スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラブソングができるまで 

ラブソングができるまで

▼ジャケット表
musiclyrucs1.jpg

▼ジャケット裏
musiclyrucs2.jpg

▼盤面
musiclyrucs3.jpg

▼仕様
・時間:104分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"時代を彩るポップ・ミュージックのセレクションが完璧。
この感覚はクセになる。"
一世を風靡した80年代は遠く去り、いまや、往年の"ギャル"たち相手にイベントを賑わせるしかない元ポップスターのアレックス・フレッチャー。
彼のもとへ若者に絶大な人気のカリスマ歌姫コーラから、新曲を提供してほしいという依頼が舞い込み、ついに返り咲きのチャンスが訪れた。
とはいえ、アレックスの作曲の才能は長いあいだ放ったらかしにされたまま、しかも、作詞は大の苦手。
そんなとき彼のアパートに鉢植えの水やりに来ていたソフィーが口ずさんだフレーズが、アレックスのハートを直撃。
彼女こそ、復活の救世主となるパートナー!?
ラブソングなど書く気はないというソフィーの拒絶をよそに、全盛期以降止まったままだったアレックスのメロディーが再び動き出した。
ヒュー・グラントとドリュー・バリモア、二大スター共演。
監督は『トゥー・ウィークス・ノーティス』のマーク・ローレンス。
『ラブソングができるまで』は往年のポップ・ミュージック満載で贈る、ちょっと懐かしくて最高にポップなラブストーリー!

▼感想
ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア主演の恋愛映画。
映像はそこそこの印象。
フィルムグレインは暗部のシーンによく出ていますが、全体的には抑え気味。
全体的に輪郭の甘さが目立ちシャープさには欠けます。
一部シーンで画質の格差が激しいのも気になるところ。
他のBD作品と比べると並~やや落ちる程度じゃないでしょうか。
新作と思うと物足りなさが残ります。
音もそこそこ。
重低音は作品の内容からして弱いのが気になりますが、高音の抜けはいい。
やや軽い音ながらも作品の雰囲気と合っています。
サラウンド感はあまりありません。
広がりの面でもやや物足りなさがあるかも。
セリフはクリアでよかったです。
ストーリーは王道的なラブコメ映画。
ユーモアがあり笑わせてくれる。
それでいてクライマックスなどはホロッとくる。
観ていて安心感があります。
80年代の曲調を再現した音楽やPVなどもうまくできていますし、クスッと笑える。
作品のテンポもよくもう少し長くてもいいのではと思えるくらい。
王道的なラブコメながら暖かみがある作品で楽しい。
観終えた後に心が温まるそんな映画。
エンドロールの演出も楽しくて見入ってしまいました。
特典はSD画質でメイキングや未公開シーン、NG集などそこそこ。
特に未公開シーンは笑える要素たっぷりで面白かったです。
画質音質は物足りませんが、総じて満足感はありました。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon



【ラブソングができるまで】
原題:MUSIC AND LYRICS
監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア
製作年:2007年
発売日:2007/09/07
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/09/17 20:40 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/80-482b3653












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。