スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プロデューサーズ 

プロデューサーズ

▼ジャケット表
producers1.jpg

▼ジャケット裏
producers2.jpg

▼盤面
producers3.jpg

▼仕様
・時間:約134分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
『オペラ座の怪人』『シカゴ』を超えた!
トニー賞史上最多12部門受賞のブロードウェイ・ミュージカル。
元売れっ子プロデューサーのマックスが企画するミュージカルはコケてばかり。
ある日、会計士のレオは舞台を失敗させることで大儲けする方法を思いつく。
かくして二人はブロードウェイで最高に儲かるチャンスを得るため「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の役者」を探しはじめる。
ところがショーはなぜか大ヒットし…。

▼感想
ブロードウェイ・ミュージカル映画。
映像はそこそこの印象です。
フィルムグレインは適度に出ていて質感はよい。
気になるのは輪郭の甘さ。
特に引いたシーンでは顕著に現れます。
ぼけ気味に感じるせいで全体が汚く見えてします。
発色や色彩はよく綺麗に再現できていると思います。
他のBD作品と比較すると並程度でしょうか。
BD発売初期の作品ですので仕方ないのかな。
音はリニアPCMで聞きましたが中々よい。
重低音は作品の性質上大人しめですが、高音の抜けがいいです。
全体の広がりもいいですし、透明感のあるクリアな音に仕上がっています。
サラウンド感は弱いものの、セリフや歌の部分も綺麗ですしよい。
ストーリーは少し古臭さのあるミュージカルらしい作品。
コメディーのようなユーモアとジョークに富んだ作品です。
映画というよりまさにミュージカルといった出来。
ミュージカルとしては成立しているのでしょうが、これ映画としてはどうなのでしょう。
映画として観ると地味でいて間延びしてしまい、自分には退屈でした。
舞台を忠実に再現したのかもしれませんが、映画なのでもっと魅せてもらいたかったところ。
歌や踊りもやや中途半端感を否めません。
構成などはよく観ていて楽しいです。
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングやNG集などそこそこ。
好みが別れるかとは思いますが、ミュージカル好きな方には合うのではないでしょうか。
残念ながら自分には合いませんでした。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【プロデューサーズ】
原題:THE PRODUCERS
監督:スーザン・ストローマン
主演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック
製作年:2005年
発売日:2006/11/03
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/10/01 05:38 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/86-100900bc












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。