スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンスターズ・インク 

モンスターズ・インク

▼ジャケット表
monstersinc3.jpg

▼ジャケット裏
monstersinc4.jpg

▼O-リング・ケース表
monstersinc1.jpg

▼O-リング・ケース裏
monstersinc2.jpg

▼盤面1
monstersinc5.jpg

▼盤面2
monstersinc6.jpg

▼仕様
・時間:約92分(本編)+ボーナス・コンテンツ
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/マトリックス6.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS-ES/マトリックス6.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)+片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
子供部屋のクローゼットのドアの向こう側にある、モンスターの世界«モンスターシティ»に、人間の子供が紛れ込んだ?!
モンスターたちと1人の小さな女の子の出会いから、モンスター界に史上空前の大騒動が巻き起こる。
ユーモアあふれるモンスターたち、目が離せないストーリー展開、モンスターのサリー&マイクと女の子«ブー»の心のふれあい、全て超一流のエンターテイメントがいよいよ登場!
ディズニー&ピクサー長編アニメーション最新作、アカデミー賞主題歌賞受賞作品。

▼感想
【画質】
映像はとても綺麗です。
CGアニメという事でフィルムグレインはありません。
シャープさはくっきりと精細感を感じる映像。
演出の光源などによりソフトに感じる箇所もありますが、しっかり演出と分かる仕様。
細かい箇所までしっかりと精細に映し出されており、素晴らしい出来です。
見せ場の一つである無数の扉の1つ1つまで判別可能な素晴らしさ。
そしてサリーの毛並みの再現性。
細かい毛の1本1本がはっきり見て取れる出来。
暗いシーンの諧調表現もよく見やすい。
スピード感溢れるシーンでの破綻やノイズも見受けられずとても綺麗な仕上がりです。
発色もよいので全体が明るく見え、作品の雰囲気に合っている。
安心のピクサー品質を堪能できる、よい品質です。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますが、かなり綺麗になっております。
過去にBD化されたピクサー作品のウォーリーやカーズ、レミーなどと比べれば、製作年の少し古い作品ですので、技術的な差はあるものの、画質という面では負けず劣らずのよい出来ではないでしょうか。
正に安心のピクサー品質です。
【音質】
音もよい出来なのですが、残念な箇所が1点。
それは英語音声がロスレスなのに対し、日本語音声がロッシーな点。
この手のCGアニメ、特に当作品は吹替のキャスティングがよく合っているだけに、ロスレス収録でないのは残念です。
日本語音声で視聴しましたので、そちらの評価を。
重低音は控えめな鳴りながら、そこそこ厚みを感じる音。
もう少し中域や低音で響きが欲しい気もしますが悪くはありません。
高音は綺麗に出ていてよい音になっている。
サラウンド感はまずまず楽しめる作りです。
全体的には音自体に迫力がある訳ではありませんが、しっかり正確な音を楽しむ事ができる。
臨場感に溢れ、シーンによっては包むような音が出ていますので、好みなサラウンド。
雪山シーンでの音は迫力もあり、よい出来。
セリフ部分は聞き取り易く、よい出来となっています。
ロスレスではないものの、高音質と言える出来にはなっている。
それだけに、ロスレスというさらに上のサウンドを収録できた可能性があるだけに、残念でなりません。
音自体は十分満足できる出来ではありますが、日本語音声がロッシーという事で★4つ評価にしてあります。
【物語】
ストーリーはモンスターが主役になったCGアニメーション。
モンスターが主役とは言えピクサーらしい暖かみのある設定。
キャラクターも個性的でとても魅力的。
テンポもよく楽しく飽きずに見る事ができます。
しっかりラストは綺麗にまとまり心が温まる。
そしてこの個性的なキャラクター達を彩る声優陣。
特に日本語吹替の出来は素晴らしいものだと思います。
有名人を使用してここまでマッチする組み合せも中々ない。
吹替にしていると一部文字も日本語になるのはピクサー定番で嬉しい仕様。
ただ、ピクサー定番の楽しめるエンドロールなのですが…劇場版はエンドロールにNG集やミュージカルが流れてたと思うのですが、それがカットされ普通のエンドロールになっています。
何故エンドロールでカットされてしまったのでしょうか。
個人的にはここがマイナス点。
全体としましては、大人も子供も楽しめる、ピクサーらしい素敵な作品です。
【特典】
特典はかなり盛り沢山。
本編DISCに音声解説の他、HD画質でスタッフのスペシャルトーク、東京ディズニーランドに設置されたアトラクション映像、ピクサー短編作品であるフォー・ザ・バーズ、マイクとサリーの新車でGO!
フォー・ザ・バーズ、マイクとサリーの新車でGO!は、「ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版」内に収録されているものと同じものです。
特典DISCには社員適正テストというクイズ形式のミニゲーム。
さらに、HD画質でもう一つのシナリオ、取りやめになったコンセプト、ストーリボードから完成まで、アートギャラリー、CGアニメーション制作過程。
SD画質でピクサースタジオ案内、ストーリーエピソード、モンスターシティの構想、セット装飾について、舞台設定、モンスターファイル、アニメーション制作の現場から、サウンド&ミュージック、劇場リリース、ラップアップ、モンスターズ・インク番外編、モンスターズ・インク楽屋話、モンスターズ・インク会社概要と盛り沢山。
ここで問題のエンドロール内にてカットされていたNG集について。
パッケージ裏のボーナス・コンテンツには、NG集(エンドクレジットなし)と書かれているのですが、本編DISC、特典DISCどちらを探しても、NG集が入っていません。
自分が見つけられないだけなのか…。
エンドロール内でカットした上、未収録だと残念でなりません。

※追記
コメントで教えて頂いたのですが、NG集は、劇場リリース内に収録されておりました。
誤情報申し訳ありません。
無事収録されているようで一安心です。
【総評】
画質は文句なしの素晴らしい出来。
音質は日本語音声がロスレスでない点が残念ですが、音質自体はよい出来。
特典は盛り沢山で満足感があります。
作品やピクサーファンなら是非。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【モンスターズ・インク】
原題:MONSTERS, INC.
監督:ピート・ドクター
出演:ジョン・グッドマン(声)、ビリー・クリスタル(声)
製作年:2001年
発売日:2009/05/20
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
monstersinc7.jpg

monstersinc8.jpg

monstersinc9.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/06/06 21:01 ] ま行 | TB(0) | CM(2)

NG集ですが収録されています。
ブーのドア→劇場リリース→一番下にあります。
スクロールしないといけないので見つけにくいかもしれません。
[ 2009/06/06 23:03 ] [ 編集 ]

匿名さん>
教えて頂きありがとうございます。
誤情報を載せてしまって申し訳ありません。
確認した所、確かに収録してありました。
危うく問合せする所でした…。
記事も修正させて頂きました。
また何かご指摘などございましたら、よろしくお願い致します。
[ 2009/06/07 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/321-6c92f05f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。