スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

▼ジャケット表
clonewars1.jpg

▼ジャケット裏
clonewars2.jpg

▼盤面
clonewars3.jpg

▼仕様
・時間:98分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
遥か彼方の銀河系で…「スター・ウォーズ」の新たな伝説が誕生した!
しかも今度は、ルーカスフィルム・アニメーション制作による、シリーズ初の3Dアニメーション!
ファンにはおなじみの登場人物に加え、多くの新キャラクターも登場。
誰も見たことのない「スター・ウォーズ」がここにある。
クローン戦争が全銀河系に広がる中、アナキン・スカイウォーカーと新米のパダワン(弟子)であるアソーカ・タノは、犯罪組織の首領ジャバ・ザ・ハットの誘拐された息子を救出するという、危険な任務に乗り出す。
任務の重要性を察知した反乱軍のドゥークー伯爵は、これを是が非でも阻止せんと、最強の刺客アサージ・ヴェントレスを放つ。
一方前線では、クローンの大群を率いたオビ=ワン・ケノービとマスター・ヨーダが、ドロイドの軍勢相手に激闘を繰り広げ、暗黒面のフォースに抵抗していた。
ライトセーバーを構えよ!
新時代の冒険が待っている!
"「クローン・ウォーズ」によって、あの懐かしいスター・ウォーズの感動が蘇る!"

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
CGアニメという事でフィルムグレインはなく綺麗ですっきりした映像。
シャープさはイマイチ物足りない。
他のCGアニメ作品はどちらかと言うと細部までくっきり再現されている事が多いのですが、この作品は輪郭が甘い。
ソフトフォーカスをかけたかのような意図的な演出箇所も見受けられますが、それ以外の箇所も全体を通して甘く感じます。
ただ、あくまでCGアニメという枠の中で考えた場合に甘く感じるというだけで、ぼけているという訳ではありません。
暗いシーンは破綻する事なくしっかりと再現できています。
諧調表現もよいですし、この辺はさすが。
気になったのは動きの多いシーン。
スピード感あるシーンが盛り沢山ですが、この再現度があまりよろしくない。
破綻はしておりませんが、ブレるかのような見ずらさがあります。
これは止め絵にしても変わりませんので、TVやモニタの問題ではなく映像自体の問題。
もう少し頑張って再現して欲しかった。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますがそこそこ綺麗。
全体を通して悪くはないですし綺麗ではありますが、他のCGアニメと比べると明らかに1ランク落ちます。
もっといい画質で出せたと思うだけに残念。
【音質】
音は並程度でしょうか。
吹替え音声、英語音声どちらでも聴きましたが、音が大人しい。
音量だけはあるのですが、しっかりと芯に響いてこない。
重低音の響きがあまり伝わってこなくて迫力に欠けます。
高音はクリアでよいのですが、広がりに物足りなさが。
サラウンド感はまずまずです。
音の位置もしっかりしていますし、色々な箇所から鳴るので臨場感はあります。
セリフ部分は少し被ってしまう事があり、クリアとは言い難い。
聞き取りにくい箇所がいくつかありました。
しかし、このご時世にロスレスサウンドを未収録とは、怠慢としか思えません。
スター・ウォーズのよく鳴る音が台無しです。
【物語】
内容はスター・ウォーズの世界観を踏襲したCGアニメ。
ストーリーの位置的にはエピソード2と3の間のようです。
スター・ウォーズを見ていないと話は分からない内容かな。
CGアニメになってはいますが、しっかりスター・ウォーズをしている。
ただ設定的に無理がある箇所もあったり後付け的な箇所も。
テンポは早くトントンと展開していきますので飽きる事はありません。
見慣れた登場人物がCGキャラになり動いているのは楽しめます。
アクションなどもよく出来ている。
しかし気になるのは規模の小ささ。
クローン・ウォーズを題材にしていながら、スケールが小さい。
CGアニメでやる必要性があったのかと思うくらいです。
どうせCGアニメでやるならならもっとスケールの大きい作品にして欲しかったかも。
とは言え、普通に楽しく観れる内容にはなっています。
【特典】
特典はSD画質で映像付き解説の他、HD画質で製作スタッフなどのインタビュー、メイキング、US公式サイトコンテンツ、予告など、SD画質で未公開シーンと中々。
ホログラム・メモリーゲームは神経衰弱ゲームになっており、クリアするとHD画質のボーナス映像が見れる仕組みになっています。
【総評】
画質/音質は悪くはないものの、もっといい仕様で出せただけに大変残念な作品です。
悪い意味でワーナーらしい仕様になってしまっています。
ファンや興味がある人なら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ】
原題:STAR WARS: THE CLONE WARS
監督:デイヴ・フィローニ
出演:マット・ランター(声)、ジェームズ・アーノルド・テイラー(声)
製作年:2008年
発売日:2008/12/17
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
clonewars4.jpg

clonewars5.jpg

clonewars6.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2009/01/16 00:16 ] さ行 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/10 10:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/280-c7d0814d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。