スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リーピング 

リーピング

▼ジャケット表
reaping1.jpg

▼ジャケット裏
reaping2.jpg

▼盤面
reaping3.jpg

▼仕様
・時間:99分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"ホラー・レーベル ダークキャッスルがおくる 本格オカルト・ホラー・サスペンス!"
イナゴの大群。
真っ赤に染まる川。
天から降り注ぐ炎。
最後の審判=リーピングが下されようとしている。
大学教授キャサリン・ウィンター(アカデミー賞2度受賞ヒラリー・スワンク)、彼女はかつて持っていた信仰を捨て、今ではさまざまな謎を科学的に解明する第一人者として世界中に存在するいわゆる"奇跡"とよばれる現象の真相を暴いてる。
そんな彼女に、新しい依頼が舞い込んだ。
ルイジアナの小さな町ヘイブンで起こっている一連の不可解な出来事を解明して欲しいというのだ。
さっそく調査を始めたキャサリンはそれらの現象が旧約聖書の"十の災い"に酷似していることに気付く。
だが、一連の現象は彼女をもってしても科学的に説明のつかないものばかり。
そしてついに最後の審判の時が訪れようとしていた。

▼感想
ヒラリー・スワンクのオカルトホラー映画。
映像はそこそこ綺麗。
フィルムグレインはほとんど感じられずつるっとした映像。
フィルムライクな質感はなくのっぺりしているので好みが別れるかも。
ワーナーのVC-1らしい画質です。
輪郭はやや甘くシャープさはイマイチです。
暗部のシーンは頑張って出ています。
他のBD作品と比較すると並~やや綺麗な部類じゃないでしょうか。
音はドルビーデジタルで聞きましたがそこそこ。
重低音の迫力は中々。
高音がややつまりがちな感じがしますが、作品の内容からして問題ないのかも。
サラウンド感はかなり感じる事ができます。
セリフも中々クリアでいい感じ。
自分には再生環境がないのですがドルビーTrueHDならもっといい音なんでしょうね。
ストーリーは正にオカルトホラーといった内容。
宗教的な箇所を含んだ、聖書、神、サタンというフレーズが軸となる映画です。
作品の質としてはオーメンなどに似ているのかもしれません。
少し無理矢理的なオカルト描写があるので、好みは分かれそう。
恐怖というよりもドンッとしたスリルや衝撃は結構あり驚く事ができます。
終盤はやや展開が読めてしまいましたが、無難にまとめていると思いました。
特典はSD画像でメイキングや関連映像などそこそこ。
オカルトホラーが好きなら中々楽しめる内容かと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【リーピング】
原題:THE REAPING
監督:スティーブン・ホプキンス
出演:ヒラリー・スワンク
製作年:2007年
発売日:2007/10/12
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/10/16 16:59 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/95-a4e1b95b












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。