スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

硫黄島からの手紙 

硫黄島からの手紙

▼ジャケット表
iwojima1.jpg

▼ジャケット裏
iwojima2.jpg

▼盤面
iwojima3.jpg

▼仕様
・時間:140分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕(英語音声部分のみ)
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが描く、日本から見た硫黄島。
第二次世界大戦中、アメリカの侵略から母国を守るため、死力を尽くし戦った日本兵士たちの、これまで語られることのなかった物語。
火山岩に埋め尽くされた最後の砦、硫黄島。
知将として知られた栗林忠道中将(渡辺謙『ラスト サムライ』)は、軍の体質を改め、徹底した合理化を行う。
彼と彼を支持する者たちにより、軍の結束はかつてないほど強くなり、圧倒的な物量を誇るアメリカ軍を相手に、およそ40日間も母国を守り抜くのだった。
戦場における兵士の勇気、情熱、そして尊い犠牲。
"独創的な視点から描く、忘れがたい傑作"(Rolling Stone)と評された、一大戦争叙事詩。

▼感想
クリント・イーストウッド監督による戦争映画。
映像はかなり綺麗。
グレインはほとんどなくVC-1らしいつるつる感のある質感。
しかし、作品自体が色調を抑えた映像になっているためこの質感がとてもよく合う。
この質感が好みに合うかどうかで評価が割れそうですが、自分は好みでした。
輪郭も綺麗に出ていてシャープさもあり満足できる。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類。
音もかなりいいです。
重低音の響きと迫力、高音のぬけも満足できる。
ダイナミックな音響で迫力があり、サラウンド感も強い。
セリフ部分のクリアさがやや物足りない印象を受けましたが、これは役者の話し方の問題かも。
ストーリーは硫黄島を舞台にした日本軍視点の戦争映画。
史実に基づいているかは置いておいて、細かい描写が描かれています。
戦争とはどういうものなのか、その凄惨さ、理不尽さ、戦った兵士の心のうちなどが描写されている。
それだけにとにかく重くのしかかる。
観終わった後はどっと疲れが出る。
戦争の本質という意味ではよく描かれていると思います。
当時の兵士の気持ちを思い映画を見ると心が締め付けられ苦しくなる。
娯楽作品だったりドキュメンタリーを期待すると肩すかしになるかもしれませんが、自分には心に何かが伝わってきました。
よくある戦争映画のように、相手を絶対悪として描いていない事も評価できる。
この作品をハリウッドが作ったというのだから驚きです。
特典はHD画質でメイキングなど、SD画質で来日会見や予告などと満足できるレベル。
好みが別れる作品ですが、自分は好きな作品でしたし、仕様なども面も満足できました。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon



【硫黄島からの手紙】
原題:LETTERS FROM IWO JIMA
監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也
製作年:2006年
発売日:2007/08/10
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/08/11 00:33 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/74-a6437e87












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。