スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーメン666 

オーメン666

▼ジャケット表
omen1.jpg

▼ジャケット裏
omen2.jpg

▼盤面
omen3.jpg

▼仕様
・時間:110分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
6月6日6時の産声。
それは、災いの兆し…。
6月6日午前6時…。
息子を死産で失った若き外交官ロバート・ソーンは、病院の神父の勧めで同じ日に生まれ親を亡くしたという赤ん坊を引き取る。
その子の名はダミアン。
やがて、ダミアンの周りでは次々と不吉な殺人事件が起こり始めた。
彼こそが人類を滅亡に導くという悪魔の子だったのだ…。
「エネミー・ライン」のジョン・ムーア監督が、ホラー映画の金字塔「オーメン」を完全リメイクしたヒット作!!

▼感想
往年の名ホラー映画、オーメンをジョン・ムーアがリメイクした作品。
映像は中々綺麗です。
グレインはかかっていてややノイズを感じられますがこういう映画には合っています。
暗いコントラストな映像も綺麗ですし雰囲気もよい。
他のBD作品と比べても中々綺麗な部類に入ります。
音はかなり迫力があります。
音声や効果音なども綺麗かつ迫力あるように再現できています。
ストーリーは恐怖のあるホラーではなく、驚き重視のホラーですね。
急に音を鳴らしたりドンと何かが出現したりといった、驚かすための演出がメインです。
原作と比べて心理描写や恐怖という面では完成度が低い。
ですので恐さというのはあまりありません。
死という演出がリアルに描けているのはよかった。
途中で結末の予想が付いてしまったのは残念。
現代風にリメイクしていてストーリーの繋がりや時代背景については悪くないです。
初めてオーメンを見る人は中々楽しめそうです。
自分としてはイマイチ面白味に欠ける印象でした。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【オーメン666】
原題:THE OMEN
監督:ジョン・ムーア
主演:リーヴ・シュレイバー
製作年:2006年
発売日:2006/11/10
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/04/15 00:27 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/13-440b0fdc












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。