スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スプリガン 

スプリガン

▼ジャケット表
spriggan01.jpg

▼ジャケット裏
spriggan02.jpg

▼盤面
spriggan03.jpg

▼仕様
・時間:92分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
蘇るノアの方舟。
未来は戦士に託された。
大友克洋&川崎博嗣が描くSFアクション大作!
超古代文明の遺産を護るアーカム財団の特殊工作員「スプリガン」。
御神苗優は高校生にして、スプリガンのNo.1戦士だ。
"ノアがおまえの墓場だ"…。
不適なメッセージを受けてトルコの「ノアの方舟」発掘現場へと向かった彼の前に、米軍の極秘部隊「機械化小隊」が立ち塞がる。
部隊の一員である、超能力少年マクドガルは「ノアの方舟」の起動を試みようとしていた。
方舟に秘められた謎とは?
そしてスプリガンたちの激闘の行方は!?

▼感想
【画質】
映像はそこそこです。
フィルムグレインは効いており大雑把な粒状感のあるものになっております。
シーンによってのバラツキがあり、強い箇所ではうるさくノイジーに感じるかもしれません。
シャープさは弱く、全体的に甘め。
基本的には暗いシーンや動きの激しいシーンなどは一部を除いてよく再現されています。
ただ、時折ハッとする高画質があるものの、画質が安定せず、ガクッと落ちる箇所もあります。
ガクッと落ちる箇所はぼけぼけで動きがあるとノイズが入り破綻する始末。
その箇所はマスターの質があまりよくないのかもしれません。
画角はビスタサイズですが額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べると並~少し下。
再現性関係なく純粋な画質で考えるなら物足りなさが残る画質です。
【音質】
音は正直厳しいか。
音作りを根本的に間違えてしまった印象が強いです。
重低音は鳴りが大きく、時折浮くものの響きのあるいい音。
高音もよく出ていますし悪くありません。
サラウンド感も強いのですが、ここが大変ネック。
とにかく音のバランスが悪い。
空間を意識した作りで、人物が遠くにいると声も小さくなるといった作り。
これが極端すぎるためセリフ部分を聞き取る事が困難。
効果音などの音の鳴りが強い分、バランスが非常に悪く感じます。
他の音自体は悪くない分、このバランスの悪さが非常に残念。
この音だとセリフを聞き取るために字幕が必要ですが、字幕収録なしなのも難点。
【物語】
内容は漫画原作のSFアクションアニメ。
原作漫画は読んだ事がありますが、その1エピソードを映画化したものです。
設定は分かり易いので原作を読んだ事がなくてもすんなり入る事ができるはず。
見所はアクションシーン。
非常によく動くアクションで迫力があります。
話的には原作の中の1エピソードなのですが、一通り劇中内で区切りよく終わっています。
尺もそこまで長くありませんのでテンポよく見る事ができる。
キャラクターは漫画版とはデザインが違いアクが強くなっています。
自分は原作ファンという事もあり、普通に楽しむ事ができました。
【特典】
特典はHD画質で特報、予告、美術ボードとそこそこ。
封入のブックレットは中々出来がよく満足できます。
【総評】
画質/音質は正直パッとしませんので、作品のファン以外にはお薦めしにくいタイトルです。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【スプリガン】
原題:Spriggan
監督:川崎博嗣
出演:森久保祥太郎(声)、相ヶ瀬龍史(声)、城山堅(声)
製作年:1998年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
spriggan04.jpg

spriggan05.jpg

spriggan06.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/07/28 18:52 ] さ行 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/02/03 12:23 ] [ 編集 ]

ゆかりさん>
コメントありがとうございます。
やはり劇場でもバランス悪かったですか…。
原音自体の問題なのでしょうね。
音の質自体は悪くないと思うのですが、とにかくバランスが悪く聞き取れないセリフが多々ありました。
残念な出来だと思います。
また何かありましたらご意見などお待ちしております。
[ 2009/02/04 08:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/202-4b529cce












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。