スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション Amazon.co.jp限定 特殊ブック型ケース仕様 

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション Amazon.co.jp限定 特殊ブック型ケース仕様

▼ジャケット表
davincicode3.jpg

▼ジャケット裏
davincicode4.jpg

▼ジャケット表(表紙)
davincicode1.jpg

▼ジャケット裏(背表紙)
davincicode2.jpg

▼盤面1
davincicode5.jpg

▼盤面2
davincicode6.jpg

▼仕様
・時間:約174分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×2枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
今世紀最大の謎が、遂に完結する。
ルーヴル美術館で殺された館長の周りに残された不可解な暗号。
容疑者として現場に連れてこられたラングドンは、館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに助け出される。
ファーシュ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解き始めるふたり。
そこには歴史を覆す驚愕の真実が…!
劇場公開版に本編約25分が追加されたエクステンデッド・エディション

▼感想
【画質】
映像はパッとしません。
フィルムグレインは少し強めに処理されている。
うるさくは感じませんし、フィルムライクな質感に仕上がっていますので好み。
一部演出シーンで強くでますが、演出と分かる仕様ですので問題ありません。
シャープさは残念な出来に。
全体を通して甘く、厳しい出来となっています。
ぼけていると言ってもいいくらいの甘さ。
アップシーンでは耐えれるものの、引きのシーンでは映像が酷い事に。
暗部シーンの諧調表現もかなりギリギリの印象。
黒が潰れるギリギリで暗いシーンではかなり見えづらくなる箇所が多い。
暗いシーンが多めな作品だけに辛さを強く感じます。
発色は抑えめですが、これは作品の仕様に合っていて悪くはない。
動きのあるシーンでの破綻は見受けられません。
全体を通すと物足りなさを感じる画質かと思います。
他のBD作品と比べると並以下。
比較的新しめの作品と考えるとガッカリするかと思います。
このような映像が演出な可能性もありますが、自分には合いませんでした。
個人的には★2~3の評価となります。
【音質】
音はそこそこ。
低音は控えめな鳴りですが、厚みを感じられる音。
重厚なサウンドを聞き取る事ができてよい出来です。
高音もしっかり伸びていて綺麗な音が出ている。
サラウンド感も悪くない。
音があちこちから鳴ったり回るといったものではなく大人しめですが、効果的にサラウンドを感じさせてくれる。
特にBGMの音の包まれるような感じは中々のもの。
セリフ部分もクリアで聞き取りやすく良好。
素晴らしいといったものではないものの、満足できる音質かと思います。
【物語】
内容はダン・ブラウンの小説を映画化した作品。
自分は原作を未見ですので、普通に楽しむ事ができました。
様々な謎を色々な解釈で解いていく。
宗教的な背景、歴史的な背景とある程度の知識がないと分かりづらいかもしれません。
特に日本人には馴染みのない文化や背景が多い。
この辺で置いてけぼりをくらわないかで楽しさが全く変わりそうです。
追加映像もあるエクステンデッド・エディションという事で、3時間近い作品になりましたが、テンポは悪くない。
色々な仕掛けがあり、盛り上げてくれるので飽きる事はありませんでした。
色々と話題になった割には評価の芳しくない作品のようですが、個人的には普通に楽しめましたし満足もできました。
間違いなく好みの別れる作品ではあるかと思います。
【特典】
特典は本編DISCに音声解説、PinPを使った解説、BD-LIVE、HD画質で、続編である天使と悪魔の映像。
天使と悪魔は編集したものではなく、短時間ですが一部シーンが丸々使用されております。
BD-LIVEは他SPE作品に収録されてるのと同じもの。
さらに特典DISCにHD画質でインタビュー集や、メイキングに近いもの、考察系など豊富です。
全てHD画質での収録ですし、BD版のみに収録されている特典も多数あり、満足できる。
なお、今回掲載しているパッケージはAmazon限定のパッケージになります。
通常のBDパッケージ仕様と違い、ブック型ケースになっているのが特徴。
高さなどは通常のBDサイズと同じもの。
全30Pのブックレットのようなブック型ケース仕様になっており、パッケージの作り自体も満足できます。
【総評】
音質は満足できますし、特典類はとても満足できる。
ですが、肝心の画質が物足りなさを感じる出来となっています。
作品のファンなら特典など目当てで購入してもよいかもしれませんが、画質的な期待はしないほうがいいでしょう。
画質がよかったらもっとお薦めできるだけに、残念な一本です。
通常のBDケースではなく、ブック型ケースが欲しい場合はAmazon限定なようなので、そちらを。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション】
原題:THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ
製作年:2006年
発売日:2009/04/29
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/05/13 20:21 ] た行 | TB(0) | CM(0)

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション 

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション

▼ジャケット表
topgun1.jpg

▼ジャケット裏
topgun2.jpg

▼盤面
topgun3.jpg

▼仕様
・時間:110分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:インドネシア語字幕
・字幕④:広東語字幕
・字幕⑤:ヒンディー語字幕
・字幕⑥:韓国語字幕
・字幕⑦:標準中国語字幕
・字幕⑧:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
エネルギッシュなアクション
この役で彼は世界で一番ビッグなスターの1人になった。
現代の超大作映画の形を定義付け、スマッシュ・ヒットを記録した本作で、トム・クルーズがデンジャーゾーンに乗り込む。
クルーズ演じる腕利きのパイロット、マーベリックは海軍のエリート・パイロット養成所トップガンへ送られた。
しかし"エリート中のエリート"になるためには相棒のグース(アンソニー・エドワーズ)や新しくできた恋人(ケーリー・マクギリス)の協力が必要だった。
共演はヴァル・キルマー。
マッハの速度でヒットした本作に、きっとあなたも息を飲む。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
フィルムグレインは少し強めに出ています。
とは言え、うるさく感じるシーンはほとんどありません。
フィルムライクな質感になっていて当時の雰囲気をうまく出している。
シャープさは悪くはないのですが、シーンによってのバラツキを感じます。
一部シーンでかなり甘く感じる事がありますが、全体的にはそこそこ満足できる。
このバラツキはシーンごとにマスターが違うのか、それとも撮影機材の問題なのでしょうか。
暗いシーンの諧調表現はかなりギリギリな印象。
黒が潰れるとまではいきませんが、見えにくい箇所が多いです。
ドッグファイトなど非常によく動くシーンがありますが、ほぼ破綻はなく良好です。
本当に稀にですが、輪郭周りにノイズが乗る事があるものの、あれだけ動けば全く気にならないレベル。
一部の演出を除いて発色がよく映像が映える。
この発色の良さはDVDのそれとは明らかに違います。
なお、稀にフィルムの傷が出ますが、状態はよくチラつく程でもありませんので、ほとんど気にならないかと思います。
綺麗と感じれる画質を保てていると思います。
他のBD作品と比べてもそこそこ満足ができる。
20年以上前の作品という事を考えたらかなり満足できるのではないでしょうか。
再現性だけで言えばかなりのもの。
しっかりとハイビジョンらしさを感じれるトップガンとなっています。
【音質】
音はよいです。
DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンドで視聴。
低音の鳴りはとてもよく、しっかりと響き厚みのある音。
戦闘機のジェット音などいい音が出ています。
少し中域の音が控えめで、急に低音がドンと来るのは気になりますが、迫力は中々のもの。
高音は広がりのある音とは言えませんが、クリアな音は出ていますし比較的満足できる。
サラウンド感については、そこそこ。
シーンによっての差が激しく、前述の戦闘機のジェット音などは臨場感がある。
ただほとんどサラウンドを感じない箇所も多い。
セリフ部分はクリアで聞き取りやすいです。
Danger Zoneなど印象的な曲がクリアになっているのは、より作品を盛り上げてくれ、ファンからしたらたまらない。
そこまで古さを感じさせない、比較的しっかりした音質になっており満足できると思います。
【物語】
内容は戦闘機パイロットについて描いたフライトアクション。
トム・クルーズの出世作としてお馴染みの作品です。
話の展開としては、今改めて見ると至って平凡な作りに感じてしまう。
テンポは悪くないですが、ありがちな展開。
20年以上前の作品ですし仕方ありませんね。
ただ、この作品の見せ場であるドッグファイトなどのフライトシーンの出来は素晴らしい。
スピード感たっぷりで興奮させてくれます。
Danger Zoneを始めとした曲の数々も話を盛り上げてくれる。
映画の入り方もかっこよくてたまりません。
今見てもそこまで古臭さを感じない、言わずと知れた傑作です。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質で舞台裏、ストーリーボード、ドキュメンタリー、PV、TVスポット、インタビューなど。
ストーリーボードは自分で好きなアングルに切り替えれる機能付き。
ボリュームは中々あるのですが、全てSD画質での収録なのは残念。
【総評】
画質/音質は作品の製作年を考えるとかなり満足できるはず。
特典はSD画質のみと残念ですが、量はある。
作品のファンなら押さえておいて間違いないと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション】
原題:TOP GUN
監督:トニー・スコット
出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー
製作年:1986年
発売日:2009/04/24
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/05/02 22:00 ] た行 | TB(0) | CM(0)

デス・レース 

デス・レース

▼ジャケット表
deathrace3.jpg

▼ジャケット裏
deathrace4.jpg

▼ケース表
deathrace1.jpg

▼ケース裏
deathrace2.jpg

▼盤面
deathrace5.jpg

▼仕様
・時間:約111分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
これがカーアクションの到達点!
負けたら最期の死のレースが今始まる。
興奮度5,000%のバトルロワイヤル!
民間企業が刑務所を運営する2012年の近未来。
ターミナル島刑務所では、囚人同士を武装した改造車で競わせる凄惨な殺人レースが行われ、インターネット中継を通じて人々を熱狂させていた。
妻殺しの濡れ衣を着せられ、この刑務所に収監されてきた元レーサーのエイムズ(ジェイソン・ステイサム)。
彼は冷酷な所長ヘネシー(ジョアン・アレン)により、死亡した人気覆面レーサー"フランケンシュタイン"になりすましてレースに参加するよう命じられる。
ところが、妻の殺害がエイムズをレーサーとして招きたい所長の陰謀だったことが発覚。
怒りに震えるエイムズは、凶悪なレーサーたちとの戦いに身を投じながら、復讐のチャンスを狙う!
1975年に製作されたカルト作「デスレース2000」を「バイオハザード」の鬼才ポール・W・S・アンダーソン監督が過激にリメイク。
主演にジェイソン・ステイサム(「トランスポーター」)を迎え、囚人レーサーたちの熾烈なカー・バトルをショッキングかつ疾走感あふれる映像に仕上げている。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるものがやや控えめに処理されています。
うるささは全くなく、それでいてのっぺりとする訳でもなく、ほどよいバランス。
フィルムライクな質感が程よく出ており好み。
シャープさもかなり満足できる作りになっています。
輪郭線がくっきりしており、精細感を堪能する事ができる。
アップシーンの人物描写はだけでなく、引きのシーンでの描写もボケる事がほとんどなくよい出来です。
暗いシーンの諧調表現はまずまず。
黒が潰れてしまったり、見にくい事はありませんし悪くはない。
カーアクションなどとにかく動くシーンが満載ですが、全く破綻が見受けられないのはさすがです。
発色は抑えめで色調も少しダークな感じですが、作品の雰囲気に合わせた仕様ですので違和感がない。
全体を通してHDらしさを感じる事のできる満足度の高い質になっています。
他のBD作品と比べるとかなり綺麗な部類に入ると思います。
色調など独特な面もありますが、この画質で出してもらえれば文句なし。
誰が見ても高画質と分かるよい仕上がりです。
【音質】
音もよいです。
とにかく特徴的なのが低音の響き。
重低音の響きがよく厚みを感じる音なので存在感がある。
車のエンジン音だけでなく、BGMも同様でかなり低音が強く出ています。
この作品にはこのような低音を強めに出す仕様は合っている。
高音も比較的綺麗に出ており満足できる。
サラウンド感もかなり感じる事ができます。
素直に迫力と臨場感を感じれる作りに仕上がっている。
音があちこちから出て、低音を響かせてくれるので迫力満点です。
繊細な音といった側面はありませんが、とにかく迫力重視の音作り。
セリフ部分もクリアで聞き取り易いです。
作品に合っている音だと思いますし、よい音質ではないでしょうか。
【物語】
内容は近未来を舞台にしたカーアクション。
元は1975年に公開されたカルト映画、「デス・レース2000年」のリメイクだそうです。
そちらは未視聴なので先入観なしでの視聴。
基本はカーアクションなのですが、かなりクレイジーな内容になっています。
タイトル名の通り少しグロいシーンもあり。
作品のテンポはよく、疾走感溢れるレースシーンと相俟って一気に見せてくれる。
レース自体がマリオカートのようなルールになっているのですが、それがバイオレンスな描写満載の仕上がりに。
劇場公開はPG-12指定だったそうですが、よくその指定に収まったと思うくらいクレイジーです。
やり過ぎてしまって思わず笑ってしまうくらい。
しかしカーアクションの出来は秀逸でスピード感溢れる仕上がりになっています。
ただ、そのバイオレンスと熱狂の中、あまりにあっさり終わってしまうエンディングが残念。
バイオレンスな描写が大丈夫で、カーアクションが好きな方なら楽しめるかと思います。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキングや舞台裏。
PinP機能やBD-Jを使用したオリジナル編集機能、さらにはBD-LIVEなどにも対応しているのですが、いずれも使い勝手はよくないです。
これらの機能は使い勝手が悪く、あまり有り難みのない機能。
ちなみにBD-LIVEは北米版に繋がるようで、メニュー周りなどは全て英語。
ユニバーサル系列映画の予告などが閲覧可能です。
【総評】
画質/音質は十分満足できる作り。
特典もHD画質で収録されていたりと満足できる。
ですので、作品のファンや、興味がある方なら安心して手に取れる良質な一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【デス・レース】
原題:DEATH RACE
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ジェイソン・ステイサム、タイリース・ギブソン
製作年:2008年
発売日:2009/04/24
販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/04/29 17:02 ] た行 | TB(0) | CM(0)

ダークナイト 

ダークナイト

▼ジャケット表
darkknight3.jpg

▼ジャケット裏
darkknight4.jpg

▼期間限定ケース表
darkknight1.jpg

▼期間限定ケース裏
darkknight2.jpg

▼盤面1
darkknight5.jpg

▼盤面2
darkknight6.jpg

▼仕様
・時間:152分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)&ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)+片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"覚悟せよ。度肝を抜かれる。"
『バッドマン ビギンズ』に続き、クリストファー・ノーラン監督が放つシリーズ第2弾『ダークナイト』。
クリスチャン・ベールが再びバットマン/ブルース・ウェインとして、悪と戦う。
警官ジム・ゴードン、検事ハービー・デントと協力して、ゴッサムから犯罪組織を一掃しようとするバットマン。
見事なチームワークで成功を収める三人に、新たな敵が襲いかかる。
狂った笑いを顔に刻んだ男、その名はジョーカー。
彼の繰り広げる殺人ゲームが、ゴッサムを恐怖のどん底に陥れる。
絶対的な悪に打ち勝つには、もはやヒーローの掟を破るしかないのか。

▼感想
【画質】
映像はかなりよいですが、複雑です。
IMAX撮影のビスタサイズと通常撮影のスコープサイズが作品の中に入り乱れて収録というかなり特殊な仕様になっています。
ですのでそれによって画質に違いが出てきています。
まずIMAX撮影での収録シーンですが、こちらは圧巻の一言。
とにかく精細な映像を見る事ができる。
細かい箇所まで素晴らしい精細感。
発色や諧調表現もよく素晴らしい。
圧倒される解像度の高さを感じ取る事ができる映像となっています。
一方、通常撮影についてはまずまず。
IMAX撮影部分があまりに素晴らしいため、劣って見えてしまうのは仕方ないでしょうか。
とは言え、シャープさも中々よく輪郭も丁寧に出ています。
少し暗部の諧調表現が物足りない点を除いては、高画質な部類に十分入ります。
フィルムグレインは全体を通して控えめに処理されています。
暗いシーンでは少し多めに出る程度でうるさくはありませんし良好。
特殊な収録になっていますが、全体を通して満足できる画質だと思います。
他のBD作品と比べるとかなり綺麗な部類に入るかと思います。
IMAX撮影のシーンに限って言えばトップクラスの映像ではないでしょうか。
少なくとも精細感という面では他に類を見ません。
通常撮影シーンは★4~5といったところ。
ワーナーのVC-1はあまりいい印象がありませんが、この映像が出せるなら文句なし。
好きな作品で劇場に3回も足を運んだのですが、下手な劇場で観るよりもいい映像が出ていると思います。
【音質】
音もよいです。
全体の鳴りがとても派手。
よく鳴る音なので迫力満点です。
重低音はしっかりと響きますし、高音も綺麗に出ている。
前作ビギンズで感じた軽く浮くような音が出る事もなく、しっかりと安定した音が出ています。
サラウンド感もバッチシ。
とにかくあちこちからよく鳴る音。
音の位置が正確でよく鳴るため、臨場感抜群で画面に入ってしまったかのような音が出ています。
セリフ部分もクリアで聞き取り易く良好。
音質面での不満もありません。
【物語】
内容は前作バットマン ビギンズからの流れを引き継いだ作品。
前作で確立した脱アメコミテイストがそのまま引き継がれています。
とてもシリアスな展開が続いていく。
最初から食い入るように見てしまう展開の連続。
そして緊迫と先の読めない展開の数々。
尺の長い作品ながらあっという間に時間が過ぎていきます。
ただ単のアクションや悪との対決といった作品ではなく、問いかけるようなテーマが入っている。
うまく言葉で表せないような衝撃的な作品。
しかし故ヒース・レジャーの何かに取り憑かれたかのような演技はすごいですね。
色々な面で「ヤバイ」の一言です。
個人的には間違いなくシリーズ最高傑作だと思いますし、映画史に残る傑作だと思います。
【特典】
特典は本編ディスクにHD画質でメイキング映像。
特典ディスクにはHD画質でドキュメンタリー、予告映像と豪華な内容。
この特典ディスクの予告映像には隠しコマンドが用意されています。
映像特典から予告編PART3を選択後、リモコンにある番号ボタンを「5、6、5、3、7」の順に押すと新たな予告映像が流れますので、ご存知なかった方は試してみて下さい。
なお、この期間限定出荷の2枚組版にはデジタルコピーというサービスが付属しており、期間内にネットを介してDLする事でWindowsMedia再生対応機器にコピーする事ができるそうです。
【総評】
画質/音質と満足できる質ですし、内容や特典も素晴らしいのでお薦めです。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ダークナイト】
原題:THE DARK KNIGHT
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー
製作年:2008年
発売日:2008/12/10
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/01/30 10:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

ドラゴン・キングダム 

ドラゴン・キングダム

▼ジャケット表
forbiddenkingdom1.jpg

▼ジャケット裏
forbiddenkingdom2.jpg

▼盤面
forbiddenkingdom3.jpg

▼仕様
・時間:105分(本編)+約109分(特典映像)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
全米No.1!!
伝説の「如意棒」をめぐる、未知なるアドベンチャー!
現代アメリカの青年ジェイソンが、迷いこんだ古代の帝国<キングダム>。
呪いを解くカギ「如意棒」を持つ、"導かれし者"ジェイソンのもとに集う運命の仲間たち。
最強の2人の師匠に鍛えられ、巨大な悪に挑む冒険の旅が始まる!!
酔っぱらいの師匠(ルー・ヤン)を演じるジャッキー・チェンはこの役で久々に酔拳を披露し、一方ジェット・リーは「少林寺」を彷彿とさせる旅の僧を演じる。
さらに注目のアクション監督は「マトリックス」の巨匠ユエン・ウーピン。
決してかなわないと思われた夢のコラボレーション!
ハリウッドが実現させた奇跡の競演!!

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感を感じるもの。
いい案配で点在しており、うるさく感じる事も全くありません。
フィルムライクな質感がよく出ていていい処理をしていると感じさせてくれる。
シャープさもくっきりとクリア。
人物や物の輪郭だけでなく、背景までしっかりと出ています。
背景の美しさは一見の価値あり。
暗部シーンの諧調表現もよいですし、よく動くアクションシーンでの破綻も全くありません。
発色が大変よいのですが、コントラストが強すぎると感じるかも。
ですので、少しギラギラとした映像になっています。
ただ意図的な映像でしょうし違和感はありません。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
この画質なら大変満足ができる。
新作はこれくらいの画質で安定して出して欲しいものです。
大変満足できる画質になっております。
【音質】
音もよいです。
重低音の音がとにかくよい。
アクションシーンのぶつかる音などがとにかく迫力満点。
高音もよく出ており、伸びのある音になっています。
サラウンド感も中々のもの。
音の位置がしっかりしていますし、前述の通り重低音がよく出ていますので、臨場感たっぷりです。
是非大音量で視聴してもらいたい作品。
セリフ部分もクリアで良好。
音質面も満足できる。
【物語】
内容はアクションアドベンチャーといった作品。
東洋ファンタジーとでもいいましょうか。
設定的には突拍子のない話でも意外としっかり枠組みができている。
素直に分かりやすい展開ですし、王道的な展開にも関わらず見ていて飽きない。
テンポが大変良く最後までいっきに進みます。
そして盛り上げてくれるのがアクションシーン。
ワイヤーアクションなどもありますが、古き香港映画を感じさせるしっかりとしたカンフー。
そして何より、ジャッキー・チェンとジェット・リーの対決シーン。
見ていて体が熱くなるような素晴らしい出来になっています。
往年のカンフー映画好きならニヤリとしてしまう箇所もありたまりません。
カンフー好きアクション好きはもちろん、この作品設定からして子供が見てもとても喜びそうな作品です。
自分はとても楽しく観る事ができました。
【特典】
特典はSD画質で予告編集、TVスポット集、インタビュー、NG集、削除シーン集、メイキングなど中々。
特典のボリュームは結構あるのですが、全てSD画質での収録は少し残念。
全てとは言わないですが、いくつかはHD画質で収録してもらいたかった。
【総評】
画質/音質はかなりいい出来ですので、アクション好きなら是非。
ジャッキー・チェンとジェット・リー、この二人の名前に反応したなら間違いなく持ってて損はありません。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【ドラゴン・キングダム】
原題:THE FORBIDDEN KINGDOM
監督:ロブ・ミンコフ
出演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラノ
製作年:2008年
発売日:2008/12/05
販売元:ジェネオン・エンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/12/21 08:15 ] た行 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。