スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イノセンス アブソリュート・エディション 

イノセンス アブソリュート・エディション

▼ジャケット表
innocenceabsolute11.jpg

▼ジャケット裏
innocenceabsolute12.jpg

▼盤面
innocenceabsolute13.jpg

▼仕様
・時間:約99分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEX/日本語
・音声④:DTS-ES/6.1chサラウンド/日本語
・字幕①:劇場公開時字幕
・字幕②:日本語字幕
・字幕③:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
「イノセンス」は、進化する。
鬼才・押井守監督が手掛け、現代を生きるすべての人たちに問う衝撃の問題作として世界中で高い評価を得た「イノセンス」。
ブルーレイディスクの更なる可能性を極限まで追求し、驚異的な高品位の映像美と臨場感溢れる圧倒的な音声を備えた究極のハイクオリティ!
西暦2032年、人とサイボーグ、ロボットが共存する近未来。
愛玩用アンドロイドが暴走を起し、所有者を惨殺する連続事件が発生。
政府直属の機関・公安九課の刑事バトーが捜査に着任するが、"謎のハッカー"による妨害がその行く手を妨げる。
事件の真相を追い求めるバトーが最後に見たものとは…。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインのかかった映像になっています。
暗いシーンでは少しノイジーに感じる事があるものの全体を通すと良好。
デジタルらしさのある映像ながらフィルムライクな味付けをバランスよく入れています。
輪郭も綺麗に出ており、時折ぼやける箇所を除いて細かい箇所も見事に再現しております。
情報量の大変多い作品なのでそれが再現できているのは見事。
暗部シーンも丁寧に再現されていて美しい。
旧版との違いは動画圧縮規格がMPEG-2からMPEG-4 AVCに変わった事。
マスター自体は同じものを使っているようです。
元々、旧版の映像クオリティも大変高かったため、違いに気付くのが困難です。
並べてみて凝視しても違いに気付くか分からないような差。
よく見てみるとフィルムグレインの乗り方が若干違ったりしているのですが、ほとんど変わりません。
自分は映像だけ見てどちらかと言われても分からないと思います。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
旧版との差という意味ではほとんどありませんが、元々大変綺麗な出来なのでかなり満足できる映像美を堪能できる。
【音質】
音はかなりいいです。
重低音はしっかりと響き厚みのある音。
そしてとにかく驚嘆するのは高音。
大変伸びがよく綺麗に出ていてクリアなサウンドになっております。
サラウンド感も十分感じる事ができる。
セリフ部分は少し聞き取りにくさがあるものの、調節をするとクリアで満足なレベルに。
旧版との違いですが、生のLPCMがドルビーTrueHDとDTS-HD Master Audioというロスレスサウンドになった事。
7.1chから6.1chになった事。
概念としてはロスレスなので同じ音質のはずですが、聞いてみると違いがあります。
違いの分からなかった画質面と比べて、音質の違いはそれとなしに気付く事ができる。
正直好みによるかと思います。
サラウンド感については、7.1chから6.1chと減ってしまいましたが、6.1chのほうが自分の環境ではよく聞こえました。
音の位置が定まって綺麗に臨場感ある音が出てくれる。
音の移行がスムーズになった気がします。
ただ、旧版の音質もとても素晴らしいものでしたので、はっきりとした違いはありません。
環境による微妙な違いと好みによると思います。
【物語】
内容は攻殻機動隊の続編にあたるもの。
相変わらず難解なストーリーです。
難しい単語や格言などの羅列で押井節満載。
また前作を観ていないとついていけない箇所も多いです。
攻殻機動隊の各シリーズを見てきたので以前よりは流れや単語が分かるようになりましたが、それでも全ては理解できていません。
ただ観る程に理解力が高まり作品のテーマは見えてくる。
そして映像美やサウンドはとても素晴らしく不思議な空間へ連れ去ってくれる。
間違いなく人を選ぶ作品だと思います。
【特典】
特典は旧版に入っていたイノセンス関連の特典がバッサリと省かれ、HD画質で押井守監督の最新作、スカイ・クロラの鼎談や予告映像が入っています。
さらに初回特典としてジャケットが通常のBDパッケージではなく、メタルケースになっています。
【総評】
内容云々は抜きにして、画質/音質は素晴らしいものがありますので、旧版を持ってない方はリファレンスディスクとして是非。
ただ、旧版を持っている人が買い替える価値があるかと言われれば、正直差はほとんどありませんので、よほどの作品のファンか、特典やメタルケースに魅力を感じた場合のみ買うといいかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【イノセンス アブソリュート・エディション】
原題:INNOCENCE/Ghost in the Shell 2 : Innocence
監督:押井守
出演:大塚明夫(声)、田中敦子(声)、山寺宏一(声)
製作年:2004年
発売日:2008/08/06
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
innocenceabsolute14.jpg

innocenceabsolute15.jpg

innocenceabsolute16.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/08/08 21:31 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/212-e7b5a498












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。