スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブリット 

ブリット

▼ジャケット表
bullitt1.jpg

▼ジャケット裏
bullitt2.jpg

▼盤面
bullitt3.jpg

▼仕様
・時間:114分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/英語
・音声②:ドルビーデジタル/1.0chモノラル/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"今なお語り継がれるカーチェイスは、映画史上に残るベスト・シーンのひとつだ。"
重要な裁判で鍵を握る証人の護衛を命じられた刑事フランク・ブリット(スティーブ・マックィーン)。
早速、何者かに命を狙われる証人とブリット。
事件の背後に潜む黒幕を暴き出し、開廷の日を迎えるまで、ブリットの任務は終わらない。
オープニングからエンディングまで、じりじりと締め付けるようなスリル。
サンフランシスコのロケーション。
切れ味鋭い台詞。
病院から死体安置所まで、物語はノンストップで疾走する。
1968年編集賞でオスカーを獲得。
映画史に残るカーチェイスシーンを生んだ、エッジの利いた名作アクション・スリラー。
このスピードは誰にも止められない。

▼感想
スティーブ・マックィーン主演による刑事アクション映画。
映像はかなり古い映画という事もありそこそこ。
フィルムの粒状感がかなりうごめいており、シーンにとっては相当ノイジーに感じます。
年代物の作品と考えればいい味になっているのかも。
輪郭の甘さは気になりぼけ気味に感じる事もありますが、アップシーンでの質感はよい。
画質に安定性を欠けシーンによっての格差がやや気になります。
他のBD作品と比べるとる並~並以下になると思います。
40年近く前の作品という事を考えると満足はできるレベルではないでしょうか。
音はステレオサウンド。
古い作品のステレオの王道的な音。
響きは悪いもののパンとした切れのある音。
セリフ部分でややこもりがちになる箇所があったのが気になりました。
ストーリーは刑事物のアクション映画。
寡黙な刑事を演じるスティーブ・マックィーンが好みに合うかどうか。
とにかくこの映画、セリフが少ないです。
セリフで進行する訳ではなく、表情と動きで話が進んでいく。
それだけに合わないと間延びしてしまって飽きがきてしまうかも。
カメラワークや構図などはかっこうよかったです。
カーチェイスシーンの作りもよい。
ラストの展開はどうでしょ…自分は好きではありませんでした。
特典は音声解説の他、HD画質でメイキング、SD画質でドキュメンタリーや予告などそこそこ満足。
スティーブ・マックィーン好きが彼の寡黙な男らしさを楽しむ作品。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【ブリット】
原題:BULLITT
監督:ピーター・イエーツ
主演:スティーブ・マックィーン
製作年:1968年
発売日:2007/08/10
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/08/13 22:44 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/70-5a81a7ae












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。