スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラゴンボール改 1 

ドラゴンボール改 1

▼スリーブ表
dranballkai1.jpg

▼スリーブ裏
dranballkai2.jpg

▼ジャケット表
dranballkai3.jpg

▼ジャケット裏
dranballkai4.jpg

▼盤面
dranballkai5.jpg

▼仕様
・時間:69分(本編)
・映像:1080p/スタンダード(1.33:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
宇宙を巻き込む激闘の序曲!
強戦士・ラディッツ襲来!!
EPISODE 001 闘いの幕開け!帰ってきたぞ孫悟空
かつて、幾度となく地球の危機を救った戦士・孫悟空は、妻のチチや息子の悟飯とともに平和に暮らしていた。
そんなある日、悟空は悟飯を連れて師匠の亀仙人の元を訪れる。
EPISODE 002 敵は悟空の兄!?最強戦士サイヤ人の秘密
悟空の前に突如現れた男は、自らを兄・ラディッツだと名乗った!
任務のために、仲間になるよう強要するが、悟空は拒否!
怒りのラディッツに悟飯を連れ去られてしまう!!
EPISODE 003 命をかけた闘い!悟空とピッコロ捨て身の猛攻
悟飯救出のため、悟空はライバルのピッコロと共闘し、ラディッツに攻撃を仕掛けるが、圧倒的な攻撃を前にまったく太刀打ちができない!
万事休すかと思われたそのとき…。

▼感想
【画質】
映像はパートごとに画質がバラバラですので評価が難しい。
画質評価にあたって、大きく分けて「オリジナル部分」「OP&ED部分」「描き直し修正部分」の3つに分類されると思いますので、分けて評価していきます。
まずはZからHDリマスターしたオリジナル部分。
フィルムグレインは適度に点在しております。
一部シーンを除き量は少なめでさっぱりしているため、そこまでうるさく感じる事はありません。
シャープさはかなり甘さの残るもの。
ぼけと感じるくらい甘く、輪郭がぶれています。
セル画特有の力強い主線を感じる事はできるものの、正直かなり物足りない。
暗部の諧調表現は少し潰れがち。
あまり暗いシーンがない作品なので目立ちませんが、暗部になるとグレインがうるさく感じたり黒が潰れがちになるので見辛い。
グレイン以外のノイズはかなり抑えられておりますが、色が滲むような箇所が少し気になりました。
よく動くシーンでの破綻は見受けられず良好。
稀にゴミと思われるチラつきもありますが、全体的には綺麗な仕上がりになっています。
発色は中々よく、前述の滲むような色を除いては、比較的綺麗に出ています。
全体的には、どうしてもシャープネスの甘さが目に付き、物足りなさが残る映像です。
ソースを考えると仕方ないのかと思います。
次に、OP&ED部分。
こちらはデジタル制作らしくグレインはありません。
シャープさもくっきりとしておりとてもよい。
発色もよく、動きのあるシーンや色使いのゴチャゴチャしたシーンでも一切破綻しません。
このOP&ED部分は他のBDアニメと比べてもトップクラスの出来。
最後に、描き直し修正部分。
こちらは一部シーンのみですので量は少ないですが、中々よい出来です。
グレインは全くなくデジタルらしい出来。
基本的にOP&ED部分と同じかとは思ったのですが、シャープネスが弱い。
オリジナルと違和感ないようにするため、ソフトフォーカスをかけたような柔らかい輪郭線に意図的にしているようです。
破綻などがないのは他と同様です。
総括すると、オリジナル部分が★2つ、OP&EDが★5つ、描き直し修正部分が★4つといった感じになります。
作品の基本となっているのはオリジナル部分ですので、全体の評価は★2~3の間としています。
相対的に評価するとどうしても厳しい評価になってしまいますが、当時のソースなどを考慮した上での満足感は決して低い訳でなく、一定の評価ができるかと思います。
個人的には割と満足できる仕上がりとなっておりました。
なお、TV放送は16:9ですので、オリジナルと比べ上下がカットされておりますが、BD版は4:3での収録になっています。
ですので本来作画されている部分もしっかり収録されている。
16:9、4:3で好みは別れるかとは思いますが、個人的にはオリジナルに近い形で観賞できる4:3収録は嬉しいです。
ただ、欲を言えば2層にして16:9と4:3どちらも収録して欲しかった所。
【音質】
音は中々。
新規アフレコを行っているそうで、さすがに古さを感じない音に仕上がっています。
重低音は軽さが残りますが、鳴るシーンではしっかり出ている。
高音は綺麗な音が素直に出ていて癖がない。
ステレオ音声ですのでサラウンド感はありませんが、クリアな音なので良好。
セリフ部分はとても聞き取り易く良好です。
新規アフレコやBGMの善し悪しは置いておいておくとして、音がクリアですっきりしておりますので、音質という面では中々よいのではないでしょうか。
【物語】
TVアニメ、ドラゴンボール改の1話~3話を収録。
ドラゴンボールZのデジタルリマスター再編集版です。
Zとは違い原作に近い形でかなりスピーディーな展開となっています。
Zにあった無理な引き延ばしなどは一切なく、とにかくテンポよく進んでいく。
必要な部分はあまり端折らないように上手に編集もしているため、見やすくて個人的には好印象。
これくらいテンポがよいと嬉しくなります。
新規アフレコの声もそれ程違和感がありませんし、すんなりと見る事ができました。
ただ、どうしてもZとBGMの違いに違和感を感じてしまう。
また、一部の描き直し修正も少し違和感があるのが残念。
表現的の違和感もそうですし、画質の違いでの違和感もあり、あまりオリジナルとフィットしていません。
全体を通せばスピーディーになったドラゴンボールZという事で、個人的には楽しく新鮮な気持ちで観賞できました。
【特典】
特典はHD画質でPS3/XBOX360で発売予定のゲーム「ドラゴンボール レイジングブラスト」のPV。
封入特典で本作オリジナルのデータカードダス。
あとはスリーブケースです。
カードダスなどは一部の人には喜ばれるかもしれませんが、興味のない人にはあまり嬉しくないかも…。
ゲームのPVも少し趣旨が違うような気がしますが、ドラゴンボール繋がりという事でアリなのでしょうか。
【総評】
画質はどうしても物足りなさが残りますが一定の評価はできる。
音質はそこそこ満足できます。
特典はカードダスなど興味がある人なら嬉しいのかと思います。
個人的に好印象なのは値段と販売仕様です。
アニメは基本的に高めな価格設定が多い中、比較的リーズナブルな価格設定なのは嬉しい。
この値段で最初に1巻を出し、残りはBOXでの発売。
この販売仕様のおかげで、1巻でリーズナブルに画質をチェックできますし、気に入ったらBOXで続きを買う事ができる。
個人的には嬉しい仕様で、有難いです。
気になっている方は是非。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ドラゴンボール改 1】
企画:松崎容子、森下孝三
出演:野沢雅子(声)、古川登志夫(声)、堀川りょう(声)、田中真弓(声)
製作年:2009年
発売日:2009/09/18
販売元:Happinet

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
dranballkai6.jpg

dranballkai7.jpg

dranballkai8.jpg

dranballkai9.jpg

dranballkai10.jpg

dranballkai11.jpg

dranballkai12.jpg
※OP(1枚目~2枚目)/オリジナル(3枚目~5枚目)/描き直し修正(6枚目~7枚目)

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/09/18 18:18 ] た行 | TB(0) | CM(3)

映像のシャープネスの甘さについては、16mmフィルム制作であるため当然かと思います。暗部の諧調表現ですが、こちらも劣化したフィルムの映像を無理やりデジタル制作風な色合いに調節しているため、ある程度は仕方がないですね。
低音の弱さは、BGM担当の山本健司氏の音作りの方向性が少なからず関わっているように感じました。効果音も古いテープの音からの流用ですし、多少軽いのかもしれません。
つまり挙げられたこれらの欠点のうちのかなりは、ソフト化にあたっての調整不足等を原因とするものではなく、そもそものこの作品のコンセプトのムリがある部分といいますか、古い素材の限界といったところに根ざしているように私は感じました。
[ 2009/09/18 23:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七資産さん>
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、確かに素材の限界という事なのでしょうね。
相対的な評価という事で、どうしても厳しい評価になってしまいましたが、
個人的には満足しておりますし、以降続くBOXも購入していくつもりです。

この評価ですと物足りない面ばかり目に付くように見えてしまうため、
少し追記させて頂きました。
ありがとうございます。

お詳しい解説をして頂きまして感謝致します。
素人目線での評価のため、とても参考になりました。

また何かお気づきな点などございましたら教えて下さいませ。
[ 2009/09/19 02:17 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2009/10/15 12:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/340-94825283












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。