スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォーン・ブース 

フォーン・ブース

▼ジャケット表
phonebooth1.jpg

▼ジャケット裏
phonebooth2.jpg

▼盤面
phonebooth3.jpg

▼仕様
・時間:81分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
電話を切れば、殺される!
全米No.1ヒットに輝くリアルタイム=ノン・ストップ・サスペンス!!
すべてはN.Y.ブロードウェイの電話ボックスから始まった。
口先だけのメディア・コンサルタントのスチュは、コ-ル音が鳴り響く電話ポックスの電話を思わず取る。
その相手は「電話を切ったらお前の命はない」と告げ、スチュの胸には赤外線の標的マーク。
犯人の狙いは何か!?
人気絶好調のコリン・ファレル主演、新感覚"シチュエーション・スリラー"。
電話主の声は、あの「24 -Twenty Four-」のキーファ・サザーランド。

▼感想
コリン・ファレル主演のシチュエーションスリラー。
映像は中々綺麗。
グレインも控えめでノイズもあまりなく綺麗に映っています。
動より静が多く表情で語りかけてくる面もある映画なので、綺麗な画質は映えます。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
音も迫力、広がり共にいい感じ。
効果音よりもセリフで聞かせる映画なのでロスレスな音声は嬉しい。
対応機種が欲しくなります。
ストーリーは正にシチュエーションスリラーという言葉がぴったり。
電話ボックスという至って限られた空間内での出来事にも関わらず、引き込みがすごい。
これは役者の演技力、さらには秀逸なストーリーがあってこそでしょう。
表情とセリフでこれだけ語る事ができるのは素晴らしい。
かなり安価な制作費だとは思うのですが、これだけの映画に仕上がるのは感嘆です。
ストーリーも一部を除いて予測付きませんでしたし、楽しく観る事ができました。
何より81分という通常の映画より短めな時間がいいですね。
最後まで引き込ませてくれて退屈しない、気がついたらあっという間にエンディング。
この映画にベストと思えるこの時間にうまくまとめ上げたと思いました。
特典は音声解説と予告のみで寂しい印象があります。
そこだけ残念。
まぁ、制作費のかかっていない映画でしょうから仕方がないのでしょうか。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【フォーン・ブース】
原題:PHONE BOOTH
監督:ジョエル・シューマカー
主演:コリン・ファレル
製作年:2002年
発売日:2007/04/20
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/04/24 06:02 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/21-7802e24a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。