スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レッドクリフ Part I 

レッドクリフ Part I

▼ジャケット表
redcliff1.jpg

▼ジャケット裏
redcliff2.jpg

▼盤面
redcliff3.jpg

▼仕様
・時間:147分(本編)+59分(特典)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/中国語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
2008年公開実写作品最高記録
興収ランキング5週連続No.1!
巨匠ジョン・ウー(『M:I-2』『フェイス/オフ』)×『パイレーツ・オブ・カリビアン』のチームが贈る
世界的大ベストセラー『三国志』の完全映画化!!
製作費100億円!
1800年の時を超え"愛と勇気の伝説"が今よみがえる。
公開後各国で次々と新記録を樹立した本作は、日本ではついにアジア映画NO.1の最高興収を塗り替えた!!
80万人の兵と2000隻の戦艦を率いて、あの男が攻めてくる!
西暦208年、圧倒的武力によって国の統一を目指す[曹操]への降伏を拒み、同盟を組んで立ち向かうのは、[劉備]と[孫権]のたった5万の軍。
陸と水上から攻め入る巨大な帝国との勢力の差を覆すために仕掛けられた連合軍の奇策とは?
「魏」「呉」「蜀」の三つに国を分かつことになる「赤壁の戦い」が今まさに、始まろうとしていた…。
人徳の司令官[周瑜]にはトニー・レオン。
知略の軍師[諸葛孔明]には金城武、日本からも中村獅童などアジア映画界最高のキャストが集結。
知恵と勇気をふり絞り、愛する者たちを守る戦いが中国の歴史を大きく揺るがしていく。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインはとても細かい粒状感のあるものが控えめに処理されております。
暗いシーンは除いてかなり控えめでさっぱりしています。
とは言え、のっぺりとした質感ではありませんし、フィルムらしさは残っておりますのでよい質感だと思います。
シャープさも中々よい。
しっかり輪郭線が再現できておりますし、細かい描写も丁寧。
引きのシーンでもそこまで甘くなる訳ではありませんし十分満足できるレベル。
人物の接写の質感はよく細かい肌の質感まで丁寧に再現できています。
暗部シーンの諧調はそこそこ。
黒が少し見づらく感じる事がありますが、潰れる訳でもありませんし許容範囲。
暗部シーンの少ない作品ですので諧調についてはほとんど気になる事もないかと思いますが、明るいシーンは大人しい色調、暗いシーンはギラギラした色調だったりと、シーンによって質感に差があるのは少し気になりました。
戦闘シーンは始めとしたよく動いたりゴチャゴチャと入り乱れる箇所が多数ありますが、全く破綻しないのは○。
見事に再現しており満足度は高い。
他のBD作品と比べると十分綺麗な部類に入ると思います。
個人的には★4~5くらいの評価は付けれますし満足できる出来。
【音質】
音はよいです。
重低音の鳴りはよくしっかり出ている。
低音が前に出過ぎる訳でもなく程よく出ているので心地よい。
高音も綺麗に出ており広がりを感じさせます。
サラウンド感も中々臨場感のある仕上がりとなっている。
特に印象的なのが足音。
戦闘シーンの地鳴りのような足音の迫力と臨場感は見事。
セリフ部分は稀に音が重なって聞き取りにくい箇所があるものの、全体的にはクリアな音ですし悪くないと思います。
音質面も十分満足できる出来。
【物語】
内容はジョン・ウー監督による三国志の一部を舞台にした作品。
レッドクリフの名の通り、赤壁の戦いをメインに据えた内容です。
ただし2部作となっているため、このPartIでは肝心の赤壁の戦い前で一区切りされる。
冒頭に日本語音声で簡単な三国志解説が始まるのですが、これは日本国内のみなのかな?
ジョン・ウーらしさのあるアクションシーンは迫力とかっこよさがあり素直に楽しめます。
これでもかというくらい強い猛将達。
ゲームの三国無双を彷彿とさせる一騎当千ぶりです。
ただ戦闘シーン以外のテンポはあまりよろしくない。
必要性のないシーンも多く、間延びしてしまいもっと短くてもよかったのではと思ってしまいました。
史実に忠実といった話は置いておいて、娯楽作品としては悪くない出来。
この戦闘シーンを楽しめるかどうかではないでしょうか。
肝心の赤壁の戦い前で終わってしまうため、物足りなさはあるかと思います。
【特典】
特典はHD画質で監督やキャストへのインタビュー、PartI、PartIIの予告編集、TVスポット集、TV特番映像と中々。
特に番宣だったTV特番はボリュームもあり見応えもあります。
封入特典として、PartIIの特別劇場優待券(200円割引)がついてきます。
特典は全てHD画質ですしボリュームも中々なのですが、メイキングがついていないのは少し残念。
【総評】
画質/音質はよい出来ですし、特典も中々。
近日PartIIが公開されますし、興味のある方なら是非。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★☆☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【レッドクリフ Part I】
原題:RED CLIFF: PART I/赤壁
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー
製作年:2008年
発売日:2009/03/11
販売元:エイベックス・マーケティング

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
redcliff4.jpg

redcliff5.jpg

redcliff6.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/03/11 06:48 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/297-e9539f57












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。