スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

守護神 

守護神

▼ジャケット表
guardian1.jpg

▼ジャケット裏
guardian2.jpg

▼盤面
guardian3.jpg

▼仕様
・時間:139分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:ポルトガル語字幕
・字幕⑤:中国語字幕
・字幕⑥:インドネシア語字幕
・字幕⑦:マレー語字幕
・字幕⑧:韓国語字幕
・字幕⑨:日本語吹替用字幕
・字幕⑩:タイ語吹替用字幕
・字幕⑪:ポルトガル語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
死んでも、守り抜く -。
生と死の狭間で、命を救う事にすべてを賭ける海難レスキュー隊。
- 魂を揺さぶるる«命のドラマ»が誕生した。
任務中に相棒を失い心と身体に深い傷を負ったレスキュー・スイマー、ベン・ランドール(ケビン・コスナー)。
現場を退き、レスキュー隊員のエリート育成学校の教官となったベンは、訓練生のジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)と出会う。
才能に恵まれながらも何かに苛立ち、時に暴走してしまうジェイクの中に、ベンは自分と同じ心の傷 - 大切な者を救えなかった苦悩を見いだす。
救い続けることこそ、生き残った者の«宿命»…ジェイクは、そんなベンの信念に心打たれ、二人は父子にも似た強い絆で結ばれていく。
やがて、難関を突破し卒業したジェイクは、現地復帰を果たしたベンと共にアラスカで任務に就く。
しかし、そこには想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた…。
ブルーレイディスクならではの高画質、高音質で体感する、大迫力に満ちた海難救出シーンはまさに圧巻。
アメリカ沿岸警備隊を舞台に、«守護神»と呼ばれた伝説のレスキュー・スイマーの栄光と苦悩、そして、男たちの熱い絆を、ダイナミックかつドラマティックに描いた日米大ヒット感動巨編。

▼感想
ケビン・コスナー主演の海難レスキュー映画。
映像は中々綺麗です。
ややノイズの目立つシーンもありますが、良い意味でフィルムらしさがある。
質感がとてもよく、かなり劇場に近い感覚で観れるのではないでしょうか。
ただ気になるのが、シーンによっての質の差が激しいという事。
一部シーンでは相当な綺麗さを誇るのに、他のシーンではぼやけた印象を受けたりなど、全体として質の統一感に欠けます。
とは言え、他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な作品ではあると思います。
音は中音がよく出ている印象。
しかし低音の重みがイマイチな感じを受けました。
この手の映画は低音にドシッと重みのある音が出たほうがいいと思うので、その点は物足りなさも。
ストーリーは王道的な海難レスキュー物となっています。
人物ドラマとレスキュー、どちらも丁寧にまとめた印象。
それだけに王道なストーリーとなっていますので意外性はありません。
しかし安心して観る事ができる。
レスキューシーンはすごく迫力のあるシーンが展開されるので満足度が高い。
展開にメリハリがあるので最後までダレる事なく観る事ができました。
ラストのまとめ方は結構好き。
エンディングのスタッフロールも普通とは違いよかったと思います。
好みはともかくケビン・コスナーは今までとは違った演技を見せている。
特典はHD画質でもう一つのエンディングや未公開シーンなど。
SD画質でメイキングなどと結構豪華。
自分としては全体的に満足度が高めの作品でした。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【守護神】
原題:THE GUARDIAN
監督:アンドリュー・デイヴィス
主演:ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー
製作年:2006年
発売日:2007/06/20
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/07/09 12:17 ] さ行 | TB(0) | CM(2)

いつもお世話になっています。

だいちさん初めまして、いつもこのブログを参考にしてBDを購入していますtakaと申します、BDの詳しいレビューってなかなか有りませんので、だいちさんのレビューはとても詳しくて参考になります。
本当にこのブログに感謝しています、更新大変だと思いますが頑張って下さいね、これからもよろしくお願いします。

PS 私もパイレーツオブカリビアン デッドマンズチェストを購入したのですが驚くくらい高画質ですね。ストーリーはイマイチわかりませんでしたが、あまりの高画質に驚きました、だいちさんのレビューが無ければ買ってなかったと思います、レビューして下さってどうもありがとうございました。
[ 2007/06/27 05:35 ] [ 編集 ]

takaさん>
初めまして、コメントありがとうございます。
個人的なレビューを記録程度に載せているものですが、参考にして下さっているようで嬉しい限りです。

パイレーツオブカリビアン2はとても高画質なので、当面の所BDの最高基準としての目安になりそうな出来ですよね。
ストーリーは好みによると思いますし、個人的にもイマイチな感じではありましたが…。
現在公開中の3作目もBDで出ると思いますので、画質など期待しています。

中々観る時間がなくて更新が遅くなってしまいますが、これからもまったりと書いていきたいと思います。
励みになるコメントありがとうございました。
これからもたまに覗いて下されば幸いです。
[ 2007/06/27 06:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/45-f5efa4d9












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。