スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時をかける少女 

時をかける少女

▼スリーブ表
tokikake11.jpg

▼スリーブ裏
tokikake12.jpg

▼ジャケット表
tokikake13.jpg

▼ジャケット裏
tokikake14.jpg

▼盤面
tokikake15.jpg

▼仕様
・時間:約98分(本編)/約20分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
忘れないよ。
だから、忘れないでね。
国内外で数々の賞を受賞したあの名作が、ハイビジョンクオリティで、早くも登場!!
17才、タイムリープ覚えたて。
高校2年生の紺野真琴は、あるきっかけから過去に遡ってやり直せる力、『タイムリープ能力』を持ってしまった。
ひとたちその使い方を覚えると、何の躊躇も無く日常の些細な不満や欲望に費やしてしまう。
大好きななものはいくらでも食べられる、いやなトラブルも即解決!
バラ色の日々…のはずだったのだが、親友の間宮千昭から思わぬ告白を受け動揺してしまった真琴は、タイムリープを使ってその告白を無かった事にしてしまう。
時の流れに落とされた小さな波紋。
やがてそれがとんでもない事件を招く事になってしまった…。
あの夏の日差しと青空が再び甦る。
2006年7月15日の公開から2年…。
劇場用アニメーション「時をかける少女」がBlu-rayとして登場。
HDマスターの高画質&高音質によって従来のDVDでは再現出来なかった劇場での感動が再び甦る。
映像は1920×1080pの出力によって高解像度を実現!
転送レートは35Mbpsという高レート(従来のDVDは約7Mbps)で収録することにより、最高の画質を提供。
音声トラックには損失無しに原音を復元可能な、可逆圧縮フォーマットを採用!
さらにDolby TrueHD 5.1ch・DTS-HD Master Audio両対応のマルチ音声仕様。
細田守監督自らミックスダウンした2chステレオも非圧縮で同時収録。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
さすがに精細で全てが忠実に再現できています。
元々描き込み量の多い作品ではありませんが、とても綺麗に出ている。
ノイズなどは皆無でさっぱりとしたクリアな映像。
透明感のある作品の雰囲気を素直に伝えてくれます。
動きのあるシーンでも破綻する事がなく丁寧に出ている。
ただ、気になったのは全体的に感じるシャープさの甘さ。
ソフトフォーカスをかけたようなちょっとぼんやりとした画質になっています。
ただこれはソース自体がそうですし意図的な処理の可能性が高いので、忠実に再現していると言えるのではないでしょうか。
個人的にはもう少しキリッと解像度を感じる映像が好きなのですが仕方ありません。
他のBDアニメと比べると十分綺麗な画質だと思います。
再現性を抜きに純粋な画質として評価するなら★4~5くらいに感じました。
ソフトフォーカスをかけたような映像については好みによると思いますが、ソースに忠実で高ビットレートによる丁寧なエンコードだと思います。
再現性なら文句なしの満点ではないでしょうか。
【音質】
音はかなりよいです。
重低音は控えめながらしっかりと厚みのある音。
高音はとてもよく出ていてよく伸びます。
透明感のあるサウンドが作品の雰囲気とマッチしておりとてもよい。
驚いたのがサラウンド。
この手の作品にはサラウンド感はあまり期待していなかったのですが、包み込むような臨場感溢れる音が出ています。
しっかりとどこに音が存在するのか伝わる音。
セリフ部分もクリアで聞き取りにくい箇所もあまりありません。
音質はとてもよく素晴らしかったです。
【物語】
内容は過去にTVドラマや映画化にもなった青春映画の劇場アニメ版です。
設定がしっかりしている作品ですので非常に伝わり易い。
時間を遡るという設定などから突っ込める箇所もありますが、そこに触れるのは野暮というもの。
キャラクターも実に生き生きとしていて躍動感のある作品。
テンポがとてもよく一気に進んでいきます。
メリハリのある展開で見ていて全く飽きる事がない。
笑える要素もあり、それでいて切なくなる所もあり。
SF要素のある正に青春といった躍動感溢れるアニメ。
うまくまとまった良質なアニメだと思いますし、自分は大変好みでした。
【特典】
特典は時かけ同窓会という名のオーディオコメンタリーの他、HD画質でアートギャラリー、SD画質で試写会舞台挨拶、予告、PV、TVCF集など。
オーディオコメンタリーは時かけ同窓会というもので作品のファンなら楽しめる作りになっています。
アートギャラリーはテーマ曲に乗ってスライドショー形式で流れるのでいい感じ。
さらに初回限定でスリーブケース仕様、さらに封入で第一号フィルムのフィルムがランダムで入っています。
自分のはラスト付近の夕方河原での会話シーンで満足。
【総評】
画質/音質はソースに忠実でいい出来ですし、内容も個人的には好みでしたのでとても満足できる一本でした。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【時をかける少女】
監督:細田守
出演:仲里依紗(声)、石田卓也(声)、板倉光隆(声)
製作年:2006年
発売日:2008/07/25
販売元:角川エンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
tokikake16.jpg

tokikake17.jpg

tokikake18.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/07/25 05:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/206-af827248












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。