スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ティム・バートンのコープスブライド 

ティム・バートンのコープスブライド

▼ジャケット表
corpsebride1.jpg

▼ジャケット裏
corpsebride2.jpg

▼盤面
corpsebride3.jpg

▼仕様
・時間:77分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ミュージック・サウンドトラック
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"文句なしの名作"
"度肝を抜くほどのアニメーション!"
アカデミー賞候補となり、2005年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の長編アニメ賞に輝いた『ティム・バートンのコープスブライド』は、彼の傑作『シザーハンズ』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の流れをくむ、ダークかつロマンティックな作品。
19世紀ヨーロッパのとある村、結婚を控えた気弱な若者ビクター(声:ジョニー・デップ)は、ふとしたことから死体の花嫁«コープス ブライド»(声:ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚の誓いを立ててしまい、"死者の世界"へ連れ去られる。
一方"生者の世界"では、彼の本当の花嫁ビクトリア(声:エミリー・ワトソン)が彼の帰りを待っていた。
厳しい制約だらけの"生者の世界"より自由で生き生きとした"死者の世界"。
ビクターはそこで真実の愛を貫く決心をする。
愉快でロマンティックで活気あふれる死語の世界を描いたティム・バートンの新たなストップモーション・アニメ。

▼感想
ティム・バートン監督のストップモーション・アニメ映画。
映像は概ね綺麗です。
いつも思うのですがVC-1圧縮ってノイズ感がほとんどなく少しのっぺりとつるつるな質感になる事が多い。
フィルムっぽさがないのですが、この映画にはそれが映えます。
つるっと綺麗に出ているほうが綺麗に感じる作品ですので合っている。
ややぼんやりしていて、シャープさに欠ける印象を受けるのが気になりますが、色調を抑えた作品の雰囲気ともマッチしていますし自分は好み。
アニメだからと言う事もありますが、他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
音は中々いい感じ。
ダイナミックさは物足りませんが綺麗な音のクリア感が出ています。
世界観ともマッチしていますし好み。
ストーリーはティム・バートンらしさ満載のストップモーション・アニメ。
コマ送りで撮影されたという手法は独特な世界観を引き立てます。
この製作は正に職人の世界。
CGアニメとは違った独特な質感が面白い。
ティム・バートンらしいダークな雰囲気のある世界観。
生者と死者の対比も楽しい。
ダークでウィットに富んだジョークとじわっとくる哀愁が秀逸です。
所々ミュージカル調になるのもテンポよくて飽きさせない。
作品時間も短いので、自分としてはすっと入りダレる事なく観る事ができました。
良くも悪くもティム・バートンらしい作品ですので、彼の世界観が好きかどうかで好みが別れそう。
好きならばふとした時に何度か観たくなる作品ではあります。
特典はサウンドトラックの他、SD画質ながら色々と入っていて中々豪華。
全体的に満足な出来でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon



【ティム・バートンのコープスブライド】
原題:CORPSE BRIDE/TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン
出演:ジョニー・デップ(声)、ヘレナ・ボナム=カーター(声)
製作年:2005年
発売日:2007/02/09
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/07 11:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/51-d0a76839












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。