スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エリン・ブロコビッチ 

エリン・ブロコビッチ

▼ジャケット表
erinbrockvich1.jpg

▼ジャケット裏
erinbrockvich2.jpg

▼盤面
erinbrockvich3.jpg

▼仕様
・時間:約130分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
★アカデミー賞主演女優賞受賞作品。
全米史上最高額の和解金を手にした女。
胸元も露に超ミニのスカートでキメた元ミス・ウィチタ。
離婚歴2回。
3人の子持ち。
無学、無職。
貯金残高16ドル。
そんな彼女が1枚の書類から大企業の環境汚染を暴き、634の住人の署名を集め、史上最高の和解金350億円を勝ち取り、アメリカ中にスカッとした感動をもたらした。
これは実話に基づいた痛快なサクセス・ストーリー。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在しておりとてもフィルムライク。
独特な色合いが特徴で古めかしいフィルムの雰囲気を作っています。
好みが別れそうですが個人的にはとても好みな質感。
シャープさは遠景箇所で甘く輪郭がぼやけますが、アップシーンでの輪郭はとても綺麗に再現できてます。
暗いシーンでの再現性もまずます。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入ると思います。
再現性という意味ではとてもいいと思います。
【音質】
音はまずまず。
重低音は控えめですがしっかりと響く音。
高音は丁寧に出ております。
サラウンド感はほとんど感じられません。
この手の作品の場合は仕方ないでしょうか。
セリフ部分はとてもクリアで綺麗に出ていてよいです。
音質的にも及第点以上。
【物語】
内容は実話を元にしたヒューマンドラマ。
訴訟物ですが設定はとても分かりやすい。
訴訟よりも人間関係などにスポットを当てた作品です。
大胆な行動でいて人間味溢れる主人公。
突き通す信念に熱くなれます。
テンポもよく小気味よい調子で進んでいきますので、長めの作品ですがダレる事なく最後まで観賞できました。
実話を元にしていながら、しっかりと魅せてくれます。
見ていてスカッと出来る爽快な作品。
【特典】
特典はSD画質で未公開シーンやメイキング、ドキュメンタリーとそこそこ。
【総評】
画質/音質も中々ですし内容も好みでしたので満足できる一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【エリン・ブロコビッチ】
原題:ERIN BROCKOVICH
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート
製作年:2000年
発売日:2008/04/23
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/08 21:44 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

パフューム ある人殺しの物語 

パフューム ある人殺しの物語

▼ジャケット表
perfume1.jpg

▼ジャケット裏
perfume2.jpg

▼盤面
perfume3.jpg

▼仕様
・時間:147分(本編)+予告編
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/ドイツ語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大ベストセラー小説の完全映画化!
全世界、衝撃のサスペンス超大作!!
その香りに、世界はひれ伏す。
18世紀、フランス。
類稀なる才能を持つ一人の赤ん坊が産み落とされた。
名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。
彼は何キロ先も先の匂いをかぎ分ける驚異の嗅覚の持ち主だった。
成長した彼はパリの調合師ジュゼッペ・バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に弟子入りして香水の作り方を学ぶと、さらに高度の技術を求めて香水の街グラースへと向かうのだった。
彼の欲望は"究極の香水 "を作ること、ただひとつ…。
彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水。
その原材料とは…?
禁断のベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』。
全世界で驚異的なベストセラーを記録した禁断の小説が遂に完全映画化!
超一流のスタッフ・キャストによって創り上げられた"香り"という映像。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のもと映画史にその名を刻むべく衝撃のサスペンス超大作が誕生した。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは適度な粒子感を残しており大変よい質感。
フィルムライクで特に人物の存在感が違います。
シャープさもとてもよく輪郭もしっかりと保てている。
暗部シーンの再現性も文句なしでとても綺麗な諧調表現です。
とにかく驚くような高画質。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
トップクラスの画質と評価していい出来です。
【音質】
音もかなりよい。
重低音は重く響くような重圧感のある音。
高音の伸びもよく広がりのある音に。
サラウンド感はそこそこですが、音の存在感がよくハッとさせられる。
セリフ部分もクリアです。
音質面でも文句なしじゃないでしょうか。
【物語】
内容は匂いを主題にしたサスペンス調の作品。
匂いという主題をどう表現するのか楽しみでしたがとてもよい表現ができておりました。
映像から匂いが伝わってくるかのような表現。
かなりの高画質と相俟って見入ってしまいました。
ただ、ストーリーの流れ、主人公はかなり好みが別れます。
簡単に言ってしまえば変態的な作品。
自分は思いのほか見入ってしまって、長い作品にも関わらず疲れる事もなく最後まで観れたのですが、人によって受ける印象がかなり違いそうです。
嫌悪感すら感じる方もいるかもしれませんので、とても万人にお薦めできるような作品ではありません。
それまでのプロセスはじっと観てしまったのですが、ラストの展開はなるほどと納得できたものの、正直好みの展開ではありませんでした。
とにかく人を選ぶ作品なのは間違いありません。
【特典】
特典はSD画質で予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質音質は過去BD作品でもトップクラスとは言え、内容はかなり人を選びますのでお薦めしにくい作品ではあります。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【パフューム ある人殺しの物語】
原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
監督:トム・ティクヴァ
出演:ベン・ウィショー
製作年:2006年
発売日:2008/04/04
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/21 06:24 ] は行 | TB(0) | CM(0)

オールド・ルーキー 

オールド・ルーキー

▼ジャケット表
therookie1.jpg

▼ジャケット裏
therookie2.jpg

▼盤面
therookie3.jpg

▼仕様
・時間:128分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ひとりで夢を追うほど、強くなれない…。
そんな僕の背中を押してくれたのは、«家族»という名の奇跡だった…。
ジム・モリス(デニス・クエイド)、35歳。
愛する妻と子供たちに囲まれ、高校の教師と野球チームの監督という充実した仕事を持ち、平穏な日々を送っていた。
時折、子供の頃の夢が彼の心を騒がせる。
「野球選手になること」それは遠い日に捨てたはずの夢だった。
だがある日、彼の人生に転機が訪れる。
ジムのくり出す豪速球にプロ選手への道が開かれたのだ。
全てを捨て、無謀な賭けに挑戦するのか…。
躊躇するジムを決意させたのは妻の言葉だった…。
「8歳の男の子が、自分の父親が夢を叶える日をずっと待ちわびてるわ。今辞めたら、あの子になんて言うの?」
…その時から彼と家族の新たなる旅が始まった…。
1999年、35歳とおう年齢でメジャーリーグのマウンドを初めて踏んだ<史上最年長ルーキー>ジム・モリスとその家族の固い絆を描いた感動の実話。
その想像を超えたドラマと、主役を演じるベテラン実力派俳優デニス・クエイドの深みある迫真の演技が胸を打つ。
あまり知られていないメジャーリーグの裏側の世界も興味深い。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在しておりフィルムライクな味が出ている。
ノイジーに感じる事は全くなく、かつつるつるした印象も受けない丁度いい質感。
暗いシーンではややうるさく感じる可能性もありますが良好です。
シャープさはそこそこ。
アップのシーンでは輪郭がよく出ているのですが、遠景などは輪郭がかなり甘めになります。
スピードあるシーンなどでは一切破綻しませんし非常に鮮明。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
ディズニーの作品は安定している事が多くて安心できます。
【音質】
音もよい。
作品的に重低音の響きがすごいという訳ではないのですがしっかり出ている。
高音の伸びがよく非常に広がりのある音になっています。
透明感のある澄んだ音。
サラウンド感はまずまずでスタジアムのシーンなどではかなり感じる事ができる。
セリフもクリアで綺麗です。
【物語】
内容は実話を元にしたヒューマンドラマ。
実話を元にしておりますので突拍子もない設定などはありません。
展開的にはありふれた流れで進みますが設定が分かり易いので楽しめる。
頑張れと応援したくなり、そして熱くなれる。
家族愛や周りの人の助けなどを中心に描いていて、じんわりと身にしみます。
もう少し深く掘り下げて欲しいとも思いましたが、実話を元にしているのでやりすぎにはできなかったのかな。
野球を絡めた映画としてはかなり好きな作品です。
やや長めの作品なのでテンポはゆったりしていますが、飽きる事はありませんでした。
うまくまとめたヒューマンドラマだと思います。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質で未公開シーン、ドキュメンタリーなどそこそこ。
【総評】
画質音質は満足できるので、内容が好みならお薦めできる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【オールド・ルーキー】
原題:THE ROOKIE
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:デニス・クエイド、レイチェル・グリフィス、ジェイ・ヘルナンデス
製作年:2002年
発売日:2008/04/23
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/09 12:24 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ルイスと未来泥棒 

ルイスと未来泥棒

▼ジャケット表
meettherobinsons1.jpg

▼ジャケット裏
meettherobinsons2.jpg

▼盤面
meettherobinsons3.jpg

▼仕様
・時間:約95分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ボクらは、未来を発明できる!
ディズニーが贈る劇場公開長編アニメーションがブルーレイディスクで登場!
未来に向かって前進し続ける大切さを描く感動のタイムトラベル・ファンタジー。
赤ちゃんの頃から養護施設で育った少年ルイス。
発明好きな彼は、本当のママを思い出すために"記憶スキャナー"を発明しますが、怪しい山高帽の男«未来泥棒»がそれを盗み出してしまいます。
落ち込むルイスの前に見知らぬ少年ウィルバーが現れて、ルイスを不思議な乗り物に案内します。
2人が向かった先は、なんと、輝く未来の世界!ルイスはそこで個性豊かなウィルバーの家族"ロビンソン家"の人々に出会い、戸惑いながらも初めて家族の温かさに触れます。
一方、«未来泥棒»の陰謀がルイスの未来を蝕もうと刻一刻と迫っていて…。
なんとしてもこの大切な未来を守らなければ!
"本当の家族"を求めて夢を追い続ける姿が心を打つ、ルイスのファンタジックな冒険が始まる!
ブルーレイディスクならではの楽しい映像特典も満載!

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
CGアニメは大変よく映える。
CG作品ですのでフィルムグレインなどは当然なくはっきりとした映像。
髪など細かい箇所など一本一本が見えるかのように丁寧に再現できています。
唯一気になったのは、全体的に明るすぎてすこしふわっとした映像になっている事。
劇場では3D上映などもやっていたようなのでその影響なのでしょうか。
綺麗ではありますが、ソフトフォーカスをかけたような感じで、くっきりと鮮明という意味では少し違和感がありました。
ただこれは作品の意図的な仕様かと思います。
これが気にならない人からすれば文句なしの満点画質ではないでしょうか。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますがかなり綺麗な部類に入ります。
【音質】
音もよいです。
デフォの音が大きめなので少し驚きました。
重低音はよく出ていますし、高音の伸びもいいです。
サラウンド感もまずまず感じる事ができる。
セリフ部分もクリアでいい感じでした。
【物語】
内容は分かり易いメッセージをもったCGアニメ。
伝えたい事が直球で非常に分かり易いです。
全体を通して見ると子供向けの作品なので、これくらいストレートでいいのかも。
キャラクターはややアクが強いので好みが別れそうです。
アメリカテイストの冗談やノリなどで進んでいきますので、合わない人には厳しい。
自分はあのノリが全く合いませんでした。
特に中盤はかなりダラけて感じるので退屈に。
後半からの盛り上がりはいい感じでした。
すっきりと観る事のできる作品。
子供向けの作品であるだけに、安心して観る事ができます。
カーズなど過去のディズニーCGアニメのBD作品でも同様の処理がありましたが、日本語吹替えにするとテロップやCGアニメの一部箇所も日本語になったりと非常に手が込んでいます。
こういう細かい所にも手を加えているのは素晴らしい。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキング、未公開シーンなど中々。
さらにBD-JAVAを使った簡単なゲームが入っていています。
【総評】
アクの強いキャラではありますが、ディズニーのCGアニメ好きなら安心して観れる作品かと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon


【ルイスと未来泥棒】
原題:MEET THE ROBINSONS
監督:スティーヴン・J・アンダーソン
出演:ダニエル・ハンセン(声)、ウェズリー・シンガーマン(声)
製作年:2007年
発売日:2008/04/23
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/03 09:27 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

アルティメット 

アルティメット

▼ジャケット表
banlieue131.jpg

▼ジャケット裏
banlieue132.jpg

▼盤面
banlieue133.jpg

▼仕様
・時間:約85分
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/フランス語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
これが人類の極限値!
高層ビルを飛び越え、敵の弾丸の間を駆け抜けろ!!
近未来2013年、パリ郊外の無法地帯バンリュー13。
レイトは荒んだ町からドラッグを一掃すべく、地域を仕切るタハ一味に向かっていた。
しかし腐敗した警察にはめられ、妹ローラをタハにさらわれてしまう。
6ヵ月後、政府の作った時限爆弾がタハによって盗まれバンリュー13地区に持ち込まれた。
誤って作動してしまった時限爆弾のタイムリミットは24時間!
エリート潜入検査官ダミアンに爆弾解除の指令が下る。
そして、レイトが地区の案内役として選ばれた。
最初は反発する2人だったが、国を守るため、妹を救うため、地区に潜入する。
己の肉体のみを武器に、2人の男の最後の戦いが今、始まった!

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは控えめですっきりとした印象。
かと言って細かい粒状感のあるものですので、つるつるとした感じはしません。
綺麗な質感になっています。
シャープさは大変よいです。
細かい箇所でも輪郭が丁寧に描写されていてくっきりと見える。
暗部シーンも綺麗に再現できていますし、スピードあるシーンでも破綻する事はない。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
このくらいの質があれば大満足できる画質。
【音質】
音は中々いいです。
高音がよく通りいい音が出ています。
やや重低音が弱く感じるのは元音の仕様でしょうか。
もう少し響く音だったら完璧だったのにと感じました。
サラウンド感は十分感じる事ができてダイナミックな音を楽しめます。
セリフもクリアで綺麗なフランス語を聞き取れます。
【物語】
内容はスタイリッシュでスピーディーなアクション映画。
話の設定や展開はこれといって目新しいものがある訳ではありません。
ありがちな流れで進み、綺麗にまとめています。
ただこの映画はストーリーよりもアクションのすごさに目がいってしまう。
感嘆してしまうようなアクションの数々。
肉体を駆使したスピーディーでいてスタイリッシュ。
観ていて爽快感で満たされます。
ワイヤーアクションやCG作品とは違ったすごいアクションの連発で感覚で興奮できる。
肉体を使ったアクション好きなら興奮して楽しめるのではないでしょうか。
自分はかなり楽しめました。
【特典】
特典はSD画質で未公開シーンやメイキング、予告とそこそこ。
【総評】
画質は大変満足できますので、アクション好きならお薦めできる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【アルティメット】
原題:BANLIEUE 13
監督:ピエール・モレル
出演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル
製作年:2004年
発売日:2008/04/23
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/04/29 23:02 ] あ行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。