンス」は、進化する。
鬼才・押井守監督が手掛け、現代を生きるすべての人たちに問う衝撃の問題作として世界中で高い評価を得た「イノセンス」。
ブルーレイディスクの更なる可能性を極限まで追求し、驚異的な高品位の映像美と臨場感溢れる圧倒的な音声を備えた究極のハイクオリティ!
西暦2032年、人とサイボーグ、ロボットが共存する近未来。
愛玩用アンドロイドが暴走を起し、所有者を惨殺する連続事件が発生。
政府直属の機関・公安九課の刑事バトーが捜査に着任するが、"謎のハッカー"による妨害がその行く手を妨げる。
事件の真相を追い求めるバトーが最後に見たものとは…。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインのかかった映像になっています。
暗いシーンでは少しノイジーに感じる事があるものの全体を通すと良好。
デジタルらしさのある映像ながらフィルムライクな味付けをバランスよく入れています。
輪郭も綺麗に出ており、時折ぼやける箇所を除いて細かい箇所も見事に再現しております。
情報量の大変多い作品なのでそれが再現できているのは見事。
暗部シーンも丁寧に再現されていて美しい。
旧版との違いは動画圧縮規格がMPEG-2からMPEG-4 AVCに変わった事。
マスター自体は同じものを使っているようです。
元々、旧版の映像クオリティも大変高かったため、違いに気付くのが困難です。
並べてみて凝視しても違いに気付くか分からないような差。
よく見てみるとフィルムグレインの乗り方が若干違ったりしているのですが、ほとんど変わりません。
自分は映像だけ見てどちらかと言われても分からないと思います。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
旧版との差という意味ではほとんどありませんが、元々大変綺麗な出来なのでかなり満足できる映像美を堪能できる。
【音質】
音はかなりいいです。
重低音はしっかりと響き厚みのある音。
そしてとにかく驚嘆するのは高音。
大変伸びがよく綺麗に出ていてクリアなサウンドになっております。
サラウンド感も十分感じる事ができる。
セリフ部分は少し聞き取りにくさがあるものの、調節をするとクリアで満足なレベルに。
旧版との違いですが、生のLPCMがドルビーTrueHDとDTS-HD Master Audioというロスレスサウンドになった事。
7.1chから6.1chになった事。
概念としてはロスレスなので同じ音質のはずですが、聞いてみると違いがあります。
違いの分からなかった画質面と比べて、音質の違いはそれとなしに気付く事ができる。
正直好みによるかと思います。
サラウンド感については、7.1chから6.1chと減ってしまいましたが、6.1chのほうが自分の環境ではよく聞こえました。
音の位置が定まって綺麗に臨場感ある音が出てくれる。
音の移行がスムーズになった気がします。
ただ、旧版の音質もとても素晴らしいものでしたので、はっきりとした違いはありません。
環境による微妙な違いと好みによると思います。
【物語】
内容は攻殻機動隊の続編にあたるもの。
相変わらず難解なストーリーです。
難しい単語や格言などの羅列で押井節満載。
また前作を観ていないとついていけない箇所も多いです。
攻殻機動隊の各シリーズを見てきたので以前よりは流れや単語が分かるようになりましたが、それでも全ては理解できていません。
ただ観る程に理解力が高まり作品のテーマは見えてくる。
そして映像美やサウンドはとても素晴らしく不思議な空間へ連れ去ってくれる。
間違いなく人を選ぶ作品だと思います。
【特典】
特典は旧版に入っていたイノセンス関連の特典がバッサリと省かれ、HD画質で押井守監督の最新作、スカイ・クロラの鼎談や予告映像が入っています。
さらに初回特典としてジャケットが通常のBDパッケージではなく、メタルケースになっています。
【総評】
内容云々は抜きにして、画質/音質は素晴らしいものがありますので、旧版を持ってない方はリファレンスディスクとして是非。
ただ、旧版を持っている人が買い替える価値があるかと言われれば、正直差はほとんどありませんので、よほどの作品のファンか、特典やメタルケースに魅力を感じた場合のみ買うといいかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【イノセンス アブソリュート・エディション】
原題:INNOCENCE/Ghost in the Shell 2 : Innocence
監督:押井守
出演:大塚明夫(声)、田中敦子(声)、山寺宏一(声)
製作年:2004年
発売日:2008/08/06
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/08 21:31 ] あ行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。