スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート FINAL FANTASY XIII Trial Version Set 

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート FINAL FANTASY XIII Trial Version Set

▼スリーブ表
ff7acc1.jpg

▼スリーブ裏
ff7acc2.jpg

▼スリーブ裏(背表紙なし)
ff7acc3.jpg

▼ジャケット表1
ff7acc4.jpg

▼ジャケット表2
ff7acc5.jpg

▼盤面1
ff7acc6.jpg

▼盤面2
ff7acc7.jpg

▼仕様
・時間:126分
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)+片面1層(Blu-ray Disc/PS3用)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE
命は巡り、新たな地に再臨する
特典映像
■On the Way to a Smile EPISODE DENZEL FINAL FANTASY VII (OVA)
■REMINISCENCE of FFVII (「FFVII」のダイジェスト)
■REMINISCENCE of FFVII COMPILATION (「COMPILATION of FF VII」作品のダイジェスト)
■TURBULENCE of FFVII ADVENT CHILDREN (映画祭出品の模様など)
■FFVII ADVENT CHILDREN COMPLETE トレーラー集
FINAL FANTASY XIII Trial Version
双対する世界の真実に触れた時、人は定められし宿命と対峙する。
収録内容
■『ファイナルファンタジーXIII』Trial Version 本編
■『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』トレーラー「高画質最新映像」
■『ファイナルファンタジー アギトXIII』トレーラー「高画質最新映像」

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
CGアニメという事でフィルムグレインはなく綺麗ですっきりした映像。
全体を通すと少し評価をしづらい映像になっています。
というのも、映像にバラツキがあるため。
おそらく、既存の映像と、追加の映像との差なのだと思います。
既存の映像部分については、やや物足りなさが残る。
ソフトフォーカスをかけたような少しぼんやりとした甘い映像になっています。
演出的な面もあるでしょうが、それでも物足りなさを感じる映像に。
時折ジャギーと言いますか、CGの荒さを感じる事もある。
とても細かい箇所まで描いており、それを見事に再現できているのはさすがですが、例えば髪の毛一本一本の箇所などで出てしまうこの荒さが物足りなさの一因に。
おそらく制作年からくる技術的な問題なのだと思います。
当時、DVDだと分からなかった箇所が、BDの1080pにより分かるようになってしまった。
解像度の高いBDだからこそ、粗が目立つようになってしまった印象。
一方で、追加シーンについてはとてもよい出来。
こちらは新たに制作しただけあって、既存の映像とはワンランク上の仕上がりになっております。
高解像度でも荒さが見えず、とても綺麗でなめらかな映像に。
くっきりとした輪郭で細かい箇所まで丁寧に再現できています。
既存の箇所、追加の箇所、どちらも暗部シーンの諧調はまずまず。
少し立体感に欠けるかなと感じる箇所もありましたが、概ね良好で綺麗です。
とてもよく動くシーンや細かい物が飛び散るシーンなどが満載ですが、いずれにおいても映像が破綻する事がないのはさすが。
これらがノイズなど破綻する事もなく忠実に再現できるのはBDならでは。
他のBDで出ているCGアニメ作品と比べると、可もなく不可もなくといった印象。
既存の箇所につきましては、CG自体の荒さを感じるため物足りなさが残りますが、裏を返せば再現性がよいからこその問題。
一方で、追加シーンについては、ハリウッド産CGアニメと比較しても負けず劣らずのよい出来になっています。
元々DVD版の出来もよかったですが、そのDVDとも雲泥の差と言える程、画質的に向上していますので、作品のファンなら楽しめると思います。
【音質】
音はよいです。
重低音は鳴り自体は控えめなのですが、しっかりと厚みのある音が出ている。
高音も綺麗に出て伸びのある音になっています。
サラウンド感はまずまず。
音が回るといった感じではありませんが、しっかりと音の位置を伝えてくれる。
アクションパートが多いので、個人的にはもう少し低音やサラウンドを効かせて迫力ある音作りでもよかったかなとは思いましたが、満足はできる音です。
セリフ部分のクリアさは明らかにDVD版より向上しました。
聞き取りにくい箇所もほとんどなく、よい出来です。
音質面も丁寧に再現されており満足できる作りかと思います。
【物語】
ストーリーはゲーム作品FF7のその後を描いたCGアニメーション。
過去にDVDで発売した既存のシーンだけではなく、新たに約30分の追加シーンが収録されています。
あくまでFF7をプレイした人向けの映像作品ですので、未プレイの人にはよく分からない箇所も多いかも。
展開や内容はファンでない限りあまり魅力を感じるものではありませんが、アクションシーンの見せ方は見事。
とてもスピーディーによく動いてくれる。
そして評価できるのは、追加シーンが収録された事で、作品全体の質が上がった事。
決して蛇足的なものではなく、必要に応じた追加がされており、しっかり補完されている。
一度DVD版で見た事ある人でも、新たに楽しめる作りとなっています。
【特典】
特典はSD画質で、REMINISCENCE of FFVII、REMINISCENCE of FFVII COMPILATION、TURBULENCE of FFVII ADVENT CHILDREN、HD画質でOn the Way to a Smile EPISODE DENZEL FINAL FANTASY VII、FFVII ADVENT CHILDREN COMPLETE トレーラー集。
SD画質のものは、いずれも過去に出たFF7関連作品などのダイジェスト的なものですので、この解像度でも問題ないと思います。
このBD版のために新規に収録された、On the Way to a Smile EPISODE DENZEL FINAL FANTASY VIIは本編にも出てきた少年を主人公にしたOVA作品。
30分程度の作品になっており、これ単体でも十分楽しめる。
ボリューム感のある特典で満足できるはずです。
ちなみに、この限定版にはファイナルファンタジーXIIIの体験版DISCがセットでついてきます。
こちらはPS3専用DISCですし、当ブログの趣旨とは外れるので割愛。
なお、収録パッケージの大きさですが、やや特殊なサイズになっています。
通常のBDサイズより高さは低く、奥行きが長いといった作りに。
ビジュアル的には満足できる作りなのですが、サイズ的には浮いてしまい不満もあり。
通常版は従来のBDサイズのようなので、この限定版もできればBDサイズに合わせて欲しかった。
【総評】
画質や音質は当然DVD版より明らかに違うよい出来になっています。
特に追加シーンは画質的にも出来がよく、内容を補完する上でも満足できる作りに。
さらに特典類も豊富ですので、作品のファンなら押さえておいて間違いはありません。
FF13の体験版が不要な場合は、通常版を買ったほうがよいかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon




【ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート 】
原題:FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE
監督:野村哲也(ディレクター)、北瀬佳範(プロデューサー)
出演:櫻井孝宏(声)、伊藤歩(声)
製作年:2005年/2009年
発売日:2009/4/16
販売元:スクウェア・エニックス

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
ff7acc8.jpg

ff7acc9.jpg

ff7acc10.jpg

ff7acc11.jpg
※既存シーン(1枚目~3枚目)/追加シーン(4枚目)

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/04/17 06:15 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/308-e2d6cefb












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。