スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイデンティティー 

アイデンティティー

▼ジャケット表
identity1.jpg

▼ジャケット裏
identity2.jpg

▼盤面
identity3.jpg

▼仕様
・時間:約90分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
連続する猟奇殺人。
この結末は脳内を破壊する…。
恐怖と謎が連鎖する驚愕のサイコ・スリラー。
嵐により一軒のモーテルに閉じ込められた11人。
極限の状況下、一人、また一人と惨殺され始める。
残された誰もが疑心暗鬼になる中、彼らにある共通点があったことが判明する。
一方、時を同じくして死刑を直前に控えた猟奇殺人鬼の再審理が行われていた。
その彼にも同じ共通点が…。
二つの事件が一つに繋がった時、想像を絶する衝撃のラストが待っていた!

▼感想
サスペンス調のサイコスリラー。
映像は相当綺麗です。
グレインは控えめでノイズがかっていないのもよい。
暗いシーンの多い作品ながら黒が実によく綺麗に出ています。
これだけ綺麗な映像なら大満足。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
この綺麗さはMPEG-4 AVC圧縮というのも一因なのかな。
音も迫力、広がり共にいい感じ。
リニアPCMで収録しているのがいいです。
効果音、BGM、共に迫力がありますし、ストレートに響く音になっている。
映画の面白さを倍増させてくれています。
ストーリーはサスペンス調なスリル映画になっています。
ネタバレしてしまいますので多くは書けませんが、終止ストーリーは起伏がある。
最初はどうなるんだろうという期待、中盤で謎が繋がってくる。
だれる事がなく繋がっているのは中々よい。
ただ、致命的だったのが、途中でエンディングの予測が付いてしまった事。
これは人それぞれだと思いますが、自分としては「やっぱり」という気になってしまいました。
この予測が付くか付かないかで最後の印象がガラッと変わると思います。
タイトルであるアイデンティティーという言葉がぴったりの映画ではあります。
特典は未公開シーンなどを含めてそこそこ満足でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【アイデンティティー】
原題:IDENTITY
監督:ジェームズ・マンゴールド
主演:ジョン・キューザック
製作年:2003年
発売日:2007/04/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/05/01 08:12 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/24-66d48d80












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。