スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

銀河ヒッチハイク・ガイド 

銀河ヒッチハイク・ガイド

▼ジャケット表
hitchhikersguide1.jpg

▼ジャケット裏
hitchhikersguide2.jpg

▼盤面
hitchhikersguide3.jpg

▼仕様
・時間:109分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:中国語字幕
・字幕④:インドネシア語字幕
・字幕⑤:マレー語字幕
・字幕⑥:韓国語字幕
・字幕⑦:ポルトガル語字幕
・字幕⑧:日本語語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
『地球の皆さん、こんにちは。
銀河バイパス建設のため、今から地球を取り壊します。
では、良い一日を…』
(銀河系超空間・開発審議会 - ジェルツ大尉)
世界中のトップ・アーティストをも魅了した、カルト的人気を誇るベストセラー小説の完全映画化!
『銀河ヒッチハイク・ガイド』が、いよいよ<ブルーレイディスク>で登場!
驚異的な超高画質・超高音質が可能となったこの次世代光ディスクは、まさにエンターテイメント新時代の到来を告げる!!
突如として現れた巨大宇宙船によって、一瞬にして爆破された地球。
運命のイタズラで"最後の地球人"となった平凡な英国人アーサーは、異星人の友人フォードと共に«銀河ヒッチハイク・ガイド»を頼りに、前途多難な度へと飛び出す事に!
<ブルーレイディスク>『銀河ヒッチハイク・ガイド』では、特殊効果を巧みに使った映像によって可能となった果てしなき銀河を舞台に繰り広げられる奇想天外なストーリーが、驚異的な高画質・高音質によって、宇宙規模の臨場感をもって迫ります。
未だかつて体験したことのない新世代光ディスクの革命的映像で、シニカルで常識ではあり得ない"驚愕"の世界へ!

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは少し強めで粒状感のあるものです。
暗いシーンではノイジーに感じる箇所があるものの、全体を通すとそこまでうるさくはありません。
フィルムライクな質感が残っていて良好。
シャープさはよく一部シーンを除いて輪郭が綺麗に出ている。
細かい箇所でも綺麗に出ているのはさすが。
暗いシーンは前述の通りグレインが強めながら黒が綺麗に出ています。
動きのあるシーンでも丁寧に再現されていていい画質です。
人物と背景それぞれのピントがおかしかったりと、画面に違和感を感じる箇所があるのですが、これはCG加工などによるのかもしれません。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではないでしょうか。
全体的によい質を維持しており★4~5の間を付けれる。
初期BDタイトルにしては十分高画質だと思います。
【音質】
音も中々よい。
重低音は少し軽さが残るものの鳴りはいいです。
もう少し厚みのある低音が好みですが、作品の雰囲気からしてこういう音作りなのかもしれません。
高音は綺麗に出ていて伸びのある音。
しっかりと広がりを感じられ美しいです。
サラウンド感も十分感じる事ができる。
音の位置も正確ですし臨場感ある音が楽しめます。
セリフ部分もクリアで聞き取り易い。
音質面でも満足できると思います。
【物語】
内容は壮大なスケールのSFコメディー映画。
とにかくおバカな作品です。
そんなおバカ具合を壮大なスケールでやってくれる。
パロディーやおバカをやりながらもどこか知性を感じられるストーリー。
ただ、アクが強いので、合う合わないがはっきりしそうです。
設定は説明不足で分かりにくい箇所が結構あるのですが勢いで突っ切ってくれる。
テンポは中盤でダレるものの、冒頭のイルカの出だし、そして終盤と楽しませてくれます。
訳の分からない展開、アクの強い笑い要素と人を選ぶ作品かも。
ツボにハマる人からしたらたまらないと思います。
自分はハマる事はできませんでしたが、普通に楽しむ事はできました。
【特典】
特典はHD画質でムービーショーケース、未公開シーン、本当の未公開シーン、追加のガイドと中々。
特典映像が全てHD画質なのは好印象。
ただトップメニューがないのは少し不満です。
【総評】
画質/音質は中々満足できますので、作品が好みならお薦めできます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【銀河ヒッチハイク・ガイド】
原題:THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
監督:ガース・ジェニングス
出演:マーティン・フリーマン
製作年:2005年
発売日:2006/12/06
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/19 08:03 ] か行 | TB(0) | CM(0)

ビッグ・ヒット 

ビッグ・ヒット

▼ジャケット表
bighit1.jpg

▼ジャケット裏
bighit2.jpg

▼盤面
bighit3.jpg

▼仕様
・時間:約91分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
ジョン・ウーが放つ、ノンストップ・アクション!
メルはプロのヒットマン。
殺しの腕は超一流だが、プライベートに問題あり。
今日も仲間のシスコ、クランチ、ビンスとともに標的を見事に仕留める。
ある日、彼は自分を金づるとしか考えていないフィアンセや愛人に尽くすため、シスコの立てた誘拐計画に参加する。
ところが誘拐した富豪の娘の名付け親はなんとメルたちのボスだった。
シスコの裏切りでメルは組織から追われるはめに。
果たして彼は銃弾と誠意でこの難局を乗り切ることが出来るのか…?!

▼感想
【画質】
映像は並程度。
フィルムグレインやや強めでノイジーに感じる箇所も。
いい粒子感のある箇所もありますが、暗いシーンなどではうるさく感じます。
シャープさはイマイチ。
全体的に輪郭が甘く鮮明さに欠ける。
暗部シーンではノイジーかつ厳しさが残りますが、スピードのあるシーンでは頑張っています。
他のBD作品と比べると並~やや落ちる画質ではないでしょうか。
BD初期タイトルなので仕方ないのかな。
【音質】
音はとりたてて特徴がある訳ではありません。
重低音はやや軽さが残るものの迫力のあるサウンド。
高音の伸びはイマイチです。
サラウンド感は中々よく出ている。
全体的に音がチープなのが気になるのですが、これは原音からしてそうなのでしょうか。
セリフ部分はクリアでいい感じです。
【物語】
内容はコメディー要素の強いアクション映画。
ジョン・ウーが総指揮という事でそれらしきアクションが盛り込まれております。
リアリティーは全くないド派手なアクション。
コメディー要素が強くくだらない流れも多い。
中身はないに等しく、とりあえず殺しておけといったような展開。
テンポは悪くないのですが、意外性も緊迫感の欠片もない展開なので見ていて辛かったです。
何となく面白いと思って作りました的なB級映画です。
自分には根本的に合わなくて苦痛でした。
【特典】
特典は音声解説のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は初期BDタイトルらしい物足りなさのある作りですし、内容も全く合わなかったので困りました。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★☆☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★☆☆☆☆

▼Amazon


【ビッグ・ヒット】
原題:THE BIG HIT
監督:カーク・ウォン
主演:マーク・ウォールバーグ
製作年:1998年
発売日:2006/12/20
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/17 13:12 ] は行 | TB(0) | CM(0)

アイス・エイジ2 (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX) 

アイス・エイジ2 (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX)

▼ジャケット表
iceage21.jpg

▼ジャケット裏
iceage22.jpg

▼BOX表
iceagebox1.jpg

▼BOX裏
iceagebox2.jpg

▼盤面
iceage23.jpg

▼仕様
・時間:91分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
世界中でマンモス級の大ヒット!
あの"ク~ル"な仲間たちがパワーアップして帰ってきた!
昔々、氷河期の頃、温まった地球に住む動物たちは、ポカポカ陽気を楽しんでいた。
そんなある日、「あと5日で氷が解け、大洪水が起こる!」という不吉な噂が広まった。
マンモスのマニー、ナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴの3匹は、安全な場所へ向けて出発した。
氷河期の仲間たちの運命は、そして地球の未来はどうなる?!
『ロボッツ』のブルースカイ・スタジオが贈る心温まるフルCGアニメーション大作!!

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
CGアニメですので綺麗に見える。
フィルムグレインなどはもちろんありません。
気になるのがシャープさ。
やや輪郭が甘くなっているのが分かります。
BD初期タイトルだから仕方ないのでしょうか。
後発タイトルになったアイス・エイジ一作目と比べると一目瞭然。
鮮明さ、シャープさなど取っても一作目のほうが綺麗です。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入りますが、CGアニメの中で比べるとやや物足りない。
【音質】
音は中々。
重低音はやや響きに欠けて迫力不足。
高音の伸びは大変よく澄んだ音になっています。
サラウンド感は中々ありダイナミックです。
セリフ部分は非常にクリアで大変聞き取り易いです。
【物語】
内容は氷河期を舞台にしたCGアニメ。
続編なので前作の主要キャラが引き継ぎで出ています。
キャラクターの見せ方としては前作のほうが魅力的。
展開は王道で安心して観れる作り。
子供向けかとは思いますが種族繁栄の要素などはどうなんでしょう。
作品時間は短めですが、テンポは途中ダラける箇所があり眠たくなりました。
作りとしては王道なので安心して観れるとは思います。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で未公開シーン、コント集、予告など豊富です。
【総評】
画質音質はBD初期タイトルとあって最新タイトルと比べると物足りないのでお薦めはしにくい一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★☆☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★☆☆


▼Amazon



【アイス・エイジ2】
原題:ICE AGE: THE MELTDOWN
監督:カルロス・サルダーニャ
主演:レイ・ロマノ(声)、ジョン・レグイザモ(声)、デニス・リアリー(声)
製作年:2006年
発売日:2006/12/01(単品)
発売日:2008/05/02(アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX)
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/11 01:09 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

AIR Blu-ray Disc Box 

AIR Blu-ray Disc Box

▼BOX表
air1.jpg

▼BOX裏
air2.jpg

▼中ジャケット表
air3.jpg

▼中ジャケット裏
air4.jpg

▼盤面1
air5.jpg

▼盤面2
air6.jpg

▼盤面3
air7.jpg

▼盤面4
air8.jpg

▼仕様
・時間:120分+120分+96分(本編)/133分(特典)
・映像:1080i/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・音声②:ドルビープロロジックII/2.0chサラウンド/日本語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×3枚+片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
あの感動の名作『AIR』が、より美しい映像とすばらしいサウンドでブルーレイ・ディスク(BD)となって蘇る!!
高画質のハイビジョン映像とリニアPCM5.1chによる最高の音質をBlu-ray Discに収録。
2層の50GBという大容量は、コンパクトかつスタイリッシュなパッケージングを実現。
Blu-ray Discで、『AIR』の夏の臨場感をご体験ください!!

▼感想
【画質】
本編12話+特別編2話+特典ディスクの構成。
映像はSDマスターをアップコンバートしたもの。
メーカーが言うには現状考えうる最高品質のアップコンバート。
確かに綺麗ですし透明感のある絵になっています。
しかし細かい描写を見てみるとジャギーが目立つ。
大雑把に見れば綺麗ですが細かいキャラ描写になるとジャギーが気になります。
シャープさは甘く全体的にぼんやりした感じに。
それでもSDからのアプコンとして見ると中々綺麗。
これくらいでしたらSDからのアプコンでもある程度は満足できる。
DVDだと発生するノイズがほとんど見受けられないのは○。
また動きのあるシーンでの破綻もほぼなく、リアルタイムなアプコンとは違った丁寧な処理を見受ける事ができます。
他のBDアニメと比べると並程度~やや劣る感じでしょうか。
さすがにHDソースのアニメと比べると劣りますので比べるのは酷でしょうか。
ただ、ジャギーが気になるもののそこを除くと悪くはないです。
【音質】
音は広がりのある音でとてもよい。
5.1chサウンド制作にグラミー賞受賞のテッド・ジャンセンが携わっているのだとか。
重低音はあまり鳴りのある作品ではありませんが、とにかく高音が綺麗。
よく通り透き通るような音。
とても綺麗なサウンドで、効果音、テーマソングなども秀逸です。
サラウンド効果はガンガンと出るタイプではありませんが、包まれるようなクリアなタイプになっています。
夏の空気感や音が効果的に再現されている。
セリフ部分もクリアで聞き取り易い。
TVアニメの5.1ch化は期待外れな事が多いのですが、この音は見事。
この音を聞くだけでも価値がありそうです。
音質面での不満はほとんどありません。
【物語】
内容は1000年の時を超える感動アニメ。
元々の原作はゲームから始まり、メディアミックス展開でアニメ化したもの。
自分はゲームをやっていないので、このアニメから入りました。
そのせいもあるのか、色々と伏線が張られていたりするようですが、置いてけぼりになる事も。
疑問点が残るもののそのまま進んでいきます。
序盤は少しダラダラとした展開が続きますが、エンディングへの追込みはすごい。
泣けるアニメと言われて購入しましたが、確かに追込み箇所では涙無しでは見れませんでした。
斬新な展開な分、視聴した後は、ストーリーの紐解きに頭を悩ませます。
ある意味、視聴者に考えを投げてしまう物語なのかも。
ただ、何度か視聴をして理解力が増すとさらに面白くなる。
1回目より2回目、2回目より3回目と視聴する度に面白くなる不思議なアニメです。
しばらく経つとまた見たくなり、現在4回目の視聴です。
なんだかんだとハマってしまったのかもしれません。
キャラクターはデザインを含めかなり好みが分かれるでしょう。
自分は最初は全く合わず、色々と萌え系キャラが登場するので、序盤は見るのが苦痛に感じました。
ですが、ある程度まで我慢して見ていると、慣れてきますしストーリーも謎が増えていっておもしろくなります。
取っ付きにくさはありますが、秀逸なアニメだと思いました。
【特典】
特典はディスク1枚丸々使っているだけあって豪華。
HD画質での新作映像OP2本はアプコンとは違った美しい映像を見る事ができ必見です。
他にHD画質でイラストギャラリー、SD画質でキャストインタビューと盛り沢山。
【総評】
デジパックパッケージもしっかりBDケースサイズの高さになっているのも満足度が高いです。
画質面ではどうしてもアプコンという事で物足りなさは残ってしまいますが、音質のよさ、特典の豊富さと満足度の高い一本で、総合評価では満点。
初回限定生産という事なので作品のファンなら是非。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【AIR】
原題:AIR
監督:石原立也
主演:小野大輔(声)、川上とも子(声)
製作年:2005年
発売日:2006/12/22
販売元:ポニーキャニオン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/01/12 02:17 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディション 

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディション

▼ジャケット表
fourbrothers1.jpg

▼ジャケット裏
fourbrothers2.jpg

▼盤面
fourbrothers3.jpg

▼仕様
・時間:109分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/英語
・字幕③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:吹替用日本語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
許せない!
男たちの熱き怒りがストリートを戦場に変える!
ジョン・シングルトン監督が放つ兄弟愛と復讐のストーリー。
雑貨店強盗に巻き込まれ、命を落とした義母。
彼女の葬儀に集まった4人の兄弟は、自分たちの手で復讐を遂げることを誓う。
市警の制止を振り切り、強引な捜査を続けながら事件の真相に迫っていく4人。
ドハデな銃撃戦やカーチェイス、犯人探しのスリルが、雪に覆われた街を熱い興奮の渦に巻き込んでいく!
マーク・ウォールバーグ、人気ヒップホップ・デュオ、アウトキャストのアンドレ・ベンジャミンなど男くさい豪華キャストも魅力だ。

▼感想
マーク・ウォールバーグ主演のアクション映画。
映像はそこそこの印象。
フィルムグレインはシーンによってバラツキがありますが、全体を通してはフィルムライクな味が出ています。
質感は中々好み。
しかし気になる箇所が何点か。
まず輪郭の甘さは全体的に目立ちます。
そして暗部シーン。
諧調が微妙で暗部の箇所では破綻しています。
暗いシーンも多い作品なのでこれは気になりました。
他のBD作品と比べると並程度じゃないでしょうか。
音は中々よい。
特に重低音の響きがいいです。
ただ、高音の抜けと、ダイナミックさはイマイチ。
サラウンド感は感じる事ができますが、広がりに欠ける印象が強かったです。
セリフはクリアで聞き取り易いです。
ストーリーは兄弟愛を描いた復讐劇。
家族愛、兄弟愛を描いてはいますが、復讐劇なので好みは別れそう。
アクションシーンはお金がかかってないらしくかなりチープ。
設定なども含めて、新しめの作品なのに妙に古くささを感じました。
男臭さのある作品。
観ていて感じたのは現代の世界で西部劇をやったかのような内容だと言う事。
ブラック社会を描いていますが設定の根本は西部劇に近い。
テンポは悪くなかったです。
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングや予告などそこそこ。
全体的に良くも悪くもB級映画。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディション】
原題:FOUR BROTHERS
監督:ジョン・シングルトン
主演:マーク・ウォールバーグ、タイリース・ギブソン、アンドレ・ベンジャミン、ギャレット・ヘドランド
製作年:2005年
発売日:2006/12/22
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
[ 2007/09/15 17:50 ] は行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。