スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AKIRA 

AKIRA

▼スリーブ表
akira1.jpg

▼スリーブ裏
akira2.jpg

▼ジャケット表
akira3.jpg

▼ジャケット裏
akira4.jpg

▼ブックレット
akira5.jpg

▼盤面
akira6.jpg

▼仕様
・時間:124分(本編)/5分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド(192kHz/24bit)/日本語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大友克洋が世界を揺るがした"AKIRA"がBlu-ray Discでついに登場!!
Blu-ray Disc化にあたりHDニューテレシネを実施!
日本語ドルビーTrueHD5.1ch音声を192kHz 24bitで収録!
1988年7月、大三次世界大戦勃発。
そして、2019年、メガロポリス東京…。
健康優良不良少年グループのリーダー・金田は、荒廃したこの都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していた。
ある夜、仲間の鉄雄は暴走中、奇怪な実験体の少年と遭遇し、転倒負傷。
呆然とする金田たちの前で、彼らは軍の研究所へと連れ去られてしまう。
鉄雄救出のために研究所へ潜入を試みる金田。
だが、彼はそこで、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した、狂気の鉄雄を見る…。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗。
古めの作品ですが、まずは相対的な評価を。
フィルムグレインは強めに処理されております。
シーンによってかなり差がありますのでバラツキを感じる。
かなりノイジーでうるさい箇所もあれば、程よくフィルムライクな質感を楽しめる箇所もある。
個人的にはもう少し抑えてもらったほうが好みだったかも。
とは言え、フィルムライクな粒状感のあるAKIRAが再現されているのは嬉しい。
シャープさはまずまず。
セル画特有の力強い輪郭線がしっかり再現されています。
細かい箇所も丁寧に映し出されて良好。
時折ピントが甘くなるバラツキがありますが仕様なので仕方ありません。
暗部の諧調も悪くありません。
前述の通りグレインが強いですので、特に暗部シーンではうるさく感じる事が多いですが、汚いという訳ではない。
色が潰れている訳でもありませんし諧調は悪くないと思います。
暗いシーンの多い作品ですが、発色がよいので明るいシーンでハッとさせられる。
色が綺麗に出ている印象です。
スピード感あるシーンやゴチャゴチャと色が混じるシーンもしっかり再現できており良好。
フィルムの汚れや傷はまだまだ目立ちます。
取り除きや修復作業が行われたようですが、それでも時折チラつく。
とは言え、過去のDVD版などと比べたら雲泥の差ですし、そこまで気になる事もないかと思います。
なお、上下左右に僅かにですが黒枠があり額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べるとそこそこ綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
相対的に見ても★3~4は付けれると思いますが、フィルム特有の映像が苦手な場合は少し評価が落ちるかもしれません。
例えば、同じく大友監督のMEMORIESのBD版などと比較すれば明らかに画質は向上しています。
相対的に評価してしまいますと古い作品という事で少し辛くなってしまいますが、再現性はとてもよい。
今まで見ていたAKIRAはなんだったのかと思える程、現状においては最高品質のAKIRAを楽しめる画質にはなっています。
特にDVD版の画質があまりよくなかっただけに嬉しい。
【音質】
音は素晴らしい。
注意しなくてはいけないのが、この作品の売りの1つであるドルビーTrueHD(192kHz/24bit)収録。
先進的な音を収録しているのですが、それ故に受ける側の機器を選んでしまいます。
自分の環境でも同様で、アンプ側がいつも使用しているシネマDSPを使用した設定だと192kHzで受けてくれない。
ピュアダイレクトモードにする事で本来の192kHz/24bitサウンドを視聴可能になったのですが、そうすると今度は音場調整をやり直さなければならず、視聴するまでの設定に時間を費やしました。
重低音はしっかりとした芯に残る音。
鳴りが強いという訳ではありませんが、厚みのある音がよく出ていて心地よく物足りなさも感じない。
高音も綺麗で丁寧に出ている。
驚くのが音一つ一つの音がリアルな音なのです。
音がしっかり分離されておりその音が押し寄せてくる。
ですのでサラウンド感も素晴らしい。
バイクのエンジン音や爆発音など迫力ある音が満載ですが、個人的に驚いたのは芸能山城組の音楽が鳴るシーン。
素晴らしい音を体感する事ができます。
とにかく音の位置が正確で臨場感たっぷりなのです。
セリフ部分もクリアで良好。
メインのセリフだけでなく、ざわざわとした周りの声までしっかり分離されて聞こえるのは素直に驚きます。
明らかに今までの音とは一線を画す音質となっております。
正直、音ってオカルト部分が多い気もするのですが、AKIRAのサウンドははっきり違いが分かる。
明らかに音の情報量が違い、音がクリアで衝撃的。
環境を整えるのに大変だったり、正確に視聴するための設定も大変だったりしますが、是非ドルビーTrueHD(192kHz/24bit)の音を体感してもらいたい音になっています。
【物語】
内容は大友克洋原作/監督の劇場アニメ。
近未来を描いたSFアニメで、その設定の細かさは素晴らしい。
公開当時の衝撃もさる事ながら、今見ても全く古く感じない。
自分は漫画の原作が大好きなので、ストーリー的には原作とかなり変わってしまっている劇場版ですが、これはこれで良いと思います。
何よりこの世界観を余す事なく再現した映像が見事。
冒頭から一気に引き込まれるのはこの映像があってこそ。
そしてうねうねと滑らかに動くアニメーション。
疾走感のある動きに個性溢れるキャラクター。
クセのある作品ですし合わない方もいるかと思いますが、自分にとってはたまらないアニメ。
一度だけでは分からない、見れば見る程病み付きになる、そんな作品です。
【特典】
特典はHD画質で特報、TVスポット、予告、絵コンテと中々。
特にDVD版では非常に見づらかった静止画の絵コンテがHD画質で収録されているのは嬉しい。
どうせならDVD版の特典を全て収録して欲しかったのですが欲張り過ぎでしょうか…。
スリーブ内に封入されているブックレットの出来はよく読み応えがあります。
【総評】
画質/音質はよい出来になっております。
特に音質は、今までの音とは次元の違った素晴らしいものになっている。
再生環境など敷居の高さはありますが、是非視聴してもらいたい作品です。
ファンの方なら間違いなく必携な一本。
満足できる事間違いなしだと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【AKIRA】
原題:AKIRA
監督:大友克洋
出演:岩田光央(声)、佐々木望(声)、小山茉美(声)
製作年:1988年
発売日:2009/02/20
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
スポンサーサイト
[ 2009/02/20 16:47 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

善き人のためのソナタ 

善き人のためのソナタ

▼ジャケット表
daslebenderanderen1.jpg

▼ジャケット裏
daslebenderanderen2.jpg

▼盤面
daslebenderanderen3.jpg

▼仕様
・時間:約138分
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/ドイツ語
・音声②:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
この曲を本気で聴いた者は悪人になれない。
全世界が驚愕し、涙した最高傑作!
1984年、東西冷戦下の東ベルリン。
壁の向こうで、何が起こっていたのか?
反体制を取り締まる国家保安局"シュタージ"絶対的な権力の下で、プライベートは存在しない。
ようやく明かされた"監視国家"の真実…。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒子が適度に点在しています。
正にフィルムライクな質感といったとてもいい案配。
乱れる事なく安定して処理されており好みです。
シャープさはまずまず。
引きのシーンでは少し弱くなりますがぼけるといった事はなく悪くありません。
アップのシーンの質感はよく素晴らしい。
暗部シーンの諧調もよく黒が綺麗に出ております。
気になったのはフィルムの小傷。
新しめの作品なはずですが、時折フィルムの傷がチラチラと目に付きます。
頻繁に出る訳ではなく稀に出る程度ではありますが、全体的にいい映像なだけに、この小傷は残念。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入ると思います。
小傷が目立たなければ★4~5くらいの評価にしたかったのですが、個人的には気になってしまったので★4評価としています。
【音質】
音はかなりよいです。
ヒューマンドラマという事で音質的には地味な音を想像していたのですが、良い意味で裏切ってくれました。
重低音は重みを感じる音。
しっかりとした低音がBGMを盛り上げます。
高音はとてもクリアで綺麗。
この高音は特筆すべきものがある。
すっきりとした綺麗な音が伸びているので音に広がりを感じます。
サラウンド感もまずまず。
基本はヒューマンドラマながら、空間を感じさせる音作りになっていて臨場感があります。
音全体が綺麗なのでピアノを始めとした音色を聞くとハッとできる。
セリフ部分もクリアで聞き取り易く良好。
決して迫力のある音ではありませんし地味な音作りではありますが、音一つ一つがとてもクリアで美しい。
この音質は満足できる素晴らしい音だと思います。
【物語】
内容は東西冷戦下の東ドイツを舞台にしたヒューマンドラマ。
シュタージの監視下に置かれた当時の東ドイツをリアルに描いている。
それ故に、暗く重たい内容になっております。
静かに静かに淡々と進んでいくストーリー。
しかしテンポがよく早すぎも遅すぎもしないよい案配で引き込まれていきます。
この静かな流れにアクセントを付けるBGMがとても効果的で○。
どういった選択をするのか、どうなっていくのか色々と考えてしまう。
そして余韻を残す静かなラスト。
あっという間の138分でした。
寡黙な主人公の僅かな変化を演技で表現したウルリッヒ・ミューエの演技は素晴らしい。
率直に言うと、暗く静かな作品ですので人を選ぶ作品かもしれません。
ですが、個人的には心の中にしっかりと残る傑作でした。
【特典】
特典はSD画質でメイキング、インタビュー、撮影風景、シュタージが使用した道具、予告とそこそこ。
特典の量はそこそこ満足できますが、全てSD画質での収録には少し不満あり。
素晴らしい作品なだけに特典もHD画質で欲しかった。
【総評】
画質/音質は十分満足できるレベルにあると思います。
特に音質は静かな音ながら存在感があり大変よいものです。
個人的には内容も心に残る作品でしたし満足できました。
内容に少しでも興味がある方には是非お薦めしたい一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【善き人のためのソナタ】
原題:DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ
製作年:2006年
発売日:2008/11/26
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/15 17:09 ] や行 | TB(0) | CM(2)

イーグル・アイ 

イーグル・アイ

▼ジャケット表
eagleeye1.jpg

▼ジャケット裏
eagleeye2.jpg

▼盤面
eagleeye3.jpg

▼仕様
・時間:117分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大ヒット ノンストップ・サスペンス・アクション超大作!
それは、全てを見ている。
しかし、その姿は決して見えない。
製作総指揮スティーブン・スピルバーグが放つ、究極のノンストップ・サスペンス・アクション超大作。
謎の女からかかってきた1本の電話で、平凡な生活から一転、ジェリー(『ドランスフォーマー』シャイア・ラブーフ)とレイチェル(『M;i:III』ミシェル・モナハン)は巨大な陰謀に巻き込まれていく。
一時も休む間もなく繰り出される命令、執拗なFBIの追跡と次第に明らかになっていく衝撃の事実。
…生き延びるには、従うしかない。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインはやや強めです。
かなり細かい粒状感のあるグレインになっています。
このグレインの量は視聴環境によって評価が別れるかも。
個人的には少しうるさい箇所があったものの、フィルムライクな質感になっていると思いますし許容範囲です。
シャープさは中々よいです。
輪郭線が丁寧に再現されておりますし、引きのシーンでも甘くなる事はない。
気になったのはピンポケのような映像が結構多かった事。
撮影自体がそうなので仕様なのだと思いますが、少し気になりました。
暗部シーンの諧調も悪くはないのですが、グレインが強めですので見にくく感じるかもしれません。
スピード感がありよく動くシーンが多いですが、全く破綻する事なく再現できているのはさすが。
少し硬質で独特な色調と質感になっていますので、グレイン共々好みが分かれそうですが、全体的に満足できる画質だと思います。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入ると思います。
新作はこれくらいの画質で出してもらえれば満足できる。
個人的には★4~5くらいの評価ですが、グレインを強いと感じる場合は★4くらいの評価になるかもしれません。
【音質】
音はかなりよいです。
重低音はよく出ており芯に響く音。
しっかりと鳴り響くので迫力が素晴らしい。
高音もとても綺麗に出ていて音が伸びています。
サラウンド感もかなりのもの。
とにかく音がよく回る回る。
冒頭のヘリコプターのプロペラ音でまず驚きますが、しっかりとこのサラウンドを全編に渡り維持しています。
音自体がクリアですのでセリフも聞き取り易く良好。
この音質はかなり満足できる出来になっているのではないでしょうか。
【物語】
内容はスティーブン・スピルバーグ原案、D・J・カルーソー監督によるサスペンス・アクション。
とにかく展開が絶妙。
最初はゆっくりとした展開から始まり、そこから主人公共々見る人を悩ます展開に。
そして一気に止まる事なく怒涛の勢いでストーリーが進行していきます。
このテンポのよさは大変秀逸で引き込まれる。
スリリングな展開あり、先が気になる展開ありとしっかり押さえている。
そしてこのスピード感溢れる展開を引き立たせるド派手なアクション。
特にカーチェイスは迫力と疾走感があり楽しめます。
色々な伏線をしっかりラストで回収していますし、よく出来た作品。
設定的にリアリティがある訳ではありませんし、どこかで見たような…某映画に似ているといった箇所もありますが、何も考えずに視聴すると素直に楽しめる。
巷ではそこまで評価がよくなかったようなので期待しておりませんでしたが、個人的にはツボにハマりました。
これぞハリウッド的な娯楽映画としてよく出来たアクション映画だと思います。
【特典】
特典はHD画質で未公開シーン、メイキング、別エンディング、ドキュメンタリー、NG集、監督対談、予告、フォトギャラリーと盛り沢山。
全ての特典映像がHD画質なのはとても嬉しい。
別エンディングも違った視点で見れて楽しめます。
【総評】
画質/音質はよい出来ですし、特典もたっぷり。
内容に興味がある方、アクション好きには是非お薦めしたい一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【イーグル・アイ】
原題:EAGLE EYE
監督:D・J・カルーソー
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン
製作年:2008年
発売日:2009/02/13
販売元:角川エンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/14 10:43 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ルパン三世 カリオストロの城 

ルパン三世 カリオストロの城

▼ジャケット表
lupincariostol1.jpg

▼ジャケット裏
lupincariostol2.jpg

▼盤面
lupincariostol3.jpg

▼仕様
・時間:100分(本編)
・映像:1080i/ビスタ(1.85:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/疑似5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーTrueHD/疑似5.1chサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ルパン達が国営カジノの大金庫から盗み出した札束。
それは精巧に作られたニセ札、ゴート札だった。
その出所であるカリオストロ公国に乗り込んだルパン達は、怪しい男達に負われるうエディングドレスの少女、クラリスを救い出す。
しかし崖から落ちて気絶をしてしまい、その間に少女は連れ去られてしまった。
別れる間際に託された、謎の指輪にはどんな秘密が?
そして、ルパン達はクラリスを救い出すことは出来るのか…?

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは強めでバラツキがあるもの。
シーンによってかなり差があります。
冒頭のシーンや一部の暗部シーンなどはかなり強く出ていて非常にノイジー。
うごめくグレインがうるさく感じる強さになっています。
全体を通しても強く感じますのでうるさく感じる事が多いかもしれません。
シャープさは悪くないです。
比較的くっきりとした線が再現されている。
細かい箇所の再現性もよく細かい描画も見てとれます。
暗部シーンの諧調はそこそこ。
上述の通りグレインがうごめくように強く出るので、その原因で汚く感じてしまう。
発色がよいのは好印象。
ですので明るいシーンはそれなりに綺麗に感じる事ができます。
フィルムの汚れや傷はかなり目立ちます。
どのシーンでも見て取れるくらい頻繁に出ますので気になる人は気になるかも。
それがチラつきの原因にもなっている。
細かい画面揺れがあるのも難でしょうか。
古い作品ですしマスターの状態が良くないという事でしょうね。
他のBDアニメと比べると並~やや劣るレベル。
相対的に評価してしまいますと厳しくなってしまいますが、再現性は悪くないと思います。
1080i収録ですが、おそらくBD版発売前にHDリマスターで地上波放送したものと同じマスターを使っているのだと思います。
当然DVD版よりは数段上の映像になっておりますし、過去発売されたカリオストロの城という括りでは最高の画質ではある。
ただ、もう少しグレインを控えめにしてもらったり、フィルムの傷や汚れの処理、画面揺れなど調節して欲しかった。
そこまで求めるのは酷でしょうか。
【音質】
音はそこそこ。
モノラルと疑似5.1chサラウンドでの収録になっています。
全体を通してはモノラル音声視聴しましたのでそちらの評価を。
重低音はやや軽さの残る音。
音自体はしっかりとした音になっていますので響きは物足りないものの迫力はそこそこ。
高音も比較的よく出ています。
音が詰まる訳でもないので好印象。
サラウンドはモノラル音声なのでありません。
疑似5.1chサラウンドでも視聴してみましたが、あまりよろしくありません。
とにかく気になるエコーがかった反響音。
この疑似5.1chサラウンドは気持ち悪い。
個人的には素直にモノラルで視聴する事をお薦めします。
セリフは聞き取り易く良好。
古い作品ながらそこそこ満足できる音になっています。
【物語】
内容はルパン三世の劇場映画第二作目。
宮崎駿テイストが凝縮されたルパン三世に仕上がっています。
一作目のハードボイルドなルパンとは違い、娯楽アニメとなった作品。
テンポよく軽快に進みしっかり最後で締めてくれる。
何度見ても楽しいですね。
子供から大人まで誰もが安心して楽しめる作品です。
エンターテインメントといった言葉がぴったりなルパン三世。
【特典】
特典はHD画質で特報2種類のみと寂しいか。
HD収録ではありますが、4:3収録の上そこからさらにビスタカットされたものであり、画質的にも悪いですので有り難みは全くありません。
【総評】
画質/音質は古い作品なのでそれなりになっています。
とは言え、DVD版よりは数段上ですし、現状手に入る最高品質のカリオストロの城なのは間違いないと思いますので、作品のファンなら是非。
ジャケットのセンスはよいとは思えませんが…。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ルパン三世 カリオストロの城】
監督:宮崎駿
出演:山田康雄(声)、納谷悟朗(声)、小林清志(声)、増山江威子(声)
製作年:1979年
発売日:2008/12/03
販売元:バップ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/11 09:57 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

ルパン三世 ルパンVS複製人間 

ルパン三世 ルパンVS複製人間

▼ジャケット表
lupinvsclone1.jpg

▼ジャケット裏
lupinvsclone2.jpg

▼盤面
lupinvsclone3.jpg

▼仕様
・時間:102分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/疑似5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーTrueHD/疑似5.1chサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ルパン処刑の報せを聞き駆けつけた銭形警部は、生涯の目標だった男の亡骸の前で呆然自失。
そこへ現れたのは、もう一人のルパン!?
仰天顔の銭形を笑い飛ばし、颯爽と去っていくルパンの次の目標はピラミッドに隠された「賢者の石」。
だが、体よく盗み出したものの、何者かに命を狙われるハメに。
罠に落ちたルパンが迷い込んだのは、ナポレオン、ヒトラーが住む不思議な島だった。
島の支配者、神を自称する男・マモーの正体は…!?

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは荒い粒子が強めにかかっています。
全体を通して強いのでノイジーでうるさく感じる事が多いかもしれません。
もう少し控えめのほうがよかったかな。
シャープさはそこそこ。
シーンごとに結構な差があり安定していません。
くっきりとしたセル画特有の輪郭線が綺麗に出ている箇所もあれば、甘く感じる箇所も。
暗部シーンの諧調は悪くないのですが、グレインが強いので汚く見えます。
そして気になるのがフィルムの汚れや傷。
これらがかなり頻繁に、しかも目立つレベルで点在しているため目に付く。
チラつきが気になるレベルなのです。
さらにそこまで酷く気になる訳ではありませんが、画面揺れもあります。
これらはマスターの状態が悪いという事なのでしょう。
再現性はよいとは思いますが、どうしてもマスターの質が悪く物足りない。
他のBDアニメと比べると並~やや劣るレベル。
★3くらいでもよいのかもしれませんが、ノイジーなグレインとフィルムの傷や汚れで汚らしく見えてしまうため★2とさせて頂きました。
古い作品で仕方ないとは言え、グレインの強さ、フィルムの傷や汚れを調整してくれればもっといい画質になっただけに残念。
そこまで求めるのは酷でしょうか。
【音質】
音はそこそこ。
モノラルと疑似5.1chサラウンドでの収録になっています。
全体を通してはモノラル音声視聴しましたのでそちらの評価を。
重低音は軽い音になっている。
ただ古い作品にありがちなチープな音ではありません。
軽さがありながらもしっかりとした音が出ていますので、物足りなさはあまりない。
高音は割と綺麗に出ています。
伸びがよい訳ではありませんが、詰まる事もないので許容範囲。
サラウンドはモノラル音声なのでありません。
少し疑似5.1chサラウンドで視聴してみましたが、思ったよりも悪くない音が出ています。
とは言え、音の位置が正確ではありませんので、神経質な人は音に酔うかも。
気になる人はモノラルのほうが素直でよいかもしれません。
セリフは聞き取り易く、モノラルながらクリアな音になっています。
音のバランスもよいですし、忠実な音が再現できているのではないでしょうか。
【物語】
内容はルパン三世の劇場映画第一作目。
30年以上前の作品ながら、先見性のある作品になっています。
今見ても古臭さを感じられない設定は見事。
SF要素があるので好みは別れるかもしれませんが、よく出来たシナリオです。
少しハードボイルドな1stシリーズに近いルパン三世を見る事ができます。
テンポもよく話がどんどん進きますし演出もよいので見ていて全く飽きない。
何度も何度も見ている作品ですが、何度見ても楽しめます。
しっかりしたストーリーに躍動するキャラクター。
個人的には数あるルパン三世劇場作品の中で最も好きな作品だったりします。
【特典】
特典はHD画質で特報や予告、海外版予告、TVスポット、エンディング素材とそこそこ。
古い作品の特典がHD画質で収録されているのは嬉しいですし、見る価値はあると思います。
【総評】
画質/音質は古い作品なのでそれなりになってしまっていますので、作品のファンなら。
しかしジャケットのイラストはなんとかならなかったのだろうか…。
購買意欲の湧くジャケットとは思えません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ルパン三世 ルパンVS複製人間】
監督:吉川惣司
出演:山田康雄(声)、納谷悟朗(声)、小林清志(声)、増山江威子(声)
製作年:1978年
発売日:2008/12/03
販売元:バップ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/10 10:04 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

羅生門 デジタル完全版 

羅生門 デジタル完全版

▼ジャケット表
rashomon1.jpg

▼ジャケット裏
rashomon2.jpg

▼盤面
rashomon3.jpg

▼仕様
・時間:約88分(本編)+約9分(特典)
・映像:1080p/スタンダード(1.33:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
映画史上に燦然と輝く日本映画の至宝、黒澤明監督『羅生門』が、米アカデミーの最高技術でデジタル復元!
半世紀以上の時を経て、公開時と同様の美しい『羅生門』が今、鮮やかに甦る!
平安時代…。
土砂降りの雨の煙る羅生門の廃墟で、旅法師と柚売りが、居合わせた下人の問いに答え、不思議な話を語り始める。
都で名高い盗賊・多襄丸が森の中で侍の夫婦を襲い、妻を犯し、夫を殺した。
事件は検非違使によって調査されることとなるが、各々の証言は全く異なっていた…。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
かなり古い作品な上にモノクロ映画ですが、まずは製作年などを考えずに相対的な評価を。
フィルムグレインは細かいものが程よく点在しています。
丁寧な処理をされておりうるさくもなく、のっぺりもせず、モノクロにあった質感に仕上がっている。
シャープさは十分満足できると思います。
輪郭線が丁寧に再現されており細かい箇所も見る事ができる。
雨粒の一滴一滴が分かる程。
引きのシーンでも落ちる事はありませんし、特にアップシーンでの再現性は素晴らしい。
人物のリアルな質感や描写が綺麗に再現されています。
稀に甘くなるシーンもありますが、これは撮影上の仕様ですね。
諧調も悪くなくモノクロながら暗部シーンまでしっかりと見てとれる。
光と闇のコントラストが素晴らしい。
そして驚くのは60年近く前の作品とは思えない状態の良さ。
フィルムの汚れや小傷、ゴミなどが一切ないのです。
全て丁寧の取り除かれており、まさにクリアといった素晴らしい映像に仕上がっている。
やや画面揺れがありますがこれは仕方ありませんね。
他のBD作品と比べても十分綺麗な部類に入ると思います。
相対的に考えても★4~★5くらいの評価はできますし、作品の製作年を考えると驚異的な画質。
再現性という意味では文句なしの満点評価。
正直、ここまで素晴らしい出来だとは予想していませんでした。
古い作品やモノクロ作品でも、丁寧な仕事をすればここまでできる、という一つの指標になれる出来です。
【音質】
音は厳しいか。
重低音は軽くチープ。
高音も詰まりがちで伸びを感じられない。
モノラル音声ですのでサラウンドは当然ありません。
セリフ部分は音質の状態からやや聞き取りにくさがあります。
音質は原音自体の問題でどうしようもない。
LPCMで収録している訳ですし、これが精一杯でしょう。
ただ、ノイズがかったような音がなく、それぞれの音がチープとは言えクリアな点は満足できます。
音質面でも向上のため修正作業を行ったのだと伺い知る事ができます。
相対的に評価するとどうしても厳しくなってしまいますが、再現性という意味では忠実な音なのではないでしょうか。
【物語】
内容は黒澤明監督による羅生門。
人の本質に焦点を当てた作品。
真実とは一体何かを問いかける内容。
何度も観ている作品ですが、観る度に考えさせられる。
それでいて今回は素晴らしい画質での観賞とあって印象も新鮮です。
テンポよく場面が切り替わり、尺が短めな事もありどんどん進んでいきます。
やはり存在感のある役者陣も凄いですね。
人の汚い本質をえぐり出しながらも、一筋の希望で終わらせるラストも余韻を残します。
正直、知名度に比例するような万人受けするような作品ではないと思います。
好みが別れる作品ですが、自分は何度も観たくなる作品です。
【特典】
特典はHD画質でデジタル復元比較検証映像、SD画質で予告映像。
デジタル復元比較検証映像はとても興味深いもので、このデジタル完全版を出すに当たって本当に丁寧な仕事をしたのだと伝わります。
この特典映像だけでも楽しめる。
欲を言えばもう少し長く収録して欲しかった。
【総評】
画質/音質共に忠実に再現されたものになっております。
特に画質面は製作年を考えたら驚異的な出来になっており、ファンならずとも興味があるなら一見の価値あり。
ファンならば必携の一本ではないでしょうか。
大変よい仕事をしたと納得できる出来になっていると思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★☆☆☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【羅生門】
監督:黒澤明
出演:三船敏郎、京マチ子、志村喬
製作年:1950年
発売日:2009/02/06
販売元:角川エンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/09 07:44 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

ザ・エージェント 

ザ・エージェント

▼ジャケット表
jerrymaguire1.jpg

▼ジャケット裏
jerrymaguire2.jpg

▼盤面
jerrymaguire3.jpg

▼仕様
・時間:約138分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
挫折が彼に与えたのは、信頼、友情、そして本当の愛。
スポーツ選手の契約を一手に仕切るやり手のスポーツ・エージェント、ジェリー・マクガイアは、利益ばかりを追求するやり方に疑問を感じ提案書を提出。
それがもとで会社をクビに。
独立したジェリーに現実は甘くなく、ついてきたのは落ち目のアメフト選手ロッドと会計係のドロシーだけだった。
トム・クルーズが人生の挫折を乗り越える人間味ある役柄に初挑戦。
仕事に流されていく現代、良心に従って行動することの難しさと尊さ、そして愛する人と支え合うことの大切さを謳い上げる爽やかなヒューマン・ドラマ。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在している。
暗部シーンでは強めに感じますが、全体を通すとうるさい訳でもなく良好。
フィルムライクな質感が適度に出ていると思います。
シャープさも中々満足できるレベル。
輪郭線が丁寧に再現されており満足できる。
引きのシーンでもそこまで甘くなる事がなくバランスがよいです。
暗部シーンの諧調も悪くないですので見やすい。
ただ、気になるのが画質のバラツキ。
全体を通すと概ね良いのですが、ガクッと画質が落ちる箇所がいくつか点在しています。
ビットレートが下がっている訳でもありませんので仕様でしょうか。
撮影機材が違うのかマスターの質なのか、少し気になりました。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入ると思います。
10年以上前の作品と考えれば十分満足できるレベルではないでしょうか。
ガクッと画質が落ちる箇所を除けば、下手な新作より綺麗に感じる事ができると思います。
【音質】
音は中々よい。
重低音は控えめです。
鳴りは控えめながらも響きは悪くない。
高音は綺麗に出ており広がりを感じる音に。
サラウンド感は大人しい。
ヒューマンドラマといった作品ですので、仕方ありませんね。
ただ、試合のシーンや音が沢山出ているシーンでも大人しいのは気になりました。
セリフ部分はクリアで聞き取りやすく良好。
しっかり原音に忠実な音なのではないでしょうか。
【物語】
内容はトム・クルーズ主演のヒューマンドラマ。
挫折があり成長があり恋がありと王道的な流れになっています。
テンポは悪くないのですが、途中途中で少しダレを感じる。
ゆったりしたテンポなのに急速に感情が動いたりと、感情の推移が分かりずらく描写不足を感じる事も。
ただ、ラスト付近の展開は素晴らしく涙腺が緩くなったり心が暖まります。
最近のトム・クルーズとは違った新鮮な気持ちで見る事ができます。
他役者達も個性的かつ安定した演技でしっかり魅せてくれる。
典型的なハッピーエンドストーリーですので、安心して観賞できるのではないでしょうか。
【特典】
特典は音声解説、BD-LIVEの他、HD画質で提案書、SPE作品の予告編集、SD画質でメイキング&ドキュメンタリー、未公開シーン、リハーサル映像、CMやPVなどそこそこ。
SD画質な特典が主なのは物足りなさがありますが、古め作品なので仕方ないでしょうか。
提案書は劇中で主人公が提出したものを日本語訳にしたもので、劇中では深く語られなかった提案書の内容を読む事ができ、さらに劇中のシーンが映像で流れるような仕組みになっており、作品のファンなら楽しめるのではないでしょうか。
これの出来がよかったので特典面では★+1。
【総評】
画質/音質共に及第点以上ですし、特典はそこそこ、作品のファンなら安心して楽しめる一本になっています。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【ザ・エージェント】
原題:JERRY MAGUIRE
監督:キャメロン・クロウ
出演:トム・クルーズ、レニー・ゼルウィガー、キューバ・グッディング・Jr
製作年:1996年
発売日:2008/09/24
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/08 07:44 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

20世紀少年 終わりの始まり 

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり

▼ジャケット表
20centuryboys1.jpg

▼ジャケット裏
20centuryboys2.jpg

▼盤面
20centuryboys3.jpg

▼仕様
・時間:142分(本編)+特典
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/5.1chchサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
世界が終わろうとしています。
ぼくらの"ともだち"によって…。
1969年。
少年ケンヂは人類滅亡を空想して、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、確実には起こりえない"未来"のはずだった…。
だが、大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。
時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。
実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!
世界を陰で操る謎の男"ともだち"とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのだろうか?
そして、2000年12月31日、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する"その日"が訪れる…。
世界が注目する浦沢直樹のベストセラーコミック『20世紀少年』が遂に実写映画化。
堤幸彦を監督に迎え、超豪華なオールスターキャストが集結、約50年に及ぶ壮大なストーリーが動き出した。
謎が謎を呼ぶ第1章。ここから、終わりが始まる。

▼感想
【画質】
映像は少し厳しいか。
フィルムグレインは強めにかかっています。
このフィルムグレインの質にやや難があり。
フィルムらしさの味のあるグレインというよりも、人工的なデジタルノイズようなあまり綺麗に見えないグレインとなっています。
暗いシーンでは顕著に出るためうるさく汚く感じるかもしれません。
シャープさはぼんやりとして輪郭が甘いシーンが多い。
所謂、邦画らしい映像と言えば伝わるでしょうか。
キリッとした絵ではなく、ぼやっとした邦画テイストです。
引いたシーンではより顕著に。
暗部シーンでの諧調もよろしくない。
かなり諧調が悪く潰れてるかと思える程、暗いシーンでの表現に難があります。
とにかくこの諧調表現の悪さには閉口。
動きのあるシーンについても破綻する事はありませんが、見ずらい箇所が多い。
とは言え、高ビットレートを維持した映像ですし再現性はよいのだと思います。
もうこれらの物足りなさは邦画全般に言えるマスターや撮影機器の問題なのでしょうね。
他のBD作品と比べると並~少し下。
再現性はよいのだと思いますが、ソースの問題が大きい。
邦画テイストが好きなら問題なく見れるとは思います。
新作ですし、邦画にしては珍しく結構な制作費をかけた作品と聞いていましたので、従来の邦画と違った質の映像を見せてくれるのかと期待していましたが、よくある邦画テイストで残念です。
邦画にももっと頑張ってもらいたい。
【音質】
音もそこそこ。
重低音はよく出ています。
鳴りもよいですが、そこそこ重みの感じる音。
高音についてもクリアな音が出ていて伸びもまずまず。
サラウンド感についてはシーンによってかなりバラツキがある。
よく音がなり臨場感のあるシーンが一部で見受けられますが、基本的には大人しめになっています。
セリフ部分は聞き取りにくい箇所が結構ある。
多くは邦画によくあるボソボソ話す役者のせい。
ただ、音の鳴りがよい分、セリフと被ってしまい聞き取りにくい箇所も。
音のバランスがあまりよろしくないのだと思います。
セリフ部分を考えないなら★4くらいはありそうですが、トータルなら★3。
ロスレスサウンドながらこの音質ですから、こちらもソースの問題なのでしょうね。
【物語】
内容は漫画「20世紀少年」を実写化した作品。
全3部作のうちの1作目となります。
原作を読んだか読んでいないかで感想が異なるかもしれません。
基本的に原作を読んでいなくてもついていけるとは思いますが、説明不足で分かりにくい箇所もあるかも。
原作を読んでいる自分としては登場人物やストーリーを含め、説明不足な箇所を補完できるのですが、不親切な箇所も多いです。
一方、原作を読んだ人からすると、原作に忠実な反面、型にハマり過ぎていて物足りなさを感じる。
とは言え、テンポは悪くないと思います。
途中途中の見せ方は好きですが、クライマックスの見せ方はあっけなく肩すかし。
見せ方、演技などを含め、内容の割に緊張感が全くないのも難。
しかし、この作品の酷さは役者の演技につきます。
漫画原作の弊害か演じ切れていない役。
特に少年時代の演技の酷さは見ていて苦痛を感じるレベル。
全体的に楽しめない訳ではないのですが、なんとなくで終わってしまい、第2章へと続いていきます。
3部作という事もあるのでしょうが、型にハマりすぎたTVドラマのような作りになっています。
【特典】
特典はHD画質で第1章と第2章の予告、TVCMのみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質はいかにも邦画的な質になっていますし、特典も寂しい作り。
よほど作品が好きじゃない限りお薦めできません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり】
監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子
製作年:2008年
発売日:2009/01/30
販売元:バップ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/04 08:37 ] な行 | TB(0) | CM(0)

狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX 

狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX

▼BOX表
ookamikoushinryo1.jpg

▼BOX裏
ookamikoushinryo2.jpg

▼ジャケット1表
ookamikoushinryo3.jpg

▼ジャケット1裏
ookamikoushinryo4.jpg

▼ジャケット2表
ookamikoushinryo5.jpg

▼ジャケット2裏
ookamikoushinryo6.jpg

▼フォトスタンド収納ケース表
ookamikoushinryo7.jpg

▼盤面1
ookamikoushinryo8.jpg

▼盤面2
ookamikoushinryo9.jpg

▼盤面3
ookamikoushinryo10.jpg

▼盤面4
ookamikoushinryo11.jpg

▼仕様
・時間:約308分(本編)+約7分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)×4枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
賢狼ホロと行商人ロレンスの出逢いと波乱の道中がHDクオリティで蘇る!
«高品位HDマスターからのダイレクトオーサリング»
«インナージャケットは全て文倉中描き下ろし»
シリーズ全13話を完全収録【テレビ放送12話+未放送1話/BD25G×4枚組】
映像特典:ノンテロップOP&ED、TV-スポット集、第十三幕ノンテロップED
【封入特典】
■オールカラーブックレット
■特製プロマイド(24枚)&フォトスタンド
■DVD版ジャケットイラストカード(6枚)

▼感想
【画質】
映像はそこそこです。
フィルムグレインはTVアニメですので全くなくすっきりした映像。
シャープさは輪郭が甘くぼんやりするシーンが多いです。
本編とOP&EDで違いがあり、OP&EDのほうが製作解像度が高いのでしょうか。
OP&EDは綺麗な輪郭線が保たれておりよい出来で満足できるのですが、本編は弱くなる。
ソフトフォーカスをかけたかのような柔らかい映像になっていますが、純粋に解像度が足りてない感じがします。
一部輪郭線に軽いジャギーが出ますが、ジャギーについてはそこまで目立つものではないので気にならないかと思います。
それよりも気になるのが、本編時に現れる輪郭線の乱れのようなもの。
1080pのプログレッシブ収録なはずですが、インタレースかと思うかのような映像になっています。
インタレース時の走査線の影響を受けてしまっているようなそんな映像。
これが輪郭線に切れ目を与えて汚くしてしまっています。
ただ、常にこのような映像という訳ではなく、出ないシーンも多いです。
暗部の諧調表現はそこそこ、黒が潰れる事はありませんし再現性は悪くないです。
発色は良いので綺麗な色は出ている。
ノイズやモアレが発生しそうなシーンも破綻していないのは○。
自然の描写が綺麗に再現されているので見ていて心地よいです。
再現性は悪くないと思います。
他のBDアニメと比べるとそこそこでしょうか。
走査線の影響を受けたかのような本編映像は気になりますが、それ以外は映像全体が破綻する事はありませんので悪くはない画質。
OP&EDだけなら★5、本編は★3の印象。
【音質】
音は中々よいです。
重低音はやや軽さが残る音。
これはTVアニメなので仕方ないでしょうか。
高音の伸びはよいです。
綺麗な音がしっかり通りますので心地よい。
ステレオ音声ですのでサラウンド感はありませんが、素直な音が出ています。
セリフ部分もクリアですので聞き取りにくい箇所もなし。
原音を忠実に再現した音質だと思います。
【物語】
内容はライトノベル原作を1クールのTVアニメ化した作品。
行商人と連れの賢狼の旅を描いた作品。
舞台が中世ヨーロッパのような世界観で好みです。
行商人が主人公という事で、商談話が随所に出てきますが、会話だけだと少し分かりにくい箇所もあり、一度聞いただけでは理解するのに苦労するシーンも。
ゆっくりとした展開から急にシリアスになったりとメリハリがありテンポはよい。
ただ最後は神頼み的な展開になってしまうので、緊張感という意味では欠ける内容です。
1話~6話で一区切り、7話のおまけがあり、8話~13話で一区切りといった流れ。
ですので、大まかな話としては2本。
もっと見ていたいと思えるので、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。
このアニメの面白さは主人公二人の掛け合いですね。
付かず離れず見ていてにやけてしまうような出来になっています。
そしてヒロインであるホロの独特な話し方や仕草など、これをかわいいと思えるかどうか。
このホロをかわいいと思えるかどうかに、このアニメにハマるかどうかが集約されていると思います。
個人的にはラストのまとめ方といい好みの作品でした。
二期の制作も決まっているようなので楽しみです。
【特典】
特典はHD画質でノンテロップOP/ED。
映像特典は上記のみですので少し寂しいですが、封入特典に満足できる。
ブックレットやDVD版ジャケットのイラストカードの出来も中々よいですが、フォトスタンドの出来がかなりよいです。
しっかりと作られた物ですのでファンなら満足できると思います。
【総評】
画質以外に注文を付けるとしたら1層DISC4枚組という事でしょうか。
せっかくBOXで発売するのですから、2層DISC2枚組にしてくれたほうが有難い。
本編の画質はやや癖があるものの、音質は素直ですし、封入特典の作りはいいですので、作品のファンなら押さえておいてもいいかもしれません。
2009年3月末日までの期間限定生産との事ですので、購入を検討している方はお早めに。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX】
監督:高橋丈夫
出演:福山潤(声)、小清水亜美(声)
製作年:2008年
発売日:2009/01/30
販売元:ポニーキャニオン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/01 09:41 ] あ行 | TB(0) | CM(4)

2009年02月発売リスト 


▼2009/02/04

クリフハンガー
Amazon

ランボー
Amazon

ランボー 怒りの脱出
Amazon

ランボー3 怒りのアフガン
Amazon

ランボー トリロジー Blu-ray BOX
Amazon

ランボー 最後の戦場
Amazon

▼2009/02/06

シャッター
Amazon

羅生門 デジタル完全版
Amazon】【評価/批評

黒澤明 Blu-ray BOX
Amazon

▼2009/02/11

ザ・フォール/落下の王国
Amazon

旅するジーンズと19歳の旅立ち
Amazon

300 <スリ-ハンドレッド> リミテッド・コレクターズ・エディション
Amazon

▼2009/02/13

イーグル・アイ
Amazon】【評価/批評

幸せの1ページ スペシャル・エディション
Amazon

▼2009/02/18

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 ハイブリッド版 Blu-ray BOX
Amazon

ザ・キュアー/トリロジー・ライヴ
Amazon

T-SQUARE SUPER BAND Special/T-SQUARE since 1978 30th Anniversary Festival"野音であそぶ"
Amazon

▼2009/02/20

AKIRA
Amazon】【評価/批評

マクロスF(フロンティア) 7
Amazon】【評価/批評

コードギアス 反逆のルルーシュ volume07
Amazon

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume07
Amazon

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
Amazon

テイルズ オブ ジ アビス 1
Amazon

超獣機神 ダンクーガ Blu-ray Disc BOX 2
Amazon

ケータイ捜査官7 File 07
Amazon

蟲師 -ブルーレイ・エディション-
Amazon

▼2009/02/25

DEEN at 武道館 "NO CUT" ~15th Anniversary Perfect Singles Live~
Amazon

インクレディブル・ハルク
Amazon

ピンクパンサー
Amazon

レイ・ハリーハウゼン コレクション
Amazon

DEATH NOTE デスノート
Amazon

DEATH NOTE デスノート the Last name
Amazon

L change the WorLd
Amazon

スカイ・クロラ
Amazon

スカイ・クロラ コレクターズ・エディション
Amazon

ウォンテッド
Amazon

闇の子供たち
Amazon

ルパン三世 second TV. BD-BOX 1
Amazon

ミチコとハッチン Vol.2
Amazon

キャシャーンSins 特別装丁BOX 1巻
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 1 「生きている地球」
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 2 「淡水に命あふれる」
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 3 「洞窟 未踏の地下世界」
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 4 「乾きの大地を生きぬく」
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 5 「高山 天空の闘い」
Amazon

NHKスペシャル プラネットアース Episode 6 「草原 命せめぎあう大地」
Amazon

とある魔術の禁書目録 第2巻 初回限定版
Amazon

とある魔術の禁書目録 第2巻 通常版
Amazon

CHRONOS クロノス
Amazon

最後の初恋
Amazon

▼2009/02/27

リトル・ミス・サンシャイン
Amazon】【評価/批評

サイドウェイ
Amazon

世界の名作絵画ブルーレイ オランダ編
Amazon

ef - a tale of melodies. 3
Amazon

ケメコデラックス! 3 初回限定版
Amazon

ケメコデラックス! 3 通常版
Amazon

TYTANIA -タイタニア- 2
Amazon

▼18禁
[ 2009/02/01 00:00 ] 発売済み | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。