スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フルメタル・パニック! Blu-ray 

フルメタル・パニック! Blu-ray

▼BOX表
fullmetalpanic1.jpg

▼BOX裏
fullmetalpanic2.jpg

▼中ジャケット表
fullmetalpanic3.jpg

▼中ジャケット裏
fullmetalpanic4.jpg

▼盤面1
fullmetalpanic5.jpg

▼盤面2
fullmetalpanic6.jpg

▼盤面3
fullmetalpanic7.jpg

▼盤面4
fullmetalpanic8.jpg

▼盤面5
fullmetalpanic9.jpg

▼仕様
・時間:約555分(本編)/約20分(特典)
・映像:1080i/スタンダード(1.33:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×4枚+片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC(本編)/MPEG-2(一部特典映像)

▼内容
あの大人気アニメ「フルメタ」が、Blu-rayで発売!
初回限定生産 フルメタル・パニック! Blu-ray
BOX仕様:スペシャルデジパック、本編DISC×4枚+特典DISC×1枚
映像特典:イラストギャラリー、対談映像(監督:千明孝一×原作:賀東招二 司会:伊藤敦)、番宣スポット集、パイロット映像(PR版)、TVCM集、ノンテロップOP&ED
英語音声によるインターナショナルバージョン収録!(日本語字幕付)

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
元々の映像ソースがSD画質なのでアップコンバートでの収録との事ですが、アプコンの質が大変よいです。
ジャギーはほとんどないに等しく滑らかな線になっています。
ノイズなどの散在も見受けられず綺麗。
時折ぼやっと甘くなる所もありますが、全体を通してアプコンとは思えない出来に仕上がっています。
諧調表現も悪くなく発色もよい。
TVアニメという事で作画の物足りなさが目立つくらい。
4:3のスタンダードサイズですので物足りなさは残りますがソースからしてそうですので仕方ありません。
なお、初期OPのみ上下に黒枠が入っています。
他のBDアニメと比べても十分見劣りしない画質。
SDソースのアプコンと言えどこの画質で出してくれるなら歓迎です。
明らかにDVDをアプコンした物とは違うと分かる画質。
【音質】
音も中々よいです。
日本語ステレオ音声で聞きましたが中々迫力があります。
重低音の音がよく出ていますし、高音の伸びもよい。
ステレオ音声ですのでサラウンド感はありませんが、フロントのみでも臨場感のある音。
セリフ部分も一部で効果音と重なり聞き取りにくい部分があるものの概ね良好。
原音を忠実に再現した音質だと思います。
【物語】
内容はミリタリー中心に学園ラブコメなどを混ぜたロボットアニメ。
ライトノベルが原作だそうですが読んだ事はありません。
基本的にシリアスな展開が多い反面、ラブコメ要素もあり色々と楽しませてくれます。
ただその展開への繋ぎが無理矢理すぎて違和感もあり。
シリアスなミリタリー物で進めていくか、学園ラブコメで進めていくか、どちらか一方のみの展開で見てみたかった気もします。
特に中盤は設定的にも無理矢理な箇所が多く閉口。
不要で尺伸ばしと思える話がありました。
そう考えると2クールもいらなかったのかもしれません。
序盤は中々面白く、中盤にダレて、後半に盛り返していくという印象です。
戦闘シーンやシリアスな展開などは見ていて緊迫感や迫力がありよかったです。
14話あたりの中盤数話以外は普通に楽しんで見る事はできました。
ラストの締め方は中々好みです。
【特典】
特典は別ディスク収録で中々豪華。
HD画質で監督×原作者のスペシャルインタビュー、ノンテロップOP/ED、イラストギャラリー、SD画質で各キャラクターのワーニングコメント、コマーシャルムービー。
なお、パッケージは通常のBDサイズよりコンパクトで高さの低いものになっています。
【総評】
画質はSDソースのアプコンにしてはかなりの出来ですし音質も悪くありませんので、作品のファンなら買いではないでしょうか。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon


【フルメタル・パニック!】
原題:FULLMETAL PANIC!
監督:千明孝一
出演:関智一(声)、雪野五月(声)
製作年:2002年
発売日:2008/06/27
販売元:角川エンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/28 19:35 ] は行 | TB(0) | CM(0)

アース 

アース

▼ジャケット表
earth1.jpg

▼ジャケット裏
earth2.jpg

▼盤面
earth3.jpg

▼仕様
・時間:98分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ミュージック&効果音
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・字幕②:日本語ナレーション字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ドキュメンタリー史上最大のスケールと臨場感で贈る、壮大なる映像プロジェクト。
制作5年、撮影日数のべ4500日、ロケ地全世界200ヶ所以上。
世界に数台しかない防振装置、1秒間に2000フレームの撮影ができる超ハイスピードカメラなど最新機材を惜しみも無く投入して捉えられた"奇跡の瞬間"の数々。
最高の英知を集結して作られた究極のノンフィクション。
『ディープ・ブルー』のスタッフが、史上最大のスケールと臨場感で贈る、壮大な映像プロジェクト!
主演、地球46億歳…。
約50億年前、巨大な小惑星が地球に衝突し、地球の地軸は太陽に対し23.5度傾いてしまう。
この天文学的事故はまさに奇跡だった。
地軸の傾きは季節、暑さ寒さという気候の変化を生み、壮大な景観の美を作り出した。
それは生命にとって完ぺきな状況だ。
生命は太陽からエネルギーを得る。
そして多くの生物が生きるため途方もない長旅をするのもまた、太陽のせいだ。
彼らと一緒に、我々も旅に出よう。
北極から南極へ至る旅。
我々が故郷と呼ぶ惑星を縦断する旅へ。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは控えめで細かい粒子感になっております。
素材そのままの質感を丁寧に再現したとてもよい画質。
シャープさも抜群で輪郭がくっきりと表示できている。
動きのあるシーンも美しく、暗いシーンも深い色が丁寧に出ている。
解像度がばっちりで精細かつ鮮明でいて美しい描写を見事に映し出しています。
撮影環境の厳しいシーンを除いて、この画質をほぼ安定して保っています。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入るかと思います。
この素晴らしい画質でこの作品を見れるのは感激。
【音質】
音も素晴らしいです。
轟くようなしっかりと響く重低音。
自然の力を迫力満点で感じさせてくれます。
高音も透き通るように伸びていき広がりのあるサウンド。
包まれるような響きと臨場感溢れるサウンドになっています。
サラウンド感もそこそこ感じる事ができよい。
セリフ部分は元の英語音声もいいですが、渡辺謙の日本語音声も大変よい。
クリアで聞き取り易く効果音やBGMとの調和もばっちしです。
音声抜きを収録しているのも○。
大変満足できる音質です。
【物語】
内容は地球を様々な視点から映し出したドキュメンタリー映画。
とにかくすごいの一言。
貴重な映像の数々や魅力的な視点からの撮影など。
見ているだけで楽しめる作りです。
構成もよくナレーションの説明も分かり易いので引き込まれる。
とにかくこの圧倒的なスケールの映像と音はBDで見るからこそ本領が発揮される。
自然の力と動物の魅力など地球のすごさが詰まった作品。
感動でき、笑え、改めて考えさせられる。
大変満足でした。
この手のドキュメンタリーが好きな方なら最高に楽しめる作品です。
BGVモードも収録されているので環境ソフトとしても楽しめます。
【特典】
特典はプロダクションノートやスタッフプロフィール、アニマルチャプターの他、HD画質で特報、予告、フォトギャラリーと少し寂しいかも。
【総評】
ギャガのBD作品はどれも画質/音質はいい感じなのですが、特典がいつも寂しいですね。
画質/音質は文句なしですし、内容も最高でしたのでお薦めしたい作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【アース】
原題:EARTH
監督:アラステア・フォザーギル
出演:パトリック・スチュワート(声)、渡辺謙(声)
製作年:2007年
発売日:2008/06/27
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/27 08:08 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ザ・シークレット・サービス 

ザ・シークレット・サービス

▼ジャケット表
inthelineoffire1.jpg

▼ジャケット裏
inthelineoffire2.jpg

▼盤面
inthelineoffire3.jpg

▼仕様
・時間:約129分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
JFKを守れなかった一人の男。
クリント・イーストウッド×ジョン・マルコヴィッチのサスペンス・アクション!
JFK暗殺を阻止できず、それ以来、罪の意識にさいなまれ続けるシークレット・サービスのホリガン。
ある日、彼のもとに謎の男ミッチから、「現職の大統領を暗殺する!」との予告電話が入った。
ホリガンは、今度こそ自らの職務をまっとうすべく、冷酷な暗殺者に果敢と立ち向かう…。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
フィルムグレインは控えめであまり見受けられません。
暗いシーンで少し目立つ程度で全体を通してさっぱりとした印象です。
シャープさはひいたシーンで輪郭がはっきりしない箇所があるものの、人物描写などはとても綺麗です。
暗部の諧調はあまり綺麗ではありませんが破綻する事はありません。
動きのあるシーンは綺麗に再現できている。
全体的に良好な画質で安定しておりますので比較的満足できます。
他のBD作品と比べてもそこそこ綺麗な部類に入るかと思います。
作品の年代を考えたら十分満足できる画質ではないでしょうか。
【音質】
音もそこそこ。
重低音は軽いサウンド。
一昔前のパーンと軽い音になっています。
原音自体がそうだと思いますので仕方ないでしょうか。
高音の伸びは良くもなく悪くもなく。
音の存在感と言いますか効果音の響きがよいので臨場感はあります。
サラウンド感はそこそこですがフロントからが強く感じました。
セリフ部分はクリアで聞き取り易いです。
全体を通して原音に忠実な音質かと思います。
【物語】
内容は大統領の護衛を描いたアクション映画。
派手なアクションではなく、クリント・イーストウッド主演作らしい静かなアクション。
駆け引きなどスリリングな展開はありますので中々楽しめます。
テンポはよく作品の尺がありますが飽きる事はありません。
クリント・イーストウッドの哀愁漂う演技もいいですが、悪役のジョン・マルコビッチの存在感が際立つ作品です。
ラストの締め方も中々好みで楽しめました。
王道的な展開ながら安心して楽しめる作品です。
【特典】
特典はSD画質でメイキング、ドキュメンタリーなど。
【総評】
画質/音質は中々ですので、後は内容や役者が好みなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【ザ・シークレット・サービス】
原題:IN THE LINE OF FIRE
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:クリント・イーストウッド、ジョン・マルコヴィッチ
製作年:1993年
発売日:2008/06/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/26 19:08 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

再会の街で 

再会の街で

▼ジャケット表
reignoverme1.jpg

▼ジャケット裏
reignoverme2.jpg

▼盤面
reignoverme3.jpg

▼仕様
・時間:約124分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
9.11で家族を亡くした友へ。
僕は君のために何ができるだろう…。
愛する者を失った時、人はどうすればいいのか…。
家族、仕事に恵まれた歯科医アランは、ある日、大学時代のルームメイトのチャーリーと偶然ニューヨークの街で再会する。
学生の頃とあまりにも変貌した友人の姿に、愕然とするアラン。
チャーリーは、あの"9.11"の飛行機事故で家族を亡くし、一人心を閉ざしていたのだ。
アランはチャーリーの心を開こうと努力するが…。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは程よく点在しておりいい質感。
ただ暗いシーンではうるさく感じる事もあるかもしれません。
この辺は好みが分かれそう。
シャープさは十分に感じる事ができ輪郭が綺麗に出ています。
暗いシーンの諧調表現もよく、明るいシーンでの鮮明さもよい。
フィルムらしさの残った綺麗で鮮明な映像になっております。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入るかと思います。
最新作はこれくらいの画質で出してくれたら文句なし。
【音質】
音もよいです。
重低音は鳴りが抑えられておりますが、これは作品の質からして仕方ありません。
高音はとても綺麗に出ておりよく通る。
広がりが出ていいサウンドです。
サラウンド感はあまりありませんが、綺麗な音が出ているので包まれる感じはする。
セリフ部分は大変クリアで聞き取りやすい。
とにかく全体的に透明感がありクリアなサウンド。
作品的に迫力はありませんが、とても満足できる音質です。
【物語】
内容は人生の再生と友情を描いたヒューマンドラマ。
9.11の被害者という設定ですが、特に9.11の描写が出て来る訳ではありません。
敢えてそのようなシーンを必要としない構成は好印象。
心の葛藤と友情を描いた再生の物語。
じーんと響くものがある。
淡々としたテンポで進行していきますので、ややダレる箇所があるものの気になる展開で見入ってしまいます。
見る人によってとらえる印象は違うかもしれません。
シリアスな箇所あり笑える箇所あり、心に残る箇所ありと自分は中々好みでした。
助け助けられ、という分かりやすいメッセージがあり、まとめ方もすっきりとしている。
使用楽曲もよくその挿入も印象的。
何よりアダム・サンドラーの演技が実によい。
派手さはなく地味な作品ですが、心に残る良作です。
何度か見たくなるような作品で、2度目に見たらもっとよい評価になるかもしれません。
【特典】
特典はHD画質でメイキング、ジャムセッション、フォトギャラリーなど。
フォトギャラリーはテーマ曲に乗ってスライドショー形式で流れるのでいい感じ。
【総評】
画質/音質は文句なしですし、内容も好みでしたので満足度の高い一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【再会の街で】
原題:REIGN OVER ME
監督:マイク・バインダー
出演:アダム・サンドラー、ドン・チードル
製作年:2007年
発売日:2008/06/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/26 15:10 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

メン・イン・ブラック 

メン・イン・ブラック

▼ジャケット表
meninblack1.jpg

▼ジャケット裏
meninblack2.jpg

▼盤面
meninblack3.jpg

▼仕様
・時間:約98分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:エイリアン語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
不良異星人から地球を守れ!
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグが放つ、常識破りのSFエンタテインメント!
ニューヨーク市警の若手刑事エドワーズは、黒いスーツに身を包んだ男"K"にスカウトされ、最高機密機関MIB(MEN IN BLACK)の一員となる。
過去を抹殺され、名前もただの"J"となった彼は、現在地球上に約1,500ものエイリアンが人間に姿を変えて暮らしている事を知る。
エイリアン達が犯罪や侵略行為に出ないよう監視し、彼らの存在を世間から隠す事がMIBの任務だった。
そして、ベテラン捜査官の"K"と新米の"J"を待っていたのは、銀河系の存亡を賭けた戦いだった…。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
フィルムグレインは控えめです。
暗いシーンではやや強めに出ているものの全体を通すとさっぱりしている印象。
シャープさはバラツキがありやや物足りなさが残ります。
十分シャープネスで輪郭が綺麗に再現できているかと思えば、ぼやける箇所もある。
特に遠景描写に輪郭の甘さがあり一部ではボケて感じる箇所も。
画質が安定しておらずいい画質と物足りない画質の差が顕著です。
後者はソース自体が悪いのか解像度が足りてないと感じる事もチラホラ。
暗い箇所が多い作品ですが暗部の再現は中々頑張っているとは思います。
他のBD作品と比べる並より少し綺麗程度でしょうか。
作品も少し古めですし、全体を通すと悪くはないのですが、もう少し頑張れた気もします。
ただ画質の酷かったDVD版と比較すれば雲泥の差。
【音質】
音は中々です。
重低音はやや軽い音でチープ。
これは原音自体がそうなのだと思います。
高音の伸びはよく中々広がりのあるサウンドに。
サラウンド感は十分感じる事ができ、迫力があります。
セリフ部分はクリアで聞き取りやすい。
音質面では原音を忠実に再現できていると思います。
【物語】
内容はコメディー要素の強いSF映画。
SFでありながら笑わせてくれる。
細かい設定まで笑いの要素が入っていて気づくとくすっと笑える作品。
ノリがよくテンポもいいので全く飽きる事がありません。
作品の年代的に、今見るとそれぞれの映像が古くさく感じてしまうのはご愛嬌。
特にBD版は画質が綺麗になった分、その印象が強くなります。
破天荒でいて笑えるSF映画。
虫がよほど苦手でない限り、安心して楽しむ事ができる娯楽作品です。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で予告、SD画質でメイキングやPVなど。
BD版のみのエイリアン語字幕は宇宙人が話した時のみ表示されるもので実用性はありません。
製作工程などを見れたり、運勢占い機能などもついています。
さらにMIBトリビアクイズではマルチプレイでネットに繋がっている人と同時に参加できたりします。
BD-LIVEを初めて使用したタイトルだそうで、ネットに繋げて他SPEタイトルの予告などをDLできるようになっていますが、現在は英語版のみだそうで日本語版の提供はまだありません。
専用ページはまだ準備中の箇所が多かったのと、BD-LIVE専用ページまでの起動に時間がかかるのは残念。
【総評】
画質/音質はそこそこですが特典は盛り沢山ですし、作品が好みなら押さえておきたい一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【メン・イン・ブラック】
原題:MEN IN BLACK
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス
製作年:1997年
発売日:2008/06/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/25 16:58 ] ま行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。