スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ザ・フライ 

ザ・フライ

▼ジャケット表
thefly1.jpg

▼ジャケット裏
thefly2.jpg

▼盤面
thefly3.jpg

▼仕様
・時間:96分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
鬼才デイビッド・クローネンバーグの傑作ホラー!
画面上に現れるハエを狙うハエたたきゲーム「シューティング・ギャラリー」などブルーレイディスクならではの豪華特典を多数収録!
2基の離れた装置(ポッド)の一方から物質を解体し、もう一方に転送・再生する画期的な発明を成功させた科学者セス。
彼はついに自らの肉体を実験台に、人間の転送に成功するが、日が経つにつれ体調の異常に気づく。
転送実験の際、装置に偶然忍び込んでいた一匹の蝿。
その遺伝子が彼の体に組み込まれてしまったのだ。
やがてセスの肉体も精神も少しずつ変化し始めていく…。
鬼才デイビッド・クローネンバーグが名作『蠅男の恐怖』(1959)をリメイク、クリス・ウェイラスによる驚異のSFX映像が変異体へと変化してゆく人間の過程をグロテスクに描き出しホラー映画の新境地を開いた傑作である。
1986年度アカデミー賞メイクアップ賞受賞。

▼感想
未視聴。
視聴後感想はUPします。

▼個人的評価
・画:・・・・・
・音:・・・・・
・話:・・・・・
・特:・・・・・
・総:・・・・・

▼Amazon


【ザ・フライ】
原題:THE FLY
監督:デイビッド・クローネンバーグ
出演:ジェフ・ゴールドブラム、ジーナ・デイヴィス
製作年:1986年
発売日:2008/05/30
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スポンサーサイト
[ 2008/05/30 15:59 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

▼ジャケット表
narnia11.jpg

▼ジャケット裏
narnia12.jpg

▼盤面1
narnia13.jpg

▼盤面2
narnia14.jpg

▼仕様
・時間:143分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・音声④:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:DTS/5.1chサラウンド/フランス語
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:英語字幕(キャプション付き)
・字幕④:フランス語字幕
・字幕⑤:アラビア語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
世界中で愛され続けてきたC.S.ルイスの不朽の名作を、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルデン・メディアが史上空前のスケールで描く美しく壮大な冒険物語。
2555年の時を綴るナルニア国の年代記。
その第1章が遂に幕を開ける!
二次世界大戦下のイギリス。
ペベンシー家の4人の兄妹…ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、疎開先の空き部屋で大きな"衣装だんす"をみつける。
扉を開けると、そこは神秘の国«ナルニア»。
偉大な王アスランが創ったこの国は、冷酷な白い魔女の支配により100年の冬に閉ざされていただ。
やがて、言葉を話す不思議な生き物たちと出会った彼らは、この国の運命が自分たちに託されていることを知らされる。
時にナルニア暦1000年…この国の命運を決する戦いが、今始まろうとしていた。
驚くべき最新テクノロジーで、想像の世界を完全映像化したファンタジー超大作。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは控えめでかなり細かい粒状感のあるもの。
色調が抑えめだからか少しのっぺりとした画質になっております。
鮮明ではありますので好みによるかと思います。
シャープさはよく輪郭も丁寧に再現できています。
暗部なども綺麗に再現できておりますしいい出来です。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入るかと思います。
質感で好みが別れそうですが十分高画質で満足できる。
【音質】
音は大変よい。
重低音の響きは大変よく重いサウンドが芯に届きます。
高音も綺麗に出ていて伸びのある音に。
全体の広がりがよく奥行きを感じる音。
サラウンド感も十分感じる事ができて臨場感がある。
セリフ部分もクリアですし、音質面での不満はありません。
【物語】
内容は正にファンタジーといったもの。
このファンタジーテイスト満載の世界観は嫌いではありません。
CGは時折、背景に人物が浮いており違和感あるものの、全体的にいい出来。
しかしどうにもストーリーが合いません。
ご都合主義満載で展開していきます。
ですのでドキドキやワクワクもなく進んで行く。
無理矢理すぎる展開な上に、作品時間が長いためかなりダレてしまいした。
主要の登場人物に魅力を感じないのも痛い。
ファンタジー要素としては好みなのですが、内容はあまり好みではありませんでした。
【特典】
特典は本編ディスクに音声解説やSD画質NG集など、特典ディスクにミニゲームやSD画質でメイキングと中々豪華。
でもせっかく別ディスクで特典を用意するならHD画質で収録して欲しかったです。
【総評】
画質/音質はよい出来ですので、後は内容が好みかどうかな作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★☆☆☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女】
原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:リーアム・ニーソン、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル
製作年:2005年
発売日:2008/05/21
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
[ 2008/05/25 20:06 ] な行 | TB(0) | CM(0)

ピーター・パン 

ピーター・パン

▼ジャケット表
peterpan1.jpg

▼ジャケット裏
peterpan2.jpg

▼盤面
peterpan3.jpg

▼仕様
・時間:約113分
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
誰も知らない夢と冒険が今甦る。
VFXを駆使した、驚きのファンタジー映像!!
ロンドンの寒い夜。
今夜もウェンディーは弟たちにおとぎ話を聞かせていた。
寝静まった部屋に忍び込んだピーター・パンとティンカー・ベルは、ウェンディーたちを永遠に子供のままでいられる国"ネバーランド"へ誘う…。
誰もが知っている壮大な冒険物語が、最新の映像美と美少年によって新たに命を吹き込まれた!

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒子感のあるもので一部の暗い箇所を除いてさっぱりとしています。
暗いシーンではやや強めに出るものの、フィルムライクな質感などはあまりなく、鮮明な質感になっております。
この作品に至ってはVFXを駆使したファンタジー作品ですので、こういうフィルムグレインの控えめな処理で正解かもしれません。
シャープさも十分でくっきりとした輪郭を再現できている。
暗いシーンやスピードのあるシーンも丁寧に映し出されております。
綺麗で鮮明な映像に仕上がっています。
他のBD作品と比べても綺麗な作品になるかと思います。
この画質で出してくれるなら文句なし。
【音質】
音も大変よい。
重低音はしっかり芯に響いてきます。
高音の伸びは大変よく広がってくれる。
綺麗で透明感のある美しいサウンドに仕上がっております。
音のバランスが大変よく聞き易い。
サラウンド感も十分感じられ迫力と臨場感がある。
セリフ部分もクリアですし、音質面での不満もなし。
【物語】
内容はピーターパンをVFXを駆使して実写化した作品。
とにかく映像美に驚かされます。
全く違和感のないCGにより実現できた実写化。
とても綺麗な画質と相俟って魅入ってしまいます。
ストーリーは有名なピーターパンですので驚きはありません。
ですが大変綺麗にまとまっていて楽しめる。
空を飛びながらの戦闘シーンなども見事。
子供向けな作品ではありますが、大人が観ても十分楽しめます。
テンポも悪くないですし最後まで飽きる事なく観れました。
正にファンタジーの世界を再現した作品です。
【特典】
特典はSD画質でもう一つのエンディング、未公開シーン、メイキング、ドキュメンタリーと中々。
【総評】
画質音質はいい出来ですし内容も有名な作品ですので、抵抗なければお薦めできる一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【ピーター・パン】
原題:PETER PAN
監督:P・J・ホーガン
出演:ジェレミー・サンプター、ジェイソン・アイザックス
製作年:2003年
発売日:2008/05/21
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/23 18:58 ] は行 | TB(0) | CM(0)

ドラキュラ 

ドラキュラ

▼ジャケット表
dracula1.jpg

▼ジャケット裏
dracula2.jpg

▼盤面
dracula3.jpg

▼仕様
・時間:約127分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
永遠の神話"ドラキュラ伝説"。
巨匠フランシス・F・コッポラ監督が、かつてないスケールで描く壮大なゴシック・ロマン。
400年の時を彷徨い、永遠の愛を求め続ける哀しき男。
最愛の女性を失い、神への復讐を誓ったドラキュラ伯爵と、自殺した伯爵夫人と生き写しのミナとの出会い。
そして、ドラキュラ・ハンター、ヘルシング教授の登場!
婚約者ジョナサンがいるにもかかわらず、愛し合ってしまったミナと伯爵の愛の行方は…?
巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、ブラム・ストーカーの原作を、見事な映像技術を駆使して再現し、ドラキュラを深い愛の中に生きた男として甦らせた。

▼感想
【画質】
映像は厳しいです。
フィルムグレインは強めでノイジー。
処理にバラツキがあり安定していないのですがうるさく感じる事が多いです。
とにかく気になるのがシャープさ。
輪郭が甘くボケボケで解像度が足りてないのではと思うくらい。
全体にもやっと霧がかかっているような印象です。
これが作品自体への敢えての狙いなのかもしれませんが画質という面で言うなら酷いレベル。
暗いシーンの多い作品という事も相俟って厳しい。
暗部箇所は破綻とまではいかないまでも潰れがちで見にくいです。
DVDと比べれば綺麗なのでしょうが、この程度なら画質のいいDVD作品をアプコンしたのと大差ありません。
他のBD作品と比べてもかなり厳しい部類に入ります。
これは作品のマスター自体がこういう物なのでしょうか?
相対的に見るならば厳しいと言わざるを得ません。
【音質】
音はそこそこ。
重低音の重圧さはなく軽い音になっております。
ですので迫力の感じられない、重々しさの出ない音に。
高音の伸びは中々よく通るのですが、重低音不足が気になりました。
セリフ部分もこもる訳ではありませんが、クリアとは呼べない出来。
サラウンド感は中々感じる事ができます。
音質としては並程度でしょうか。
こちらも原音自体がこういうものなのかな…。
【物語】
内容は豪華キャストで繰り広げられるドラキュラ映画。
ドラキュラがテーマですが、ホラーではなく愛をテーマにして描かれております。
それ故に個人的にはピントがどっちつかずになってしまった印象を受けてしまいました。
視点もころころと変わっていきますし分かりにくさもある。
あまり必要とは思えない箇所も多く、途中で間延びしてしまいダレてしまいました。
かなりの豪華キャストにも関わらずそれぞれ持ち味が出ていないのも残念。
ゲイリー・オールドマンの演技だけしかインパクトがありません。
独特な衣装やメイク、舞台などは不思議な美しさがあるのですが、それも低画質のせいで印象が薄いです。
好みは別れるでしょうが、自分には全く合いませんでした。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキングや予告、SD画質で未公開シーンなど中々。
【総評】
画質は元々の仕様なのかもしれませんが厳しいものがありますし音質もとりたててよくもありません。
ですので、本当に作品のファン以外にはお薦めできないです。

▼個人的評価
・画:★☆☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★☆☆☆☆
・特:★★★★☆
・総:★☆☆☆☆

▼Amazon


【ドラキュラ】
原題:BRAM STOKER'S DRACULA/DRACULA
監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ゲイリー・オールドマン、ウィノナ・ライダー、アンソニー・ホプキンス
製作年:1992年
発売日:2008/05/21
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/22 21:00 ] た行 | TB(0) | CM(0)

パフューム ある人殺しの物語 

パフューム ある人殺しの物語

▼ジャケット表
perfume1.jpg

▼ジャケット裏
perfume2.jpg

▼盤面
perfume3.jpg

▼仕様
・時間:147分(本編)+予告編
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/ドイツ語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
大ベストセラー小説の完全映画化!
全世界、衝撃のサスペンス超大作!!
その香りに、世界はひれ伏す。
18世紀、フランス。
類稀なる才能を持つ一人の赤ん坊が産み落とされた。
名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。
彼は何キロ先も先の匂いをかぎ分ける驚異の嗅覚の持ち主だった。
成長した彼はパリの調合師ジュゼッペ・バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に弟子入りして香水の作り方を学ぶと、さらに高度の技術を求めて香水の街グラースへと向かうのだった。
彼の欲望は"究極の香水 "を作ること、ただひとつ…。
彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水。
その原材料とは…?
禁断のベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』。
全世界で驚異的なベストセラーを記録した禁断の小説が遂に完全映画化!
超一流のスタッフ・キャストによって創り上げられた"香り"という映像。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のもと映画史にその名を刻むべく衝撃のサスペンス超大作が誕生した。

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
フィルムグレインは適度な粒子感を残しており大変よい質感。
フィルムライクで特に人物の存在感が違います。
シャープさもとてもよく輪郭もしっかりと保てている。
暗部シーンの再現性も文句なしでとても綺麗な諧調表現です。
とにかく驚くような高画質。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
トップクラスの画質と評価していい出来です。
【音質】
音もかなりよい。
重低音は重く響くような重圧感のある音。
高音の伸びもよく広がりのある音に。
サラウンド感はそこそこですが、音の存在感がよくハッとさせられる。
セリフ部分もクリアです。
音質面でも文句なしじゃないでしょうか。
【物語】
内容は匂いを主題にしたサスペンス調の作品。
匂いという主題をどう表現するのか楽しみでしたがとてもよい表現ができておりました。
映像から匂いが伝わってくるかのような表現。
かなりの高画質と相俟って見入ってしまいました。
ただ、ストーリーの流れ、主人公はかなり好みが別れます。
簡単に言ってしまえば変態的な作品。
自分は思いのほか見入ってしまって、長い作品にも関わらず疲れる事もなく最後まで観れたのですが、人によって受ける印象がかなり違いそうです。
嫌悪感すら感じる方もいるかもしれませんので、とても万人にお薦めできるような作品ではありません。
それまでのプロセスはじっと観てしまったのですが、ラストの展開はなるほどと納得できたものの、正直好みの展開ではありませんでした。
とにかく人を選ぶ作品なのは間違いありません。
【特典】
特典はSD画質で予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質音質は過去BD作品でもトップクラスとは言え、内容はかなり人を選びますのでお薦めしにくい作品ではあります。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【パフューム ある人殺しの物語】
原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
監督:トム・ティクヴァ
出演:ベン・ウィショー
製作年:2006年
発売日:2008/04/04
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/21 06:24 ] は行 | TB(0) | CM(0)

クリムゾン・タイド 

クリムゾン・タイド

▼ジャケット表
crimsontide1.jpg

▼ジャケット裏
crimsontide2.jpg

▼盤面
crimsontide3.jpg

▼仕様
・時間:116分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/2.0chサラウンド/タイ語
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:マレー語字幕
・字幕⑥:インドネシア語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・字幕⑨:日本語語吹替用字幕
・字幕⑩:タイ語吹替用字幕
・字幕⑪:ポルトガル語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG4-AVC

▼内容
核兵器搭載の原子力潜水艦で二人の指揮官が対立したとき、全人類の運命が緊迫する…。
2大アカデミー俳優デンゼル・ワシントン&ジーン・ハックマン主演、トニー・スコット監督、ドン・シンプソン/ジェリー・ブラッカイマー製作という最高のキャスト・スタッフで贈る『クリムゾン・タイド』がフルーレイディスクで登場!
冷戦後、再び緊迫した国際情勢下、核兵器を搭載した米軍原子力潜水艦アラバマが緊急出動した。
本国からの指令受信中に魚雷の攻撃を受け、通信が途絶える中、核ミサイル発射指令をめぐって強行派の艦長(ジーン・ハックマン)と慎重派の副艦長(デンゼル・ワシントン)は激しく対立、艦内に緊張が走る…。
核ミサイルの発射指令をめぐって起こる、原子力潜水艦内部の葛藤と混乱。
現実に起こりうる"核"の恐怖を、臨場感溢れる映像で贈る最高傑作!

▼感想
【画質】
映像はとても綺麗です。
フィルムグレインは程よい処理になっており細かい粒子感が残っている。
フィルムライクでいてうるさくも感じないとても好みなバランスです。
シャープさも十分感じる事ができる。
暗いシーンが多い作品ですが、破綻する箇所などもなく再現性が大変よいので見易いです。
暗いシーンが多いからこそ高画質が伝わります。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
トップクラスには及ばないものの、作品の年代を考えたら文句のつけようがない画質。
【音質】
音もよい。
重低音の鳴りは抑えてありますが、響く芯のあるサウンド。
しっかり重みがあり良質な音が出ております。
高音の伸びもよく満足ができる。
全体を通すとやや広がりに欠けるのですが、これは作品自体が潜水艦という狭い空間なので演出なのでしょうか。
サラウンド感はそこそこ。
セリフ部分はクリアでとてもよいです。
広がりに少し物足りなさを感じますが、音質は良好だと思います。
【物語】
内容は潜水艦を舞台にしたスリリングな映画。
派手なアクションがあったりといった作品ではありません。
しかしスリリングで緊迫した展開が続く。
心理や駆け引きをうまく描いていて手に汗握る展開が詰まっています。
役者の演技も秀逸で緊迫した展開を増大させる。
構成がよく起伏があるテンポで進むため飽きる事がありません。
ラストのまとめ方も好みです。
何度か観た作品ですが、それでも終始緊迫した雰囲気で観賞できました。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質で未公開シーン、舞台裏、メイキングなど中々。
【総評】
画質/音質は十分満足できますし、内容も好みなので満足度の高い一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【クリムゾン・タイド】
原題:CRIMSON TIDE
監督:トニー・スコット
主演:デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン
製作年:1995年
発売日:2007/10/17
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/19 20:08 ] か行 | TB(0) | CM(0)

インデペンデンス・デイ 

インデペンデンス・デイ

▼ジャケット表
independenceday1.jpg

▼ジャケット裏
independenceday2.jpg

▼盤面
independenceday3.jpg

▼仕様
・時間:145分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
7月4日、その日は全人類にとって忘れ得ぬ独立記念日になる…。
7月2日、早朝のニューメキシコ。
宇宙センターで衛星アンテナが奇妙な音をキャッチした。
報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。
その正体は異星人の宇宙空母であることが判明し、突然人類へ猛撃が始まる。
7月3日、既にワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの都市は廃墟と化し、地球滅亡の危機が迫っていた。
米大統領は人類存続をかけて、宇宙船への核攻撃を決行するが失敗に終わる。
7月4日のインデペンデンス・デイ(独立記念日)、米大統領の指揮の下、ついに人類は史上最大の作戦を開始する…。
全てのアイテムを集めると秘密のビデオ・クリップが観られるゲームや、自分でチャプター・リストを作ることができるブックマークなど、ブルーレイディスクならではの特典が楽しめる!

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在し程よい粒子感。
フィルムライクな質感が丁寧に出ておりいい感じです。
シャープさも中々で特に人物描写は見事。
引きのシーンで輪郭の甘さが目立ち、映像の古さが強調されますが、許容範囲。
暗部シーンも丁寧に出ておりますしスピードのあるシーンの再現性もよい。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
おそらく再現性という意味では文句なしかもしれません。
【音質】
音は大変よいです。
とにかく迫力のあるサウンド。
重低音の響きがよく芯に響いてくる。
高音もよく通っておりますし全体の音が大変ダイナミック。
サラウンド感もバリバリ感じる事ができ迫力満天です。
セリフ部分もクリアですし、音質面での不満は全くないです。
【物語】
内容は異星人の地球侵略を描いたSFパニック映画。
何度も観ている作品ですが楽しめます。
これでもかと言うような娯楽作品。
細かい設定などは無視してとにかく楽しめる要素を詰めています。
スリリングな展開や盛り上がる箇所も多い。
作品時間が結構長いですが全くダレる事がありません。
いかにもアメリカ的な作品ではありますが、娯楽超大作として楽しむ事ができます。
画質がよいせいで今見ると少しチャチく見える特殊効果はご愛嬌。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で予告、さらに簡単なミニゲームがついていたりと中々。
トップメニューがないのはやや不満です。
【総評】
画質/音質は十分満足できますし、内容に抵抗がないならお薦めできる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・特:★★★★☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【インデペンデンス・デイ】
原題:INDEPENDENCE DAY/ID4
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ウィル・スミス
製作年:1996年
発売日:2007/12/21
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/18 17:24 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ビッグ・ヒット 

ビッグ・ヒット

▼ジャケット表
bighit1.jpg

▼ジャケット裏
bighit2.jpg

▼盤面
bighit3.jpg

▼仕様
・時間:約91分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
ジョン・ウーが放つ、ノンストップ・アクション!
メルはプロのヒットマン。
殺しの腕は超一流だが、プライベートに問題あり。
今日も仲間のシスコ、クランチ、ビンスとともに標的を見事に仕留める。
ある日、彼は自分を金づるとしか考えていないフィアンセや愛人に尽くすため、シスコの立てた誘拐計画に参加する。
ところが誘拐した富豪の娘の名付け親はなんとメルたちのボスだった。
シスコの裏切りでメルは組織から追われるはめに。
果たして彼は銃弾と誠意でこの難局を乗り切ることが出来るのか…?!

▼感想
【画質】
映像は並程度。
フィルムグレインやや強めでノイジーに感じる箇所も。
いい粒子感のある箇所もありますが、暗いシーンなどではうるさく感じます。
シャープさはイマイチ。
全体的に輪郭が甘く鮮明さに欠ける。
暗部シーンではノイジーかつ厳しさが残りますが、スピードのあるシーンでは頑張っています。
他のBD作品と比べると並~やや落ちる画質ではないでしょうか。
BD初期タイトルなので仕方ないのかな。
【音質】
音はとりたてて特徴がある訳ではありません。
重低音はやや軽さが残るものの迫力のあるサウンド。
高音の伸びはイマイチです。
サラウンド感は中々よく出ている。
全体的に音がチープなのが気になるのですが、これは原音からしてそうなのでしょうか。
セリフ部分はクリアでいい感じです。
【物語】
内容はコメディー要素の強いアクション映画。
ジョン・ウーが総指揮という事でそれらしきアクションが盛り込まれております。
リアリティーは全くないド派手なアクション。
コメディー要素が強くくだらない流れも多い。
中身はないに等しく、とりあえず殺しておけといったような展開。
テンポは悪くないのですが、意外性も緊迫感の欠片もない展開なので見ていて辛かったです。
何となく面白いと思って作りました的なB級映画です。
自分には根本的に合わなくて苦痛でした。
【特典】
特典は音声解説のみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は初期BDタイトルらしい物足りなさのある作りですし、内容も全く合わなかったので困りました。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★☆☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★☆☆☆☆

▼Amazon


【ビッグ・ヒット】
原題:THE BIG HIT
監督:カーク・ウォン
主演:マーク・ウォールバーグ
製作年:1998年
発売日:2006/12/20
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/17 13:12 ] は行 | TB(0) | CM(0)

イントゥ・ザ・ブルー 

イントゥ・ザ・ブルー

▼ジャケット表
intotheblue1.jpg

▼ジャケット裏
intotheblue2.jpg

▼盤面
intotheblue3.jpg

▼仕様
・時間:約110分
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
カリブ海に眠る60億ドル争奪戦。
『ブルークラッシュ』の監督が放つアクション・アドベンチャー!!
真夏のカリブ海…。
海底に沈む"伝説の難破船"を発見したジャレッド。
恋人サムらとともに引き上げを試みるが、船の近くに麻薬を積んだ飛行機も眠っていたのだ。
やがて彼らの背後に…。
クリスタル・ブルーに輝く海で、今、最も危険なトレジャー・ハンティングが始まる!

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは少なめで比較的すっきりとした印象。
透き通るような美しい海が舞台なのでこれくらいすっきりしたほうが見易い。
ただ極一部シーンではノイジーに感じたりと安定はしておりません。
シャープさは引きの場面でやや物足りなさが残るものの、アップのシーンなどでは非常に鮮明。
暗部シーンも破綻する事なく頑張っております。
とにかく美しい海を頑張って再現できている。
他のBD作品と比べてもなかなか綺麗な部類じゃないでしょうか。
BD初期タイトルという事で厳しさを覚悟しておりましたが、想像以上な画質が出ていました。
【音質】
音はよいです。
ややデフォのボリュームが大きめかも。
頭から迫力のある重低音が響きます。
高音も伸びがありますし広がりもある。
水音がリアルに伝わってくるのはさすが。
サラウンド感もかなりあり臨場感が増します。
セリフ部分もクリアでいい感じ。
音質面での満足度は高いです。
【物語】
内容は海を舞台にした宝探しアドベンチャーアクション。
とにかく美しい海と素晴らしい肉体の出演者が魅力的。
海の場面がほとんどを占めているため、カリブ海の美しさが伝わる。
そして、ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバという美男美女の肉体美。
ジェシカ・アルバファンならたまらないのではないでしょうか。
ストーリー的には麻薬が絡んだあたりから裏切りなど転々とする。
テンポはいいのですが、意外性はないので先が読める展開です。
麻薬や金などを絡めずに純粋な宝探し物として見てみたかった気も。
普通に楽しむ事はできました。
【特典】
特典が一切ないのは不満。
【総評】
画質はBD初期タイトルにしてはいい感じですし、ジェシカ・アルバファンならお薦めできます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【イントゥ・ザ・ブルー】
原題:INTO THE BLUE
監督:ジョン・ストックウェル
主演:ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ
製作年:2005年
発売日:2006/11/22
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/17 09:34 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

シザーハンズ 

シザーハンズ

▼ジャケット表
scissorhands1.jpg

▼ジャケット裏
scissorhands2.jpg

▼盤面
scissorhands3.jpg

▼仕様
・時間:105分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/4.0chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
ティム・バートンの映像マジックで贈る、甘く切ない現代のおとぎ話。
丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。
彼はたった一人で人造人間エドワードを創っていたが、完成間近に急死してしまう。
エドワードはハサミの手のままで取り残されてしまった。
化粧品のセールスに訪れた親切な女性が彼をみつけ、気の毒に思い自宅に連れて帰った。
こうしてエドワードと普通の人たちとの生活が始まる。
ハサミの手で植木を切ったり、おしゃれな髪型を作ったりと、人気者になったエドワード。
ある日高校生の女の子に恋をしてしまった。
しかしハサミの手では、触れるもの全てを傷つけてしまう…。

▼感想
【画質】
映像は少し厳しい印象です。
フィルムグレインはバラツキがありノイジーに感じる事はありませんが、シーンによってはかなり雑な処理が見受けられます。
シャープさも厳しく輪郭がボケボケのシーンも見受けられる。
暗部の再現性もきわどい事になっており、潰れてしまっている箇所も。
雪のダンスシーンなど頑張っている箇所もあるのですが、酷く画質が落ちる箇所などもあり安定していない。
全体を通すと物足りない画質になるかと思います。
他のBD作品と比べても並未満の厳しい映像。
DVDよりは明らかに綺麗ではありますが、古い作品という事を考慮してももっと頑張れたと思います。
【音質】
音もそこそこ。
重低音は控えめな鳴りとなっています。
重いサウンドとはいかず少し軽い印象を受けてしまう。
高音の伸びも物足りなく広がりに欠ける。
サラウンド感はあまりあるという訳ではなくフロントがメインです。
セリフ部分はクリアで聞き取り易いです。
再現性はよさそうなので原音からして厳しいのかもしれません。
印象的なサウンドが多いだけに残念です。
【物語】
内容はダークな雰囲気のある切ないファンタジー。
好きな作品で何度も観ていますがやはりいいです。
独特な世界観は不思議な空間へと誘ってくれます。
街全体からユーモアに溢れている。
映像として印象的なシーンも多い。
切なさと残酷さの同居したストーリーだと思います。
まさにティム・バートンらしいおとぎ話の世界。
魅力的なサウンドや出演者もいい味を出しています。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキングや予告など中々。
20世紀フォックスの作品には多いですが、トップメニューがないのは不満です。
【総評】
画質はやや厳しいもののDVDよりは明らかに綺麗ですので、作品のファンならお薦めできます。
それ以外の人には画質的に厳しいかもしれません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆


▼Amazon


【シザーハンズ】
原題:EDWARD SCISSORHANDS
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー
製作年:1990年
発売日:2007/12/21
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/16 13:43 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

RONIN 

RONIN

▼ジャケット表
ronin1.jpg

▼ジャケット裏
ronin2.jpg

▼盤面
ronin3.jpg

▼仕様
・時間:122分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
世紀の2大スター、ロバート・デ・ニーロ&ジャン・レノがタッグを組んだ!
アクションの巨匠、J・フランケンハイマーが壮絶なる男たちの闘いを描く、衝撃のクライム・アクション!
戦略、武器、監視、秘密任務…それぞれのプロフェッショナルが、主を持たない"浪人"として世界各国から集結した。
ある謎のミッションを遂行するために。
だがその任務には罠が仕掛けられていた。
お互いを信じることのできないまま、男達は"浪人"としての信念に従い、決死の行動を開始する!

▼感想
【画質】
映像はやや厳しい。
フィルムグレインは抑えめでノイジーに感じる事はありません。
一部暗いシーンで稀に少し強く感じるくらい。
とにかく問題なのは輪郭の甘さ。
アップのシーンではそれなりに耐えれますが、細かい箇所などは輪郭が甘いため破綻しがち。
スピードある箇所でも厳しい所が多い。
全体を通して解像度が足りないような印象を受けるように甘さの目立つ画質です。
他のBD作品と比べても並未満の厳しい映像。
2時間の作品をMEPG-2で1層に収めようとすれば厳しい画質になって当然です。
【音質】
音は中々。
重低音が少し軽く迫力に欠けるのが気になりました。
高音の伸びはよく広がりはある程度感じられます。
サラウンド感はよくできており臨場感がある。
セリフ部分もクリアで不満はありません。
全体的に迫力不足な音ですが音質自体は悪くありません。
【物語】
内容は王道的なアクション映画。
現実的な設定ながら、街中での銃撃戦などにも関わらず警察などとの争いがほとんどなかったりと、所々で首を傾げてしまうような箇所があります。
アクションシーン自体には激しい動きがある訳ではありませんが、カーチェイスが迫力満点でよく出来ている。
しかし、カーチェイスが長過ぎる。
あそこまで引っ張られると途中でダレてしまいます。
テンポも同様に一部ダレてしまう箇所がありました。
前半の期待感やラストのまとめ方などは好み。
いまいちパッとしないものの普通に楽しむ事はできました。
【特典】
特典はHD画質で予告のみと寂しい作り。
20世紀フォックスの作品には多いですが、トップメニューがないのも不満。
【総評】
画質が厳しいですので出演者のファン以外にはお薦めしにくいタイトルです。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆


▼Amazon


【RONIN】
原題:RONIN
監督:ジョン・フランケンハイマー
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ
製作年:1998年
発売日:2007/12/21
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/15 13:17 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

フロム・ヘル 

フロム・ヘル

▼ジャケット表
fromhell1.jpg

▼ジャケット裏
fromhell2.jpg

▼盤面
fromhell3.jpg

▼仕様
・時間:123分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
ジョニー・デップが挑む"切り裂きジャック"の戦慄と恐怖!
1888年、ロンドン。のどを切り裂かれた娼婦の連続殺人事件が発生し、街は"切り裂きジャック"と名乗る犯人の恐怖に震撼していた。
アヘンの幻覚の中、犯行を幻視したアバーライン警部は捜査を開始するが、なぜか警察幹部らは捜査を妨害しようとする。
美しい娼婦メアリとウィリアム・ガル卿の協力で、やがて事件の背後に王室も巻き込んだ陰謀と謎の秘密結社の影が浮かび上がってくる…。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップが今なお語り継がれる謎の殺人鬼"切り裂きジャック"の真相に挑んだスタイリッシュなバイオレンス・スリラー。
『キリング・ミー・ソフトリー』のヘザー・グラハムが妖艶な娼婦役で共演。
監督のヒューズ兄弟によるダークな映像美が全編に冴え渡り、完成度の高い作品として大絶賛を浴びている。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインはやや強めに処理されています。
暗いシーンが多いのでうるさく感じる人もいるかもしれませんが、個人的にはフィルムライクないい質感が出ていると思います。
ざらっとはせずいい質感の粒状感が残っている。
これくらいのフィルムグレインが好みです。
シャープさも十分感じられ輪郭も丁寧に出ている。
ソフトフォーカスをかけたような柔らかくなる箇所が結構あるのですが、意図的な仕様かと思いますので、満足できるレベルです。
暗いシーンが多い作品だからこそ分かる高画質。
暗部の再現性も大変よく破綻する箇所などもありません。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
これくらいの画質を出してくれると大変満足できます。
【音質】
音もとてもよい。
重低音は抑えがちながらも芯の響いて来るサウンド。
重圧な音がよく再現されております。
高音も通りますしいい感じ。
サラウンド感も十分感じる事ができて臨場感がある。
セリフ部分もクリアですし安定した音質です。
【物語】
内容は切り裂きジャックを元にしたサスペンス。
とにかく作品の暗い雰囲気をうまく出している映像がすごいです。
19世紀ロンドンを舞台に暗く病的な世界を表現している。
この映像はBDだからこそ映えると思えてしまいます。
作品もその雰囲気そのままに病的かつダークに進んでいく。
推理あり緊迫感ありといいテンポで進んでいきます。
2時間ちょいの作品ですが展開の起伏がいいためダレる事はありませんでした。
ジョニー・デップの暗い演技も秀逸。
ややグロい箇所があったり、少しオカルト的要素が入ってしまったりと、人を選びそうな作品ですが、自分は普通に楽しめました。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で未公開シーンや予告など中々。
【総評】
画質音質は十分満足できますので、あとは作品が合うかどうかです。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【フロム・ヘル】
原題:FROM HELL
監督:アルバート・ヒューズ
出演:ジョニー・デップ、ヘザー・グレアム
製作年:2001年
発売日:2008/05/02
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/14 09:26 ] は行 | TB(0) | CM(0)

エターナル・サンシャイン 

エターナル・サンシャイン

▼ジャケット表
eternalsunshine1.jpg

▼ジャケット裏
eternalsunshine2.jpg

▼盤面
eternalsunshine3.jpg

▼仕様
・時間:107分(本編)+予告編
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
第77回アカデミー賞脚本賞受賞。
恋の痛みを知るすべての人へ…。
豪華6人のスターが贈るスパイラル・ラブストーリー。
バレンタインデー目前のある日。
ジョエル(ジム・キャリー)は、不思議な手紙を受け取る。
クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。
-ラクーナ社-
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)とは、ジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。
仲直りしようと思っていた矢先に、彼女は自分の記憶を消去してしまった。
ショックを受け、自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去することを決意。
現在から過去へと記憶を消していくあいだ、無意識のジョエルは、クレメンタインと過ごした日々を逆回転で体験する。
最初に甦るのは、カップルの末期症状の姿。
喧嘩が絶えず、不満や猜疑心に満ちている。
しかし、記憶をさかのぼるに従って、ジョエルの胸は痛み始め、手術を止めたいと思うようになる。
そこには、忘れたくない素敵な日々があったのだ。
楽しかった日々の記憶を思い出しては消されていく…。
彼を待ちうけている素敵な運命とは…。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
まず気になるのはフィルムグレインの強さ。
シーンによってバラツキがあるのですが全体的にかなり強めに処理されています。
ですので、ノイジーに感じる部分も多い。
抑えめな箇所は大変いい質感になっており驚くくらい高画質。
このフィルムグレインをどう捉えるかで評価が変わってきそう。
個人的には全体的にもう少し抑えめにしてくれたほうがよかったです。
シャープさは中々良好で輪郭も綺麗に再現できておりよい。
暗部はややノイジーに感じるものの、再現性は大変よく綺麗です。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
とにかくフィルムグレインの強さが気になりました。
【音質】
音はかなりよい。
作品の質からして重低音が多い作品ではないので鳴りは静か。
ですが、高音の伸びが大変よく広がりのある音に。
綺麗に通り広がるので透明感のある音に仕上がっています。
サラウンド感はそこそこ感じる事ができる。
セリフ部分は大変クリアでいい感じです。
【物語】
内容はSF要素もある恋愛映画。
時間軸が点々としていく作品です。
さらにシチュエーションなども急展開していく。
ですので注意して観て行かないと置いてけぼりになる可能性もあるかもしれません。
不思議な感覚を味わえる映画になっています。
自分は観て行くうちにカチッとハマッてなるほどと理解できました。
ラストの展開は好みで納得。
切ないけど言葉にするのは難しい、そんな不思議な映画です。
好みは別れると思いますし、自分もそこまでよかったと思えた訳ではありませんが、何度か観たくなる作品かも。
何度か観たらまた評価が変わる可能性のある作品です。
【特典】
特典はSD画質で予告のみと寂しい作り。
【総評】
画質はグレイン次第、内容も好み次第と、人を選ぶタイトルです。
ハマる人にはカチッとハマるかもしれません。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★☆☆


▼Amazon


【エターナル・サンシャイン】
原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット
製作年:2004年
発売日:2008/03/21
販売元:ギャガ・コミュニケーションズ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/12 10:17 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

コマンドー 

コマンドー

▼ジャケット表
commando1.jpg

▼ジャケット裏
commando2.jpg

▼盤面
commando3.jpg

▼仕様
・時間:91分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
魅せるガン・アクション!
シュワルツェネッガーのパワー炸裂!
平和な村に突然テロリスト軍団が出現、11歳のジェニーを誘拐して行く。
娘の父親は元コマンドー部隊のリーダー、ジョン・メイトリックス大佐。
彼に恨みをもつアリアス将軍が娘の命と引き換えに大統領暗殺を迫って来た。
単身敵の要塞に乗り込んだジョンの怒りがついに爆発!
1対1000の壮絶な戦闘、飛行機からの決死の脱出、レーザー散弾銃による豪快なバトル戦と見せ場満載!
無敵のヒーロー、シュワルツェネッガーの鍛え抜かれた肉体がフル回転!
アリッサ・ミラノのあどけなさも見逃せない、マーク・L・レスター監督の超バイオレンス大作!

▼感想
【画質】
映像は厳しいです。
フィルムグレインはかなり強めでノイジーな仕上がり。
シーンによってまばらなのですが、一部では砂嵐かと思えるような酷さがあります。
暗部シーンはより顕著にノイズがかかるので見づらいです。
シャープさは物足りず輪郭が結構甘め。
アップのシーンは時折高画質と思える箇所もあるものの安定はせず、全体を通すと厳しく感じます。
他のBD作品と比べるとかなり低画質な部類に入る。
古い作品ですがもっと頑張れる画質だと思います。
【音質】
音も厳しい。
重低音が軽く迫力に欠ける。
パーンと軽い音に終始します。
ド派手なアクションがウリなだけに残念。
高音も伸びが足りず詰まりがち。
この辺は原音からしてダメなのかもしれません。
サラウンド感はそこそこ感じる事ができます。
セリフ部分は比較的クリアでいい感じ。
【物語】
内容はド派手な破壊のあるアクション映画。
とにかく派手に破壊をしてくれる。
内容は破綻している箇所も多く突っ込み満載。
真剣に観てしまうとバカバカしくなると思います。
緊張感などはなくただ派手に進んで行く。
スリリングな展開がないため短い作品ながらダレがちです。
荒々しいまでの破壊とアクションを楽しむ作品。
正にシュワルツェネッガーのための映画。
自分には合いませんでした。
【特典】
特典は予告のみと寂しい作り。
【総評】
日本語吹替えがないのもマイナス点。
画質はもっと頑張れたはずですので、よほどのファン以外にはお薦めできません。

▼個人的評価
・画:★☆☆☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★☆☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★☆☆☆☆


▼Amazon


【コマンドー】
原題:COMMANDO
監督:マーク・L・レスター
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
製作年:1985年
発売日:2008/01/18
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/11 11:35 ] か行 | TB(0) | CM(1)

プレデター 

プレデター

▼ジャケット表
predator1.jpg

▼ジャケット裏
predator2.jpg

▼盤面
predator3.jpg

▼仕様
・時間:107分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、肉食エイリアンとコマンドー部隊の死闘!
捕虜となった政府要人を救出するため、南米のジャングルに派遣されたシェイファー率いるコマンドー部隊。
捕虜奪還に成功した彼らに突如何者かが襲いかかる。
その手口は残酷非常で、胴体は消え、血痕もなく内蔵だけが残された。
シェイファーが見た敵の正体…それはカメレオンのように身体の色を変える、宇宙から来た凶悪肉食獣=プレデターだった。
いま、人類最強の男vs.野獣を超えた生命体の血みどろの戦いが始まった…!
シュワルツェネッガーと『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナン監督が組んだアクション巨編!
最新関連作『AVP2 エイリアンズvs.プレデター』も話題沸騰!

▼感想
【画質】
映像は結構厳しい。
フィルムグレインはかなり強めでノイジー。
特にシーンによってはざらつきがうるさく感じるレベル。
シャープさはそこそこですが輪郭がぼける箇所も。
暗部シーンはギリギリと言った感じでは破綻はしませんが厳しさが見えます。
アップのシーンではいい質感の時があるものの画質が安定していないのが目に付き全体的としてはやや物足りないかも。
他のBD作品と比べると並よりやや落ちる。
年代を考えてももう少し頑張れたんじゃないかなという印象を受けました。
【音質】
音もそこそこ。
重低音は響きがよく迫力があります。
高音はやや詰まり気味で広がりに欠ける印象です。
サラウンド感はそこそこあるのですが、フロントの音が大きすぎます。
バランスが悪いと感じました。
セリフ部分は比較的クリアで良好。
【物語】
内容は異星人との戦闘を描いたアクション映画。
何度も観た作品ですが未だに楽しめます。
スリリングな展開ありシュワルツェネッガーの出演作らしくド派手さもある。
今観るとどうしても古くささを感じてしまうのと、プレデターの造形がチープに見えてしまう箇所もありますが、そこはご愛嬌。
ストーリーの緩急の付け方がよく急展開になったりとドキドキできる。
テンポのよい作品です。
ややグロテスクなシーンはありますが、楽しむ事ができます。
【特典】
特典は予告のみで寂しい作り。
【総評】
音質はともかく画質はもっと頑張れたかと思いますので、お薦めしにくい作品かもしれません。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆


▼Amazon



【プレデター】
原題:PREDATOR
監督:ジョン・マクティアナン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
製作年:1987年
発売日:2008/01/18(単品)
発売日:2008/12/17(プレデター ブルーレイディスクBOX)
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/11 07:57 ] は行 | TB(0) | CM(0)

アイス・エイジ2 (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX) 

アイス・エイジ2 (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX)

▼ジャケット表
iceage21.jpg

▼ジャケット裏
iceage22.jpg

▼BOX表
iceagebox1.jpg

▼BOX裏
iceagebox2.jpg

▼盤面
iceage23.jpg

▼仕様
・時間:91分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
世界中でマンモス級の大ヒット!
あの"ク~ル"な仲間たちがパワーアップして帰ってきた!
昔々、氷河期の頃、温まった地球に住む動物たちは、ポカポカ陽気を楽しんでいた。
そんなある日、「あと5日で氷が解け、大洪水が起こる!」という不吉な噂が広まった。
マンモスのマニー、ナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴの3匹は、安全な場所へ向けて出発した。
氷河期の仲間たちの運命は、そして地球の未来はどうなる?!
『ロボッツ』のブルースカイ・スタジオが贈る心温まるフルCGアニメーション大作!!

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
CGアニメですので綺麗に見える。
フィルムグレインなどはもちろんありません。
気になるのがシャープさ。
やや輪郭が甘くなっているのが分かります。
BD初期タイトルだから仕方ないのでしょうか。
後発タイトルになったアイス・エイジ一作目と比べると一目瞭然。
鮮明さ、シャープさなど取っても一作目のほうが綺麗です。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入りますが、CGアニメの中で比べるとやや物足りない。
【音質】
音は中々。
重低音はやや響きに欠けて迫力不足。
高音の伸びは大変よく澄んだ音になっています。
サラウンド感は中々ありダイナミックです。
セリフ部分は非常にクリアで大変聞き取り易いです。
【物語】
内容は氷河期を舞台にしたCGアニメ。
続編なので前作の主要キャラが引き継ぎで出ています。
キャラクターの見せ方としては前作のほうが魅力的。
展開は王道で安心して観れる作り。
子供向けかとは思いますが種族繁栄の要素などはどうなんでしょう。
作品時間は短めですが、テンポは途中ダラける箇所があり眠たくなりました。
作りとしては王道なので安心して観れるとは思います。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で未公開シーン、コント集、予告など豊富です。
【総評】
画質音質はBD初期タイトルとあって最新タイトルと比べると物足りないのでお薦めはしにくい一本です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★☆☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★☆☆


▼Amazon



【アイス・エイジ2】
原題:ICE AGE: THE MELTDOWN
監督:カルロス・サルダーニャ
主演:レイ・ロマノ(声)、ジョン・レグイザモ(声)、デニス・リアリー(声)
製作年:2006年
発売日:2006/12/01(単品)
発売日:2008/05/02(アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX)
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/11 01:09 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

アイス・エイジ (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX) 

アイス・エイジ (アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX)

▼ジャケット表
iceage1.jpg

▼ジャケット裏
iceage2.jpg

▼BOX表
iceagebox1.jpg

▼BOX裏
iceagebox2.jpg

▼盤面
iceage3.jpg

▼仕様
・時間:82分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
未体験の映像革命、ブルーレイディスク!!
究極のハイビジョン・エンターテイメントを体感せよ!
■1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
■ビュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
アカデミー賞<長編アニメーション部門>ノミネート作品。
"マンモス級"ヒット、フルCGアニメ・アドベンチャー!
それは、2万年前の地球。
氷河期が到来し動物たちが南下し始めた頃の物語。
仲間から置いてきぼりになったナマケモノのシドと、ひとり北へ向かうヘソ曲がりのマンモス マニー、そしてどこか怪しげなサーベルタイガーのディエゴの3匹は、迷子になった人間の赤ちゃんを発見、ファミリーに届ける旅へと出発するが…!

▼感想
【画質】
映像は大変綺麗です。
CGアニメですのでやはり綺麗です。
フィルムグレインなどは当然なく鮮明。
くっきりと鮮明で細かい箇所まではっきりと見える。
毛の一本一本までしっかりと再現されております。
あまりに画質がよすぎてCGの作り込み不足まで見えてしまうくらいです。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますがかなり綺麗な部類に入ります。
【音質】
音もいい感じ。
重低音の鳴りはやや抑えめですが音量を上げるとしっかり響きます。
高音の伸びはいいですし広がりのある音。
サラウンド感も十分伝わってくる。
セリフ部分も非常にクリアで聞き取り易い。
英語版、日本語版、どちらも高い水準にあると思います。
【物語】
内容は氷河期を舞台にしたCGアニメ。
単純明快なストーリーなので非常に分かり易い。
不思議な組み合せのキャラクターを楽しく描いていていい感じです。
キャラクターがどうしてもかわいくないのはご愛嬌。
テンポはよく飽きる事なく進んでいきます。
ラストも王道ながらすっきりまとめている。
子供向けの作品かと思いますので分かり易くていいかと思います。
普通に楽しめました。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で未公開シーン、ショートストーリー、予告など中々。
ただ、トップメニューがないのは不満。
【総評】
画質音質は文句無し、あとは内容が合うかどうかかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆


▼Amazon



【アイス・エイジ】
原題:ICE AGE
監督:クリス・ウェッジ
主演:レイ・ロマノ(声)、ジョン・レグイザモ(声)、デニス・リアリー(声)
製作年:2002年
発売日:2008/05/02
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/10 13:39 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

オールド・ルーキー 

オールド・ルーキー

▼ジャケット表
therookie1.jpg

▼ジャケット裏
therookie2.jpg

▼盤面
therookie3.jpg

▼仕様
・時間:128分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ひとりで夢を追うほど、強くなれない…。
そんな僕の背中を押してくれたのは、«家族»という名の奇跡だった…。
ジム・モリス(デニス・クエイド)、35歳。
愛する妻と子供たちに囲まれ、高校の教師と野球チームの監督という充実した仕事を持ち、平穏な日々を送っていた。
時折、子供の頃の夢が彼の心を騒がせる。
「野球選手になること」それは遠い日に捨てたはずの夢だった。
だがある日、彼の人生に転機が訪れる。
ジムのくり出す豪速球にプロ選手への道が開かれたのだ。
全てを捨て、無謀な賭けに挑戦するのか…。
躊躇するジムを決意させたのは妻の言葉だった…。
「8歳の男の子が、自分の父親が夢を叶える日をずっと待ちわびてるわ。今辞めたら、あの子になんて言うの?」
…その時から彼と家族の新たなる旅が始まった…。
1999年、35歳とおう年齢でメジャーリーグのマウンドを初めて踏んだ<史上最年長ルーキー>ジム・モリスとその家族の固い絆を描いた感動の実話。
その想像を超えたドラマと、主役を演じるベテラン実力派俳優デニス・クエイドの深みある迫真の演技が胸を打つ。
あまり知られていないメジャーリーグの裏側の世界も興味深い。

▼感想
【画質】
映像は綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在しておりフィルムライクな味が出ている。
ノイジーに感じる事は全くなく、かつつるつるした印象も受けない丁度いい質感。
暗いシーンではややうるさく感じる可能性もありますが良好です。
シャープさはそこそこ。
アップのシーンでは輪郭がよく出ているのですが、遠景などは輪郭がかなり甘めになります。
スピードあるシーンなどでは一切破綻しませんし非常に鮮明。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ります。
ディズニーの作品は安定している事が多くて安心できます。
【音質】
音もよい。
作品的に重低音の響きがすごいという訳ではないのですがしっかり出ている。
高音の伸びがよく非常に広がりのある音になっています。
透明感のある澄んだ音。
サラウンド感はまずまずでスタジアムのシーンなどではかなり感じる事ができる。
セリフもクリアで綺麗です。
【物語】
内容は実話を元にしたヒューマンドラマ。
実話を元にしておりますので突拍子もない設定などはありません。
展開的にはありふれた流れで進みますが設定が分かり易いので楽しめる。
頑張れと応援したくなり、そして熱くなれる。
家族愛や周りの人の助けなどを中心に描いていて、じんわりと身にしみます。
もう少し深く掘り下げて欲しいとも思いましたが、実話を元にしているのでやりすぎにはできなかったのかな。
野球を絡めた映画としてはかなり好きな作品です。
やや長めの作品なのでテンポはゆったりしていますが、飽きる事はありませんでした。
うまくまとめたヒューマンドラマだと思います。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質で未公開シーン、ドキュメンタリーなどそこそこ。
【総評】
画質音質は満足できるので、内容が好みならお薦めできる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★★★★★


▼Amazon


【オールド・ルーキー】
原題:THE ROOKIE
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:デニス・クエイド、レイチェル・グリフィス、ジェイ・ヘルナンデス
製作年:2002年
発売日:2008/04/23
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/09 12:24 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

オーシャンズ13 

オーシャンズ13

▼ジャケット表
oceansthirteen1.jpg

▼ジャケット裏
oceansthirteen2.jpg

▼盤面
oceansthirteen3.jpg

▼仕様
・時間:122分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"奴らがベガスに帰ってきた!シリーズ最高傑作!"
より大胆に、より危険になって、ヤツらが帰ってきた。
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、そして監督スティーブン・ソダーバーグが再集結。
手に汗握るスリルと極上のユーモア、スタイル&クールに今度もキメる。
ダニー・オーシャン率いるチームが復活。
今度の獲物は冷酷無比なカジノ経営者であり、オーシャンの仲間を裏切ったウィリー・バンク(アル・パチーノ)。
暴力なしで誰も傷つけず、バンクを懲らしめるために集う仲間たち。
ターゲットはふたつ。
ひとつはバンクが自身の名を付けた新しいカジノ・タワー"バンク"のグランド・オープンを狙い、バンクを財政的に破綻させること。
もうひとつはホテル経営者最高の栄誉である"5つのダイヤ賞"の受賞を阻むこと。
バンクを破滅させるために動き出すオーシャンたち。
実行不可能の危険なゲームが今始まる!

▼感想
【画質】
映像はやや厳しいか。
フィルムグレインは強く荒い感じで残されているのでノイジーに感じます。
暗部のシーンでは顕著で目に付く。
シャープさは甘めなので輪郭が甘いです。
過去二作と比べれば画質の向上が見られますがそれでも物足りない。
他のBD作品と比べても並~並以下の画質です。
最新作がこの画質は正直頂けないと思います。
【音質】
音はそこそこ。
重低音は割と迫力がありいい感じ。
ですが、高音が伸び切らなく詰まり気味なので広がりに欠ける音。
サラウンド効果はそこそこあります。
セリフ部分は比較的クリアでよい。
音質は並程度でしょうか。
【物語】
内容は豪華キャストによる犯罪映画。
前作同様に過去作を見ていないとついていけない内容になっています。
相変わらずの登場人物の多さと急展開にややおいていかれる事も。
犯罪映画なのですが、緊迫感という要素は皆無。
一作目はそういう要素もあったのですが変わってしまいました。
スタイリッシュな要素は引き継ぎつつもテンポよく淡々と進む。
展開も意外性がある訳でなく、ドキドキする箇所もないので退屈に感じる事も。
普通にテンポよい映画として見ればそこそこ楽しめました。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質で未公開シーン、SD画質でドキュメンタリーなどそこそこ。
【総評】
最新作の割に画質音質は相変わらず酷いのでお薦めはしにくい作品です。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon




【オーシャンズ13】
原題:OCEAN'S THIRTEEN
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アル・パチーノ
製作年:2007年
発売日:2007/12/19(単品)
再発売日:2008/06/11(単品)
発売日:2008/12/17(オーシャンズ11・12・13 Blu-rayお買い得パック)
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/06 23:46 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

オーシャンズ12 

オーシャンズ12

▼ジャケット表
oceanstwelve1.jpg

▼ジャケット裏
oceanstwelve2.jpg

▼盤面
oceanstwelve3.jpg

▼仕様
・時間:125分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/カスティーリャ語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語(Quebec吹替)
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ドイツ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/イタリア語
・音声⑧:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/スペイン語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:カスティーリャ語字幕
・字幕④:デンマーク語字幕
・字幕⑤:オランダ語字幕
・字幕⑥:フィンランド語字幕
・字幕⑦:ドイツ語字幕
・字幕⑧:イタリア語字幕
・字幕⑨:ノルウェー語字幕
・字幕⑩:ポルトガル語字幕
・字幕⑪:スペイン語字幕
・字幕⑫:スウェーデン語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"超豪華スターで贈る 最高のエンターテイメント!"
ダニー・オーシャンと仲間たちが帰ってきた!
前回のヤマで手に入れた1億6千万ドルの大半をすでに使い果たしてしまったオーシャンと仲間たち。
一方、1億6千万を奪われたテリー・ベネディクトが黙っているはずもなく、借りを返すチャンスを虎視眈々と狙っていた。
さらに得体の知れない何者かがオーシャンと仲間たちを執拗につけまわす。
こうして追い詰められた彼らは、再び前代未聞の強奪計画を実行することにする。
アムステルダム、パリ、ローマを舞台に、前作に引き続きスティーブン・ソダーバーグが監督を務め、超豪華キャストにはキャサリン・ゼタ=ジョーンズが加わった。
今度のラッキー・ナンバーは"12"。

▼感想
【画質】
映像は厳しい。
とにかく気になるのはノイズ。
フィルムグレインがきつすぎて非常にノイジーです。
暗部のシーンでは顕著でザラザラしすぎて目に付くレベル。
ここまで強いとフィルムライクな味というよりもうるさいとしか感じません。
シャープさは全体的に甘めで輪郭がボケているシーンも。
前作よりかは多少画質の向上を見受けられますがそれでも厳しい。
他のBD作品と比べても並以下の画質です。
【音質】
音はそこそこ。
印象としては前作と全く同じ。
重低音がよく出ているのですがやや軽い音になっています。
高音は伸び切らない感じで広がりが悪い。
サラウンド効果は感じる事ができます。
セリフ部分は比較的クリアでよいです。
全体的な音質としては並程度かと思います。
【物語】
内容は豪華キャストによる犯罪映画。
前作の豪華キャストが勢揃いの内容。
前作を観ていないと設定的にもついてこれないでしょう。
かなり凝った展開なので登場人物が多い事も相俟ってやや分かりにくさがあります。
突拍子もない箇所も多い上に、意外性という面でも物足りない。
テンポはいいのですが、緊迫感がないためダラけてしまいます。
サプライズゲストがいたりと相変わらずの豪華キャストですが、内容は乏しい。
前作は結構好きな作品だっただけに残念な出来です。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングや予告などそこそこ。
【総評】
画質音質は微妙ですし内容も個人的には微妙だったので、残念な作品です。
発売日が12だけ遅れたのもマイナス点。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★☆☆☆
・特:★★★☆☆
・総:★☆☆☆☆

▼Amazon




【オーシャンズ12】
原題:OCEAN'S TWELVE
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ
製作年:2004年
発売日:2008/02/08(単品)
再発売日:2008/06/11(単品)
発売日:2008/12/17(オーシャンズ11・12・13 Blu-rayお買い得パック)
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/06 09:32 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

オーシャンズ11 

オーシャンズ11

▼ジャケット表
oceanseleven1.jpg

▼ジャケット裏
oceanseleven2.jpg

▼盤面
oceanseleven3.jpg

▼仕様
・時間:117分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.40:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/カスティーリャ語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語(Quebec吹替)
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ドイツ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/イタリア語
・音声⑧:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/スペイン語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:カスティーリャ語字幕
・字幕④:デンマーク語字幕
・字幕⑤:オランダ語字幕
・字幕⑥:フィンランド語字幕
・字幕⑦:ドイツ語字幕
・字幕⑧:イタリア語字幕
・字幕⑨:ノルウェー語字幕
・字幕⑩:ポルトガル語字幕
・字幕⑪:スペイン語字幕
・字幕⑫:スウェーデン語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"TWO THUMBS UP!"
ラスベガスを舞台に、アカデミー賞受賞監督のスティーブン・ソダーバーグと超豪華スター競演で贈るサスペンス・アクション。
ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンは、腕利きだがクセのある仲間たちを率い、3つのカジノを同時に襲撃するという途方もない計画を実行に移す。
標的はカジノのオーナーであり、ダニーの元妻(ジュリア・ロバーツ)と付き合っているベネディクト(アンディ・ガルシア)。
ラスティー(ブラッド・ピット)、ライナス(マット・デイモン)、フランク(バーニー・マック)、ソール(カール・ライナー)他、役者は揃った。
のるかそるか?
史上最大の作戦が始まる。

▼感想
【画質】
映像はかなり厳しいです。
正直この画質でよく発売の許可が出たと思えるような画質。
シーンによってはフィルムグレインというよりもノイズのようなものが点在します。
フィルムの傷やゴミと思わしきものも目に付く。
輪郭の甘さは散々たるものでかなり厳しい。
アップのシーンは多少綺麗に見えるのが救いか。
暗部シーンに至っては破綻している箇所もある始末。
時折さすがHD画質と思えるような箇所もあるのですが、全体を通しては酷い出来。
他のBD作品と比べると最低クラスではないでしょうか。
この画質ならDVDのアプコンでいいと思える。
【音質】
音はそこそこ。
重低音の鳴りは悪くないのですがどうも軽いのが気になります。
高音の伸びも通る訳ではなく印象に残りません。
サラウンド感はそこそこ感じる事ができる。
セリフ部分は比較的クリアでいい感じです。
全体的な音質としては並~並以下でしょうか。
【物語】
内容は豪華キャストによる犯罪映画。
観た事のある作品ですが楽しめます。
突っ込み所は満載ですが、ドキドキとしたスリルもありますし驚きもある。
テンポも大変よくまとまっているので飽きる事がありません。
豪華キャストながらソツなくまとまっている作品です。
爽快感のある娯楽映画。
【特典】
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングや予告などそこそこ。
【総評】
とにかくこの画質は酷すぎる。
この画質なら出さない方がいいと思える出来でした。

▼個人的評価
・画:★☆☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★☆
・特:★★★☆☆
・総:★☆☆☆☆

▼Amazon




【オーシャンズ11】
原題:OCEAN'S ELEVEN
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ
製作年:2001年
発売日:2007/12/19(単品)
再発売日:2008/06/11(単品)
発売日:2008/12/17(オーシャンズ11・12・13 Blu-rayお買い得パック)
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/06 02:50 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

ニュー・シネマ・パラダイス 

ニュー・シネマ・パラダイス

▼ジャケット表
newcinema1.jpg

▼ジャケット裏
newcinema2.jpg

▼盤面
newcinema3.jpg

▼仕様
・時間:約123分
・映像:1080p/ビスタ(1.66:1)
・音声①:リニアPCM/1.0chモノラル/イタリア語
・音声②:ドルビーデジタル/1.0chモノラル/イタリア語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:イタリア語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
映画史上に燦然と輝く、感動映画の金字塔。
映画から夢が広がった。
大切なぼくの宝箱。
戦後間もないシチリアの小さな村。
この村の唯一の娯楽はパラダイス座という映画館。
少年トトも母親の目を盗んで映画館に通いつめていたが、彼の心を魅了したのはフィルムの宝庫である映写室と、それを操る映写技師のアルフレードだった。
頑固者のアルフレードは、映写室という聖域からトトを追い出そうとするが、やがてふたりの間に不思議な友情が芽生えていく…。
映画館をとりまく人生模様をユーモラスかつノスタルジックに描き、映画への溢れんばかりの愛を綴った感動映画の傑作。

▼感想
【画質】
映像はそこそこの印象。
大変古い作品ですのである程度は仕方ないでしょうか。
フィルムグレインはほどよい感じでノイジーにうるさく感じる事もありませんし、丁寧に処理されております。
シャープさは甘めで引きのシーンの輪郭の甘さは目に付く。
暗部シーンでは頑張っておりますが少し厳しく感じる箇所もあります。
フィルムの傷、ゴミと思わしき箇所もいくつか見受けられます。
作品の製作年を考えればかなり頑張っている画質かと思いますが、相対的に他のBD作品と比べると並~やや落ちる感じです。
【音質】
音は正直厳しい。
元の音源が厳しいようなので仕方ないのかも。
モノラルらしさのあるチープな音です。
とにかく高音の伸びが悪く詰まり気味に。
美しいサウンドですが、これ以上はどうしようもないのかな。
再現性は文句ないのでしょうが、相対的な音としては物足りません。
【物語】
内容はノスタルジックな愛を描いた作品。
劇場版と完全版がありますが、こちらは劇場版です。
完全版も収録して欲しかったところ。
出来としては劇場版のほうがまとまっていて好きです。
何度も観た作品ですが、どうしても世間のような絶賛の評価を付けれないのです。
ずっと都会育ちという事もあるのか、作品のノスタルジーな哀愁という感覚についていけないのです。
もっと歳を取ったら印象も変わるのでしょうか。
合わない人には退屈に感じる映画だとは思います。
愛をテーマにして一つ一つの言葉の重みは染みてきます。
またラストシーンの演出、演技はとても印象的で心に残ります。
一般的にはとても高評価な作品ですので、自分が変わっているだけかと思います。
【特典】
特典は一切ありません。
【総評】
画質音質は作品の年代を考えると仕方がないものの、劇場版のみの収録だったり日本語吹替えや英語字幕、特典がなかったりと、作品好きでも物足りなさが残りそうな仕様でした。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★☆☆☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★☆☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【ニュー・シネマ・パラダイス】
原題:NUOVO CINEMA PARADISO/CINEMA PARADISO
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン
製作年:1989年
発売日:2008/01/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/04 00:48 ] な行 | TB(0) | CM(0)

ルイスと未来泥棒 

ルイスと未来泥棒

▼ジャケット表
meettherobinsons1.jpg

▼ジャケット裏
meettherobinsons2.jpg

▼盤面
meettherobinsons3.jpg

▼仕様
・時間:約95分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.78:1)
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:DTS/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑥:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
ボクらは、未来を発明できる!
ディズニーが贈る劇場公開長編アニメーションがブルーレイディスクで登場!
未来に向かって前進し続ける大切さを描く感動のタイムトラベル・ファンタジー。
赤ちゃんの頃から養護施設で育った少年ルイス。
発明好きな彼は、本当のママを思い出すために"記憶スキャナー"を発明しますが、怪しい山高帽の男«未来泥棒»がそれを盗み出してしまいます。
落ち込むルイスの前に見知らぬ少年ウィルバーが現れて、ルイスを不思議な乗り物に案内します。
2人が向かった先は、なんと、輝く未来の世界!ルイスはそこで個性豊かなウィルバーの家族"ロビンソン家"の人々に出会い、戸惑いながらも初めて家族の温かさに触れます。
一方、«未来泥棒»の陰謀がルイスの未来を蝕もうと刻一刻と迫っていて…。
なんとしてもこの大切な未来を守らなければ!
"本当の家族"を求めて夢を追い続ける姿が心を打つ、ルイスのファンタジックな冒険が始まる!
ブルーレイディスクならではの楽しい映像特典も満載!

▼感想
【画質】
映像はかなり綺麗です。
CGアニメは大変よく映える。
CG作品ですのでフィルムグレインなどは当然なくはっきりとした映像。
髪など細かい箇所など一本一本が見えるかのように丁寧に再現できています。
唯一気になったのは、全体的に明るすぎてすこしふわっとした映像になっている事。
劇場では3D上映などもやっていたようなのでその影響なのでしょうか。
綺麗ではありますが、ソフトフォーカスをかけたような感じで、くっきりと鮮明という意味では少し違和感がありました。
ただこれは作品の意図的な仕様かと思います。
これが気にならない人からすれば文句なしの満点画質ではないでしょうか。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますがかなり綺麗な部類に入ります。
【音質】
音もよいです。
デフォの音が大きめなので少し驚きました。
重低音はよく出ていますし、高音の伸びもいいです。
サラウンド感もまずまず感じる事ができる。
セリフ部分もクリアでいい感じでした。
【物語】
内容は分かり易いメッセージをもったCGアニメ。
伝えたい事が直球で非常に分かり易いです。
全体を通して見ると子供向けの作品なので、これくらいストレートでいいのかも。
キャラクターはややアクが強いので好みが別れそうです。
アメリカテイストの冗談やノリなどで進んでいきますので、合わない人には厳しい。
自分はあのノリが全く合いませんでした。
特に中盤はかなりダラけて感じるので退屈に。
後半からの盛り上がりはいい感じでした。
すっきりと観る事のできる作品。
子供向けの作品であるだけに、安心して観る事ができます。
カーズなど過去のディズニーCGアニメのBD作品でも同様の処理がありましたが、日本語吹替えにするとテロップやCGアニメの一部箇所も日本語になったりと非常に手が込んでいます。
こういう細かい所にも手を加えているのは素晴らしい。
【特典】
特典は音声解説の他、HD画質でメイキング、未公開シーンなど中々。
さらにBD-JAVAを使った簡単なゲームが入っていています。
【総評】
アクの強いキャラではありますが、ディズニーのCGアニメ好きなら安心して観れる作品かと思います。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★☆☆
・特:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon


【ルイスと未来泥棒】
原題:MEET THE ROBINSONS
監督:スティーヴン・J・アンダーソン
出演:ダニエル・ハンセン(声)、ウェズリー・シンガーマン(声)
製作年:2007年
発売日:2008/04/23
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/05/03 09:27 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

2008年05月発売リスト 


▼2008/05/02

フロム・ヘル
Amazon】【評価/批評

ドッジボール
Amazon

AVP2 エイリアンズVS.プレデター
Amazon

AVP ブルーレイディスクBOX
Amazon

スピーシーズ 種の起源
Amazon

L.A.大捜査線/狼たちの街
Amazon

アイス・エイジ
Amazon】【評価/批評

アイス・エイジ ブルーレイディスクBOX
Amazon】【評価/批評】【評価/批評

▼2008/05/21

ドラキュラ
Amazon】【評価/批評

トゥルー・ナイト
Amazon

デビル
Amazon】【評価/批評

ピーターパン
Amazon】【評価/批評

モーテル
Amazon

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
Amazon】【評価/批評

コヨーテ・アグリー
Amazon】【評価/批評

▼2008/05/23

チャプター27
Amazon

ザ・フライ
Amazon】【評価/批評

アイ, ロボット
Amazon】【評価/批評

▼18禁
[ 2008/05/01 00:00 ] 発売済み | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。