スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピノキオ プラチナ・エディション 

ピノキオ プラチナ・エディション

▼ジャケット表
pinocchio3.jpg

▼ジャケット裏
pinocchio4.jpg

▼O-リング・ケース表
pinocchio1.jpg

▼O-リング・ケース裏
pinocchio2.jpg

▼盤面1
pinocchio5.jpg

▼盤面2
pinocchio6.jpg

▼仕様
・時間:約88分(本編)+ボーナス・コンテンツ
・映像:1080p/スタンダード(1.33:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×2枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
夢はかなうことを教えてくれた、ウォルト・ディズニーのオリジナル・クラシックス作品
ディズニー・アニメーション史上、最も美しく技術的に完璧な作品と評される名作『ピノキオ』。
製作70周年を記念し、豪華2枚組プラチナ・エディションがブルーレイディスクで登場です!
独り暮らしのゼペットは、木で作ったあやつり人形にピノキオと名付け、いつか本当の子供になるようにと星に願いをかけます。
するとその晩、妖精が現れてピノキオに命を授けます。
そして"良心"ジミニー・クリケットに従って、勇敢で正直で思いやりがあれば、本物の子供になれると告げるのです。
ところが、ピノキオは正直ジョンの巧みな誘惑に乗せられてしまい…。
アカデミー賞受賞の「星に願いを」など、心に響く音楽との見事なコンビネーションと至高のアニメーションが、デジタル・リマスターによって更に美しくよみがえりました。
ウォルトが世界に遺した珠玉の作品を、ブルーレイディスクの高画質・7.1ch音声による最高のクオリティでお贈りします。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
ただただ驚かされる映像美。
約70年前の作品とは到底思えない、素晴らしい出来に仕上がっております。
フィルムグレインはなく綺麗ですっきりとした映像。
シャープさはよくしっかりとした輪郭が綺麗に出ています。
描き込まれた美しい背景、そこで滑らかに動き回るキャラクター。
キャラと背景が分離され、ディズニークラシックらしい映像美を堪能できる。
暗部の諧調表現もよいもので、色が丁寧に出て細かい作り込みを見事に再現しています。
とにかく滑らかに動く映像も全く破綻する事がない。
ラスト付近の水中や水しぶきのシーンなどは圧巻の一言。
どのシーンを取っても動く絵画を見ているような気分にしてくれる。
このアニメーションをこれだけ綺麗に楽しむ事ができるのは素晴らしい事です。
発色も良く、色彩豊かな映像を丁寧に映し出しています。
そして圧巻の小傷やゴミの一切ないクリアな映像美。
約70年前の作品が何故この美しさになるのでしょう。
マスターの良好状態だけでなく、とても丁寧な修正を加えた事が伺い知れます。
作品を大事にするディズニーの凄さが分かる仕上がりに。
とにかく素晴らしい出来となっています。
他のBD作品と比べるとかなり綺麗な部類に入ります。
約70年前の映像という事を考慮しなくても素晴らしい画質。
眠れる森の美女」でも十分に驚かさせてくれましたが、それを上回るような衝撃を受ける。
【音質】
音も中々のもの。
映像とは違い、どうしても作り自体の古さをダイレクトに感じてしまう。
それ故に相対的な音質という面では、最新のものと比べると当然劣ってしまいます。
しかし、ロスレス7.1chで再現された音は今までのピノキオとは明らかに違う。
重低音は厚みのある音となっております。
高音も大変綺麗な音が出ている。
ただ、どうしても音自体がこもってしまうような感があるのは仕方ないか。
サラウンド感は驚く事ができます。
音の位置が正確でいてバランスがとてもよい。
しっかりと分かりやすい位置でなるので臨場感が抜群。
そして何より印象深いサウンドや効果音が包み込むような音を再現してくれる。
古さを感じる音ながら、音自体がしっかりとクリアなのです。
この音で聞く「星に願いを」を始めとしたサウンドは素直に感激できる。
日本語音声、英語音声、どちらのセリフ部分もクリアで聞き取り安い。
どうしても古さを感じてはしまいますが、とてもよい音が再現できていると思います。
【物語】
内容は今更語る必要のないピノキオのお話。
メッセージ性の強い作品に仕上がっています。
正に子供の教育ためといったディズニーらしい作品ではありますが、改めて見ると少しゾッと怖さを感じる描写も。
こういった描写は現在のディズニーとは違う、クラシックらしさと言えるでしょう。
最後は当然のように綺麗にまとめております。
滑らかに動くキャラクターに印象的なサウンドの数々。
今見ても全く劣る事のない出来は素晴らしいの一言。
いつの時代も安心して観る事のできる作品です。
【特典】
特典は豪華という言葉がピッタリ当てはまる。
まず、本編DISCの再生時に選べるディズニー・ビュー・モードが素晴らしい。
スタンダートサイズの作品ですので、再生すると左右に黒帯が出る訳なのですが、この黒帯の箇所にそれぞれのシーンにあった絵が表示されるようになる仕組み。
この出来が秀逸で、しっかりシーンに応じた仕上がりを見せてくれ、全く違和感なく見る事ができる。
さらに本編DISCには音声解説の他、PinPに近い形でポップアップトリビアといった本編を見ながらトリビアを楽しむ事ができるものや、ピノキオゲームといったミニゲーム。
本編DISC内の映像特典は、HD画質でミュージッククリップや「星に願いを」を始めとした劇中に使われた曲の再生機能が収録されています。
特典DISCにはパズルやロバになるまえにといったミニゲーム。
HD画質で誕生秘話、ストーリーボードを使った未公開シーン、スウェットボックス、動きの研究などの製作舞台裏、アートギャラリー、劇場予告編、未発表曲オネスト・ジョン、おもちゃ職人の昔と今、と盛り沢山。
ピノキオを楽しんでもらおうという気持ちが伝わってくる素晴らしい特典の数々、そして質と量に大満足。
【総評】
画質/音質は素晴らしいの一言。
とても約70年前の作品だとは思えません。
特典も素晴らしい質と量でたまらない。
作品やディズニーファンなら必携の一本です。
そうでない方にも一度観てもらいたいと素直にお薦めできる一本。
このピノキオのようなディズニーのプラチナ・エディションは今後も続いていくようなので嬉しい限り。
どれだけ古い作品でもここまでの仕上がりを見せられたら買わずにはいれません。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ピノキオ プラチナ・エディション】
原題:PINOCCHIO
監督:ベン・シャープスティーン
出演:ディック・ジョーンズ(声)、クリフ・エドワーズ(声)
製作年:1940年
発売日:2009/05/20
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
pinocchio7.jpg

pinocchio8.jpg

pinocchio9.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/05/21 08:08 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/322-1775569b












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。