スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション 

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション

▼ジャケット表
blackrain1.jpg

▼ジャケット裏
blackrain2.jpg

▼盤面
blackrain3.jpg

▼仕様
・時間:125分(本編)+118分(特典)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/6.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/6.1chサラウンド/英語
・字幕③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:吹替用日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
高倉健vs.松田優作-二度と叶わないただ一つの競演映画。
日米オールスターキャストで贈るアクション・サスペンス巨編が最強になって蘇る!!
一挙収録!!
『世界初公開の映像特典』『日本独占オリジナル映像特典』『新録音初収録の日本語吹替』
スタイリッシュな映像美で知られる巨匠リドリー・スコット監督による、入魂のアクション・サスペンス!
マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった日米大スターの夢の競演と、大阪でのロケが話題になった。
特に、命を削って撮影に挑んだ松田優作の鬼気迫る演技と圧倒的な存在感は「十年に一度の悪役」と絶賛された。
その他多彩な日本人俳優の好演も見逃せない!

▼感想
リドリー・スコット監督による日本を舞台にしたアクション作品。
映像はそこそこの印象。
フィルムグレインは適度に残っておりフィルムライクないい質感は出ています。
輪郭は全体的に甘く、シャープさはあまり感じられません。
気になったのは暗いシーンが多いにも関わらず、暗部の諧調がイマイチな事。
他のBD作品と比べると並~やや綺麗な部類。
古い作品と考えると結構満足できるレベルだと思います。
音は中々いいです。
重低音の響きがよく厚みのあるサウンド。
高音の抜けがやや物足りませんが、ダイナミックが広がりはある。
サラウンド感も十分感じられますしよい。
セリフもクリアで聞き取り易いです。
作品の年代か分かりませんが効果音がチープに感じたという事は気になりました。
満足度は中々高い音質ではあります。
ストーリーは大阪を舞台にした刑事アクション映画。
リドリー・スコット色がふんだんに出た作品。
ブレードランナーのような独特でサイバーパンクな色がある大阪が舞台になっています。
この独特な映像美はまさにリドリー・スコット。
刑事&ヤクザ物としてはオーソドックスな物ですが、日本が舞台になっているという事で馴染み深い。
展開のテンポもよくメリハリがあって見ていて飽きません。
設定的に首を傾げる箇所もありますが、それはご愛嬌。
安心して楽しめる作品ですし、今観ても面白いと思います。
そして何より遺作となった松田優作の狂気じみた演技はすごい。
高倉健はもちろん他の日本人役者もいい味を出していると思います。
特典は音声解説の他、HD画質で出演者インタビューやファンインタビュー、SD画質でメイキングや予告、松田優作オーディション映像などかなり豪華。
画質的にはもう一歩という印象は受けましたが、内容、特典と満足できました。
ファンなら押さえておきたい作品です。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション】
原題:BLACK RAIN
監督:リドリー・スコット
主演:マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、松田優作
製作年:1989年
発売日:2007/02/23
再発売日:2008/07/25
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
[ 2007/09/06 15:08 ] は行 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/55-66d30c87


映画『ブレードランナー』で日本の映画ファンに広く知られるようになったリドリー・スコット監督の作品であり、日本側のキャスティング担当者とロケーションアレンジャーの恩恵で外国映画の中でよく見受けられる「おかしな日本像」はそれほど無く、比較的まともな描写がなさ
[2007/07/13 08:09] URL 映画を考える










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。