スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PLANET OF THE APES/猿の惑星 

PLANET OF THE APES/猿の惑星

▼ジャケット表
planetapes1.jpg

▼ジャケット裏
planetapes2.jpg

▼盤面
planetapes3.jpg

▼仕様
・時間:120分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
鬼才ティム・バートン監督が贈る脅威の近未来SFアクション超大作。
西暦2029年。
スペース・ステーション オベロン号は、宇宙空間の異常を感知した。
早速、訓練されたチンパンジー ペリクリーズを偵察に放つが、そのまま消息を絶ってしまった。
宇宙飛行士レオが後を追うも、彼の偵察ポッドは謎の惑星に墜落。
緊急脱出したレオが見たものは、逃げ惑う原始的な人間たちと言葉を話す猿の集団…そこは、猿が支配する猿の惑星であった!
そのドラマッチックな展開と衝撃のラストでSF映画の金字塔となった「猿の惑星」(1968年作品)が鬼才ティム・バートン監督によってここに蘇る!

▼感想
SF映画の金字塔「猿の惑星」をティム・バートンがリメイクした映画。
映像は中々綺麗。
グレインが結構あるのでややザラ付き感はあります。
DVD版と比べると雲泥の差。
他のBD作品と比べるとそこそこです。
音も中々よく迫力がありました。
ストーリーは元祖の猿の惑星に思い入れがある程、拍子抜けすると思います。
ネタバレするので詳しく書けませんが、設定も違いますし様々な面が違います。
完成度としては元祖のほうが圧倒的に高い。
矛盾している点がいくつもありますし、設定も大雑把。
元祖を観ていないのならそこそこ楽しめるのではないでしょうか。
猿のメイクは秀逸でした。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【PLANET OF THE APES/猿の惑星】
原題:PLANET OF THE APES
監督:ティム・バートン
主演:マーク・ウォールバーグ
製作年:2001年
発売日:2007/03/23
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/03/28 06:31 ] は行 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/3-a439f311


猿の惑星について

猿の惑星猿の惑星(PLANET OF THE APES)は、1968年から1973年にかけて製作・公開されたアメリカ映画のシリーズ。第1作のみピエール・ブール原作。また2001年には、ティム・バートン監督によって、第1作にあたる部分をもとにリメイクされている。それまでに例をみないストー
[2007/03/29 05:33] URL 特撮動画への誘い










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。