スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

▼ジャケット表
therewillbeblood1.jpg

▼ジャケット裏
therewillbeblood2.jpg

▼盤面
therewillbeblood3.jpg

▼仕様
・時間:158分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
«欲望»という名の黒い血が、彼を«怪物»に変えていく…。
アカデミー賞受賞 ダニエル・デイ=ルイス主演。
石油王の魂の破滅を描いた鮮烈な人間ドラマ。
アカデミー賞最多8部門ノミネート、見事2部門でオスカーに輝き、全米で大絶賛された映画史に残る必携の傑作!
舞台は20世紀初頭のカリフォルニア。
幼い息子と2人きりで石油発掘による一攫千金を狙うダニエル・ブレインヴュー(ダニエル・デイ=ルイス)は、1人の青年から仕入れた情報を手がかりに見渡す限りの荒野を買取り、莫大な油田を掘り当てる。
勢いに乗って事業を拡大し、富と権力を手にする一方、油田の大事故で息子が聴力を失ったことをきっかけに、自ら周囲との関係を閉ざし孤立していく…。
大地から噴き出す黒々とした石油のようなブレインヴューの欲望が、彼自身の魂をのみ込み破壊していく様を、躊躇せずに描いた壮絶な人間ドラマ。
『ブギーナイツ』、『マグノリア』で知られる俊英ポール・トーマス・アンダーソン監督入魂の1作。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに処理されています。
とてもフィルムライクな質感が出ている反面、人によってはノイジーでうるさく感じるかもしれません。
ただこの作品の雰囲気はよく出ているので、これくらい強くてもいいかも。
人物描写がとてもよいです。
シャープさはとてもよく輪郭が綺麗に出ている。
時折輪郭を強調させすぎではないかと思うくらい強く出ています。
暗部シーンは撮影か仕様なのか分かりませんが諧調がおかしい。
潰れていると感じるくらい暗く分かりにくいのですが、これは演出なのでしょうか。
それと気になるのは独特な輝度。
ギラギラと感じるくらい強いコントラストになっていますので好みが別れそうです。
他のBD作品と比べると十分綺麗な部類に入ります。
好みが別れそうな映像ではありますが、個人的には★4~5はある高画質な映像。
VC-1でもこういった映像が出せるのだなと感心できる映像ではあります。
【音質】
音は中々よい。
とにかくシーンによって音が変わる。
ドラマ調の箇所は重低音はほとんど響かなく軽い音になっています。
高音は全体を通してよく鳴り伸びる音。
特徴的なBGMを綺麗に再現できている。
サラウンド感はドラマ調パートではほとんど感じる事はありません。
ただ、石油発掘シーンなどでは驚くくらい四方から鳴り迫力のあるサウンドに。
セリフ部分はクリアで聞き取り易いものの、セリフ箇所でのサラウンドがほとんどないのが気になりました。
音としての差はあるものの、仕様でしょうから仕方ありません。
原音を忠実に再現した音だと思います。
【物語】
内容は一人の石油人の人生を描いたヒューマンドラマ。
欲を描いた作品でとてもエネルギーに溢れています。
映像面では独特な描写など多いのですが、その中でも特徴的なのは音。
作風とは全く合わないサウンドが頻繁に挿入される。
最初から強烈な違和感を感じるものの、登場人物の心理描写と相俟って次第に慣れていき、不思議な感覚に。
そしてダニエル・デイ=ルイスの演技力が圧巻です。
ただ、他の出演者に違和感を感じたりと最後まで合わなかった箇所も。
何より作品がとにかく長い。
作品の尺が長いのもそうですが、所々間延びしてしまって、飽きはしないものの疲れてしまう。
本当にここまで尺を長くする必要性があったのか謎です。
圧巻な演技力による衝撃の結末と、本来なら終わった後に色々と考えてしまうのかもしれませんが、最初に感じる感想は「疲れた」というのが正直な感想です。
内容、音などを含めて、人を選ぶ作品なのは間違いないと思います。
好みな人はたまらないでしょうし、合わない人は退屈に感じるかも。
個人的には作品自体は嫌いではないのですが、疲れました。
それにしても、THERE WILL BE BLOODというタイトルは上手に付けましたね。
作品自体がうまく集約されたタイトルです。
【特典】
特典はHD画質で予告、未公開シーン、別テイク、資料集、石油の物語と中々。
石油の物語は1920年代当時の石油事業宣伝フィルム(モノクロ)と興味深いです。
【総評】
画質/音質と好みが別れる感じはしますが十分高品質ですので、作品に興味があるなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド】
原題:THERE WILL BE BLOOD
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ケヴィン・J・オコナー
製作年:2007年
発売日:2008/08/20
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
スポンサーサイト
[ 2008/08/24 02:53 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX 

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

▼BOX表
macrosszero1.jpg

▼BOX裏
macrosszero2.jpg

▼ジャケット1表
macrosszero3.jpg

▼ジャケット1裏
macrosszero4.jpg

▼ジャケット2表
macrosszero5.jpg

▼ジャケット2裏
macrosszero6.jpg

▼ブックレット
macrosszero9.jpg

▼盤面1
macrosszero7.jpg

▼盤面2
macrosszero8.jpg

▼仕様
・時間:158分(本編)/15分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)×2枚
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
オリジナルビデオアニメーション
全5話収録(2枚組)
「マクロス」シリーズ初!
HD制作&3DCGを駆使した記念すべきOVAシリーズ、Blu-ray Discで登場!
ボックスイラストはメカニックアート天神英貴による描き下ろし!
[封入特典]
■20P解説書
[映像特典]
■「マクロス ゼロゼロ」
■声優コメント
[音声特典]
■最終章「鳥の人」新録オーディオコメンタリー

▼感想
【画質】
映像は綺麗ですが、判断が難しい。
全編を通してグレインはなくすっきりした映像。
全5話構成なのですが、話数によって画質というか作画に違いがあります。
気になるのが輪郭線で現れるジャギー。
このジャギーなのですが画質的な要素で現れている訳ではなく、どうやらマスター自体に現れているようです。
3DCGやデジタル加工した際に見受けられるようで、稀にジャギーが強く出る。
ただ、制作を重ねていくごとにこなれていったのか、4話5話という終盤の話ではほとんど出る事はなくなります。
ですので、1話~3話までの画質と4話~5話までの画質が全く別物に感じる。
シャープさにおいても同様で、全体を通すと強い輪郭線ですので比較的くっきり感じるかもしれませんが、1話~3話まではソフトフォーカスをかけたような少しぼんやりした箇所も多い。
一方で4話~5話は非常にくっきりとした映像になっています。
暗部シーンは比較的頑張って出ている。
動きのあるシーンが多いですが破綻する事なく再現できているのはさすが。
全体を通すとハイビジョンらしさを感じる事はできる画質で満足できる。
他のBDアニメと中々綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
評価的に言うならば、1話~3話は★3つ、4話~5話は★5つとバラツキのある画質ではあります。
ディスク2の4話5話に収録されている高画質な映像は見る価値があると思います。
【音質】
音も中々よい。
重低音は少し軽さが残るもののよく出る音。
鳴りがとてもよいので音の軽さをカバーしてくれています。
高音は大変綺麗に出ていてよく伸びる。
広がりのあるサウンドがクリアに出ていて美しい。
サラウンド感は戦闘シーンでは中々すごい。
ただ音の位置はあまりいいとは言えず、迫力があるのですが臨場感には少し欠ける印象。
セリフ部分は一部シーンで他の音と重なり聞き取りにくい箇所があるものの、全体を通すとクリアで悪くないです。
アニメシリーズの音としては十分満足できると思います。
【物語】
内容はマクロスシリーズのOVA作品。
メッセージ性の強いシリアスな展開のアニメ。
設定は少し分かりにくさがあるものの、ついていけない程ではありませんでした。
少し後半が早足になるので、全5話だと尺が短いのかもしれません。
もう少し長ければ色々と深く描けたのかなと、そこは残念。
ただその中に色々な要素を詰め込んでいる。
マクロス的な要素もしっかりと入っています。
3DCGを使った戦闘シーンもスピード感、迫力があって秀逸な出来です。
ラストの〆方も個人的には美しくて好み。
好みが別れるかもしれませんが、自分はこの作品かなり好みです。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質(4:3上下黒枠)でコメディー予告であるマクロスゼロゼロ、HD画質(4:3)で声優コメントとそこそこ。
音声解説は最終話のみに入っているのですが、新録でマクロスFについての話もチラッと入っています。
他に封入特典で20Pの設定や解説などを書いたブックレット。
このブックレットの出来は中々よい。
【総評】
画質/音質は満足できるレベルですので、作品やシリーズのファンなら是非。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【マクロス ゼロ】
監督:河森正治
出演:鈴村健一(声)、小林沙苗(声)、南里侑香(声)
製作年:2002年
発売日:2008/08/22
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/22 07:37 ] ま行 | TB(0) | CM(0)

バンテージ・ポイント 

バンテージ・ポイント

▼ジャケット表
vantagepoint1.jpg

▼ジャケット裏
vantagepoint2.jpg

▼盤面
vantagepoint3.jpg

▼仕様
・時間:約90分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
«23分間»に隠された«真実»…8人の時間が交差するリアルタイム・アクション超大作!
演説中の大統領を打ち抜いた1発の銃弾。
8人の異なる視点から始まる8つの時間。
真実はいったい何なのか…!?
スペイン・サラマンカ、マヨール広場。
国際テロ対策の首脳会議が開催される会場にて、アシュトン米大統領への狙撃事件が発生。
事件の鍵を握る重要な目撃者は8人いたが、彼らが異なる地点・立場から見たものは違っていた…。
現場にいたシークレット・サービスのトーマス・バーンズは、事件の裏に隠された真相をたった1人で追い詰めるが…。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるもの。
程よい案配で処理されているのでフィルムライクな質感が残りつつも、ノイジーには感じません。
これくらいのグレイン処理が好みです。
シャープさもよく細かい箇所も丁寧に再現できています。
くっきり感のある画質になっている。
暗部シーンはあまりありませんが綺麗に出ている。
動きのあるシーンの再現性はとても素晴らしい。
よく映像が動くのですが全く破綻する場所がありません。
時折、撮影機材のせいなのかピントがずれて甘くなる箇所があるものの、全体を通すと満足できる画質。
色のメリハリが大人しい作品なので好みは別れるかもしれません。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
★4~5はある高画質な映像。
個人的にはこれくらいの画質で出してもらえれば満足できる。
【音質】
音はとてもよい。
重低音はしっかりと響きのある音。
厚みのある音で低音が綺麗に出ています。
高音もよく伸びてクリアな音が出ている。
サラウンド感はとても感じる事ができます。
とにかく音がよく回る。
綺麗に出てくれるので音の位置もはっきりして臨場感たっぷりです。
セリフ部分もクリアで聞き取り易い。
音質面での不満はありません。
【物語】
内容は様々な視点が交差するサスペンス・アクション。
とにかくスピード感溢れる作品です。
最初の出だしから惹き付けられそのまま一気に駆け抜ける。
スリリングな展開、様々な視点が交差するごとに明らかになっていく真相と意外性。
テンポが大変よく90分という尺もあって息をつかせぬ展開。
どこかTVドラマ24を感じさせるような箇所もありますが、綿密に計算されたシナリオ。
カーチェイスを始めとしたアクションシーンの出来もスリリングで素晴らしい。
細かい設定を見るとご都合主義な展開もありますが、個人的にはあまり気になりませんでした。
深く考えずにサスペンスアクションとして見ると大変楽しめる傑作だと思います。
個人的には大好きな作品です。
【特典】
特典は音声解説の他、GPSトラッカーというPinP機能、HD画質でメイキング、ドキュメンタリー、SD画質でもう1人の俳優、BD-LIVEと豪華。
GPSトラッカーというPinP機能については特典から選び、本編中に別映像を表示しながらという形なのですが、映像の早送りができなかったりと使い勝手が悪いです。
BD-LIVEについてはメン・イン・ブラックに収録されていたのと同じもの。
立ち上がりが遅いのでこちらも実用性には欠ける。
とは言え、メイキング・ドキュメンタリーなどHD画質で収録されていますし特典類の満足度は高いです。
【総評】
画質/音質/特典と満足できる作りですので、サスペンス・アクション好きならお薦めできます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【バンテージ・ポイント】
原題:VANTAGE POINT
監督:ピート・トラヴィス
出演:デニス・クエイド、マシュー・フォックス、フォレスト・ウィッテカー
製作年:2008年
発売日:2008/08/20
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/22 01:32 ] は行 | TB(0) | CM(0)

銀河ヒッチハイク・ガイド 

銀河ヒッチハイク・ガイド

▼ジャケット表
hitchhikersguide1.jpg

▼ジャケット裏
hitchhikersguide2.jpg

▼盤面
hitchhikersguide3.jpg

▼仕様
・時間:109分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:中国語字幕
・字幕④:インドネシア語字幕
・字幕⑤:マレー語字幕
・字幕⑥:韓国語字幕
・字幕⑦:ポルトガル語字幕
・字幕⑧:日本語語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
『地球の皆さん、こんにちは。
銀河バイパス建設のため、今から地球を取り壊します。
では、良い一日を…』
(銀河系超空間・開発審議会 - ジェルツ大尉)
世界中のトップ・アーティストをも魅了した、カルト的人気を誇るベストセラー小説の完全映画化!
『銀河ヒッチハイク・ガイド』が、いよいよ<ブルーレイディスク>で登場!
驚異的な超高画質・超高音質が可能となったこの次世代光ディスクは、まさにエンターテイメント新時代の到来を告げる!!
突如として現れた巨大宇宙船によって、一瞬にして爆破された地球。
運命のイタズラで"最後の地球人"となった平凡な英国人アーサーは、異星人の友人フォードと共に«銀河ヒッチハイク・ガイド»を頼りに、前途多難な度へと飛び出す事に!
<ブルーレイディスク>『銀河ヒッチハイク・ガイド』では、特殊効果を巧みに使った映像によって可能となった果てしなき銀河を舞台に繰り広げられる奇想天外なストーリーが、驚異的な高画質・高音質によって、宇宙規模の臨場感をもって迫ります。
未だかつて体験したことのない新世代光ディスクの革命的映像で、シニカルで常識ではあり得ない"驚愕"の世界へ!

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは少し強めで粒状感のあるものです。
暗いシーンではノイジーに感じる箇所があるものの、全体を通すとそこまでうるさくはありません。
フィルムライクな質感が残っていて良好。
シャープさはよく一部シーンを除いて輪郭が綺麗に出ている。
細かい箇所でも綺麗に出ているのはさすが。
暗いシーンは前述の通りグレインが強めながら黒が綺麗に出ています。
動きのあるシーンでも丁寧に再現されていていい画質です。
人物と背景それぞれのピントがおかしかったりと、画面に違和感を感じる箇所があるのですが、これはCG加工などによるのかもしれません。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではないでしょうか。
全体的によい質を維持しており★4~5の間を付けれる。
初期BDタイトルにしては十分高画質だと思います。
【音質】
音も中々よい。
重低音は少し軽さが残るものの鳴りはいいです。
もう少し厚みのある低音が好みですが、作品の雰囲気からしてこういう音作りなのかもしれません。
高音は綺麗に出ていて伸びのある音。
しっかりと広がりを感じられ美しいです。
サラウンド感も十分感じる事ができる。
音の位置も正確ですし臨場感ある音が楽しめます。
セリフ部分もクリアで聞き取り易い。
音質面でも満足できると思います。
【物語】
内容は壮大なスケールのSFコメディー映画。
とにかくおバカな作品です。
そんなおバカ具合を壮大なスケールでやってくれる。
パロディーやおバカをやりながらもどこか知性を感じられるストーリー。
ただ、アクが強いので、合う合わないがはっきりしそうです。
設定は説明不足で分かりにくい箇所が結構あるのですが勢いで突っ切ってくれる。
テンポは中盤でダレるものの、冒頭のイルカの出だし、そして終盤と楽しませてくれます。
訳の分からない展開、アクの強い笑い要素と人を選ぶ作品かも。
ツボにハマる人からしたらたまらないと思います。
自分はハマる事はできませんでしたが、普通に楽しむ事はできました。
【特典】
特典はHD画質でムービーショーケース、未公開シーン、本当の未公開シーン、追加のガイドと中々。
特典映像が全てHD画質なのは好印象。
ただトップメニューがないのは少し不満です。
【総評】
画質/音質は中々満足できますので、作品が好みならお薦めできます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【銀河ヒッチハイク・ガイド】
原題:THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
監督:ガース・ジェニングス
出演:マーティン・フリーマン
製作年:2005年
発売日:2006/12/06
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/19 08:03 ] か行 | TB(0) | CM(0)

バベル 

バベル

▼ジャケット表
babel1.jpg

▼ジャケット裏
babel2.jpg

▼盤面
babel3.jpg

▼仕様
・時間:143分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語字幕(劇場公開版)
・字幕③:日本語音声字幕
・字幕④:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
それは、一発の銃弾から始まった…。
事件は、モロッコから、東京…。
そして、メキシコへ…。
はじまりはモロッコ。
夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。
二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。
言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。
一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ってテロリストと断定したモロッコ警察たちの捜査が始まる…。
銃の持ち主を迫ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊池凛子)と二人きりで暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。
彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた…。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。
刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた…。
一発の銃弾が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。
途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する…。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインはかなり強めに処理されています。
シーンによって強さは違うものの、全体的にかなり強く感じる。
とてもフィルムライクな質感ながら、ノイジーに感じる箇所が多いかも。
これは好みによるかと思いますが、個人的には汚いと感じるくらいうるさい箇所がいくつかあり気になりました。
シャープさはよく輪郭が丁寧に出ています。
細かい箇所でもよく出ているのですが、グレインの多さも相俟って硬い質感になっています。
暗部シーンはグレインの多さに目を瞑れば悪くなく丁寧に出ている。
とにかく全体の雰囲気としては、硬い映像というのがしっくりくるような硬質な質感。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではないでしょうか。
自分には合いませんでしたが、フィルムグレインの多さが気にならないようでしたら、かなり綺麗に感じるとは思います。
【音質】
音はよい。
重低音はあまり多用しておりませんがしっかりと響く音。
時折鳴る音の存在感がすごく芯に響いてきます。
高音もよく出ており通る音になっています。
サラウンド感はシーンによって違いますが、音がよく鳴る箇所では臨場感たっぷり。
ドラマ調の箇所でも音の位置がしっかりしていて好印象。
セリフ部分もクリアで聞き取り易いですし、音質面での不満はありません。
【物語】
内容は様々な国を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマ。
様々な国の人が一つの事件を境に絡み合っていくといった内容なのですが、これがどうもしっくりこない。
無理矢理結びつけたような展開が多いです。
特に日本を舞台にした箇所。
日本はなくても成立してしまう繋がりになっています。
日本興行向けにわざわざ入れたのではないかと疑ってしまう程。
時系列もズレて進行していくのですが意外性もない。
ころころと舞台が変わる割にはテンポもイマイチで長時間視聴が苦痛でした。
全てが中途半端に展開していき、最後まで中途半端に投げ出してしまう。
色々と人物や物語が複雑に絡み合ってくると思っていただけに拍子抜けです。
孤独や意思疎通など根底となる箇所は分かりますが、結果的に観客に想像を委ねるような作品になっています。
話題になった日本人女優にしても脱いだだけ。
かなり好みの別れる作品だと思いますし好みの方もいるのかもしれませんが、自分には全く合わなく最後まで視聴するのが苦痛でした。
【特典】
特典はHD画質で特報や予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は中々よいですので、役者や内容が好みなら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★☆☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【バベル】
原題:BABEL
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット
製作年:2006年
発売日:2007/11/02
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/18 01:36 ] は行 | TB(0) | CM(0)

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション 

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション

▼ジャケット表
manchuraiancandidate1.jpg

▼ジャケット裏
manchuraiancandidate2.jpg

▼盤面
manchuraiancandidate3.jpg

▼仕様
・時間:130分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/英語
・字幕③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:吹替用日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
「力強い演技!とてつもなく面白い!」
ジョー・モーガンスターン/THE WALL STREET JURNAL
「魅惑的な問題作だ。」
ピーター・トレパーズ/ROLLING STONE
「先が読めない!目を見はる演技力に上質の映像。きわめて知的なエンターテインメントだ。」
ケネス・トゥラン/LOS ANGELES TIMES
「スリル満点、グイグイ突き進む!目眩がしそうだ!」
ラリー・キング/CNNキャスター

▼感想
【画質】
映像は並程度でしょうか。
とにかく画質の安定のなさが特徴的。
フィルムグレインはかなり強めに出ています。
うるさく感じるレベルで全体的にノイジー。
明るいシーンでもノイジーに感じてしうグレインは邪魔です。
ただ常時うるさいかと言えばそうでもなく、シーンによっては良好な質感もある。
シャープさもまばらで判断が難しい。
輪郭が丁寧に出ているシーンだと思えば、かなり厳しい輪郭になったりと不安定です。
暗部シーンは比較的頑張っており破綻する事もありません。
また、そんなに古い作品ではないのに、フィルムの傷やゴミのような物が混入していて時折チラつきます。
他のBD作品と比べると並程度。
高画質と感じる箇所と低調な画質の箇所の落差が激しく安定しない画質です。
全体を通すと低画質とは言いませんが、パッとしない画質かと思います。
【音質】
音もそこそこ。
LPCMやロスレスサウンドの収録はなく、ドルビーデジタルかDTSでの収録です。
個人的にはDTSのほうが重みのある音になっていたのでそちらで視聴。
重低音は中々重みのある音でよく出ています。
ただ高音の伸びが非常に悪い。
詰まりを感じるレベルで広がりに欠けます。
サラウンド感は一部シーンでよく出るものの、基本はドラマ調なのであまりありません。
セリフ部分は比較的クリアで良好。
音質面は中々ですが高音の詰まりがマイナス点です。
【物語】
内容はサスペンス調のサイコスリラー。
先の読めない緊迫した展開の数々。
この先どうなるのかと気になる展開の連続です。
終盤までグイグイとスリリングな展開で引っ張ってくれる。
アクションシーンはほぼなくドラマ調ですがスリリングな心理描写や展開が続きます。
テンポもよく2時間弱の作品ですが全く飽きる事はありませんでした。
ただ、リアルなようでいて、非現実的なSF的要素が入ってきてしまいます。
設定的にも首を傾げてしまうような箇所も。
ここは好みが別れるでしょうし、合わない人はダメかもしれません。
個人的には終盤までどうなるのかと引き込まれていきましたが、ラストの展開はあまり好みではありませんでした。
また、幾つかの伏線を張っておきながら、最後まで何だったのか分からない箇所も。
とは言え、個人的には最後まで緊張感を持って見る事ができましたし中々面白かったです。
何より役者の演技がすごかった。
内容よりも演技力で面白さが増した作品だと思います。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で予告(日本語字幕なし)、SD画質でメイキングやドキュメンタリー、未公開シーンにNGシーンなどと中々。
【総評】
画質/音質はあまりパッとしませんので、役者や作品のファンなら。
なお、パラマウントがBD陣営から撤退後に発売が中止、再度BD陣営に参入し再発売となりましたが、前々から発売されていたものと仕様などは同じです。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション】
原題:THE MANCHURIAN CANDIDATE
監督:ジョナサン・デミ
出演:デンゼル・ワシントン
製作年:2004年
発売日:2007/05/25
再発売日:2008/07/25
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/16 06:30 ] か行 | TB(0) | CM(0)

ワイルドシングス エロティック・バージョン 

ワイルドシングス エロティック・バージョン

▼ジャケット表
wildthings1.jpg

▼ジャケット裏
wildthings2.jpg

▼盤面
wildthings3.jpg

▼仕様
・時間:約115分
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
匂いたつエロスと犯罪の香り。
このふしだらなパズルは誰にも解けない。
まばゆい陽光降り注ぐフロリダ州エバーグレーズのブルー・ベイ。
美しく広がる海のある町で、スキャンダラスな事件が起きた。
良家の子女が通うブルー・ベイ高校の女子生徒ケリーが、指導カウンセラーのサム・ロンバードからレイプされたと訴えたのだ。
だがそれは、単なる事件の始まりだった…。
エロティックな映像の数々と、見るものすべての予測を裏切るトリッキーな物語で話題騒然となったあの『ワイルドシングス』が、未公開映像を追加した"エロティック・バージョン"で登場!

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインはやや強めに処理されており暗部シーンではうるさく感じるかもしれません。
フィルムライクな質感は出ていますが、バラツキがあり安定していない。
アップシーンや人物の質感はよく綺麗に出ている。
シャープさはイマイチで、輪郭が甘めです。
引いたシーンでは顕著で細かい箇所の再現がギリギリの印象を受けます。
暗部シーンは前述の通りノイジーに感じます。
全体的に古臭さの残る映像ですので、ソース自体あまりよくないのかもしれません。
他のBD作品と比べると並程度。
ソースの問題もあるかと思いますが、正直もう少し頑張れたかもと思える画質です。
安定せず大雑把な仕上がりになっています。
【音質】
音もそこそこ。
重低音は軽く重みのない音です。
音が軽いのでどうも迫力に欠ける。
高音はそこそこよく出ていますが通る音ではありません。
サラウンド感はあまり感じる事はないです。
セリフ部分は比較的クリアで聞き取り易くてよい。
原音からしてこの音質の可能性が高いですので仕方ないでしょうか。
特筆する事のない平凡な音質です。
【物語】
内容は展開がめまぐるしく変わるサスペンス作品。
とにかく先の読めない展開です。
初見で展開の予測を的中させるのは無理と言い切れるほど、二転、三転…と展開していく。
テンポもよく引き込まれる作りなので飽きる事もありません。
ただ、個人的にはやりすぎな印象も。
やり過ぎてしまってどんでん返しに慣れてしまう。
途中までの展開は驚き、ラスト近くはやり過ぎ、と個人的には惜しい作品。
とは言え楽しむ事はできましたし秀逸な作品だと思います。
エロティック・バージョンとの事ですが、大してエロティックな訳ではなくセクシーなシーンがいくつかある程度です。
【特典】
特典はSPEの他作品予告が収録されているのみで、ワイルドシングスについての特典は皆無と不満大。
【総評】
画質/音質/特典とパッとする訳ではありませんので、作品のファンなら。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ワイルドシングス エロティック・バージョン】
原題:WILD THINGS
監督:ジョン・マクノートン
出演:ケビン・ベーコン、マット・ディロン、ネーブ・キャンベル、デニース・リチャーズ
製作年:1998年
発売日:2007/09/26
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/15 05:50 ] わ行 | TB(0) | CM(0)

トリスタンとイゾルデ 

トリスタンとイゾルデ

▼ジャケット表
tristanisolde11.jpg

▼ジャケット裏
tristanisolde12.jpg

▼盤面
tristanisolde13.jpg

▼仕様
・時間:126分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
あなたは知っているだろうか?
『ロミオとジュリエット』の元になった悲恋の物語が存在していたことを。
時は1500年前、暗黒時代のイギリス。
コーンウォールの領主マークを育ての父に持つ、トリスタンという名の勇敢な騎士がいた。
戦闘で瀕死の重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着いた彼は、アイルランド王の娘イゾルデにかくまわれ、献身的な介護を受ける。
粗末な海辺の小屋で過ごす濃密な時間の中で、ごく自然に結ばれる2人。
だが、運命の女神は、離別よりも残酷な試練を彼らに用意していた。イゾルデと領主マークの政略結婚。
トリスタンとイゾルデのかなわぬ愛は、国を滅ぼしかねない危険なものへと変貌を遂げていく…。

▼感想
【画質】
映像は結構厳しいです。
フィルムグレインは強くかけられているのですが、この処理が非常に荒い。
ノイズというよりも黒く汚いと思えるグレインになっています。
シャープさはそこまで悪くないのですが、細かい箇所はグレインにより潰れてしまっている。
アップのシーンの質感は中々よいです。
とにかく厳しいのが暗いシーン。
諧調は散々で、完全に潰れてしまっている箇所が多い。
これは破綻と言っていいレベルです。
距離を置いて見る分にはあまり気にならないかもしれませんが、大画面で見るとかなり厳しいです。
他のBD作品と比べても並以下の厳しい部類。
126分の作品をMPEG-2で1層収録するのは無理があります。
仕様からして期待できませんでしたが、想像通りの厳しさでした。
【音質】
音はよいです。
重低音はよく出ていて厚みのある音。
重いサウンドが響きますので迫力がある。
高音もよく伸びて広がりがあります。
サラウンド感も十分感じる事がでます。
少し音の位置が定まっておらず、自分の環境では違和感を感じる箇所もありましたが良好。
セリフ部分もクリアですし、音質面は中々満足です。
【物語】
内容は1500年前のイングランドとアイルラインドの戦いを舞台にした悲恋の物語。
シェイクスピアのロミオとジュリエットに影響を与えた作品で、ワーグナーの楽劇でも有名です。
設定は映画用に変えてあり大筋は似ていますが独自の物語になっています。
最初の展開からグイグイと引き込ませてくれる作り。
戦闘シーンの迫力もよく臨場感があります。
2時間弱の作品ですがテンポがよいので飽きずに楽しむ事ができました。
それぞれの内面や苦悩もよく描かれている。
役者の演技も秀逸だと思います。
悲恋という切ない物語ながら、綺麗にまとめているので、すっきりと見る事ができました。
【特典】
特典はHD画質で予告のみと寂しいです。
トップメニューがないのも不満大。
【総評】
音質や内容はよかっただけに、一昔前の仕様で発売になったのは大変残念で仕方ありません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【トリスタンとイゾルデ】
原題:TRISTAN & ISOLDE/TRISTAN + ISOLDE
監督:ケヴィン・レイノルズ
出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ
製作年:2006年
発売日:2008/07/23
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/13 17:16 ] た行 | TB(0) | CM(0)

じゃりン子チエ 劇場版 

じゃりン子チエ 劇場版

▼ジャケット表
jarinkochie11.jpg

▼ジャケット裏
jarinkochie12.jpg

▼盤面
jarinkochie13.jpg

▼仕様
・時間:110分(本編)/2分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
笑いあり涙ありのなにわ人情喜劇。
日本一不幸な小学生チエちゃんが今日も奮闘中!
小学5年生のチエは、博打に明け暮れる父・テツにかわってホルモン焼き屋を切り盛りする健気な小学生。
やさしい母・ヨシエは、テツに愛想をつかして只今家出中。
そんなチエを取り巻くのはかなり個性的な大人ばかり…。
名匠・高畑勲がはるき悦巳の原作を得て作り上げたなにわ印の人情喜劇。
当時の"MANZAIブーム"を反映したお笑い芸人中心のキャスティングも絶妙。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインは強めにかけられております。
バラツキはあるものの全体的に少しうるさく感じるかもしれません。
シャープさは中々いいです。
どうしても細かい箇所の輪郭は弱くなってしまいますが満足できるレベル。
暗部シーンの諧調表現はよいです。
作品が古いという事もあり状態が悪いのか小傷などがチラつきます。
破綻する箇所もなく丁寧に再現されているのですが、ハイビジョンらしさという意味ではどうしても弱い。
ビスタサイズですが少し額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べると並程度じゃないでしょうか。
古い作品なので新しいタイトルと比べるのは酷ですが、再現性は十分満足できると思います。
【音質】
音はチープな音ですが仕方ありません。
重低音はほとんど鳴る事がなく軽い。
高音は詰まりがちで伸び切りません。
サラウンドはモノラルサウンドなのでありません。
セリフ部分はクリアではあるものの、こちらも詰まりがち。
全体的に音の広がりにかけ詰まってしまっています。
古い作品ですし原音からしてそうだと思いますので仕方ありません。
【物語】
内容はじゃりン子チエの劇場版アニメ。
大阪の下町を舞台にした人情溢れるアニメです。
漫画的要素もありながら人情ドラマ仕立てにしたお話。
それぞれのキャラの個性が出ていて掛け合いも楽しいです。
当時売れていた吉本芸人の声も、時折棒読みながら作品の雰囲気に合っていてよい。
見ていて元気になれるそんな作品。
子供向けではなく大人向けの人情物語だと思います。
【特典】
特典はHD画質で予告のみ。
封入のブックレットは中々出来がよく満足できます。
【総評】
画質/音質は作品の年代からしてどうしても古さが出てしまっていますので、作品のファンなら。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【じゃりン子チエ 劇場版】
監督:高畑勲
出演:中山千夏(声)、西川のりお(声)、西川きよし(声)
製作年:1981年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/11 00:33 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

ウォーター・ホース 

ウォーター・ホース

▼ジャケット表
waterhorse11.jpg

▼ジャケット裏
waterhorse12.jpg

▼盤面
waterhorse13.jpg

▼仕様
・時間:約112分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフが贈る、ファンタジー・アドベンチャー大作!!
孤独な日々を過ごす少年アンガスは、ある日、ネス湖で不思議な卵を見つけ持ち帰る。
なんとそれは伝説の生き物"ウォーター・ホース"だった。
やがて友情と信頼で結ばれ、かけがえのない存在になっていくが、平和な日々は長く続かなかった。
砲撃の的となってしまったウォーター・ホースを逃がそうとアンガスは懸命になるのだが…。
果たして少年はたった一人のトモダチを守ることが出来るだろうか?

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です
フィルムグレインは細かい粒状感のものが適度に点在しています。
うるさく感じる事は全くなくフィルムライクな味のあるとてもいい質感。
人物描写がとてもよい。
シャープさは細かい箇所もしっかりと再現されていてよいです。
スコットランドの美しい風景が見事に映し出されている。
この素晴らしい画質での風景を見るだけでも価値があります。
暗部シーンや動きのあるシーンでも丁寧に再現されていて破綻する箇所も皆無。
少し独特な色調のある作品ですが、綺麗で素晴らしいです。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
この映像で出してくれるなら大満足です。
【音質】
音もとてもよい。
重低音は抑えめながらしっかりと響きのある音。
高音は大変よく伸び、綺麗な音が広がります。
サラウンド感もよく感じる事ができ、水音の再現などは見事。
セリフ部分もクリアですし、全体的にクリアで美しい音が出ています。
音質面での不満もありません。
【物語】
内容は戦時中を舞台にネス湖伝説を元にしたファンタジー作品。
戦時中という世界観ながらリアリティは全くありません。
設定には突っ込み所満載ですので、ファンタジーとして見ないと厳しいかも。
とにかく美しいスコットランドの雄大な風景が素晴らしいです。
画質がいいからこそ、この風景のおかけで不思議な世界に入れます。
CGはリアルで違和感もない。
テンポは悪くはないのですが、展開は読める王道なので少しダレるかもしれません。
ありきたりな展開ですので安心して見れる反面、起伏もあまりなく平凡に感じるかも。
感動作のようですが個人的にはあまりくるものがありませんでした。
演出次第でもっと感動的な作品に出来たと思うので残念な作品。
普通に見る事はできたものの、全体的に中途半端に終わってしまった印象です。
【特典】
特典はバーチャル・クルーソー・ゲームの他、HD画質で未公開シーン集、メイキング&ドキュメンタリー集と中々豪華。
バーチャル・クルーソー・ゲームは簡単な育成ミニゲームといったもの。
【総評】
画質/音質/特典はかなりよく大変満足できる仕上がりですので、内容に興味があるようでしたら是非。
個人的に内容自体は印象が強い訳ではありませんが、他の仕様がよく満足できる一本でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【ウォーター・ホース】
原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP
監督:ジェイ・ラッセル
出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン
製作年:2007年
発売日:2008/08/06
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/10 00:22 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

イノセンス アブソリュート・エディション 

イノセンス アブソリュート・エディション

▼ジャケット表
innocenceabsolute11.jpg

▼ジャケット裏
innocenceabsolute12.jpg

▼盤面
innocenceabsolute13.jpg

▼仕様
・時間:約99分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンド/日本語
・音声②:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEX/日本語
・音声④:DTS-ES/6.1chサラウンド/日本語
・字幕①:劇場公開時字幕
・字幕②:日本語字幕
・字幕③:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
「イノセンス」は、進化する。
鬼才・押井守監督が手掛け、現代を生きるすべての人たちに問う衝撃の問題作として世界中で高い評価を得た「イノセンス」。
ブルーレイディスクの更なる可能性を極限まで追求し、驚異的な高品位の映像美と臨場感溢れる圧倒的な音声を備えた究極のハイクオリティ!
西暦2032年、人とサイボーグ、ロボットが共存する近未来。
愛玩用アンドロイドが暴走を起し、所有者を惨殺する連続事件が発生。
政府直属の機関・公安九課の刑事バトーが捜査に着任するが、"謎のハッカー"による妨害がその行く手を妨げる。
事件の真相を追い求めるバトーが最後に見たものとは…。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインのかかった映像になっています。
暗いシーンでは少しノイジーに感じる事があるものの全体を通すと良好。
デジタルらしさのある映像ながらフィルムライクな味付けをバランスよく入れています。
輪郭も綺麗に出ており、時折ぼやける箇所を除いて細かい箇所も見事に再現しております。
情報量の大変多い作品なのでそれが再現できているのは見事。
暗部シーンも丁寧に再現されていて美しい。
旧版との違いは動画圧縮規格がMPEG-2からMPEG-4 AVCに変わった事。
マスター自体は同じものを使っているようです。
元々、旧版の映像クオリティも大変高かったため、違いに気付くのが困難です。
並べてみて凝視しても違いに気付くか分からないような差。
よく見てみるとフィルムグレインの乗り方が若干違ったりしているのですが、ほとんど変わりません。
自分は映像だけ見てどちらかと言われても分からないと思います。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
旧版との差という意味ではほとんどありませんが、元々大変綺麗な出来なのでかなり満足できる映像美を堪能できる。
【音質】
音はかなりいいです。
重低音はしっかりと響き厚みのある音。
そしてとにかく驚嘆するのは高音。
大変伸びがよく綺麗に出ていてクリアなサウンドになっております。
サラウンド感も十分感じる事ができる。
セリフ部分は少し聞き取りにくさがあるものの、調節をするとクリアで満足なレベルに。
旧版との違いですが、生のLPCMがドルビーTrueHDとDTS-HD Master Audioというロスレスサウンドになった事。
7.1chから6.1chになった事。
概念としてはロスレスなので同じ音質のはずですが、聞いてみると違いがあります。
違いの分からなかった画質面と比べて、音質の違いはそれとなしに気付く事ができる。
正直好みによるかと思います。
サラウンド感については、7.1chから6.1chと減ってしまいましたが、6.1chのほうが自分の環境ではよく聞こえました。
音の位置が定まって綺麗に臨場感ある音が出てくれる。
音の移行がスムーズになった気がします。
ただ、旧版の音質もとても素晴らしいものでしたので、はっきりとした違いはありません。
環境による微妙な違いと好みによると思います。
【物語】
内容は攻殻機動隊の続編にあたるもの。
相変わらず難解なストーリーです。
難しい単語や格言などの羅列で押井節満載。
また前作を観ていないとついていけない箇所も多いです。
攻殻機動隊の各シリーズを見てきたので以前よりは流れや単語が分かるようになりましたが、それでも全ては理解できていません。
ただ観る程に理解力が高まり作品のテーマは見えてくる。
そして映像美やサウンドはとても素晴らしく不思議な空間へ連れ去ってくれる。
間違いなく人を選ぶ作品だと思います。
【特典】
特典は旧版に入っていたイノセンス関連の特典がバッサリと省かれ、HD画質で押井守監督の最新作、スカイ・クロラの鼎談や予告映像が入っています。
さらに初回特典としてジャケットが通常のBDパッケージではなく、メタルケースになっています。
【総評】
内容云々は抜きにして、画質/音質は素晴らしいものがありますので、旧版を持ってない方はリファレンスディスクとして是非。
ただ、旧版を持っている人が買い替える価値があるかと言われれば、正直差はほとんどありませんので、よほどの作品のファンか、特典やメタルケースに魅力を感じた場合のみ買うといいかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【イノセンス アブソリュート・エディション】
原題:INNOCENCE/Ghost in the Shell 2 : Innocence
監督:押井守
出演:大塚明夫(声)、田中敦子(声)、山寺宏一(声)
製作年:2004年
発売日:2008/08/06
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/08 21:31 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

デビル 

デビル

▼ジャケット表
devil11.jpg

▼ジャケット裏
devil12.jpg

▼盤面
devil13.jpg

▼仕様
・時間:約111分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ハリソン・フォード×ブラッド・ピット。
2大スターが対決するサスペンス・アクション超大作。
ニューヨークの実直な警官トムの家に下宿人としてやって来た、純朴で快活なアイルランド青年ローリー。
しかし、その天使の笑顔の裏側には、国際手配されたIRAのテロリスト、"エンジェル"という"悪魔の顔"が隠されていた…。
ハリソン・フォード&ブラッド・ピット、人気と実力を併せ持つハリウッド最高のスターが、スクリーンで対決!
友情と裏切り、そして復讐。
まったく違った道を生きる2人の男の正義と意地が、火花を散らして激突する。
北アイルランドの残酷で哀しい現実を背景に、犯罪都市N.Y.で息もつかせぬサスペンスが展開する。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインは強めに処理されており、うるさく感じる箇所も。
特に暗部シーンで顕著に現れます。
シャープさもイマイチで輪郭が安定していません。
色調もあまりよろしくなく、質感もぼんやりしている。
暗部シーンの映像にノイジーに感じたり諧調が悪かったりと厳しさが残ります。
時折ハッとする高画質な箇所もあるのですが、全体を通すとメリハリの欠ける映像です。
再現性はよさそうなのでおそらくソース自体あまりよくないのかと思います。
他のBD作品と比べると並程度。
ソースからしてあまりよくなさそうなのでこれ以上は望めないのかもしれません。
【音質】
音もそこそこ。
全体的に鳴りの控えめなサウンドになっています。
重低音は軽く重みや厚みを感じない音。
基本はドラマ調なのですが、時折あるアクションシーンの音がとても軽く違和感を感じます。
高音は綺麗に出ていて満足。
サラウンド感はあまり感じる事ができませんが、音全体としての臨場感はあります。
セリフ部分はクリアで聞き取り易い。
音質面では重低音の作りがイマイチでしたがこれは原音もそうでしょうし仕方ないのかも。
【物語】
内容はIRAと警官という組み合せのサスペンス映画。
ある程度アイルランドの歴史について知った上で見ると面白さが違うと思います。
リアリティはあまりなくご都合主義で展開しますが、心理描写はよく描けている。
心の葛藤や闇の部分に重きをおいた作品。
ですので、2大スターを使っていながら非常に地味な出来に仕上がっています。
淡々としたテンポで進みますので、メリハリに欠ける。
ただ先の気になる展開ですので飽きる事はありません。
ラストの展開はあまり好みではありませんが、普通に考えながら楽しむ事ができました。
【特典】
特典はSPEの他作品予告が収録されているのみで、デビルについての特典は皆無と不満大。
【総評】
画質/音質面もパッとしませんし特典も皆無なので、作品や役者のファン以外にはお薦めできません。
特典が何もないため総合では★を1つ減らしています。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【デビル】
原題:THE DEVIL'S OWN
監督:アラン・J・パクラ
出演:ハリソン・フォード、ブラッド・ピット
製作年:1997年
発売日:2008/05/21
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/07 21:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

MEMORIES 

MEMORIES

▼ジャケット表
memories11.jpg

▼ジャケット裏
memories12.jpg

▼盤面
memories13.jpg

▼仕様
・時間:113分(本編)/2分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大友克洋が贈る三つの夢幻世界!
豪華クリエイター競演のオムニバス・ストーリー。
EPISODE 1 MAGNETIC ROSE 彼女の想いで
宇宙空間のゴミ回収、破壊を請け負っている4人は、ある日不思議な浮遊物を発見する。
それは、あるソプラノ歌手の怨念が作り上げた世界であった…。
EPISODE 2 STINK BOMB 最臭兵器
ちょっとして手違いから、ある薬を服用してしまった男。
しかし、それは服用した人間から発生させるガスによって、人間を意識不明にしてしまうとんでもない物だった!
EPISODE 2 CANNON FODDER 大砲の街
今日も敵への攻撃成果が発表され、子供達は学校で軍事教練を受けている。
そこは、無敵の大砲を装備した巨大な移動都市だった。

▼感想
【画質】
映像は各作品ごとにバラツキがあります。
エピソード1はフィルムグレインが抑えめながらいい質感のある画質。
シャープさもよく、時折ぼんやりとブレる箇所を除いては全体的に高画質。
暗部シーンの再現性もいいので古い作品ながらとても綺麗に感じる事ができます。
単体での画質評価なら★4~5くらいでしょうか。
エピソード2はフィルムグレインが強めに処理されています。
ノイジーでうるさく感じるシーンが多いかもしれません。
シャープさも弱めで輪郭がぼんやりしがち。
フィルムの傷やゴミのようなものがチラつきます。
単体での画質評価なら★3くらいだと思います。
エピソード3は適度なフィルムグレインがかかったフィルムライクな質感。
独特な映像をうまく再現できています。
輪郭は少しぼけ気味でハッキリしない箇所が多い。
フィルムの傷やゴミのようなもののチラつきが少し気になるかもしれません。
単体での画質評価なら★3くらいだと思います。
どのエピソードも画角はビスタサイズですが額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べると並程度じゃないでしょうか。
エピソードごとに画質の差があるので一概に言えませんが、作品の年代などを考えるとそこそこ満足できるレベル。
【音質】
音は中々。
重低音は控えめで音が少し軽いです。
厚みのあるサウンドではなく浮く感じの音。
これは原音からしてそうなのかもしれません。
高音は中々よく出ていてよく通ります。
エピソード1のオペラやラスト付近のテクノサウンドは高音がよく出ているのでいい音に聞こえます。
サラウンド感は中々よく出ている。
ただ音のバランスがあまりよくないので調節が必要かもしれません。
セリフ部分はかなり聞き取りにくい箇所が多い。
音が重なってしまってクリアではない。
作品の古さもあり相対的に評価するとそこまでよくはないですが、再現性は十分な音質かと思います。
【物語】
内容は短編オムニバスアニメ集。
それぞれSF要素があるという部分以外は全く違ったテイストなのが面白いです。
エピソード1はシリアスなSFアニメとして大変出来がよい。
演出なども素晴らしいですし、3作品の中で最も力が入っています。
緊迫のシーンや哀愁漂うストーリーなどそれぞれの質が高い。
エピソード2はコメディタッチの現代SF。
少し古くささがあるもののノリとテンポがよく楽しめます。
エピソード3は実験的な作品。
ストーリーがあると言ったものではなく、映像的な試みや独特な世界観が満載です。
個人的には別になくても…。
短編集という事でそれぞれのテンポがよいです。
楽しんで見る事ができました。
特にエピソード1の出来はよく、単体で見れば満点を付けたい出来。
【特典】
特典はHD画質で予告のみ。
封入のブックレットは中々出来がよく満足できます。
【総評】
画質/音質はどうしても古くささが残っておりますので、作品のファンなら。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【MEMORIES】
原題:Memories
監督:大友克洋
出演:磯部勉(声)、山寺宏一(声)、高島雅羅(声)
製作年:1995年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/05 17:27 ] ま行 | TB(0) | CM(0)

メトロポリス 

メトロポリス

▼ジャケット表
metropolis11.jpg

▼ジャケット裏
metropolis12.jpg

▼盤面
metropolis13.jpg

▼仕様
・時間:107分(本編)/3分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
手塚治虫の描いた「夢の未来世界」が甦る。
SF漫画の古典的名作を、りんたろう&大友克洋が映画化!
私立探偵のヒデオヤジと甥のケンイチは、人間とロボットが共存する巨大都市国家メトロポリスにやって来た。
支配者レッド公が作り上げた高層ビル「ジグラット」の完成式典で賑わう中、2人は国際指名手配中のロートン博士を捜す。
博士の研究所で偶然救い出した謎の少女ティマと心を通わせるケンイチ。
だが、レッド公の養子であるロックが彼女の命を狙っていた。
ティマに隠された秘密が明らかになる時、巨大都市の運命が揺れ動く!

▼感想
【画質】
映像はそこそこです。
フィルムグレインは強めに処理されています。
明るいシーンではあまり気になりませんが、暗いシーンではノイジーに感じる事があるかもしれません。
フィルムライクな質感にはなっていますが、個人的には強すに感じる箇所がチラホラありました。
画質が安定しておらず波のある画質です。
シャープさは少し柔らかく弱めです。
アップのシーンは綺麗な輪郭が出ているのですが、細かい箇所はぼんやりしがち。
ひょっとしたらソースの解像度が足りてないのかもしれません。
そんな印象を受ける箇所が結構ありました。
暗部シーンはグレインの強さが気になるものの、破綻する箇所などありません。
色調豊かな箇所や動きある箇所も綺麗に再現できています。
常時高ビットレートを維持しており、このような箇所で破綻しないのはBDならではだと思います。
しかし、丁寧に再現されている分、CG箇所でのアラが見え隠れします。
当時としては画期的な映像でしたが今見るとチープな作りが、BDだからこそくっきりと見えてしまう。
画角はビスタサイズですが額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べるとそこそこ綺麗な部類です。
再現性はさすがですが、全体的に解像度が足りてないような、一見してすごいという画質ではありません。
【音質】
音は中々。
重低音は抑えめですが、しっかりと厚みのある音。
高音は大変よく出ており綺麗です。
ジャズのBGMが綺麗に出ている。
サラウンド感はそこまで強くありません。
セリフ部分は全体的にはクリアなのですが、一部で他の音と重なってしまい聞き取りにくさが残ります。
音質面でも再現性は十分かと思います。
【物語】
内容は近未来ロボット世界を描いたSFアニメ。
近未来を描いているのですが、どこかレトロテイストのある世界観。
手塚治虫らしい未来世界が構築されています。
ストーリー的にはロボット社会での話なのですが、心理描写や緊迫感が不足している印象が強い。
アクションシーンや緊迫する展開など盛り込まれているのですが、全くドキドキするような緊迫感が伝わってこないのです。
演出が自分には合わなかったのかもしれません。
音楽にジャズを使っていて作品の雰囲気と合っているものの、そのような箇所でも同じ調子なので入り込めませんでした。
メリハリのある展開でも淡々と進んでいく感じです。
キャラクターはよく動きますし、CGを使った世界は目を見張るものがあります。
ただ、画質箇所でも述べたように今改めて見ると、少しCG箇所のアラが目立つのはご愛嬌。
ストーリーや展開はかなり好みなのですが、演出面がイマイチで面白くなくなってしまった惜しい作品です。
この演出が合うか合わないかで好みが別れる作品だと思います。
【特典】
特典はHD画質で特報、予告のみ。
封入のブックレットは中々出来がよく満足できます。
【総評】
画質/音質はBDらしさが伝わってきますので、あとは作品が合うかどうか。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★☆☆☆
・特:★★☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【メトロポリス】
原題:Metropolis
監督:りんたろう
出演:井元由香(声)、小林桂(声)、岡田浩暉(声)
製作年:2001年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/03 10:10 ] ま行 | TB(0) | CM(0)

マクロスF(フロンティア) 1 

マクロスF(フロンティア) 1

▼ジャケット表
macrossfrontier11.jpg

▼ジャケット裏
macrossfrontier12.jpg

▼盤面
macrossfrontier13.jpg

▼仕様
・時間:32分(本編)/51分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/2.0chステレオ/日本語
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
恋と友情と惑星の運命が交差する超銀河ラブストーリー!!
西暦2059年。
地球人類は、新天地を求めて銀河の各方面へと超長距移民船団を送り出していた。
そのひとつ<マクロス・フロンティア>は1000万人以上が暮らし、銀河中心を航行中の船団だ。
新統合軍の戦闘艦と一体化した居住艦では、人びとは地球上と変わらぬ平和な生活を送っていた。
バジュラからの攻撃を受けるまでは…。
01 クロース・エンカウンター
Yack Deculture edition
マクロス・フロンティアで、アイドル・シンガーのシェリル・ノームがコンサートを開催することになった。
彼女に憧れる女子高生ランカ・リーは、コンサート会場へ向かう途中、パイロット養成コースの高校生、早乙女アルトと偶然に出会う。
時を同じくして、フロンティア船団は、突如、未知の宇宙生物から襲撃を受ける!

▼感想
【画質】
映像は中々です。
グレインは見受けられずTVアニメらしいすっきりとした映像。
シャープさは全体的にソフトフォーカスをかけたような柔らかな映像になっています。
少しぼやっとした映像になっていて、くっきりとした輪郭線とは違います。
動きの激しいシーンや色彩豊かなシーンなどがありますが、破綻する事なく再現されています。
これは高ビットレート収録のBD版ならではなんじゃないでしょうか。
3Dシーンも違和感なく溶け込んでますししっかり再現できています。
ハイビジョンらしさを感じる事はできる画質で、再現性はとてもよい。
他のBDアニメと中々綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
この質でTVアニメシリーズが出るなら十分満足できると思います。
【音質】
音は中々。
重低音はやや軽めながらしっかり鳴っていますし迫力はあります。
高音はとてもよく伸びる音。
綺麗な高音が出ているため透明感のあるサウンドになっている。
サラウンド感はステレオという事でありません。
セリフ部分は一部シーンで他の音と重なり聞き取りにくい箇所があるものの、全体を通すとクリアな部類。
TVアニメシリーズながら、綺麗に抜ける音なので中々綺麗に聞こえて満足できます。
【物語】
内容はTVアニメマクロスFの第1話収録です。
第1話のみ収録ですが、Yack Deculture、Deculture、TV放映版の3バージョンを収録しています。
Yack Deculture editionが完全版との事なのでそちらを視聴しました。
第1話との事でこれからの展開に続く冒頭部分。
ですが、しっかりと見せ場があったりと出来のいいアニメです。
3D箇所は大変よく動きますし、ライブシーンの出来なども中々。
第1話ながら作品の魅力を伝えてくれる。
次へ続く気になる展開で終わります。
これからDVDと毎巻同時発売との事で楽しみです。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でマクロスグッズ紹介、バンダイビジュアルBD紹介(コードギアス、ケータイ捜査官7)。
封入特典で16Pのブックレット。
初回封入特典で、作品内に出て来る娘々シール。
【総評】
画質/音質は満足できるレベルですし、作品のファンなら是非BD版を。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【マクロスF(フロンティア) 1】
監督:河森正治(総監督)、菊地康仁
出演:中村悠一(声)、遠藤綾(声)、中島愛(声)
製作年:2008年
発売日:2008/07/25
販売元:バンダイビジュアル

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/08/02 16:32 ] ま行 | TB(0) | CM(2)

2008年08月発売リスト 


▼2008/08/06

インビジブル ディレクターズ・カット版
Amazon

N.Y.式 ハッピー・セラピー
Amazon

ヴィドック
Amazon

ウォーター・ホース
Amazon】【評価/批評

花より男子2(リターンズ) Blu-ray Disc BOX
Amazon

イノセンス アブソリュート・エディション
Amazon】【評価/批評

アクアプラスフェスタ2007 IN 横浜
Amazon

▼2008/08/13

徳永英明/VOCALIST & SONGS 通算1000回メモリアル・ライヴ
Amazon

▼2008/08/20

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20,000km 全線走破 秋編
Amazon

バンテージ・ポイント
Amazon】【評価/批評

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
Amazon】【評価/批評

サンタナ with フレンズ/ピース・コンサート ライヴ・アット・モントルー 2004
Amazon

イエス/ライヴ・アット・モントルー 2003 25th. アニバーサリー
Amazon

ディープ・パープル/ライヴ・アット・モントルー 2006
Amazon

▼2008/08/22

機動戦士ガンダム MSイグルー -1年戦争秘録- 1 大蛇はルウムに消えた
Amazon

機動戦士ガンダム MSイグルー -1年戦争秘録- 2 遠吠えは落日に染まった
Amazon

機動戦士ガンダム MSイグルー -1年戦争秘録- 3 軌道上に幻影は疾る
Amazon

機動戦士ガンダムOO 1
Amazon

機動戦士ガンダムOO 2
Amazon

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX
Amazon】【評価/批評

コードギアス 反逆のルルーシュ volume01
Amazon

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
Amazon

ケータイ捜査官7 File 01
Amazon

▼2008/08/27

世界遺産の癒し 3 鳥 Part.1
Amazon

▼2008/08/29

パットン大戦車軍団
Amazon

砲艦サンパブロ
Amazon

▼2008/08/30

琵琶湖線経由 223系新快速
Amazon

[ 2008/08/01 00:00 ] 発売済み | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。