スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニュー・シネマ・パラダイス 

ニュー・シネマ・パラダイス

▼ジャケット表
newcinema1.jpg

▼ジャケット裏
newcinema2.jpg

▼盤面
newcinema3.jpg

▼仕様
・時間:約123分
・映像:1080p/ビスタ(1.66:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/イタリア語
・音声②:ドルビーデジタル/1.0chモノラル/イタリア語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:イタリア語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
映画史上に燦然と輝く、感動映画の金字塔。
映画から夢が広がった。
大切なぼくの宝箱。
戦後間もないシチリアの小さな村。
この村の唯一の娯楽はパラダイス座という映画館。
少年トトも母親の目を盗んで映画館に通いつめていたが、彼の心を魅了したのはフィルムの宝庫である映写室と、それを操る映写技師のアルフレードだった。
頑固者のアルフレードは、映写室という聖域からトトを追い出そうとするが、やがてふたりの間に不思議な友情が芽生えていく…。
映画館をとりまく人生模様をユーモラスかつノスタルジックに描き、映画への溢れんばかりの愛を綴った感動映画の傑作。

▼感想
【画質】
映像はそこそこの印象。
大変古い作品ですのである程度は仕方ないでしょうか。
フィルムグレインはほどよい感じでノイジーにうるさく感じる事もありませんし、丁寧に処理されております。
シャープさは甘めで引きのシーンの輪郭の甘さは目に付く。
暗部シーンでは頑張っておりますが少し厳しく感じる箇所もあります。
フィルムの傷、ゴミと思わしき箇所もいくつか見受けられます。
作品の製作年を考えればかなり頑張っている画質かと思いますが、相対的に他のBD作品と比べると並~やや落ちる感じです。
【音質】
音は正直厳しい。
元の音源が厳しいようなので仕方ないのかも。
モノラルらしさのあるチープな音です。
とにかく高音の伸びが悪く詰まり気味に。
美しいサウンドですが、これ以上はどうしようもないのかな。
再現性は文句ないのでしょうが、相対的な音としては物足りません。
【物語】
内容はノスタルジックな愛を描いた作品。
劇場版と完全版がありますが、こちらは劇場版です。
完全版も収録して欲しかったところ。
出来としては劇場版のほうがまとまっていて好きです。
何度も観た作品ですが、どうしても世間のような絶賛の評価を付けれないのです。
ずっと都会育ちという事もあるのか、作品のノスタルジーな哀愁という感覚についていけないのです。
もっと歳を取ったら印象も変わるのでしょうか。
合わない人には退屈に感じる映画だとは思います。
愛をテーマにして一つ一つの言葉の重みは染みてきます。
またラストシーンの演出、演技はとても印象的で心に残ります。
一般的にはとても高評価な作品ですので、自分が変わっているだけかと思います。
【特典】
特典は一切ありません。
【総評】
画質音質は作品の年代を考えると仕方がないものの、劇場版のみの収録だったり日本語吹替えや英語字幕、特典がなかったりと、作品好きでも物足りなさが残りそうな仕様でした。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★☆☆☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【ニュー・シネマ・パラダイス】
原題:NUOVO CINEMA PARADISO/CINEMA PARADISO
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン
製作年:1989年
発売日:2008/01/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
newcinema4.jpg

newcinema5.jpg

newcinema6.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/05/04 00:48 ] な行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/159-5d0d0766












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。