スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手紙 

手紙

▼ジャケット表
tegami1.jpg

▼ジャケット裏
tegami2.jpg

▼盤面
tegami3.jpg

▼仕様
・時間:114分(本編)+予告編
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/2.0chステレオ/日本語
・音声②:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
人は、ひとりでは生きていけない…。
希望を失ったすべての人々に贈る、魂の人間賛歌!
兄が人を殺した。
夢も恋人も全てなくした、兄のせいで…。
川崎のリサイクル工場で働く青年、武島直貴(山田孝之)。
誰とも打ち解けることなく、人目を避けて生きる彼にはある秘密があった。
兄・剛志(玉山鉄二)が、弟を大学に行かせるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。
数度にわたる引越しと転職。
掴みかけたのに鼻先をすり抜けた、お笑い芸人になる夢。
はじめて愛した女性との痛切な別離…。
耐え切れず自暴自棄になる彼を、深い絶望の底から救ったのは、 常に現実から目をそらさず、陽の当たる場所へと導いてくれた由美子(沢尻エリカ)の存在だった。
しかし、彼女とのささやかな幸せが再び脅かされるようになった時、彼は決意する。
…塀の中から届き続ける、この忌まわしい「手紙」という鎖を断ち切ってしまおうと。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに入っていてザラ付きを感じるレベルです。
よく言えばフィルムライク、悪く言えばノイジーでしょうか。
個人的には質感は好みで悪くありません。
シャープさはやや弱く引きのシーンでは輪郭の甘さを感じます。
ソフトフォーカスをかけたような邦画独特な質感です。
再現性という意味では恐らく文句なしかと思うのですが、ソース自体の問題でしょうか。
演出の箇所を除いても、ソースの画質が元々そこまでよくないようで、所々に物足りなさが残ります。
他のBD作品と比べると綺麗な部類かと思います。
【音質】
音はとりたてて強い印象はありません。
ステレオサウンドとの事で当然サラウンドはありません。
前から突き抜ける音。
広がりもありませんし、物足りなさがあります。
よかったなと思うのが、邦画としては珍しくセリフが聞き取り易い事。
音とセリフがしっかり分けて聞こえるので、聞き取れないというシーンはほとんどありません。
こちらも再現性は文句なしでしょうが、元々のソースが物足りないようです。
【物語】
ストーリーは殺人加害者の弟という立場の主人公を描いた重たい話。
話の内容からして重たさと暗さがあります。
シリアスな展開で続いていきます。
罪の重さとは何なのか、繋がりとはなんなのか。
色々と考えさせられる映画です。
テンポはよく淡々と進みながらも起伏があり飽きる事がない。
終盤の追込みは涙なしでは見れませんでした。
しかし、ラストシーンでの玉山鉄二の演技はすごいですね。
重たいテーマの話ですが、見た後に余韻が残る、そんな映画でした。
【特典】
特典はキャスト紹介の他、SD画質で予告などと寂しいかな。
【総評】
画質/音質は元々のソースが物足りないため印象が弱いものの、内容には大変満足です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★★☆☆☆
・総:★★★★☆


▼Amazon


【手紙】
監督:生野慈朗
出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ
製作年:2006年
発売日:2008/03/21
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
tegami4.jpg

tegami5.jpg

tegami6.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/03/25 00:04 ] た行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/156-b2f8b7bf












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。