スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイ,ロボット 

アイ,ロボット

▼ジャケット表
irobot1.jpg

▼ジャケット裏
irobot2.jpg

▼盤面
irobot3.jpg

▼仕様
・時間:115分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
驚愕の近未来アクション超大作!
"ロボット三原則"が破られたとき、未来は崩壊する!
2035年のシカゴ。ロボットたちは人間のサポート役として日常生活に欠かせない存在となっていた。
ある日、巨大企業U.S.ロボティックス社(U.S.R.)に勤務する現代ロボット工学の第一人者ラニング博士が謎の死を遂げる。
ロボットを毛嫌いするシカゴ市警のデル・スプーナー刑事は、博士が開発した次世代NS-5型ロボットの"サニー"に疑いの目を向ける。
スプーナー刑事は、U.S.R.のロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していくが、彼女は"ロボット三原則"を理由にロボットが人間へ危害を加えることは絶対あり得ないと主張する。
しかし、そこには人類の存亡がかかった恐ろしくも巨大な陰謀が潜んでいた…。
SF界の巨匠アイザック・アシモフの原典をモチーフに、スリリングかつ秀逸なストーリー展開と驚異のVFX映像が見事に合体した、大ヒットSFアクション超大作!

▼感想
【画質】
映像はなかなか綺麗です。
フィルムグレインはやや控えめ。
細かい粒子による処理なので目立たずすっきりした印象。
シャープさは引きのシーンでやや物足りなさを感じます。
アップのシーンの質感やシャープネスは大変よくいい出来。
動きのあるシーンは綺麗に再現されておりますしとてもよい。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
これくらいの画質でしたら普通に満足できるレベルです。
【音質】
音はとてもよい。
重低音は迫力がありズシッと響くサウンド。
高音も綺麗に通り広がりのある音になっております。
そしてサラウンド感がとてもよい。
ダイナミックで臨場感のあるサウンドになっております。
セリフ部分もクリアですし、全体を通してこの音質は大変満足。
【物語】
内容は近未来を描いたロボットが出て来るSFアクション。
設定的には難しい箇所もなくすんなりと入っていけます。
ストーリーの展開はありきたりな展開です。
ですので、テンポは悪くないのですが展開が読めてしまいやや平坦な印象を受けます。
CGを駆使した映像は違和感なく綺麗で近未来的。
アクションは迫力がありますがリアリティーは皆無なので違和感も。
展開的には王道ですので、SF娯楽アクション作品としてみればそこそこ楽しめる内容にはなっています。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングや未公開シーンなど。
イン-ムービー・フィーチャー機能といった本編再生中にそのシーンに関する特典を表示してくれる機能は中々楽しかったです。
【総評】
画質音質は満足できるレベルですので、内容の好みが合えばお薦めできる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【アイ,ロボット】
原題:I, ROBOT
監督:アレックス・プロヤス
主演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン
製作年:2004年
発売日:2008/05/30
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
irobot04.jpg

irobot05.jpg

irobot06.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/06/03 21:06 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/178-e86ae467












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。