スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沈黙の戦艦 

沈黙の戦艦

▼ジャケット表
undersiege1.jpg

▼ジャケット裏
undersiege2.jpg

▼盤面
undersiege3.jpg

▼仕様
・時間:102分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"戦艦上のダイ・ハード。
笑いとスリルを盛り込んだハイテク・アクション。"
『逃亡者』『守護神』の監督が放つ究極のアドベンチャーにスティーブン・セガールが挑む!
最後の航海を迎えた米国軍最大最強を誇るUSSミズーリ号、その船上ではパーティーが行われていた。
しかし悪徳のCIA諜報員(トミー・リー・ジョーンズ)と中佐(ゲイリー・ビジー)率いるエリート・テロリスト集団によってクルーたちは制圧され、戦艦はジャックされる。
彼らの目的はミズーリ号に搭載されている核兵器の奪取。
この危機に一人の男が立ち上がった。
コックとして乗り込んでいた元SEALの秘密戦闘員ケイシー・ライバック(セガール)だ。
そして今、戦艦は壮絶な地獄の戦場と化す!

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインは適度に点在しており古さのあるフィルムライクな質感。
暗いシーンなどではややうるさく感じる強さがあります。
シャープさは古い作品の割に結構頑張っており、輪郭面でも頑張っている。
暗いシーンや動きの激しいシーン、細かいシーンでは厳しい箇所がチラホラと見えます。
破綻やノイズまではいきませんが諧調がよくなく黒がつぶれがちです。
細かいシーンではややノイジーに感じる箇所も。
他のBD作品と比べると並~やや落ちる程度でしょうか。
新作と比べると結構厳しさが残るものの作品の年代を考えるとそこそこ満足できる画質です。
【音質】
音もそこそこ。
重低音はやや軽く響きの鈍い音。
鳴りは十分あるのですが重みがなく芯に響いてきません。
高音は抜けが悪く少し詰まり気味に感じます。
サラウンド感はそこそこありますが、フロントからが強い。
セリフ部分は比較的クリアで聞き取りやすいです。
音質としても並程度じゃないでしょうか。
【物語】
内容は戦艦を舞台にしたアクション映画。
セガールらしい要素の詰まったアクションです。
スリリングな展開はあまりありませんが、超人らしさ満載で見ていて爽快。
派手に楽しませてくれます。
トミー・リー・ジョーンズの悪役ぶりもいい味が出ている。
何度見ても何も考えずにスカッと楽しめるアクション映画。
【特典】
特典はSD画質で予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は古さもあり並程度ですので、よほどのファンじゃない限りお薦めはできません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon



【沈黙の戦艦】
原題:UNDER SIEGE
監督:アンドリュー・デイビス
出演:スティーブン・セガール
製作年:1992年
発売日:2007/02/09
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/06/20 15:08 ] た行 | TB(0) | CM(0)

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション 

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション

▼ジャケット表
blackrain1.jpg

▼ジャケット裏
blackrain2.jpg

▼盤面
blackrain3.jpg

▼仕様
・時間:125分(本編)+118分(特典)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/6.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/6.1chサラウンド/英語
・字幕③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:吹替用日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
高倉健vs.松田優作-二度と叶わないただ一つの競演映画。
日米オールスターキャストで贈るアクション・サスペンス巨編が最強になって蘇る!!
一挙収録!!
『世界初公開の映像特典』『日本独占オリジナル映像特典』『新録音初収録の日本語吹替』
スタイリッシュな映像美で知られる巨匠リドリー・スコット監督による、入魂のアクション・サスペンス!
マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった日米大スターの夢の競演と、大阪でのロケが話題になった。
特に、命を削って撮影に挑んだ松田優作の鬼気迫る演技と圧倒的な存在感は「十年に一度の悪役」と絶賛された。
その他多彩な日本人俳優の好演も見逃せない!

▼感想
リドリー・スコット監督による日本を舞台にしたアクション作品。
映像はそこそこの印象。
フィルムグレインは適度に残っておりフィルムライクないい質感は出ています。
輪郭は全体的に甘く、シャープさはあまり感じられません。
気になったのは暗いシーンが多いにも関わらず、暗部の諧調がイマイチな事。
他のBD作品と比べると並~やや綺麗な部類。
古い作品と考えると結構満足できるレベルだと思います。
音は中々いいです。
重低音の響きがよく厚みのあるサウンド。
高音の抜けがやや物足りませんが、ダイナミックが広がりはある。
サラウンド感も十分感じられますしよい。
セリフもクリアで聞き取り易いです。
作品の年代か分かりませんが効果音がチープに感じたという事は気になりました。
満足度は中々高い音質ではあります。
ストーリーは大阪を舞台にした刑事アクション映画。
リドリー・スコット色がふんだんに出た作品。
ブレードランナーのような独特でサイバーパンクな色がある大阪が舞台になっています。
この独特な映像美はまさにリドリー・スコット。
刑事&ヤクザ物としてはオーソドックスな物ですが、日本が舞台になっているという事で馴染み深い。
展開のテンポもよくメリハリがあって見ていて飽きません。
設定的に首を傾げる箇所もありますが、それはご愛嬌。
安心して楽しめる作品ですし、今観ても面白いと思います。
そして何より遺作となった松田優作の狂気じみた演技はすごい。
高倉健はもちろん他の日本人役者もいい味を出していると思います。
特典は音声解説の他、HD画質で出演者インタビューやファンインタビュー、SD画質でメイキングや予告、松田優作オーディション映像などかなり豪華。
画質的にはもう一歩という印象は受けましたが、内容、特典と満足できました。
ファンなら押さえておきたい作品です。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション】
原題:BLACK RAIN
監督:リドリー・スコット
主演:マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、松田優作
製作年:1989年
発売日:2007/02/23
再発売日:2008/07/25
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
[ 2007/09/06 15:08 ] は行 | TB(1) | CM(0)

エネミー・オブ・アメリカ 

エネミー・オブ・アメリカ

▼ジャケット表
enemystate1.jpg

▼ジャケット裏
enemystate2.jpg

▼盤面
enemystate3.jpg

▼仕様
・時間:139分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・字幕⑨:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
合衆国政府機関の陰謀に巻き込まれた男…。
逃げるか?戦うか?
ウィル・スミス&ジーン・ハックマン主演、トニー・スコット監督、ジェリー・ブラッカイマー製作による大ヒットサスペンス映画『エネミー・オブ・アメリカ』が、いよいよ<ブルーレイディスク>で登場!
驚異的な超高画質・超高音質が可能となったこの次世代光ディスクは、まさにエンターテイメント新時代の到来を告げる!!
弁護士ディーン(W.スミス)はある日、意図せず暗殺事件の証拠を手にしてしまう。
その直後からディーンは、NSA(国家安全保障局)による最新鋭テクノロジーを駆使した執拗な監視の標的となり、追いつめられていく。
孤立無援の彼は元諜報工作員ブリル(G.ハックマン)を味方につけ、全能の監視・追跡システムを操る巨大な敵を相手に、反撃を開始するが…。
<ブルーレイディスク>『エネミー・オブ・アメリカ』では、一瞬たりとも気をぬけないノンストップ・アクションを、未体験の高画質・高音質で再現。
現代アメリカの超監視システム社会を描いた戦慄のサスペンスの世界が、よりリアルに描かれる!

▼感想
ウィル・スミス&ジーン・ハックマン主演のアクション映画。
映像は中々綺麗です。
グレインはあまりなくノイズっぽさはありません。
それでいて全体的にフィルムライクな粒状性は残っていてよい。
輪郭のシャープさはやや物足りなさを受けます。
マスターの質が悪いのか稀に乱れる箇所もある。
シーンによって画質の差がやや見られますが概ね満足できるレベル。
結構古い作品と考えると頑張っているほうだと思います。
他のBD作品と比べても普通~普通よりやや上の部類に入ります。
音はかなりよい。
重低音の響きがよく迫力満点。
ダイナミックなサウンドで広がりもよい。
セリフもクリアでこもりなどは全く感じられません。
この音はかなり満足できました。
ストーリーはテンポのよいアクション映画。
とにかくテンポがよい。
最初から最後までテンポよいリズムで展開が続き全くダレる事がない。
アクションは基本的に追いかけっこメインですが、カメラワークなど魅せてくれて好み。
起伏のあるストーリー、緊迫感のある展開など最後まで食い入るように観る事ができました。
ラストも気持ちよく終わりますし、観た後は爽快感が残ります。
リアリティーは薄いものの娯楽映画として楽しく観る事ができ満足。
特典はHD収録になってはいますが、SD画質程度の解像度の低く大した事のない画質です。
未公開シーン、メイキングや予告映像などそこそこ。
この頃のブエナの作品はどれもそうですが、トップメニューがないのは不満です。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【エネミー・オブ・アメリカ】
原題:ENEMY OF THE STATE
監督:トニー・スコット
主演:ウィル・スミス、ジーン・ハックマン
製作年:1999年
発売日:2007/02/23
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/07/25 04:28 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ティム・バートンのコープスブライド 

ティム・バートンのコープスブライド

▼ジャケット表
corpsebride1.jpg

▼ジャケット裏
corpsebride2.jpg

▼盤面
corpsebride3.jpg

▼仕様
・時間:77分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ミュージック・サウンドトラック
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"文句なしの名作"
"度肝を抜くほどのアニメーション!"
アカデミー賞候補となり、2005年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の長編アニメ賞に輝いた『ティム・バートンのコープスブライド』は、彼の傑作『シザーハンズ』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の流れをくむ、ダークかつロマンティックな作品。
19世紀ヨーロッパのとある村、結婚を控えた気弱な若者ビクター(声:ジョニー・デップ)は、ふとしたことから死体の花嫁«コープス ブライド»(声:ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚の誓いを立ててしまい、"死者の世界"へ連れ去られる。
一方"生者の世界"では、彼の本当の花嫁ビクトリア(声:エミリー・ワトソン)が彼の帰りを待っていた。
厳しい制約だらけの"生者の世界"より自由で生き生きとした"死者の世界"。
ビクターはそこで真実の愛を貫く決心をする。
愉快でロマンティックで活気あふれる死語の世界を描いたティム・バートンの新たなストップモーション・アニメ。

▼感想
ティム・バートン監督のストップモーション・アニメ映画。
映像は概ね綺麗です。
いつも思うのですがVC-1圧縮ってノイズ感がほとんどなく少しのっぺりとつるつるな質感になる事が多い。
フィルムっぽさがないのですが、この映画にはそれが映えます。
つるっと綺麗に出ているほうが綺麗に感じる作品ですので合っている。
ややぼんやりしていて、シャープさに欠ける印象を受けるのが気になりますが、色調を抑えた作品の雰囲気ともマッチしていますし自分は好み。
アニメだからと言う事もありますが、他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
音は中々いい感じ。
ダイナミックさは物足りませんが綺麗な音のクリア感が出ています。
世界観ともマッチしていますし好み。
ストーリーはティム・バートンらしさ満載のストップモーション・アニメ。
コマ送りで撮影されたという手法は独特な世界観を引き立てます。
この製作は正に職人の世界。
CGアニメとは違った独特な質感が面白い。
ティム・バートンらしいダークな雰囲気のある世界観。
生者と死者の対比も楽しい。
ダークでウィットに富んだジョークとじわっとくる哀愁が秀逸です。
所々ミュージカル調になるのもテンポよくて飽きさせない。
作品時間も短いので、自分としてはすっと入りダレる事なく観る事ができました。
良くも悪くもティム・バートンらしい作品ですので、彼の世界観が好きかどうかで好みが別れそう。
好きならばふとした時に何度か観たくなる作品ではあります。
特典はサウンドトラックの他、SD画質ながら色々と入っていて中々豪華。
全体的に満足な出来でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon



【ティム・バートンのコープスブライド】
原題:CORPSE BRIDE/TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン
出演:ジョニー・デップ(声)、ヘレナ・ボナム=カーター(声)
製作年:2005年
発売日:2007/02/09
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/07 11:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

ロッキー 

ロッキー

▼ジャケット表
rocky1.jpg

▼ジャケット裏
rocky2.jpg

▼盤面
rocky3.jpg

▼仕様
・時間:120分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/モノラル/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
「ロッキー」とともにアメリカン・ドリームを実現した、シルベスター・スタローンの出世作!!
フィラデルフィアのしがない4回戦ボクサー、ロッキー・バルボアに突然の転機が訪れた。
世界ヘビー級チャンピオン、アポロが無名の新人と戦うことを宣言したのだ!
激しく孤独な特訓の日々、恋人エイドリアンの熱い視線を背に、ロッキーは人生のすべてを賭けてリングに向かう!!
最新作「ロッキー・ザ・ファイナル」も世界的ヒットとなった記念すべきシリーズ第一作。

▼感想
シルベスター・スタローン主演の名作映画。
映像は古い作品という事もありあまり綺麗ではありません。
特にノイズがかなり多いのが気になります。
とは言え、DVD版と比べると差は一目瞭然。
細かい描写まで映っているのは嬉しい。
他のBD作品と比べると劣りますが、古い作品なので仕方ないかな。
音もあまりいいものではない。
サウンドとしては迫力があるものの、古い作品のためどうしても音にこもりとノイズが入ってしまっています。
あのテーマソングなどはさすがに盛り上げてくれる。
ストーリーは元気の出る映画と言ったとこでしょうか。
今改めて観るとあまり現実的でない内容になっています。
そのせいで今ひとつ入り込めないのが残念。
ラスト付近のロッキーのテーマが流れる盛り上げはさすがです。
観ていて熱を感じる事ができる。
伝えたい事がストレートに伝わってくるので清々しいです。
安心して観る事ができる映画。
古い作品と言えど、特典映像が全くなかったのは不満です。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★★☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon



【ロッキー】
原題:ROCKY
監督:ジョン・G・アビルドセン
主演:シルベスター・スタローン
製作年:1976年
発売日:2007/02/28(単品)
発売日:2008/12/17(「ロッキー」+「ロッキー・ザ・ファイナル」ブルーレイディスクBOX)
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/06/01 01:45 ] ら行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。