スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父親たちの星条旗 

父親たちの星条旗

▼ジャケット表
flagsfathers1.jpg

▼ジャケット裏
flagsfathers2.jpg

▼盤面
flagsfathers3.jpg

▼仕様
・時間:132分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"真実が語る戦争の光と影 心揺さぶる人間ドラマ。"
70,000人のn海兵隊員が、命の限り戦った戦地の最前線硫黄島は恐怖すら超越した世界。
銃弾と砲撃が絶えず飛び交う激戦地で、第二次世界大戦の重大な転機となったこの歴史的な戦場で、若者たちは、確かにこのときを生きた。
アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、歴史に残る硫黄島の戦いを並々ならぬ決意で真実を見事に描きぬいた意欲作。
兵士たちは国のために戦ったが、若者たちは友のために死んだのだ、という作品の根底に流れる一貫した視点で、戦場における英雄と本当の勇気とは何かを問いかける。
"剥き出しの感情と激しい情動が交錯する、どこまでもパワフルな唯一無二の傑作"(Peter Travers, Rolling Stone)、と各紙が賞賛。
父親たちの星条旗は激しく感情を揺さぶる、真実の物語。

▼感想
クリント・イーストウッド監督による戦争映画。
映像はそこそこ綺麗。
グレインはほとんどなくVC-1らしいつるつる感のある質感。
作品の内容的にもう少しフィルムライクな味が欲しい所です。
アップでのシャープさはいいのですが、引きシーンでは輪郭の甘さは気になります。
他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な部類。
新作と考えるとやや物足りない印象。
音は並程度。
重低音の響きはいいのですが、高音のぬけが物足りないです。
音全体に広がりがなくやや詰まった音になっているのは残念。
セリフ部分は中々クリアでよかったです。
ストーリーは硫黄島を舞台にした米国軍視点の戦争映画。
戦争映画ではあるものの戦闘シーンがメインというより人間ドラマがメイン。
過去の話を振り返る回想という形で戦闘シーンが盛り込まれています。
史実を参考にして作り込まれた戦争シーンなどはいい出来なだけに、他部分が間延びしていてやや中途半端な印象を受けました。
戦争の裏を舞台にしており、複数の視点から戦争のやるせなさを描いている。
よくある戦争映画とは違った視点で進行するのは新鮮です。
娯楽作品などとは違い、メッセージ性の強い作品ですので好みは別れるでしょう。
登場人物が多い割に主要人物以外のキャラの個性がなく分かりにくいのは難。
特典はHD画質でメイキングやドキュメンタリー、予告など満足できる内容。
特にドキュメンタリーの出来がいいです。
硫黄島からの手紙とセットで観たほうがより楽しめる作品だと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【父親たちの星条旗】
原題:FLAGS OF OUR FATHERS
監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ
製作年:2006年
発売日:2007/08/10
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/08/12 03:18 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/73-9df73361












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。