スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AKIRA 

AKIRA

▼スリーブ表
akira1.jpg

▼スリーブ裏
akira2.jpg

▼ジャケット表
akira3.jpg

▼ジャケット裏
akira4.jpg

▼ブックレット
akira5.jpg

▼盤面
akira6.jpg

▼仕様
・時間:124分(本編)/5分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド(192kHz/24bit)/日本語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大友克洋が世界を揺るがした"AKIRA"がBlu-ray Discでついに登場!!
Blu-ray Disc化にあたりHDニューテレシネを実施!
日本語ドルビーTrueHD5.1ch音声を192kHz 24bitで収録!
1988年7月、大三次世界大戦勃発。
そして、2019年、メガロポリス東京…。
健康優良不良少年グループのリーダー・金田は、荒廃したこの都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していた。
ある夜、仲間の鉄雄は暴走中、奇怪な実験体の少年と遭遇し、転倒負傷。
呆然とする金田たちの前で、彼らは軍の研究所へと連れ去られてしまう。
鉄雄救出のために研究所へ潜入を試みる金田。
だが、彼はそこで、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した、狂気の鉄雄を見る…。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗。
古めの作品ですが、まずは相対的な評価を。
フィルムグレインは強めに処理されております。
シーンによってかなり差がありますのでバラツキを感じる。
かなりノイジーでうるさい箇所もあれば、程よくフィルムライクな質感を楽しめる箇所もある。
個人的にはもう少し抑えてもらったほうが好みだったかも。
とは言え、フィルムライクな粒状感のあるAKIRAが再現されているのは嬉しい。
シャープさはまずまず。
セル画特有の力強い輪郭線がしっかり再現されています。
細かい箇所も丁寧に映し出されて良好。
時折ピントが甘くなるバラツキがありますが仕様なので仕方ありません。
暗部の諧調も悪くありません。
前述の通りグレインが強いですので、特に暗部シーンではうるさく感じる事が多いですが、汚いという訳ではない。
色が潰れている訳でもありませんし諧調は悪くないと思います。
暗いシーンの多い作品ですが、発色がよいので明るいシーンでハッとさせられる。
色が綺麗に出ている印象です。
スピード感あるシーンやゴチャゴチャと色が混じるシーンもしっかり再現できており良好。
フィルムの汚れや傷はまだまだ目立ちます。
取り除きや修復作業が行われたようですが、それでも時折チラつく。
とは言え、過去のDVD版などと比べたら雲泥の差ですし、そこまで気になる事もないかと思います。
なお、上下左右に僅かにですが黒枠があり額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べるとそこそこ綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
相対的に見ても★3~4は付けれると思いますが、フィルム特有の映像が苦手な場合は少し評価が落ちるかもしれません。
例えば、同じく大友監督のMEMORIESのBD版などと比較すれば明らかに画質は向上しています。
相対的に評価してしまいますと古い作品という事で少し辛くなってしまいますが、再現性はとてもよい。
今まで見ていたAKIRAはなんだったのかと思える程、現状においては最高品質のAKIRAを楽しめる画質にはなっています。
特にDVD版の画質があまりよくなかっただけに嬉しい。
【音質】
音は素晴らしい。
注意しなくてはいけないのが、この作品の売りの1つであるドルビーTrueHD(192kHz/24bit)収録。
先進的な音を収録しているのですが、それ故に受ける側の機器を選んでしまいます。
自分の環境でも同様で、アンプ側がいつも使用しているシネマDSPを使用した設定だと192kHzで受けてくれない。
ピュアダイレクトモードにする事で本来の192kHz/24bitサウンドを視聴可能になったのですが、そうすると今度は音場調整をやり直さなければならず、視聴するまでの設定に時間を費やしました。
重低音はしっかりとした芯に残る音。
鳴りが強いという訳ではありませんが、厚みのある音がよく出ていて心地よく物足りなさも感じない。
高音も綺麗で丁寧に出ている。
驚くのが音一つ一つの音がリアルな音なのです。
音がしっかり分離されておりその音が押し寄せてくる。
ですのでサラウンド感も素晴らしい。
バイクのエンジン音や爆発音など迫力ある音が満載ですが、個人的に驚いたのは芸能山城組の音楽が鳴るシーン。
素晴らしい音を体感する事ができます。
とにかく音の位置が正確で臨場感たっぷりなのです。
セリフ部分もクリアで良好。
メインのセリフだけでなく、ざわざわとした周りの声までしっかり分離されて聞こえるのは素直に驚きます。
明らかに今までの音とは一線を画す音質となっております。
正直、音ってオカルト部分が多い気もするのですが、AKIRAのサウンドははっきり違いが分かる。
明らかに音の情報量が違い、音がクリアで衝撃的。
環境を整えるのに大変だったり、正確に視聴するための設定も大変だったりしますが、是非ドルビーTrueHD(192kHz/24bit)の音を体感してもらいたい音になっています。
【物語】
内容は大友克洋原作/監督の劇場アニメ。
近未来を描いたSFアニメで、その設定の細かさは素晴らしい。
公開当時の衝撃もさる事ながら、今見ても全く古く感じない。
自分は漫画の原作が大好きなので、ストーリー的には原作とかなり変わってしまっている劇場版ですが、これはこれで良いと思います。
何よりこの世界観を余す事なく再現した映像が見事。
冒頭から一気に引き込まれるのはこの映像があってこそ。
そしてうねうねと滑らかに動くアニメーション。
疾走感のある動きに個性溢れるキャラクター。
クセのある作品ですし合わない方もいるかと思いますが、自分にとってはたまらないアニメ。
一度だけでは分からない、見れば見る程病み付きになる、そんな作品です。
【特典】
特典はHD画質で特報、TVスポット、予告、絵コンテと中々。
特にDVD版では非常に見づらかった静止画の絵コンテがHD画質で収録されているのは嬉しい。
どうせならDVD版の特典を全て収録して欲しかったのですが欲張り過ぎでしょうか…。
スリーブ内に封入されているブックレットの出来はよく読み応えがあります。
【総評】
画質/音質はよい出来になっております。
特に音質は、今までの音とは次元の違った素晴らしいものになっている。
再生環境など敷居の高さはありますが、是非視聴してもらいたい作品です。
ファンの方なら間違いなく必携な一本。
満足できる事間違いなしだと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【AKIRA】
原題:AKIRA
監督:大友克洋
出演:岩田光央(声)、佐々木望(声)、小山茉美(声)
製作年:1988年
発売日:2009/02/20
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
akira7.jpg

akira8.jpg

akira9.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/02/20 16:47 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/292-2773b16a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。