スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

20世紀少年 終わりの始まり 

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり

▼ジャケット表
20centuryboys1.jpg

▼ジャケット裏
20centuryboys2.jpg

▼盤面
20centuryboys3.jpg

▼仕様
・時間:142分(本編)+特典
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/5.1chchサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
世界が終わろうとしています。
ぼくらの"ともだち"によって…。
1969年。
少年ケンヂは人類滅亡を空想して、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、確実には起こりえない"未来"のはずだった…。
だが、大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。
時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。
実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!
世界を陰で操る謎の男"ともだち"とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのだろうか?
そして、2000年12月31日、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する"その日"が訪れる…。
世界が注目する浦沢直樹のベストセラーコミック『20世紀少年』が遂に実写映画化。
堤幸彦を監督に迎え、超豪華なオールスターキャストが集結、約50年に及ぶ壮大なストーリーが動き出した。
謎が謎を呼ぶ第1章。ここから、終わりが始まる。

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは強めにかかっています。
このフィルムグレインの質にやや難があり。
フィルムらしさの味のあるグレインというよりも、人工的なデジタルノイズようなあまり綺麗に見えないグレインとなっています。
暗いシーンでは顕著に出るためうるさく汚く感じるかもしれません。
シャープさはぼんやりとして輪郭が甘いシーンが多い。
所謂、邦画らしい映像と言えば伝わるでしょうか。
キリッとした絵ではなく、ぼやっとした邦画テイストです。
引いたシーンではより顕著に。
暗部シーンでの諧調もよろしくない。
かなり諧調が悪く潰れてるかと思える程、暗いシーンでの表現に難があります。
とにかくこの諧調表現の悪さには閉口。
動きのあるシーンについても破綻する事はありませんが、見ずらい箇所が多い。
とは言え、高ビットレートを維持した映像ですし再現性はよいのだと思います。
もうこれらの物足りなさは邦画全般に言えるマスターや撮影機器の問題なのでしょうね。
他のBD作品と比べると並~少し下。
再現性はよいのだと思いますが、ソースの問題が大きい。
邦画テイストが好きなら問題なく見れるとは思います。
新作ですし、邦画にしては珍しく結構な制作費をかけた作品と聞いていましたので、従来の邦画と違った質の映像を見せてくれるのかと期待していましたが、よくある邦画テイストで残念です。
邦画にももっと頑張ってもらいたい。
【音質】
音もそこそこ。
重低音はよく出ています。
鳴りもよいですが、そこそこ重みの感じる音。
高音についてもクリアな音が出ていて伸びもまずまず。
サラウンド感についてはシーンによってかなりバラツキがある。
よく音がなり臨場感のあるシーンが一部で見受けられますが、基本的には大人しめになっています。
セリフ部分は聞き取りにくい箇所が結構ある。
多くは邦画によくあるボソボソ話す役者のせい。
ただ、音の鳴りがよい分、セリフと被ってしまい聞き取りにくい箇所も。
音のバランスがあまりよろしくないのだと思います。
セリフ部分を考えないなら★4くらいはありそうですが、トータルなら★3。
ロスレスサウンドながらこの音質ですから、こちらもソースの問題なのでしょうね。
【物語】
内容は漫画「20世紀少年」を実写化した作品。
全3部作のうちの1作目となります。
原作を読んだか読んでいないかで感想が異なるかもしれません。
基本的に原作を読んでいなくてもついていけるとは思いますが、説明不足で分かりにくい箇所もあるかも。
原作を読んでいる自分としては登場人物やストーリーを含め、説明不足な箇所を補完できるのですが、不親切な箇所も多いです。
一方、原作を読んだ人からすると、原作に忠実な反面、型にハマり過ぎていて物足りなさを感じる。
とは言え、テンポは悪くないと思います。
途中途中の見せ方は好きですが、クライマックスの見せ方はあっけなく肩すかし。
見せ方、演技などを含め、内容の割に緊張感が全くないのも難。
しかし、この作品の酷さは役者の演技につきます。
漫画原作の弊害か演じ切れていない役。
特に少年時代の演技の酷さは見ていて苦痛を感じるレベル。
全体的に楽しめない訳ではないのですが、なんとなくで終わってしまい、第2章へと続いていきます。
3部作という事もあるのでしょうが、型にハマりすぎたTVドラマのような作りになっています。
【特典】
特典はHD画質で第1章と第2章の予告、TVCMのみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質はいかにも邦画的な質になっていますし、特典も寂しい作り。
よほど作品が好きじゃない限りお薦めできません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり】
監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子
製作年:2008年
発売日:2009/01/30
販売元:バップ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/04 08:37 ] な行 | TB(0) | CM(0)

ウォーターボーイズ 

ウォーターボーイズ

▼BOX表
waterboys1.jpg

▼BOX裏
waterboys2.jpg

▼BOX表(表紙)
waterboys3.jpg

▼BOX裏(裏表紙)
waterboys4.jpg

▼中ジャケット表
waterboys5.jpg

▼中ジャケット裏
waterboys6.jpg

▼盤面
waterboys7.jpg

▼仕様
・時間:91分(本編)+映像特典
・映像:1080i/ビスタ(1.85:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語(劇場公開版)
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語(リミックス版)
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
男のシンクロ!?
矢口史靖監督の大ヒット作が、待望のBlu-rayで登場!
Blu-ray化のために新たにリマスターを行ったニューHDマスター使用。
初回生産限定:ニューデザインアウターケース付スペシャル紙製パッケージ
特典:12Pオールカらーブックレット・「ハッピーフライト」特報・「ウォーターボーイズ」特報・予告編・TVCM

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるもの。
取り除いたのかな?と思うようなかなり控えめな処理になっています。
ですのでフィルムライクな作品というよりもTVドラマを見ているような印象が強い映像。
シャープさは残念な出来になっています。
とにかくソフトフォーカスをかけたかのような甘い輪郭。
全体的にぼんやりしており、ピントが甘い。
眠たい映像という言葉がしっくりくるかもしれません。
暗いシーンの諧調も結構ギリギリな印象を受けました。
動きのあるシーンで破綻していないのが救いか。
これはもうマスターや撮影機材の問題でしょうね。
元がこの出来なのでしょうから、再現性はそこそこよいのだと思います。
ある意味、邦画らしい映像です。
他のBD作品と比べると少し厳しい部類に入ります。
邦画全般に言える事ですが、洋画に比べると明らかにもの足りません。
撮影やマスターの段階での画質的な問題でしょうし、仕方ないとは思いますが、正直もっと頑張ってほしい。
【音質】
音はそこそこ。
劇場公開版のステレオ音声と、リミックス版の5.1chサラウンド音声の収録ですが、ステレオ音声で視聴しました。
最初はリミックス版で視聴したのですが、音が気持ち悪い。
音の出る位置がおかしく映像と音が合っていないのです。
ステレオ音声は問題なかったので、そちらで素直に視聴しました。
重低音は軽さの残る音。
元々そんなに重低音の多い作品ではありませんが、水音などに軽さが残ったのは残念。
高音はそこまで伸び切りませんがしっかり出ていて悪くないです。
ステレオ音声で視聴したのでサラウンド感はありません。
セリフは邦画にしては聞き取り易くクリアで良好。
しっかり原音通りの音を再現できていると思います。
【物語】
内容は男子シンクロをテーマにしたスポ根青春コメディ。
熱く若さと勢いがあり、笑える要素も強くしっかりスポ根青春コメディをしている。
これぞ青春といったストレートな内容になっています。
テンポもよくポンポンと進むので全く飽きる事もない。
楽しく笑えて軽い感動もある。
最後のシンクロシーンはいつ見ても楽しいです。
誰もが安心して見れる青春コメディだと思います。
【特典】
特典はHD画質で予告、特報、TVCM、ハッピーフライトの特報といった予告系映像のみで寂しいか。
【総評】
画質/音質は再現性はよいとは思いますが、邦画らしい映像になっていますので、作品が好みなら。
初回生産限定の紙製パッケージやブックレットなどの出来はよいです。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【ウォーターボーイズ】
監督:矢口史靖
出演:妻夫木聡、玉木宏
製作年:2001年
発売日:2008/10/24
販売元:東宝

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/10/26 02:16 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

バベル 

バベル

▼ジャケット表
babel1.jpg

▼ジャケット裏
babel2.jpg

▼盤面
babel3.jpg

▼仕様
・時間:143分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語字幕(劇場公開版)
・字幕③:日本語音声字幕
・字幕④:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
それは、一発の銃弾から始まった…。
事件は、モロッコから、東京…。
そして、メキシコへ…。
はじまりはモロッコ。
夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。
二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。
言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。
一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ってテロリストと断定したモロッコ警察たちの捜査が始まる…。
銃の持ち主を迫ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊池凛子)と二人きりで暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。
彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた…。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。
刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた…。
一発の銃弾が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。
途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する…。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに処理されています。
シーンによって強さは違うものの、全体的にかなり強く感じる。
とてもフィルムライクな質感ながら、ノイジーに感じる箇所が多いかも。
これは好みによるかと思いますが、個人的には汚いと感じるくらいうるさい箇所がいくつかあり気になりました。
シャープさはよく輪郭が丁寧に出ています。
細かい箇所でもよく出ているのですが、グレインの多さも相俟って硬い質感になっています。
暗部シーンはグレインの多さに目を瞑れば悪くなく丁寧に出ている。
とにかく全体の雰囲気としては、硬い映像というのがしっくりくるような硬質な質感。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではないでしょうか。
自分には合いませんでしたが、フィルムグレインの多さが気にならないようでしたら、かなり綺麗に感じるとは思います。
【音質】
音はよい。
重低音はあまり多用しておりませんがしっかりと響く音。
時折鳴る音の存在感がすごく芯に響いてきます。
高音もよく出ており通る音になっています。
サラウンド感はシーンによって違いますが、音がよく鳴る箇所では臨場感たっぷり。
ドラマ調の箇所でも音の位置がしっかりしていて好印象。
セリフ部分もクリアで聞き取り易いですし、音質面での不満はありません。
【物語】
内容は様々な国を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマ。
様々な国の人が一つの事件を境に絡み合っていくといった内容なのですが、これがどうもしっくりこない。
無理矢理結びつけたような展開が多いです。
特に日本を舞台にした箇所。
日本はなくても成立してしまう繋がりになっています。
日本興行向けにわざわざ入れたのではないかと疑ってしまう程。
時系列もズレて進行していくのですが意外性もない。
ころころと舞台が変わる割にはテンポもイマイチで長時間視聴が苦痛でした。
全てが中途半端に展開していき、最後まで中途半端に投げ出してしまう。
色々と人物や物語が複雑に絡み合ってくると思っていただけに拍子抜けです。
孤独や意思疎通など根底となる箇所は分かりますが、結果的に観客に想像を委ねるような作品になっています。
話題になった日本人女優にしても脱いだだけ。
かなり好みの別れる作品だと思いますし好みの方もいるのかもしれませんが、自分には全く合わなく最後まで視聴するのが苦痛でした。
【特典】
特典はHD画質で特報や予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は中々よいですので、役者や内容が好みなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★☆☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【バベル】
原題:BABEL
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット
製作年:2006年
発売日:2007/11/02
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/18 01:36 ] は行 | TB(0) | CM(0)

トリスタンとイゾルデ 

トリスタンとイゾルデ

▼ジャケット表
tristanisolde11.jpg

▼ジャケット裏
tristanisolde12.jpg

▼盤面
tristanisolde13.jpg

▼仕様
・時間:126分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
あなたは知っているだろうか?
『ロミオとジュリエット』の元になった悲恋の物語が存在していたことを。
時は1500年前、暗黒時代のイギリス。
コーンウォールの領主マークを育ての父に持つ、トリスタンという名の勇敢な騎士がいた。
戦闘で瀕死の重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着いた彼は、アイルランド王の娘イゾルデにかくまわれ、献身的な介護を受ける。
粗末な海辺の小屋で過ごす濃密な時間の中で、ごく自然に結ばれる2人。
だが、運命の女神は、離別よりも残酷な試練を彼らに用意していた。イゾルデと領主マークの政略結婚。
トリスタンとイゾルデのかなわぬ愛は、国を滅ぼしかねない危険なものへと変貌を遂げていく…。

▼感想
【画質】
映像は結構厳しいです。
フィルムグレインは強くかけられているのですが、この処理が非常に荒い。
ノイズというよりも黒く汚いと思えるグレインになっています。
シャープさはそこまで悪くないのですが、細かい箇所はグレインにより潰れてしまっている。
アップのシーンの質感は中々よいです。
とにかく厳しいのが暗いシーン。
諧調は散々で、完全に潰れてしまっている箇所が多い。
これは破綻と言っていいレベルです。
距離を置いて見る分にはあまり気にならないかもしれませんが、大画面で見るとかなり厳しいです。
他のBD作品と比べても並以下の厳しい部類。
126分の作品をMPEG-2で1層収録するのは無理があります。
仕様からして期待できませんでしたが、想像通りの厳しさでした。
【音質】
音はよいです。
重低音はよく出ていて厚みのある音。
重いサウンドが響きますので迫力がある。
高音もよく伸びて広がりがあります。
サラウンド感も十分感じる事がでます。
少し音の位置が定まっておらず、自分の環境では違和感を感じる箇所もありましたが良好。
セリフ部分もクリアですし、音質面は中々満足です。
【物語】
内容は1500年前のイングランドとアイルラインドの戦いを舞台にした悲恋の物語。
シェイクスピアのロミオとジュリエットに影響を与えた作品で、ワーグナーの楽劇でも有名です。
設定は映画用に変えてあり大筋は似ていますが独自の物語になっています。
最初の展開からグイグイと引き込ませてくれる作り。
戦闘シーンの迫力もよく臨場感があります。
2時間弱の作品ですがテンポがよいので飽きずに楽しむ事ができました。
それぞれの内面や苦悩もよく描かれている。
役者の演技も秀逸だと思います。
悲恋という切ない物語ながら、綺麗にまとめているので、すっきりと見る事ができました。
【特典】
特典はHD画質で予告のみと寂しいです。
トップメニューがないのも不満大。
【総評】
音質や内容はよかっただけに、一昔前の仕様で発売になったのは大変残念で仕方ありません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【トリスタンとイゾルデ】
原題:TRISTAN & ISOLDE/TRISTAN + ISOLDE
監督:ケヴィン・レイノルズ
出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ
製作年:2006年
発売日:2008/07/23
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/13 17:16 ] た行 | TB(0) | CM(0)

デビル 

デビル

▼ジャケット表
devil11.jpg

▼ジャケット裏
devil12.jpg

▼盤面
devil13.jpg

▼仕様
・時間:約111分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ハリソン・フォード×ブラッド・ピット。
2大スターが対決するサスペンス・アクション超大作。
ニューヨークの実直な警官トムの家に下宿人としてやって来た、純朴で快活なアイルランド青年ローリー。
しかし、その天使の笑顔の裏側には、国際手配されたIRAのテロリスト、"エンジェル"という"悪魔の顔"が隠されていた…。
ハリソン・フォード&ブラッド・ピット、人気と実力を併せ持つハリウッド最高のスターが、スクリーンで対決!
友情と裏切り、そして復讐。
まったく違った道を生きる2人の男の正義と意地が、火花を散らして激突する。
北アイルランドの残酷で哀しい現実を背景に、犯罪都市N.Y.で息もつかせぬサスペンスが展開する。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインは強めに処理されており、うるさく感じる箇所も。
特に暗部シーンで顕著に現れます。
シャープさもイマイチで輪郭が安定していません。
色調もあまりよろしくなく、質感もぼんやりしている。
暗部シーンの映像にノイジーに感じたり諧調が悪かったりと厳しさが残ります。
時折ハッとする高画質な箇所もあるのですが、全体を通すとメリハリの欠ける映像です。
再現性はよさそうなのでおそらくソース自体あまりよくないのかと思います。
他のBD作品と比べると並程度。
ソースからしてあまりよくなさそうなのでこれ以上は望めないのかもしれません。
【音質】
音もそこそこ。
全体的に鳴りの控えめなサウンドになっています。
重低音は軽く重みや厚みを感じない音。
基本はドラマ調なのですが、時折あるアクションシーンの音がとても軽く違和感を感じます。
高音は綺麗に出ていて満足。
サラウンド感はあまり感じる事ができませんが、音全体としての臨場感はあります。
セリフ部分はクリアで聞き取り易い。
音質面では重低音の作りがイマイチでしたがこれは原音もそうでしょうし仕方ないのかも。
【物語】
内容はIRAと警官という組み合せのサスペンス映画。
ある程度アイルランドの歴史について知った上で見ると面白さが違うと思います。
リアリティはあまりなくご都合主義で展開しますが、心理描写はよく描けている。
心の葛藤や闇の部分に重きをおいた作品。
ですので、2大スターを使っていながら非常に地味な出来に仕上がっています。
淡々としたテンポで進みますので、メリハリに欠ける。
ただ先の気になる展開ですので飽きる事はありません。
ラストの展開はあまり好みではありませんが、普通に考えながら楽しむ事ができました。
【特典】
特典はSPEの他作品予告が収録されているのみで、デビルについての特典は皆無と不満大。
【総評】
画質/音質面もパッとしませんし特典も皆無なので、作品や役者のファン以外にはお薦めできません。
特典が何もないため総合では★を1つ減らしています。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【デビル】
原題:THE DEVIL'S OWN
監督:アラン・J・パクラ
出演:ハリソン・フォード、ブラッド・ピット
製作年:1997年
発売日:2008/05/21
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/07 21:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)










FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。