スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バベル 

バベル

▼ジャケット表
babel1.jpg

▼ジャケット裏
babel2.jpg

▼盤面
babel3.jpg

▼仕様
・時間:143分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語字幕(劇場公開版)
・字幕③:日本語音声字幕
・字幕④:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
それは、一発の銃弾から始まった…。
事件は、モロッコから、東京…。
そして、メキシコへ…。
はじまりはモロッコ。
夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。
二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。
言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。
一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ってテロリストと断定したモロッコ警察たちの捜査が始まる…。
銃の持ち主を迫ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊池凛子)と二人きりで暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。
彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた…。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。
刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた…。
一発の銃弾が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。
途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する…。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに処理されています。
シーンによって強さは違うものの、全体的にかなり強く感じる。
とてもフィルムライクな質感ながら、ノイジーに感じる箇所が多いかも。
これは好みによるかと思いますが、個人的には汚いと感じるくらいうるさい箇所がいくつかあり気になりました。
シャープさはよく輪郭が丁寧に出ています。
細かい箇所でもよく出ているのですが、グレインの多さも相俟って硬い質感になっています。
暗部シーンはグレインの多さに目を瞑れば悪くなく丁寧に出ている。
とにかく全体の雰囲気としては、硬い映像というのがしっくりくるような硬質な質感。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではないでしょうか。
自分には合いませんでしたが、フィルムグレインの多さが気にならないようでしたら、かなり綺麗に感じるとは思います。
【音質】
音はよい。
重低音はあまり多用しておりませんがしっかりと響く音。
時折鳴る音の存在感がすごく芯に響いてきます。
高音もよく出ており通る音になっています。
サラウンド感はシーンによって違いますが、音がよく鳴る箇所では臨場感たっぷり。
ドラマ調の箇所でも音の位置がしっかりしていて好印象。
セリフ部分もクリアで聞き取り易いですし、音質面での不満はありません。
【物語】
内容は様々な国を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマ。
様々な国の人が一つの事件を境に絡み合っていくといった内容なのですが、これがどうもしっくりこない。
無理矢理結びつけたような展開が多いです。
特に日本を舞台にした箇所。
日本はなくても成立してしまう繋がりになっています。
日本興行向けにわざわざ入れたのではないかと疑ってしまう程。
時系列もズレて進行していくのですが意外性もない。
ころころと舞台が変わる割にはテンポもイマイチで長時間視聴が苦痛でした。
全てが中途半端に展開していき、最後まで中途半端に投げ出してしまう。
色々と人物や物語が複雑に絡み合ってくると思っていただけに拍子抜けです。
孤独や意思疎通など根底となる箇所は分かりますが、結果的に観客に想像を委ねるような作品になっています。
話題になった日本人女優にしても脱いだだけ。
かなり好みの別れる作品だと思いますし好みの方もいるのかもしれませんが、自分には全く合わなく最後まで視聴するのが苦痛でした。
【特典】
特典はHD画質で特報や予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は中々よいですので、役者や内容が好みなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★☆☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【バベル】
原題:BABEL
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット
製作年:2006年
発売日:2007/11/02
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
babel4.jpg

babel5.jpg

babel6.jpg

※1080pでキャプチャした画像をJPEG(品質90%)圧縮したものです。
※本来収録されている画質より劣りますので参考程度として下さい。
※画質批評への引用&画質チェック目的の画像です。
※その他目的での使用は絶対にお辞め下さい。
※権利者様からの要請があった場合は削除致します。
[ 2008/08/18 01:36 ] は行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blurayblog.blog79.fc2.com/tb.php/104-95752df7












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。