スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エアフォース・ワン 

エアフォース・ワン

▼ジャケット表
airforceone1.jpg

▼ジャケット裏
airforceone2.jpg

▼盤面
airforceone3.jpg

▼仕様
・時間:125分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・音声⑧:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/スペイン語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・字幕⑨:スペイン語字幕
・字幕⑩:日本語語吹替用字幕
・字幕⑪:英語吹替用字幕
・字幕⑫:タイ語吹替用字幕
・字幕⑬:ポルトガル語用字幕
・字幕⑭:スペイン語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
究極のアクション・ヒーロー誕生!
空飛ぶホワイトハウスと呼ばれる大統領専用機«エアフォース・ワン»を、武装したロシア人テロリストが占拠。
リーダーのコルシュノフ(ゲイリー・オールドマン)は要求が通るまで人質となった政府VIPたち、そして大統領の家族らを30分毎に一人ずつ処刑するという条件をつきつけた。
密かに機内に潜むマーシャル大統領(ハリソン・フォード)は事態打開のチャンスを狙っていた…。
「テロリズムに屈しない」という国家の大原則と家庭への愛の狭間で苦しみながらも、敢然と戦う大統領をハリソン・フォードが好演。
監督は「アウトブレイク」のウォルフガング・ペーターゼン。
ブルーレイティスクだからこそ実現できる1080ピクセルの鮮烈な高画質と迫力溢れるリアルな超高音質で繰り広げられるスリルとアクションはまさに必見!

▼感想
ハリソン・フォード主演によるアクション映画。
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは適度に出ていてフィルムライクな味が出ています。
アップシーンなどの質感もよく好み。
気になるのは輪郭の甘さ。
全体的には整っているのですが、ややシャープさに欠ける印象を受けました。
他のBD作品と比べてると中々綺麗な出来だと思います。
10年前の作品ですが、下手な新作よりは綺麗で満足できる。
音も中々いいです。
全体的に軽めな印象を受けますが、重低音の響きはそこそこ。
サラウンド感も伝わってきますし、セリフ部分のクリアさもある。
高音の抜けがイマイチで広がりに欠ける気もしますが、満足できるレベル。
ストーリーは大統領が主役のアクション映画。
リアリティに欠ける内容ではありますがアクションシーンの出来や見せ方は中々。
スリリングな展開が続き飽きる事なく観る事ができます。
何度か観た作品にも関わらずドキドキと観れるのはさすが。
人間の心理描写なども描かれていて楽しく観れる。
ストレートで王道的な作品。
いかにもアメリカ的な映画ですが、娯楽アクション映画として秀逸な出来だと思います。
特典はSD画質でメイキングや予告などと少し寂しいかな。
相変わらずトップメニューがないのは不満です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【エアフォース・ワン】
原題:AIR FORCE ONE
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
主演:ハリソン・フォード
製作年:1997年
発売日:2007/08/22
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/08/22 23:36 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/75-7cca5a32












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。