スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- 

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-

▼ジャケット表
redcliff21.jpg

▼ジャケット裏
redcliff22.jpg

▼盤面
redcliff23.jpg

▼仕様
・時間:約144分(本編)+67分(特典)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/中国語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
PartI、II合計興収100億円突破!
巨匠ジョン・ウー(「M:I-2」「フェイス/オフ」)による「三国志」の決定版が遂に完結!!
PartIを抜き、アジア映画興収No.1の新記録を更新!!
圧倒的な戦力差に、連合軍は勝ち目無し!
いったい、どうやって切り抜けるのか?
西暦208年、2000隻の船と80万の大軍の圧倒的兵力で「赤壁」の対岸に大陣営を構えた曹操。
対する連合軍は前戦により兵も村人も傷つき、食料も不足。
ある事件を機に民を想う劉備は撤退を決意。
崩壊寸前の連合軍だが知略と信頼で絶体絶命の大ピンチに勝機を見出した…。
それぞれの思惑が交錯するなか、三国志最大の激戦、「赤壁の戦い」の火蓋が切って落とされる。
人徳の司令官[周瑜]にはトニー・レオン、知略の軍師[諸葛孔明]には金城武、日本からも中村獅童などアジア映画界最高のキャストが集結。
知恵と勇気をふり絞り、愛する者たちを守る戦いが中国の歴史を大きく揺るがしていく。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるものが控えめに処理されています。
うるささは全くなく、どちらかと言うとすっきりとした印象です。
フィルムライクとは言えませんが、質感は悪くない。
シャープさは中々。
輪郭はキリキリとしたシャープネスとは違い、少し柔らかい印象の映像となっておりますが、決してボケている訳ではなく、意図的にこういった映像に仕上げているのが分かります。
アップシーンでの質感はよく、肌の質感なども見て取る事ができます。
細かいシーンもしっかり再現できており精細感も感じる事ができる。
暗部シーンの諧調はまずまず。
前作よりやや改善が見られ、暗いシーンでもしっかり見て取れる。
戦闘シーンなどのよく動くシーンでも破綻がありませんし、見事に再現できている。
前作で感じた明るいシーンと暗いシーンでの色調の違いも改善されています。
派手な発色で統一しており、少しギラギラと感じるものの、ハイビジョンらしさを感じる事ができます。
ただ、その影響からか一部シーンで作りもの臭さといいますか、CG臭さといいますか、それが強く出てしまっているのはご愛嬌。
他のBD作品と比べるとかなり綺麗な部類に入ると思います。
前作も中々の高画質でしたが、細かい箇所でそれを上回る出来。
派手な発色や色調が好みなら間違いなく文句なしだと思います。
誰が見ても一定水準以上の高画質と感じる事ができるのではないでしょうか。
【音質】
音もよいです。
映像と同様にこちらも派手。
重低音はしっかりと出ておりよいバランスで鳴る。
決して強すぎる事なく、心地よい低音が鳴るのが魅力的。
高音も綺麗に出ており広がりを感じる事ができる。
サラウンド感は素直に派手でよく出る音。
戦闘シーンを始めとして、とにかく音がよく回る。
そして風の音、炎の音などといった、音が正確に臨場感たっぷりで鳴るため、迫力がある。
あの地鳴りのような足音も健在で、派手なサラウンドを堪能する事ができます。
音が派手すぎてセリフ部分で少し音が被ってしまい聞き取りにくい箇所もあるものの、全体を通してはクリアで聞き取り易い。
臨場感のある派手な音質で、この作品に合ったよい出来だと思います。
【物語】
内容はジョン・ウー監督による三国志の赤壁の戦いを舞台にした作品。
2部作ですのでこれで完結です。
前作同様、冒頭に日本語音声で簡単な三国志解説や前作までのあらすじが始まります。
日本語版だけの仕様のようです。
いよいよ赤壁の戦いが始まり物語はクライマックスへ。
とにかくド派手な演出が特徴的。
一方で前作にふんだんに盛り込まれていたジョン・ウーらしい個人で魅せるアクションは控えめに。
ですが、赤壁の戦いでの戦闘シーンの迫力は飲み込まれるような圧巻な出来で素晴らしい。
テンポは相変わらずで、色々と間延びしてしまうシーンも多いです。
女性陣にスポットライトも当てているためか、どうしても無理矢理感が強くなってしまう。
突っ込み所満載だったり、史実とはかけ離れてしまっているのは仕方がないでしょうか。
娯楽作品としては楽しむ事ができる大作映画だと思います。
個人的には娯楽作品として割り切るなら、前作のような一騎当千的なアクションをたっぷり観たかったので、物足りなさが残りました。
【特典】
特典はHD画質で監督やキャストへのインタビュー、PartI、PartIIの予告編集、TVスポット集。
全てHD画質なのはよいですが、結局PartI、PartIIどちらにもメイキングは収録されませんでした。
特典の面では前作収録されていたTV特番がなかった分、前作よりややボリュームダウン感が否めないか。
【総評】
画質/音質は素直に高画質高音質となっています。
特典はHD収録ですしまずまず。
PartIを観た方や興味のある方は、画質音質の面で外れる事はないと思います。
派手な映像や音を楽しみたいならお薦めです。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★☆☆☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-】
原題:RED CLIFF: PART II/赤壁
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー
製作年:2009年
発売日:2009/08/05
販売元:エイベックス・マーケティング

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
redcliff24.jpg

redcliff25.jpg

redcliff26.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/09/13 09:42 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/335-9d93ed33












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。