スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ 

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~

▼ジャケット表
hisaishi1.jpg

▼ジャケット裏
hisaishi2.jpg

▼盤面
hisaishi3.jpg

▼仕様
・時間:115分(本編)+38分(特典)
・映像:1080i/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕(テロップ・本編のみ)
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
2008年夏、日本武道館で開催されたコンサート「久石譲 in 武道館」を全曲収録。
久石譲が音楽を手がけた、宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』の名曲30曲余りを、アンコールまで含めて全曲収録。
特典映像
●メイキング(21分)
コンサートの舞台裏にカメラが密着。
リバーサル風景などを久石譲ほかのインタビューを交えて綴る。
●スクリーン・アニメ(17分)
武道館の巨大スクリーンに映し出された宮崎アニメの名シーン。
その"スクリーン・アニメ"のうち5作品7曲分をコンサートの演奏に合わせてそのまま収録。

▼感想
【画質】
映像はいまいちパッとしない画質です。
グレインノイズがかなり強めに出ているシーンが多い。
シーンによってバラツキが激しく、序盤などは砂嵐かと思えるくらいの強さ。
そうかと思えば、終盤や一部シーンではすっきりしてノイズがほとんどなくなったりする。
何故こうにもバラツキが出るのか不思議に思えるくらい違う映像になっています。
シャープさはやや甘め。
引きでオーケストラや観客が小さく映ったりゴチャゴチャするシーンは厳しさが残ります。
暗部の諧調表現もやや厳しいか。
上述の通りグレインノイズの強いシーンが多いので、それも相俟って汚く潰れがちに見えます。
全体的な印象としてはTV番組的な映像にグレインノイズが乗ったといった感じ。
低調な画質が多いですが、稀に高画質になる、バラツキの激しい映像です。
高ビットレートで推移はしていますし、映像ソース自体がこの出来なのでしょうね。
他のBD作品と比べると並~やや落ちるくらい。
ソース自体がこの出来なのでしょうし、仕方ないのかと思います。
【音質】
音もどうもパッとしない。
音楽物の作品なので期待していたのですが…期待していた分かなり微妙に感じます。
とにかく困るのが籠った音。
音が伸び切らず広がりを感じない、モヤモヤした音なのです。
あまりライブ物やコンサート物の作品は見ないのですが、それでもイマイチと感じてしまう。
音の質自体はよい出来だと思います。
重低音はしっかりと響く音が出ておりよい出来ですし、中域の音もしっかりと出ており質はよい。
それだけにこもりがちな音が残念。
サラウンド感についてもパッとしません。
これ疑似サラウンドという訳ではないのですよね…?
包み込むような音を期待していたのですが、小さく控えめに鳴るのみ。
録音方法が悪いんじゃないでしょうか…。
恐らくこちらも映像同様にソース自体がこの出来なのでしょう。
素晴らしい演奏と楽曲なだけにもっとよい音質で楽しみたかった。
少し辛口に書いていますが、決して悪いという訳ではないのです…ただ物足りなさが残る。
【物語】
内容は2008年に行われた久石譲による武道館コンサートを収録した作品。
ジブリ作品などの楽曲を手がける久石譲とあってお馴染みの曲が多数でてきます。
オケや合唱団なども豪華で力の入った作品。
巨大スクリーンには生演奏に合わせて、ジブリ作品の名場面が流れるなど、ジブリファンならとても楽しめる作りとなっています。
カメラアングルも秀逸で様々な視点を楽しませてくれる。
特に上からのアングルは新鮮で面白かったです。
NHK総合やBSなどで放送したものと違い、全曲収録されているのも嬉しいです。
じっくり観賞するもよし、BGM変わりに流しても楽むもよし、そんな作品。
久石譲やジブリファンなら楽しめる事間違いないかと思います。
【特典】
特典はHD画質でメイキング、スクリーン・アニメ。
特筆すべきはスクリーン・アニメ。
武道館コンサート時の巨大スクリーンに流されたジブリ作品の名シーンが収録されています。
収録タイトルは「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「紅の豚」「ハウルの動く城」の5作品。
過去のジブリ作品をHD画質で楽しむ事ができる。
映像自体は調整されたものではないので、古い作品だとグレインノイズが強かったり色ノイズを含めてよい出来とは言えないものの、もし丁寧にオーサリングしたらどうなるのかと、今後のジブリ作品のBD化を期待できる内容になっています。
新しめの作品である「ハウルの動く城」は未調整でもこれだけの高画質なのかと驚く事ができる。
欲を言えば「千と千尋の神隠し」など他にも巨大スクリーンに流れた映像があったので、それら全てを収録して欲しかった所。
ちなみに本編内にて「千と千尋の神隠し」が巨大スクリーンで流れるのですが、DVD版で見受けられる赤味がかった映像と違い、赤くない千と千尋になっていました。
【総評】
画質はTV的なパッとしない出来で、バラツキも激しいです。
音質はこもりがちなのがこの手の音楽物としては致命的。
ソース自体がこうなのでしょうが、残念です。
特典のスクリーン・アニメはジブリファンなら必見。
久石譲やジブリファンなら押さえておいてもよいかと思いますが、あまり過度な期待はしないで視聴したほうがよいかと思います。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~】
出演:久石譲、林正子、平原綾香、麻衣
製作年:2008年
発売日:2009/07/03
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
hisaishi4.jpg

hisaishi5.jpg

hisaishi6.jpg

hisaishi7.jpg

hisaishi8.jpg

hisaishi9.jpg
※本編(1枚目~3枚目)/特典のスクリーン・アニメ(4枚目~6枚目)

※1080iでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/07/04 23:07 ] は行 | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/07/07 10:55 ] [ 編集 ]

Re: 参考になります

KZさん>
詳しいコメントありがとうございます。
確かにグレインの粒状感のバラツキがあり大きさもシーンごとにまばらでした。
なるほど、そういった理由だったのですね。
教えて頂きありがとうございます。
また何かございましたらご指摘やご意見お待ちしております。
[ 2009/07/08 04:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/04 21:59 ] [ 編集 ]

Re: 本日

KZさん>
コメントありがとうございます。

詳しい説明をして頂き、有難いです。
お詳しいと思っていたら、あちら側の方だったのですね。
素人意見を好き勝手書いていて、少しお恥ずかしいです。
なるほどと読ませて頂き、大変勉強になりました。
あの後も見直しまして、拡大部分など注視して見させて頂きました。
画質面のバラツキの謎も解消して嬉しいです。
ありがとうございます。
何かありましたら、また色々と教えて下されば幸いです。
完全に主観で書いているため、結構いい加減な記事も多いと思いますので…。笑

少し海外に滞在していたため、更新が疎かになっておりますが…これからもマイペースで書いていきたいと思います。
[ 2009/08/06 01:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/329-70fdb074












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。