スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地獄の変異 

地獄の変異

▼ジャケット表
thecave1.jpg

▼ジャケット裏
thecave2.jpg

▼盤面
thecave3.jpg

▼仕様
・時間:約97分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
今世紀最大の遭遇!!
地球の底は、底知れない。
ルーマニアのカルパティア山脈奥深く、永きにわたり封印された巨大洞窟が発見された。
早速、洞窟内の探索を開始し、順調に地下深くを進んでゆく。
しかし突如、隊員の一人が姿を消した…。
謎と暗黒の恐怖に呑み込まれ、除々に崩壊する固い結束。
そして、遂に現れた想像を絶する生命体!!
人間を貪る最恐最悪の敵から逃れ、隊員たちは無事に、生きて地上へ戻ることができるのか??

▼感想
洞穴に潜む未知なる生命体とのパニック映画。
映像は中々綺麗です。
舞台が洞窟のため、照明が少なく暗いシーンが多いのですが、くっきりと映像が出ていていい感じでした。
他のBD作品と比べてもそこそこ綺麗です。
音も中々よく迫力がありました。
ストーリーは思っていたよりも面白かったです。
この映画、位置付け的にはB級ともC級とも言える映画なのでしょうが、意外にもしっかりしていて面白い。
ルーマニアという舞台が地味ながらも不気味さを出していますし、演出なども面白い。
リアルなようでリアルでない、このバランスも秀逸。
所々、同じく洞窟映画の「ディセント」を思わせる演出があるのはご愛嬌。
隠れた良作ではないでしょうか。
しかし、原題は「THE CAVE」なのに「地獄の変異」という邦題を付けたのは、センスがいいのだか悪いのだか。
明らかにB級の匂いがする邦題だけに、その内容の出来のよさとのギャップを楽しめる面では作戦勝ちなのかも。
映像特典も中々よかったです。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【地獄の変異】
原題:THE CAVE
監督:ブルース・ハント
主演:パイパー・ペラーボ
製作年:2005年
発売日:2007/02/21
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/03/29 08:11 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/4-b34a7cb0












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。