スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イルマーレ 

イルマーレ

▼ジャケット表
lakehouse1.jpg

▼ジャケット裏
lakehouse2.jpg

▼盤面
lakehouse3.jpg

▼仕様
・時間:98分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"最高の映画"
運命の相手についに出会った医者のケイト・フォースター。
しかし、そこには遠距離という障壁があった。
彼女が住むのはシカゴのダウンタウン、彼が住むのは人里離れた郊外の湖畔。
そしてさらに、彼女は2006年、彼は2004年を生きていた。
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが『スピード』以来となる競演を果たしたのは、この時を超えた愛を描いた本物のラブ・ストーリー。
ケイトが美しい湖畔の家を引き払うことになり、次の住人である建築家のアレックス・ワイラーにメッセージを残したことから物語は始まる。
ふたりは手紙でのやりとりを通じてすぐに、お互いがかけがえのない存在であることに気づく…しかし、ふたりの間には2年の隔たりがあった。
ふたりははたして出会うことができるのか?
会おうとするふたりに何が起きるのか?
幻想的で観る人の心を揺さぶる『イルマーレ』は、2004年、2006年、そしてすべての時代に通じる、まさしく時を超えたラブ・ロマンス。

▼感想
未視聴。
視聴後感想はUPします。

▼個人的評価
・画:・・・・・
・音:・・・・・
・話:・・・・・
・総:・・・・・

▼Amazon



【イルマーレ】
原題:THE LAKE HOUSE
監督:アレハンドロ・アグレスティ
出演:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック
製作年:2006年
発売日:2007/04/06
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/04 12:23 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

アイデンティティー 

アイデンティティー

▼ジャケット表
identity1.jpg

▼ジャケット裏
identity2.jpg

▼盤面
identity3.jpg

▼仕様
・時間:約90分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
連続する猟奇殺人。
この結末は脳内を破壊する…。
恐怖と謎が連鎖する驚愕のサイコ・スリラー。
嵐により一軒のモーテルに閉じ込められた11人。
極限の状況下、一人、また一人と惨殺され始める。
残された誰もが疑心暗鬼になる中、彼らにある共通点があったことが判明する。
一方、時を同じくして死刑を直前に控えた猟奇殺人鬼の再審理が行われていた。
その彼にも同じ共通点が…。
二つの事件が一つに繋がった時、想像を絶する衝撃のラストが待っていた!

▼感想
サスペンス調のサイコスリラー。
映像は相当綺麗です。
グレインは控えめでノイズがかっていないのもよい。
暗いシーンの多い作品ながら黒が実によく綺麗に出ています。
これだけ綺麗な映像なら大満足。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
この綺麗さはMPEG-4 AVC圧縮というのも一因なのかな。
音も迫力、広がり共にいい感じ。
リニアPCMで収録しているのがいいです。
効果音、BGM、共に迫力がありますし、ストレートに響く音になっている。
映画の面白さを倍増させてくれています。
ストーリーはサスペンス調なスリル映画になっています。
ネタバレしてしまいますので多くは書けませんが、終止ストーリーは起伏がある。
最初はどうなるんだろうという期待、中盤で謎が繋がってくる。
だれる事がなく繋がっているのは中々よい。
ただ、致命的だったのが、途中でエンディングの予測が付いてしまった事。
これは人それぞれだと思いますが、自分としては「やっぱり」という気になってしまいました。
この予測が付くか付かないかで最後の印象がガラッと変わると思います。
タイトルであるアイデンティティーという言葉がぴったりの映画ではあります。
特典は未公開シーンなどを含めてそこそこ満足でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【アイデンティティー】
原題:IDENTITY
監督:ジェームズ・マンゴールド
主演:ジョン・キューザック
製作年:2003年
発売日:2007/04/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/05/01 08:12 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

フォーン・ブース 

フォーン・ブース

▼ジャケット表
phonebooth1.jpg

▼ジャケット裏
phonebooth2.jpg

▼盤面
phonebooth3.jpg

▼仕様
・時間:81分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
電話を切れば、殺される!
全米No.1ヒットに輝くリアルタイム=ノン・ストップ・サスペンス!!
すべてはN.Y.ブロードウェイの電話ボックスから始まった。
口先だけのメディア・コンサルタントのスチュは、コ-ル音が鳴り響く電話ポックスの電話を思わず取る。
その相手は「電話を切ったらお前の命はない」と告げ、スチュの胸には赤外線の標的マーク。
犯人の狙いは何か!?
人気絶好調のコリン・ファレル主演、新感覚"シチュエーション・スリラー"。
電話主の声は、あの「24 -Twenty Four-」のキーファ・サザーランド。

▼感想
コリン・ファレル主演のシチュエーションスリラー。
映像は中々綺麗。
グレインも控えめでノイズもあまりなく綺麗に映っています。
動より静が多く表情で語りかけてくる面もある映画なので、綺麗な画質は映えます。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
音も迫力、広がり共にいい感じ。
効果音よりもセリフで聞かせる映画なのでロスレスな音声は嬉しい。
対応機種が欲しくなります。
ストーリーは正にシチュエーションスリラーという言葉がぴったり。
電話ボックスという至って限られた空間内での出来事にも関わらず、引き込みがすごい。
これは役者の演技力、さらには秀逸なストーリーがあってこそでしょう。
表情とセリフでこれだけ語る事ができるのは素晴らしい。
かなり安価な制作費だとは思うのですが、これだけの映画に仕上がるのは感嘆です。
ストーリーも一部を除いて予測付きませんでしたし、楽しく観る事ができました。
何より81分という通常の映画より短めな時間がいいですね。
最後まで引き込ませてくれて退屈しない、気がついたらあっという間にエンディング。
この映画にベストと思えるこの時間にうまくまとめ上げたと思いました。
特典は音声解説と予告のみで寂しい印象があります。
そこだけ残念。
まぁ、制作費のかかっていない映画でしょうから仕方がないのでしょうか。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【フォーン・ブース】
原題:PHONE BOOTH
監督:ジョエル・シューマカー
主演:コリン・ファレル
製作年:2002年
発売日:2007/04/20
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/04/24 06:02 ] は行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。