スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デス・レース 

デス・レース

▼ジャケット表
deathrace3.jpg

▼ジャケット裏
deathrace4.jpg

▼ケース表
deathrace1.jpg

▼ケース裏
deathrace2.jpg

▼盤面
deathrace5.jpg

▼仕様
・時間:約111分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
これがカーアクションの到達点!
負けたら最期の死のレースが今始まる。
興奮度5,000%のバトルロワイヤル!
民間企業が刑務所を運営する2012年の近未来。
ターミナル島刑務所では、囚人同士を武装した改造車で競わせる凄惨な殺人レースが行われ、インターネット中継を通じて人々を熱狂させていた。
妻殺しの濡れ衣を着せられ、この刑務所に収監されてきた元レーサーのエイムズ(ジェイソン・ステイサム)。
彼は冷酷な所長ヘネシー(ジョアン・アレン)により、死亡した人気覆面レーサー"フランケンシュタイン"になりすましてレースに参加するよう命じられる。
ところが、妻の殺害がエイムズをレーサーとして招きたい所長の陰謀だったことが発覚。
怒りに震えるエイムズは、凶悪なレーサーたちとの戦いに身を投じながら、復讐のチャンスを狙う!
1975年に製作されたカルト作「デスレース2000」を「バイオハザード」の鬼才ポール・W・S・アンダーソン監督が過激にリメイク。
主演にジェイソン・ステイサム(「トランスポーター」)を迎え、囚人レーサーたちの熾烈なカー・バトルをショッキングかつ疾走感あふれる映像に仕上げている。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるものがやや控えめに処理されています。
うるささは全くなく、それでいてのっぺりとする訳でもなく、ほどよいバランス。
フィルムライクな質感が程よく出ており好み。
シャープさもかなり満足できる作りになっています。
輪郭線がくっきりしており、精細感を堪能する事ができる。
アップシーンの人物描写はだけでなく、引きのシーンでの描写もボケる事がほとんどなくよい出来です。
暗いシーンの諧調表現はまずまず。
黒が潰れてしまったり、見にくい事はありませんし悪くはない。
カーアクションなどとにかく動くシーンが満載ですが、全く破綻が見受けられないのはさすがです。
発色は抑えめで色調も少しダークな感じですが、作品の雰囲気に合わせた仕様ですので違和感がない。
全体を通してHDらしさを感じる事のできる満足度の高い質になっています。
他のBD作品と比べるとかなり綺麗な部類に入ると思います。
色調など独特な面もありますが、この画質で出してもらえれば文句なし。
誰が見ても高画質と分かるよい仕上がりです。
【音質】
音もよいです。
とにかく特徴的なのが低音の響き。
重低音の響きがよく厚みを感じる音なので存在感がある。
車のエンジン音だけでなく、BGMも同様でかなり低音が強く出ています。
この作品にはこのような低音を強めに出す仕様は合っている。
高音も比較的綺麗に出ており満足できる。
サラウンド感もかなり感じる事ができます。
素直に迫力と臨場感を感じれる作りに仕上がっている。
音があちこちから出て、低音を響かせてくれるので迫力満点です。
繊細な音といった側面はありませんが、とにかく迫力重視の音作り。
セリフ部分もクリアで聞き取り易いです。
作品に合っている音だと思いますし、よい音質ではないでしょうか。
【物語】
内容は近未来を舞台にしたカーアクション。
元は1975年に公開されたカルト映画、「デス・レース2000年」のリメイクだそうです。
そちらは未視聴なので先入観なしでの視聴。
基本はカーアクションなのですが、かなりクレイジーな内容になっています。
タイトル名の通り少しグロいシーンもあり。
作品のテンポはよく、疾走感溢れるレースシーンと相俟って一気に見せてくれる。
レース自体がマリオカートのようなルールになっているのですが、それがバイオレンスな描写満載の仕上がりに。
劇場公開はPG-12指定だったそうですが、よくその指定に収まったと思うくらいクレイジーです。
やり過ぎてしまって思わず笑ってしまうくらい。
しかしカーアクションの出来は秀逸でスピード感溢れる仕上がりになっています。
ただ、そのバイオレンスと熱狂の中、あまりにあっさり終わってしまうエンディングが残念。
バイオレンスな描写が大丈夫で、カーアクションが好きな方なら楽しめるかと思います。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキングや舞台裏。
PinP機能やBD-Jを使用したオリジナル編集機能、さらにはBD-LIVEなどにも対応しているのですが、いずれも使い勝手はよくないです。
これらの機能は使い勝手が悪く、あまり有り難みのない機能。
ちなみにBD-LIVEは北米版に繋がるようで、メニュー周りなどは全て英語。
ユニバーサル系列映画の予告などが閲覧可能です。
【総評】
画質/音質は十分満足できる作り。
特典もHD画質で収録されていたりと満足できる。
ですので、作品のファンや、興味がある方なら安心して手に取れる良質な一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【デス・レース】
原題:DEATH RACE
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ジェイソン・ステイサム、タイリース・ギブソン
製作年:2008年
発売日:2009/04/24
販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
deathrace6.jpg

deathrace7.jpg

deathrace8.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/04/29 17:02 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/312-4c74ff01












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。