スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デジャヴ 

デジャヴ

▼ジャケット表
dejavu1.jpg

▼ジャケット裏
dejavu2.jpg

▼盤面
dejavu3.jpg

▼仕様
・時間:126分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・字幕⑨:日本語吹替用字幕
・字幕⑩:タイ語吹替用字幕
・字幕⑪:ポルトガル語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
過去を救え!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのメガヒット・プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー、ハリウッドの巨匠トニー・スコット監督、そしてアカデミー賞主演男優賞(『ドレーニング デイ』)を受賞したデンゼル・ワシントンの3人が結集して放つ緊迫のタイムリミット・アクション巨編!
ニューオリンズでフェリー爆破事件が発生した。
残骸から証拠品を回収するために呼ばれた捜査官ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、被害者である女性の遺体と対面した瞬間、強烈な"デジャヴ"に襲われた - 「私は、彼女を知っている…」。
政府の特別捜査班に加わったダグは、極秘で開発されたという監視システムを通じて、驚くべき過去の映像を目にする。
そして、事件の真相を突き止めてゆくダグに、やがて過去と現在をめぐる«驚愕の事実»が明かされる。
既に"殺された女性"をすくい、既に"起こってしまった事件"を防ぐことが出来るのか…。
ブルーレイディスクならではの高画質、高音質で体感する、壮絶な爆破シーンやスピード感溢れるカーチェイスは必見。
最後まで予測不可能な謎とスリルに満ちた衝撃の大ヒット作!

▼感想
デンゼル・ワシントン主演のサスペンスアクション映画。
映像は中々綺麗。
フィルムの粒状性が適度に残っておりフィルムライクな質感がとてもよい。
VC-1によくあるつるつるな印象もなくいい味が出ています。
色のメリハリもいいですし質感はかなり満足できる。
少し残念なのは一部シーンにおける輪郭の甘さ。
特に引いたシーンでの甘さは少し気になりました。
他のBD作品と比べると中々綺麗な部類。
満点付けるか迷うくらい画質は好みでした。
音はかなりいいです。
とにかく重低音の響きがよい。
高音も問題なく抜けますしダイナミックな音響が広がる。
サラウンド感も十分感じられますし満足度が高いです。
セリフ部分も比較的クリアに収まっていますので中々よい。
ストーリーはサスペンスアクションというよりSFアクションに近いのかも。
現実にはあり得ないような話や装置が出てきますのでリアリティはない。
ただ、その辺を深く考えなければ娯楽作品として楽しめます。
カメラワークもよく観ていて躍動感がある。
とにかく秀逸なのはそのシナリオ。
ある意味反則技的な展開ではありますが、正にデジャヴという綿密な展開は観ていて飽きない。
最後までどうなるのか予測が付かず楽しく観る事ができました。
ラストのまとめ方も割としっくりきてよかったです。
特典は音声解説の他、HD画質で未公開映像や追加映像など。
トップメニューもありましたし、HD画質特典ですしそこそこ満足はできるレベル。
全体的な満足度は高めで楽しめた作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【デジャヴ】
原題:DEJA VU
監督:トニー・スコット
主演:デンゼル・ワシントン
製作年:2006年
発売日:2007/08/03
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/08/05 14:18 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/66-e94f101a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。