スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

攻殻機動隊STAND ALONE COMPREX The Laughing Man (攻殻機動隊S.A.C. TRILOGY-BOX) 

攻殻機動隊STAND ALONE COMPREX The Laughing Man (攻殻機動隊S.A.C. TRILOGY-BOX)

▼ジャケット表
ghostintheshellsactbox05.jpg

▼ジャケット裏
ghostintheshellsactbox06.jpg

▼BOX表
ghostintheshellsactbox03.jpg

▼BOX裏
ghostintheshellsactbox04.jpg

▼BOX表(表紙)
ghostintheshellsactbox01.jpg

▼BOX裏(背表紙)
ghostintheshellsactbox02.jpg

▼盤面
ghostintheshellsactbox115.jpg

▼仕様
・時間:159分(本編)
・映像:1080i/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ネットの世界にダイブせよ!
公安9課の戦いが今、始まる!!
TVシリーズ全26話の主軸である"笑い男"事件を中心に、かつての熱血刑事ドラマの色合いをうかがわせ、サスペンスタッチの重厚なドラマとハイテンポで刺激的なアクションシーンとを上手くミックスした傑作刑事SFドラマ!
2024年におきた"セラノ・ゲノミクス社"社長アーネスト・瀬良野氏の誘拐に端を発するマイクロマシンメーカー社長誘拐身代金要求企業テロ事件、通称"笑い男事件"。
未解決のまま6年が過ぎていたある日、公安9課トグサの元に"笑い男事件"を負っている刑事山口から「すぐに会いたい」と連絡が入る。
が、その連絡後すぐに肝心の山口は事故死してしまう。
数日後、インターセプター不正疑惑に関する警察の会計中継中に"笑い男"からの犯行予告が入る…。
ふたたび姿なきハッカ="笑い男"が動き出す。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
グレインの類いはなくノイズ感はほとんどないTVアニメらしい画質。
気になるのが輪郭の甘さと画質のバラツキ。
一部シーンを除いて輪郭がぼけ、ぼんやりとした映像が多い。
まるでアプコンしたかのような画質です。
ソフトフォーカスを強くかけたようなはっきりしない映像が目に付きます。
動きの激しいシーンや暗い箇所で破綻する事はなく、再現性は十分。
ソース自体の問題なのか、全体的にハイビジョンらしさを感じる事はできない画質です。
他のBDアニメと比べると並~少し下。
正直物足りなさが残る画質ですし、映像が破綻しないというメリット以外はアプコンと大差ないのではないでしょうか。
【音質】
音は中々よいです。
重低音は厚みのあるしっかり響く音。
うるさく感じるくらいよく出ている。
高音の伸びもいいですし広がりもある。
サラウンド感は基本的には弱いものの、アクションシーンなどではよく感じるような作りになっています。
セリフ部分は他の音と重なってしまい少し聞き取りにくい箇所もありますが、概ね良好。
TVアニメのサウンドにしては十分満足できる音質です。
【物語】
内容は攻殻機動隊のTVアニメシリーズ。
TVアニメシリーズ第1期を編集したものだそうです。
自分はTVアニメシリーズを未見ですが、問題なく楽しむ事ができました。
劇場版のような難解な箇所も少なく、丁寧にまとめられている印象です。
途中早足だなと感じる箇所もありますが、ついていけない事はなく構成はいいと思います。
シリアスな展開で進み、風刺の効いた色々なテーマが隠されている。
SF要素のある刑事ドラマ仕立てでテンポもよく楽しい。
アクションシーンの出来もいいですし、CGの融合や世界観も面白いです。
さすがに尺が長い作品ですが、それでもダレる事なく見る事ができました。
劇場版はあまり好みではないのですが、TVシリーズは好きかもしれません。
本編はもっと深く面白いんだろうなと感じる事ができる作り。
総集編ではなく本編のBD-BOX化にも期待です。
【特典】
特典についてはSolid State Societyの評価内書きたいと思いますので、この記事内では触れません。
【総評】
質や内容には関係ありませんが、ジャケット裏の音声表記がドルビーTreu HDとスペルミスしているのはどうした事か。
校正の段階で気付かなかったのでしょうか…。
画質は正直パッとしませんが、音質はいい出来ですので、作品のファンや未見の人の入門編としてアリかと思います。
※本来は特典を含め4枚組のBOXですが、各作品ごとに仕様/画質/音質などが違うため個別の評価とさせて頂きます。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【攻殻機動隊STAND ALONE COMPREX The Laughing Man】
監督:神山健治
出演:田中敦子(声)、大塚明夫(声)、山寺宏一(声)
製作年:2005年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
ghostintheshellsact1st01.jpg

ghostintheshellsact1st02.jpg

ghostintheshellsact1st03.jpg

※1080iでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/07/29 14:21 ] か行 | TB(0) | CM(5)

動画や静止画像データを版権元(出版会社・放送局・所属俳優事務所等)の許可無く勝手にサイトや日記に掲載する事は著作権違反や肖像権の侵害に当たります。
[ 2008/07/29 22:09 ] [ 編集 ]

JC様>
画質批評への引用の範囲内という認識で使用しております。
ですが権利者様からの要請があれば削除致します。
ご指摘ありがとうございました。
[ 2008/07/29 23:42 ] [ 編集 ]

権利者からの要請や個人の認識ではなく、既に違法行為となっていることを認識して下さい
作品のファンとして悲しいです
逮捕者も出たことからキャプサイトも削除傾向にあります
モラルを考えて欲しい
[ 2008/07/30 01:52 ] [ 編集 ]

ACCSのFAQがあります
研究、批評を中心にしているサイトでしっかり引用に準拠しているなら合法
ただグレーゾーンだと思います
批評ブログですし画質チェックのためにのせるのは必要最小限度ならアリかと
しっかり画質批評してくれてますし
とにかく親告権なのでJCさんがとやかく言う問題じゃないですね
[ 2008/07/30 05:41 ] [ 編集 ]

JC様>
画質評価に必要な引用として、暗部シーン、細かいシーンなどを掲載しております。
著作権侵害をする意図はありませんので、権利者様から見て画質評価への引用の範囲外と捉えられ、問題があるようでしたら、削除等の対応を早急に取るつもりでした。
権利者様の判断に委ねますのでご理解下さい。
ただし引用のつもりで使用している画像を第三者に二次使用や悪用される可能性もあるので配慮した上で公開します。
ご意見ありがとうございました。

通りすがり様>
画質を批評するのに画像の引用が最も分かり易いと思い掲載しましたが、著作権侵害をする意図はありませんので、引用として捉えて頂けないようでしたら削除致する予定でした。
ご意見ありがとうございました。

以降、権利関係についてはメールにてご連絡頂けるようお願い致します。
今後の参考とさせて頂きます。
[ 2008/07/30 06:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/205-e76baaca












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。