スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラスト サムライ 

ラスト サムライ

▼ジャケット表
lastsamurai1.jpg

▼ジャケット裏
lastsamurai2.jpg

▼盤面
lastsamurai3.jpg

▼仕様
・時間:154分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語(ボイスオーバー)
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語字幕(ボイスオーバー)
・字幕④:英語字幕(日本語用)
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
トム・クルーズ演じるネイサン・オールグレン大尉は、かつて南北戦争で国と名誉のために命を賭けた英雄であった。
しかし、今や戦争も終わり、移り変わる時代に取り残されていた。
そんな彼が政府に雇われ、サムライと戦うために日本にやって来た。
渡辺謙(アカデミー助演男優賞ノミネート)演じる勝元は、サムライ一族の長であり、深く尊敬されている男だ。
明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察知していた。
しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。
そして二人の戦士が出会い、運命がひとつに重なった時、歴史の扉が開いた…。
監督のエドワード・ズウィックは、この情感溢れる近代日本の幕開けを描いた一代叙事詩を見事に描き、ナショナル・ポート・オブ・レビュー賞監督賞を受賞した。

▼感想
トム・クルーズ主演による日本の明治維新後を舞台にした映画。
映像は正直厳しい。
とにかく気になるのは輪郭の甘さ。
全体的にぼけ気味でシャープさが全くない。
暗いシーンでは映像がやや破綻しがちになるのも気になります。
シーンによってはフィルムの粒状性が出たいい味があるのですが、その質が安定する事はなく落差が激しい。
他のBD作品と比べるとる並~並以下になると思います。
独特で美しい風景など期待していただけに非常に残念な画質。
音は並程度。
ドンッと迫力のある低音の響きは中々いいです。
しかし全体的に音の伸びがなくこもりがちになる。
セリフ部分は中々クリアで問題ないレベルです。
ストーリーは明治維新後を舞台にしたハリウッド映画。
武士道という精神的な部分に重きを置いた作品です。
とにかく時代設定のメチャメチャ具合が見ていて首を傾げてしまう。
その辺はよくも悪くもハリウッド製。
戦闘シーンの迫力、根底にある精神的な部分などはよかったです。
ハリウッドが作った割には精神的な部分をうまく表現できていると思う。
ある意味、日本人だからこそ深く楽しめる映画なのではないでしょうか。
時代考察などは考えずに娯楽作品として観るなら中々楽しめます。
特典はSD画質でメイキングやドキュメンタリー、未公開シーンなどそこそこ。
作品自体は劇場でも観ましたし割と好きなのですが、どうにも画質/音質が残念すぎます。
何度も発売が延期となった作品ですが、結局この出来だったと思うと悲しくなる。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon



【ラスト サムライ】
原題:THE LAST SAMURAI
監督:エドワード・ズウィック
出演:トム・クルーズ、渡辺謙
製作年:2003年
発売日:2007/08/10
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/08/13 00:11 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/72-3c435912












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。