スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パトリオット エクステンテッド・エディション 

パトリオット エクステンテッド・エディション

▼ジャケット表
patriot1.jpg

▼ジャケット裏
patriot2.jpg

▼盤面
patriot3.jpg

▼仕様
・時間:約175分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
一万二千人が恐れた、たったひとりの戦士 - ゴースト -
長きにわたった戦争が終結。
勇士だったベンジャミン・マーチンは農夫となり、良き父親として平穏な日々を送っていた。
やがて独立戦争が始まるが、平和主義を貫くベンジャミンは、かつて同志だったイギリス軍との戦いに乗り気ではなく、長男ガブリエルの参戦に苦い顔を見せる。
しかし、目の前で次男を殺されたとき、眠っていた戦士としての本能を呼び覚まされ、再び銃を取ることを決意する…。

▼感想
メル・ギブソン主演の米独立戦争を舞台した映画。
映像はかなり綺麗です。
序盤はグレインによるノイズが強めに感じましたが、全体を通すとそうでもない。
フィルムの粒状性が丁寧に出ていてとてもフィルムライク。
コントラストもバランスがよく色にメリハリがある。
とにかく質感がよい。
稀に輪郭が甘くなることがありますが、全体的にシャープにまとめている。
他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入ります。
その辺の新作と比べても全然よい。
音もかなりいいです。
特に効果音でのぬけがよい。
重低音の響き、高音のぬけと迫力があり映画を盛り上げてくれます。
セリフ部分もとてもクリアで満足ができる。
ストーリーは米独立戦争を舞台にした愛国心的な作品。
このエクステンテッド・エディションは追加映像があるらしく、175分もの長編映画になっています。
しかし、これだけ長いのに全くダレる事がなく、引き込まれるように観れるのは出来がいいからですね。
起伏があり要所要所に山場があるので長くても飽きる事がない。
設定のリアリティーさも満足できますし、細かい箇所まで作り込まれている。
独立戦争が舞台な時点でどうしても愛国心という単語がクローズアップされてしまいますが、あまり深く考えないで観ると面白いと思える。
映画としての質は大変よく素直に楽しめるのではないでしょうか。
しかし、メル・ギブソンはこういう役がハマりますね。
特典はSD画質でメイキング、HD画質で他SPE作品の予告と、そこそこの印象。
内容は戦争物なので好みが別れそうですが、画質/音質に関しては共に満足ができる作品です。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【パトリオット エクステンテッド・エディション】
原題:THE PATRIOT
監督:ローランド・エメリッヒ
主演:メル・ギブソン
製作年:2000年
発売日:2007/07/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スポンサーサイト
[ 2007/07/31 12:39 ] は行 | TB(0) | CM(0)

王立宇宙軍 オネアミスの翼 

王立宇宙軍 オネアミスの翼

▼BOX表
oneamisu1.jpg

▼BOX裏
oneamisu2.jpg

▼ジャケット表(Blu-ray Disc)
oneamisu3.jpg

▼ジャケット裏(Blu-ray Disc)
oneamisu4.jpg

▼ジャケット表(DVD)
oneamisu5.jpg

▼ジャケット裏(DVD)
oneamisu6.jpg

▼ブックレット
oneamisu7.jpg

▼盤面1
oneamisu8.jpg

▼盤面2
oneamisu9.jpg

▼仕様
・時間:120分(本編)+5分(映像特典)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/ドルビーサラウンド/英語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)+片面2層(DVD)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
次世代の超高画質・超高音質を体感できる、Blu-ray DiscとDVD最終進化形の2枚組セット!!
王立宇宙軍 オネアミスの翼
[監督]山賀博之×[キャラクターデザイン/作画監督]貞本義行×[特技監督]庵野秀明×[音楽監督]坂本龍一
「新世紀エヴァンゲリオン」のGAINAX第一回制作劇場大作
オレはまだやるぞ。
死んでも上がって見せる!
細やかに描かれた架空世界に存在する、アニメの枠を越えたリアリティとドラマ性。
若き創造集団ガイナックスが成し遂げた究極の叙事詩に世界中のアニメファンが絶賛。
20年の時を経て、最高のクォリティで今、蘇る!

▼感想
ガイナックス初の劇場版アニメ作品。
映像は中々綺麗です。
全体的にグレインなのか粒状性が強めに出ていてややノイジーに感じます。
フィルムの味と取るかザラつきと取るかで評価は変わりそう。
個人的には年代的ないい味になっていると思いました。
高画質が故に、セル画/フィルムの傷やゴミなどもくっきり存在しています。
これは好みが別れるでしょう。
綿密な書き込みのある作品ですので細部までよく見えるのはよい。
独特なタッチで描き込まれた濃淡の表現なども綺麗です。
セル画アニメという事で、他のBD作品と一概に比べる事はできませんが、結構綺麗な分類にできると思います。
個人的にはもう少しノイズっぽさを取ってほしい気もしますが、年代を考えるとこのレベルはとても満足できる。
パトレイバーよりも好みで高画質に感じました。
音も中々よいです。
低音の響きがよいのが特徴的。
サウンドリニューアル版とは言え、年代的な事もあるのでしょうか。
どうしても声の抜けが悪いのとダイナミックさに欠ける音にはなります。
とは言え、満足できる質ではあります。
他の作品と相対的に見るなら普通~普通より少し上くらいの質でしょうか。
時代的な事を考慮して★4つ。
ドルビーTrueHDは5.1ch、LPCMは公開時のドルサラと違うタイプで収録されているのもいいと思います。
ストーリーは独自の世界観で描かれたロケット物。
とにかく世界観などの設定が細かい。
アニメなのでリアリティなどないにも関わらず、細かく綿密な設定により実際に存在するかのような世界観を構築しています。
キャラの設定などもしっかり出来ていて見易い。
ドラマ風に演出してくれますので飽きもこない。
やや間延びというか、このシーンは必要だったのか?と思ってしまう箇所もありますが、テンポも悪くないです。
ラストのまとめ方は個人的にはあまり好みではありません。
そこに入るまでの展開のほうが好みでした。
ある程度の癖はありますが、好きな人は何度か観たくなるアニメではないでしょうか。
特典映像は公開時の特報とパイロットフィルムのみではありますが、HD画質で収録されているのは中々満足。
同梱のブックレットの出来なども中々よい。
作品の画質/音質/内容のみを見た場合、満足度は中々あります。
しかし、どうにもパッケージの仕様が頂けない。
BD目当ての人にとって全く不要であるDVDの同梱は理解しかねます。
パッケージもDVDトールケースサイズというのは正直頂けません。
その点を踏まえて、総合評価では作品自体の満足感から★1つ引いています。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【王立宇宙軍 オネアミスの翼】
原題:Royal Space Force - Wings of Honneamise
監督:山賀博之
主演:森本レオ(声)
製作年:1987年
発売日:2007/07/27
販売元:バンダイビジュアル
[ 2007/07/29 11:03 ] あ行 | TB(0) | CM(2)

機動警察パトレイバー 劇場版 

機動警察パトレイバー 劇場版

▼BOX表
patlabor11.jpg

▼BOX裏
patlabor12.jpg

▼ジャケット表(Blu-ray Disc)
patlabor13.jpg

▼ジャケット裏(Blu-ray Disc)
patlabor14.jpg

▼ジャケット表(DVD)
patlabor15.jpg

▼ジャケット裏(DVD)
patlabor16.jpg

▼ブックレット
patlabor17.jpg

▼盤面1
patlabor18.jpg

▼盤面2
patlabor19.jpg

▼仕様
・時間:99分(本編)+4分(映像特典)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・音声②:リニアPCM/ドルビーサラウンド/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/ドルビーサラウンド/英語
・字幕①:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)+片面2層(DVD)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
次世代の超高画質・超高音質を体感できる、Blu-ray DiscとDVD最終進化形の2枚組セット!!
機動警察パトレイバー 劇場版
[監督]押井守×[脚本]伊藤和典×[原案]ゆうきまさみ×[キャラクターデザイン]高田明美×[エカニックデザイン]出渕裕
究極のクリエイター集団「ヘッドギア」が生んだSFアニメの金字塔!

▼感想
押井守監督による劇場版アニメ作品。
映像は中々綺麗です。
シーンによってノイジーに感じる事がありますが、いい意味での粒状性と捉える事はできる。
セル画/フィルムの傷やゴミなどもくっきり存在していますので、これは好みが別れそう。
セル画特有の線のぶれやベタ塗り塗料の味などはしっかり残せています。
さすがに時代的に3D箇所の酷さは目に付くのはご愛嬌。
古いアニメ作品ですがこれだけいい質感が出せるのだと驚きました。
セル画アニメという事で、他のBD作品と一概に比べる事はできませんが、中々綺麗な分類にできると思います。
というか、この作品の画質を突き詰めた感のある素晴らしい出来です。
音も中々よいです。
セリフの鮮明さも確保できていますし、低音の響きもよい。
古い作品なのでどうしても高音の伸びが悪くぬけ切りませんが、満足できるレベル。
新作と比べるとやや酷ではありますが、時代を考えたら満点にしてもいいかと思える出来です。
ドルビーTrueHDは5.1ch、LPCMは公開時のドルサラと違うタイプで収録されているのもいいと思います。
ストーリーは設定など丁寧に作られたロボット物。
色々とメディアミックスされた作品ですが、この劇場版から入っても問題ない作りになっています。
この劇場版から入っても決して置いてけぼりを食らう事はない。
丁寧かつさりげない説明がストーリーの中に織り込まれているからだと思われます。
作品のテンポもトントンと進みますしダレることはない。
それでいて急ぎ過ぎな感じもしませんのでバランスが取れている。
1989年に製作したとは思えない時代を見越した設定なども秀逸。
キャラの個性も立っています。
安心して観る事のできる娯楽アニメになっているのではないでしょうか。
特典映像は公開時の予告と特報のみではありますが、HD画質で収録されているのは中々満足。
同梱のブックレットの出来なども中々よい。
この作品の画質/音質/内容のみを見た場合、かなり満足度は高いです。
しかし、どうにもパッケージの仕様が頂けない。
BD目当ての人にとって全く不要であるDVDの同梱は理解しかねます。
パッケージもDVDトールケースサイズというのは正直頂けません。
その点を踏まえて、総合評価では作品自体の満足感から★1つ引いています。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【機動警察パトレイバー 劇場版】
原題:Patlabor 1 The Movie
監督:押井守
主演:古川登志夫(声)、冨永みーな(声)
製作年:1989年
発売日:2007/07/27
販売元:バンダイビジュアル
[ 2007/07/28 11:58 ] か行 | TB(0) | CM(0)

幸せのちから 

幸せのちから

▼ジャケット表
pursuithappyness1.jpg

▼ジャケット裏
pursuithappyness2.jpg

▼盤面
pursuithappyness3.jpg

▼仕様
・時間:約117分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた大ヒット感動作。
1980年代、妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリスは、家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。
ついには、妻が出て行き、家を追い出され、預金も底をついてしまう。
そんなクリスが最後に選んだ道は自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社することだった。
しかし、6か月無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。
愛する息子のため、奇跡を信じてクリスの過酷な戦いの日々が始まった。

▼感想
ウィル・スミス主演で実話を元にした映画。
映像は中々綺麗です。
フィルムライクな質感が出ているのはよい。
ただ、シーンよっての格差が結構激しい。
暗いシーンではややノイズが五月蝿く感じます。
他のシーンではそんな事もないのですが…。
輪郭のシャープさはやや物足りなさを受けます。
他のBD作品と比べると中々綺麗ではありますが、新作と考えると少し物足りなさも。
音は中々よいです。
セリフのクリアな質感はとてもよい。
サウンドも低音の響きがよい。
高音のぬけに物足りなさを感じますが満足できるレベル。
ただ、作品の性質上、サラウンド感は物足りないかな。
ストーリーは親子の愛を描いたサクセスストーリー。
実話を元にしているとの事で、やや中途半端にドキュメンタリーの部分が見え隠れしています。
ゆっくりしたテンポですが、少し引っ張り過ぎな感じも。
結局、実話が元なのでエンディングが見えてしまう。
ですが、途中の苦労と相俟って、ラストは気持ちいい気分になれる。
頑張れば報われるという言葉が似合う映画。
個人的にはラストはあっさりし過ぎだなとは思いますが、このライトな感じが観終わった後に爽快な気分にさせてくれるのかも。
特典はHD画質で色々と入っていて満足です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【幸せのちから】
原題:THE PURSUIT OF HAPPYNESS
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
主演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
製作年:2006年
発売日:2007/07/25
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/07/25 22:20 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

エネミー・オブ・アメリカ 

エネミー・オブ・アメリカ

▼ジャケット表
enemystate1.jpg

▼ジャケット裏
enemystate2.jpg

▼盤面
enemystate3.jpg

▼仕様
・時間:139分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:中国語字幕
・字幕⑤:インドネシア語字幕
・字幕⑥:マレー語字幕
・字幕⑦:韓国語字幕
・字幕⑧:ポルトガル語字幕
・字幕⑨:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
合衆国政府機関の陰謀に巻き込まれた男…。
逃げるか?戦うか?
ウィル・スミス&ジーン・ハックマン主演、トニー・スコット監督、ジェリー・ブラッカイマー製作による大ヒットサスペンス映画『エネミー・オブ・アメリカ』が、いよいよ<ブルーレイディスク>で登場!
驚異的な超高画質・超高音質が可能となったこの次世代光ディスクは、まさにエンターテイメント新時代の到来を告げる!!
弁護士ディーン(W.スミス)はある日、意図せず暗殺事件の証拠を手にしてしまう。
その直後からディーンは、NSA(国家安全保障局)による最新鋭テクノロジーを駆使した執拗な監視の標的となり、追いつめられていく。
孤立無援の彼は元諜報工作員ブリル(G.ハックマン)を味方につけ、全能の監視・追跡システムを操る巨大な敵を相手に、反撃を開始するが…。
<ブルーレイディスク>『エネミー・オブ・アメリカ』では、一瞬たりとも気をぬけないノンストップ・アクションを、未体験の高画質・高音質で再現。
現代アメリカの超監視システム社会を描いた戦慄のサスペンスの世界が、よりリアルに描かれる!

▼感想
ウィル・スミス&ジーン・ハックマン主演のアクション映画。
映像は中々綺麗です。
グレインはあまりなくノイズっぽさはありません。
それでいて全体的にフィルムライクな粒状性は残っていてよい。
輪郭のシャープさはやや物足りなさを受けます。
マスターの質が悪いのか稀に乱れる箇所もある。
シーンによって画質の差がやや見られますが概ね満足できるレベル。
結構古い作品と考えると頑張っているほうだと思います。
他のBD作品と比べても普通~普通よりやや上の部類に入ります。
音はかなりよい。
重低音の響きがよく迫力満点。
ダイナミックなサウンドで広がりもよい。
セリフもクリアでこもりなどは全く感じられません。
この音はかなり満足できました。
ストーリーはテンポのよいアクション映画。
とにかくテンポがよい。
最初から最後までテンポよいリズムで展開が続き全くダレる事がない。
アクションは基本的に追いかけっこメインですが、カメラワークなど魅せてくれて好み。
起伏のあるストーリー、緊迫感のある展開など最後まで食い入るように観る事ができました。
ラストも気持ちよく終わりますし、観た後は爽快感が残ります。
リアリティーは薄いものの娯楽映画として楽しく観る事ができ満足。
特典はHD収録になってはいますが、SD画質程度の解像度の低く大した事のない画質です。
未公開シーン、メイキングや予告映像などそこそこ。
この頃のブエナの作品はどれもそうですが、トップメニューがないのは不満です。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★★
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【エネミー・オブ・アメリカ】
原題:ENEMY OF THE STATE
監督:トニー・スコット
主演:ウィル・スミス、ジーン・ハックマン
製作年:1999年
発売日:2007/02/23
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/07/25 04:28 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

スペース カウボーイ 

スペース カウボーイ

▼ジャケット表
spacecowboys1.jpg

▼ジャケット裏
spacecowboys2.jpg

▼盤面
spacecowboys3.jpg

▼仕様
・時間:130分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
"なんてムチャな宇宙旅行だ!
4人のベテラン俳優が命懸けの旅に出る。"
心身共に鍛え抜かれた優秀なテストパイロット・チーム"チーム・ダイダロス"。
しかし土壇場になって、彼らの宇宙へ行く夢は絶たれた。
それから40年、再び彼らにチャンスが巡ってきた。
クリント・イーストウッドの監督22作目、主演42作目となる本作は、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナーというベテランスターが名を連ねた、ワクワクするようなSFアドベンチャー。
4人は、故障して軌道から外れ、地球に脅威をもたらすおそれのあるロシアの旧式通信衛星を修理すべく、チームを再結成する。
まさに"最も優れた資質を兼ね備えた"(ウォールストリート・ジャーナル)スペース・カウボーイたちが、不屈の精神とユーモアと勇気を胸に、いま飛び立つ。

▼感想
クリント・イーストウッド主演&監督の宇宙映画。
映像は正直厳しいです。
とにかく全体的にぼやけている。
特に引いたシーン、細かい描写の多いシーンでは顕著に見られる。
情報量が足りてないというより、明らかにエンコードの問題。
一部シーンではノイズも発生しますし、やけにノイジーで質がガクッと落ちる。
暗部のシーンも多いですが、くっきりとした物がなく厳しい。
他のBD作品と比べると明らかにワンランク質が落ちています。
音も全体的に軽い。
作品の内容的に重厚な低音が響いたほうがいいシーンなども軽さが目立ちます。
音のこもりもやや気になるレベル。
セリフ自体にはこもりを感じられませんが、高音が抜け切らなく全体的にこもった印象に。
ストーリーはお爺ちゃん達が奮闘する宇宙映画。
展開のテンポは悪くなく観ていてダレません。
どこか心暖まる展開が続くのも好み。
クスッと笑ってしまうシーンも。
しかし肝心の宇宙空間でのシーンがややショボイ。
さらに今何をしているのかが伝わりにくく置いてけぼりになる事も。
緊迫感あるシーンもその辺が全く伝わってこない。
終盤の展開はあまり好みではありませんでした。
それでも途中途中、思わず頑張れと言ってしまいたくなるような、暖かみのある作品になっています。
特典はSD画質でメイキングや予告などそこそこ。
とにかく画質音質の微妙さが残念。
画質音質がもっとよかったら評価も違ってきたと思います。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★★☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon



【スペース カウボーイ】
原題:SPACE COWBOYS
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド
製作年:2000年
発売日:2007/07/13
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/23 23:15 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

ハッピー フィート 

ハッピー フィート

▼ジャケット表
happyfeet1.jpg

▼ジャケット裏
happyfeet2.jpg

▼盤面
happyfeet3.jpg

▼仕様
・時間:108分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"★★★★ 最高のエンターテイメント、そして最高に、ハッピー。"
皇帝ペンギンの世界は歌が命。
歌で心を伝えられなければ、一人前の大人にはなれない。
しかし音痴な上に、タップダンスが上手という困った皇帝ペンギンのマンブル…。
彼は当然のようにエンペラー帝国から追放されてしまう。
ひとりぼっちで未知の世界に飛び出すことになったマンブルは、ひょんなことからアデリー・ペンギンのアミーゴスたちと、そしてロックのカリスマであるラブレイスと出会い、次第に自信とリズムを取り戻していく。
踊る皇帝ペンギンのマンブルが繰り広げる、自分探しの大冒険が今始まる!

▼感想
ミュージカル調のCGアニメ映画。
映像はCGアニメという事もあり中々綺麗です。
ペンギンの毛のふわふわ感も出ている。
ただ、輪郭がくっきりせず精細感が足りない。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もあり中々綺麗な部類に入ります。
しかし、他のBDで出ているCGアニメ作品と比べたら物足りなさが残る。
これはマスターの問題なのか、BD版の仕様なのかは分かりませんが、もっと綺麗に出来たのではないかと疑問が残ります。
音は中々よい。
特に重低音がよく出ていて響きがいいです。
広がりという面では物足りなさが残りますが、全体的にサウンドが重要な作品なので概ね満足はできるレベル。
ワーナーにしては珍しくリニアPCMを採用したのも頷けます。
ストーリーはミュージカル調で進みながらも風刺の効いたCGアニメーション。
リズムとテンポよく進む展開、軽快なサウンドなどは楽しい。
ただこの作品、子供向けのCGアニメではありません。
よくあるCGアニメーションの展開を期待していると肩すかしをくらいます。
社会風刺に満ちた展開が後半続きます。
これは正直かなり好みが別れるはず。
個人的にはミュージカル調のテンポのまま娯楽作品として観たかった気も。
想像したエンディングとは違い意外性はありましたが好みではありませんでした。
特典はHD画質で未公開映像、SD画質でメイキングやミュージッククリップなど、中々満足感はあります。
展開的には好みの別れる作品なのは間違いありません。
何より画質の面で他のCGアニメと比較した場合の物足りなさが残念。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【ハッピー フィート】
原題:HAPPY FEET
監督:ジョージ・ミラー
出演:イライジャ・ウッド(声)
製作年:2006年
発売日:2007/07/20
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/22 02:15 ] は行 | TB(0) | CM(0)

許されざる者 

許されざる者

▼ジャケット表
unforgiven1.jpg

▼ジャケット裏
unforgiven2.jpg

▼盤面
unforgiven3.jpg

▼仕様
・時間:131分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"イーストウッドの最高傑作 - そして過去20余年に作られた中で最高のウエスタン。"
『許されざる者』は"私がウエスタン映画について思っていたこと全てをようやくした"現代の古典作品だ、と監督/主演のクリント・イーストウッドはかつてthe Lost Angeles Times紙上でこう語った。
アメリカ映画協会の選出したアメリカ映画ベスト100に名を連ね、1992年アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)、編集賞(ジョエル・コックス)の4部門を受賞。
イーストウッドとモーガン・フリーマン演じる元アウトローのコンビは、その手に再び銃を持ち、最後の追跡の旅に出る。
リチャード・ハリスは名の知れた殺し屋を、ジーン・ハックマンは如才ない魅力…そして残忍さを併せ持つ保安官を好演した。
『許されざる者』こそが"我々の世代を代表するウエスタンである。"(Kenneth Turan, Los Angeles Times)

▼感想
クリント・イーストウッド主演&監督のウエスタン映画。
映像は中々綺麗です。
グレインはあまりなくくっきりした映像。
暗部ではフィルムライクな粒状性が出ておりいい味が出ている。
コントラストもはっきりしていて見易い。
極稀にシーンによって乱れが見られますが、気になるものではありません。
暗いシーンの多い作品ですが、暗部の表現が丁寧に出ておりよい。
古い作品ですが画質は結構いいと思います。
他のBD作品と比べても中々綺麗な部類に入ります。
音はそこそこの印象。
重厚なサウンドではなく、ややダイナミックさに欠ける音。
これは作品自体がそうなのかな。
軽い音ではありますが、作品とはマッチしていますし悪くはありません。
セリフのこもりもありませんし聞き取り易い。
ストーリーは物語性重視のウエスタン映画。
よくあるウエスタン映画のような撃ち合いが頻繁にある訳ではありません。
あくまでストーリー性重視の展開。
ゆっくりとしたテンポで進んでいきますが決してダレる事はない。
そのメリハリが秀逸。
まとめ方もいいですしエンディングも好み。
観終わった後、心に残るものがあります。
名作はいつ観ても素晴らしい。
特典は音声解説の他、SD画質でメイキングやドキュメンタリーなど中々。
ウエスタン映画は基本的に好みが別れますが、この作品に限ってはより好みする事なく観る事ができると思います。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon



【許されざる者】
原題:UNFORGIVEN
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド
製作年:1992年
発売日:2007/07/13
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/20 08:00 ] や行 | TB(0) | CM(0)

トレーニング デイ 

トレーニング デイ

▼ジャケット表
trainingday1.jpg

▼ジャケット裏
trainingday2.jpg

▼盤面
trainingday3.jpg

▼仕様
・時間:122分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"壮絶なアクション・エンターテイメント!
デンゼル・ワシントンは火花を散らし、今にもキレそうな電線のようだ。"
本作の演技で二度目のアカデミー賞に輝いたデンゼル・ワシントン。
これまでの善人のイメージを脱ぎ捨て、ロス市警 麻薬捜査課のカリスマ的な悪徳刑事アロンゾを熱演。
アロンゾの行動は、暴行、脅迫、証拠ねつ造と次第にエスカレートしていく。
そのアロンゾとコンビを組む新人刑事ジェイクを演じるのはイーサン・ホーク。
監督は『キング・アーサー』のアントニー・フュークワー。
そのほかドクター・ドレーやメイシー・グレイ、スヌープ・ドッグなど音楽界のスーパースターが総出演。
勤務初日、それは最後の審判の日でもあった。

▼感想
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク主演のアクション映画。
映像は中々綺麗です。
グレインは意図的に外しているのか全くない。
ですので綺麗に見えますがフィルムっぽさは失われています。
好みのよるとは思いますが、つるつるした印象を受けてしまうかも。
VC-1らしい映像になっています。
それと全体的にコントラスト比が甘い気がするのですが…これは元もそうなのかな。
他のBD作品と比べると中々綺麗な部類には入ります。
音は全体的に軽い音。
ダイナミックさにやや欠け、低音の響きも物足りないので迫力が薄い。
セリフのこもりなどはなくクリアではありますが、もう少し重みある音のほうが映画の雰囲気にも合ったと思います。
ストーリーは麻薬捜査課を舞台にしたアクション映画。
普通の警官物とは違い、闇の部分をよく映し出している。
悪徳警官的なストーリーで意外性がある訳でもありませんが、緊迫感あるシーンは中々。
ラストの展開は個人的に微妙かな。
部分部分は面白くダレる事もないのですが、まとめ方には難があると思いました。
終わった後にすっきりとしたものがない。
正義とはどういうものなのか、難しいテーマなのでまとめるのは難しいのかも。
ハマり役かどうかは置いておいて、デンゼル・ワシントンの演技はすごい。
特典はSD画質でもう一つのエンディングや予告、音声解説、メイキングなど中々。
しかし、もう一つのエンディングなどはかなり画質が悪く見にくかったです。
SD画質収録は仕方ないにしても、あの画質はない。
中々いい感じではありましたが終盤が好みじゃなく今ひとつもの足りませんでした。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【トレーニング デイ】
原題:TRAINING DAY
監督:アントワーン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク
製作年:2001年
発売日:2007/07/13
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/17 08:08 ] た行 | TB(0) | CM(0)

ロック・ユー! 

ロック・ユー!

▼ジャケット表
knightstale1.jpg

▼ジャケット裏
knightstale2.jpg

▼盤面
knightstale3.jpg

▼仕様
・時間:約132分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
階級なんてブチ壊せ!!
80年代のヒット曲をバックに繰り広げられる、興奮のスペクタクル・アクション!
時は14世紀。
貴族だけ参加が許されるジュースティング(馬上槍試合)に、ウイリアムは身分を偽り出場を繰り返していた。
強敵を相手に次々と大会で勝利を収めるウイリアム。
しかし世界選手権の決勝前夜、謀略により身分を偽っていたことが発覚。
その罪により処刑を宣告されてしまうのだった…。
果たして彼の運命は!?

▼感想
中世ヨーロッパを舞台にしたアクション映画。
映像は普通です。
ややグレインが強めでノイジーに感じるので好みは別れそう。
輪郭が甘くシャープさに欠ける映像が多いのも残念。
一部シーンではガクッと画質が落ちる所があるのは何故でしょう。
他のBD作品と比べると並程度になるのではないでしょうか。
普通にHDとして見れるがとりたてて綺麗という訳でもないと思います。
音は中々と広がりがありいい感じ。
低音が弱い気もしますが、ダイナミックな音が出ていて、臨場感があります。
セリフのこもりなどもなくよい。
ストーリーは中世ヨーロッパを舞台にした騎士映画。
平民から騎士へという展開になっていますので、感情移入はし易い。
クイーンなど80年代の歌が映画の一部に使用されています。
時代背景を考えると違和感もありますが、いい感じに盛り上げてくれるので悪くない。
個人的にはもっと多めに使ってくれてもよかったかも。
馬上槍試合は中々迫力があり熱くなれます。
話の流れとしては実にベタな展開なので意外性は皆無。
よく言えば安心して観れる映画ですが、悪く言えば退屈。
テンポはあまりよくなく間延びした印象を受けてしまいましたので、途中途中で疲れてしまいました。
中世ヨーロッパの世界観が好きで、エンターテイメントとして観れるなら楽しめると思います。
特典が全く入っていなかったのは不満。
最低限、音声解説や予告くらいは入れて欲しかったです。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★☆☆☆
・総:★★☆☆☆

▼Amazon


【ロック・ユー!】
原題:A KNIGHT'S TALE
監督:ブライアン・ヘルゲランド
主演:ヒース・レジャー
製作年:2001年
発売日:2006/11/03
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/07/16 01:13 ] ら行 | TB(0) | CM(0)

フェイク エクステンデッド・エディション 

フェイク エクステンデッド・エディション

▼ジャケット表
donniebrasco1.jpg

▼ジャケット裏
donniebrasco2.jpg

▼盤面
donniebrasco3.jpg

▼仕様
・時間:約147分
・映像:1080p/スコープ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
アル・パチーノ VS. ジョニー・デップ。
FBI捜査官とマフィアの攻防を描いた実話の映画化!
FBI特別捜査官ジョー・ピストーネは、ドニー・ブラスコという名で単身、街に潜伏する。
マフィア組織の構成員であるレフティという男に出会い、彼に息子のように可愛がられるようになった彼は、クールな知能を発揮し、着実にマフィアの中枢へと上り詰めてゆく。
一方、盛りを過ぎたレフティは、ドニーの出現に夢を見、再び人生を賭けるのだが…。

▼感想
アル・パチーノ、ジョニー・デップ主演のマフィア映画。
映像は中々綺麗です。
古めの作品ではありますが中々綺麗に出ている。
一部シーンでグレインが強く出ますが、全体的には控えめですし、丁寧に作られているのでフィルムらしい質感がよい。
しかし全体的に輪郭が甘くやや弱い印象のシーンが多いです。
アップのシーンは質感などよいのですが、引きのシーンになるとその傾向が顕著に現れる。
他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な作品ではあると思いますし、旧作にしては頑張っているほうだと思います。
音はセリフのクリア感は中々よい。
しかしどうにもサウンドが軽い。
低音が弱く響きが少ないのでサラウンド感も弱い。
セリフのクリア感がよく出ているだけに、ダイナミックさに欠ける音は残念。
ストーリーはとてもリアルなマフィア映画。
実話が元になっているとの事ですが、ドキュメンタリーな感じはありません。
しっかり映画としてまとめている。
リアルなマフィア世界が丁寧に描かれている。
ストーリーの起伏もよくダレさせない。
潜入捜査の緊迫感、マフィア世界の素顔、家族との関係、そして男同士の信頼感。
全てがリアルに伝わってくる。
最後のシーンは特に印象的です。
アル・パチーノ、ジョニー・デップの演技力もすごくよい。
2人共、ハマり役だったのではないでしょうか。
特典はSD画質でメイキングや元となった実話を織り交ぜた解説など、そこそこ満足。
とにかく内容がよかったので満足です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon


【フェイク エクステンデッド・エディション】
原題:DONNIE BRASCO
監督:マイク・ニューウェル
主演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ
製作年:1997年
発売日:2007/05/23
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2007/07/15 01:37 ] は行 | TB(0) | CM(0)

燃えよドラゴン 

燃えよドラゴン

▼ジャケット表
enterdragon1.jpg

▼ジャケット裏
enterdragon2.jpg

▼盤面
enterdragon3.jpg

▼仕様
・時間:102分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/1.0chモノラル/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"映画史上最も鮮烈かつエンターテイメント性に富んだカンフー映画"
香港裏社会の支配者ハンの主催する、武術トーナメントが開催される。
ハンの手下に姉を殺され、復讐に燃えるリーは、秘密情報局の承諾を得て単身トーナメントに参加するが…。
そのキャリアの絶頂で突然この世を去り、30年以上の時を経てなお語り継がれる伝説のアクション・スター、ブルース・リー。
そんなブルース・リーの代表作にして歴史に残る名作となった『燃えよドラゴン』がBlu-ray Discで登場。
空手、柔道、テコンドーなど世界中の武術がその力を競い、リー自身によって演出されたアクション・シーンは今もって他の追随を許さない。
ブルース・リーの最高傑作!

▼感想
ブルース・リー主演によるカンフー映画。
はじめに、自分はこの作品が大好きなため、どうしても主観的なレビューになってしまうのをご理解下さい。
映像は中々綺麗です。
HDリマスターDVDなどを持っていますが、それらと比べて差があります。
とにかく質感や情報量が良くなり増えている。
特に暗部での表現力は今までの燃えよドラゴンにはなかったものがあります。
古いフィルム映画特有の粒状性は残っており、当時の雰囲気を残しているのがよい。
どうしても古い作品なので一部乱れが見られますが、いい意味で当時の質感を再現している。
VC-1という事ですが、フィルム感が残っており好みの映像になっています。
古い作品ですので新作などを混ぜた他のBD作品と相対的に評価すると、解像度に難があるのか、輪郭の甘さなどもありますし、ぼやけた感じもするので、どうしても厳しい評価にはなってしまいます。
ただし、今まで色々とリリースや放映されてきた、燃えよドラゴンの中で評価するのであれば満足感はあります。
音も今までのものとは違いを感じる事はできる。
まずセリフのこもりが消えたという事が嬉しい。
クリアとまではいきませんが、こもった感じは消えましたし聞き取り易い。
はっきりと響く怪鳥音はファンには涙物。
やや低音が軽い印象を受けましたが元の問題かな。
映像同様に新作などと比較するとどうしても物足りなさはありますが、仕方がない。
ストーリーは言わずとしれたカンフー映画になっています。
正直な話、ストーリー自体は王道的なカンフー物になっていますし意外性がある訳でもありません。
しかし、それらを圧倒的なカンフーアクションが昇華している。
ブルース・リーのキレのある動きはいつ観ても新鮮で熱くさせてくれます。
この作品を語るに陳腐な感想は書けません。
正に「Don't Think. Feel!/考えるな、感じろ!」です。
特典は音声解説のほか、SD画質ながらメイキングにドキュメンタリー、インタビュー集に予告やTVスポットなど大変満足できる内容。
ファンなら是非手元に残しておきたいタイトルです。

▼個人的評価
・画:★★☆☆☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・総:★★★☆☆

▼Amazon



【燃えよドラゴン】
原題:ENTER THE DRAGON
監督:ロバート・クローズ
出演:ブルース・リー
製作年:1973年
発売日:2007/07/13
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/13 14:31 ] ま行 | TB(0) | CM(0)

ソードフィッシュ 

ソードフィッシュ

▼ジャケット表
swordfish1.jpg

▼ジャケット裏
swordfish2.jpg

▼盤面
swordfish3.jpg

▼仕様
・時間:99分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"『フレンチ・コネクション』×『マトリックス』。
最高にホットなサイバーアクション"
パソコンに近づいたら、即刻ムショに逆戻り。
仮釈放中の元ハッカー、スタンリー・ジョブソンは、犯罪とは無縁の生活を送っていた。
そんなかつてのスーパーハッカーを待っていたのは、なんと報酬1000万ドルの大仕事。
裏にはカリスマスパイが絡んでおり、しかもその内容は、コンピューターを駆使して、大胆にも政府の闇資金を盗み出すことだった。

▼感想
ヒュー・ジャックマン、ジョン・トラボルタ主演によるアクション映画。
映像は中々綺麗です。
VC-1という事でノイズ感は全くなくややつるっとしている印象ですが、かなり綺麗に映像が出ている。
質感という意味ではどうしてもフィルムっぽさが薄れてしまいますが、くっきりとしたシーンが多くよい。
一部のシーンにおいて輪郭の甘さが見られたりと、全体を通して安定感がない感じもしますが、概ね満足できるレベル。
他のBD作品と比べても綺麗な部類に入ると思います。
音は中々迫力がありいい感じ。
低音がよく出ていて響く感じがよい。
こもる事はありませんが、クリアな感じがいまいちしないのはなんでだろう。
音の透明感にやや物足りなさを感じました。
ストーリーはテンポのよいノンストップなアクション映画。
とにかくテンポがよくスタイリッシュで派手。
アクションシーンなどやり過ぎ感があるくらいの派手具合です。
しかしこれらが迫力満点でうまくまとまっている。
テンポよく進むシナリオも山場をうまく盛り込んであり全く飽きさせない。
ラストまでアッという間に過ぎていきます。
ラストの展開も個人的には好み。
色々と突っ込み所のある映画ですが、そんな事も気にさせない程入り込む事ができました。
テンポがよく個人的にはとても楽しむ事ができた。
深く考えずに観れば観賞後に爽快な気分になれます。
しかしトラボルタは悪役がハマるな…。
特典はSD画質ながらメイキングや音声解説などそこそこ満足できます。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・総:★★★★★

▼Amazon



【ソードフィッシュ】
原題:SWORDFISH
監督:ドミニク・セナ
出演:ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、ハリー・ベリー
製作年:2001年
発売日:2006/11/23
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/11 17:27 ] さ行 | TB(0) | CM(4)

守護神 

守護神

▼ジャケット表
guardian1.jpg

▼ジャケット裏
guardian2.jpg

▼盤面
guardian3.jpg

▼仕様
・時間:139分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声③:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
・音声④:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・音声⑤:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ語
・音声⑦:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ポルトガル語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:タイ語字幕
・字幕④:ポルトガル語字幕
・字幕⑤:中国語字幕
・字幕⑥:インドネシア語字幕
・字幕⑦:マレー語字幕
・字幕⑧:韓国語字幕
・字幕⑨:日本語吹替用字幕
・字幕⑩:タイ語吹替用字幕
・字幕⑪:ポルトガル語吹替用字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
死んでも、守り抜く -。
生と死の狭間で、命を救う事にすべてを賭ける海難レスキュー隊。
- 魂を揺さぶるる«命のドラマ»が誕生した。
任務中に相棒を失い心と身体に深い傷を負ったレスキュー・スイマー、ベン・ランドール(ケビン・コスナー)。
現場を退き、レスキュー隊員のエリート育成学校の教官となったベンは、訓練生のジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)と出会う。
才能に恵まれながらも何かに苛立ち、時に暴走してしまうジェイクの中に、ベンは自分と同じ心の傷 - 大切な者を救えなかった苦悩を見いだす。
救い続けることこそ、生き残った者の«宿命»…ジェイクは、そんなベンの信念に心打たれ、二人は父子にも似た強い絆で結ばれていく。
やがて、難関を突破し卒業したジェイクは、現地復帰を果たしたベンと共にアラスカで任務に就く。
しかし、そこには想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた…。
ブルーレイディスクならではの高画質、高音質で体感する、大迫力に満ちた海難救出シーンはまさに圧巻。
アメリカ沿岸警備隊を舞台に、«守護神»と呼ばれた伝説のレスキュー・スイマーの栄光と苦悩、そして、男たちの熱い絆を、ダイナミックかつドラマティックに描いた日米大ヒット感動巨編。

▼感想
ケビン・コスナー主演の海難レスキュー映画。
映像は中々綺麗です。
ややノイズの目立つシーンもありますが、良い意味でフィルムらしさがある。
質感がとてもよく、かなり劇場に近い感覚で観れるのではないでしょうか。
ただ気になるのが、シーンによっての質の差が激しいという事。
一部シーンでは相当な綺麗さを誇るのに、他のシーンではぼやけた印象を受けたりなど、全体として質の統一感に欠けます。
とは言え、他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な作品ではあると思います。
音は中音がよく出ている印象。
しかし低音の重みがイマイチな感じを受けました。
この手の映画は低音にドシッと重みのある音が出たほうがいいと思うので、その点は物足りなさも。
ストーリーは王道的な海難レスキュー物となっています。
人物ドラマとレスキュー、どちらも丁寧にまとめた印象。
それだけに王道なストーリーとなっていますので意外性はありません。
しかし安心して観る事ができる。
レスキューシーンはすごく迫力のあるシーンが展開されるので満足度が高い。
展開にメリハリがあるので最後までダレる事なく観る事ができました。
ラストのまとめ方は結構好き。
エンディングのスタッフロールも普通とは違いよかったと思います。
好みはともかくケビン・コスナーは今までとは違った演技を見せている。
特典はHD画質でもう一つのエンディングや未公開シーンなど。
SD画質でメイキングなどと結構豪華。
自分としては全体的に満足度が高めの作品でした。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【守護神】
原題:THE GUARDIAN
監督:アンドリュー・デイヴィス
主演:ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー
製作年:2006年
発売日:2007/06/20
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/07/09 12:17 ] さ行 | TB(0) | CM(2)

ティム・バートンのコープスブライド 

ティム・バートンのコープスブライド

▼ジャケット表
corpsebride1.jpg

▼ジャケット裏
corpsebride2.jpg

▼盤面
corpsebride3.jpg

▼仕様
・時間:77分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・音声③:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ミュージック・サウンドトラック
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"文句なしの名作"
"度肝を抜くほどのアニメーション!"
アカデミー賞候補となり、2005年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の長編アニメ賞に輝いた『ティム・バートンのコープスブライド』は、彼の傑作『シザーハンズ』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の流れをくむ、ダークかつロマンティックな作品。
19世紀ヨーロッパのとある村、結婚を控えた気弱な若者ビクター(声:ジョニー・デップ)は、ふとしたことから死体の花嫁«コープス ブライド»(声:ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚の誓いを立ててしまい、"死者の世界"へ連れ去られる。
一方"生者の世界"では、彼の本当の花嫁ビクトリア(声:エミリー・ワトソン)が彼の帰りを待っていた。
厳しい制約だらけの"生者の世界"より自由で生き生きとした"死者の世界"。
ビクターはそこで真実の愛を貫く決心をする。
愉快でロマンティックで活気あふれる死語の世界を描いたティム・バートンの新たなストップモーション・アニメ。

▼感想
ティム・バートン監督のストップモーション・アニメ映画。
映像は概ね綺麗です。
いつも思うのですがVC-1圧縮ってノイズ感がほとんどなく少しのっぺりとつるつるな質感になる事が多い。
フィルムっぽさがないのですが、この映画にはそれが映えます。
つるっと綺麗に出ているほうが綺麗に感じる作品ですので合っている。
ややぼんやりしていて、シャープさに欠ける印象を受けるのが気になりますが、色調を抑えた作品の雰囲気ともマッチしていますし自分は好み。
アニメだからと言う事もありますが、他のBD作品と比べてもかなり綺麗な部類に入るのではないでしょうか。
音は中々いい感じ。
ダイナミックさは物足りませんが綺麗な音のクリア感が出ています。
世界観ともマッチしていますし好み。
ストーリーはティム・バートンらしさ満載のストップモーション・アニメ。
コマ送りで撮影されたという手法は独特な世界観を引き立てます。
この製作は正に職人の世界。
CGアニメとは違った独特な質感が面白い。
ティム・バートンらしいダークな雰囲気のある世界観。
生者と死者の対比も楽しい。
ダークでウィットに富んだジョークとじわっとくる哀愁が秀逸です。
所々ミュージカル調になるのもテンポよくて飽きさせない。
作品時間も短いので、自分としてはすっと入りダレる事なく観る事ができました。
良くも悪くもティム・バートンらしい作品ですので、彼の世界観が好きかどうかで好みが別れそう。
好きならばふとした時に何度か観たくなる作品ではあります。
特典はサウンドトラックの他、SD画質ながら色々と入っていて中々豪華。
全体的に満足な出来でした。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon



【ティム・バートンのコープスブライド】
原題:CORPSE BRIDE/TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン
出演:ジョニー・デップ(声)、ヘレナ・ボナム=カーター(声)
製作年:2005年
発売日:2007/02/09
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/07 11:27 ] た行 | TB(0) | CM(0)

イバラード時間 

イバラード時間

▼ジャケット表
iblardjikan1.jpg

▼ジャケット裏
iblardjikan2.jpg

▼盤面1
iblardjikan3.jpg

▼盤面2
iblardjikan4.jpg

▼仕様
・時間:約30分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/2.0chステレオ
・音声②:リニアPCM/5.1chサラウンド
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)+サウンドトラック特典CD
・動画圧縮:MPEG-2

▼内容
イバラードを旅する。
画家・井上直久とスタジオジブリが生み出したまったく新しい映像画集。
不思議な物語をその奥に秘めたイバラードの絵に音楽とアニメーションによって時間の流れが吹き込まれた。
イバラード。
そこには見たこともないのに懐かしい風景が広がっている。

▼感想
ジブリ映画『耳をすませば』などにも登場した井上直久が描くイバラードの映像画集。
映像はとても綺麗です。
MPEG-2ではありますがビットレートは38Mbpsくらい常時出ていますし、40Mbps超えもある。
さすがにそれだけの高ビットレートを確保できているからかとても美麗。
細かい描写まで破綻する事なく丁寧に映し出されていて、世界観を知る事ができます。
他のBD作品とは映像画集という事で比較は難しいですが、かなり綺麗だと感じました。
音質も中々よい。
基本的に音楽がBGMとして流れるのと効果音が付いているだけですので一概にどうとは言えません。
ただ雰囲気にとても合っていますし癒し系のサウンド。
サラウンドっぽさはあまりありませんが心地よいです。
映像画集なのでストーリーなどはありません。
井上直久の絵が映し出され、それにCGや2Dアニメーションが加えられて静かに動く仕組みになっています。
あの幻想的な絵の中の木々が揺れたり、波が打ち寄せたり、雲が流れたり、人がこっそり動いたりと癒される作品。
井上直久の世界観が好きなら楽しめると思います。
綺麗な画集、それに合わせて動くアニメーション、心地よいサウンド、これらが時間の流れと共に合わさった新しい映像作品になっています。
とても心地よいのでなんとなく流しているだけでもいいかも。
特典は原画ギャラリーやオーディオコメンタリー、ビデオ日記など中々豪華。
ポップアップメニュー、トップメニュー内にあるお知らせでは、SD画質ながらジブリ美術館ライブラリーやジブリ作品の予告を見る事ができます。
さらにサウンドトラック特典CDがパッケージ内に付属しており満足度は高い。
自分のように井上直久の世界観が好きなら間違いなく買いですが、そうでない人にはお薦めしにくいタイトルではあります。

▼個人的評価
・画:★★★★★
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・総:★★★★★

▼Amazon


【イバラード時間】
原題:IBLARD JIKAN
監督:井上直久
製作年:2007年
発売日:2007/07/04
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[ 2007/07/04 13:01 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

イルマーレ 

イルマーレ

▼ジャケット表
lakehouse1.jpg

▼ジャケット裏
lakehouse2.jpg

▼盤面
lakehouse3.jpg

▼仕様
・時間:98分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"最高の映画"
運命の相手についに出会った医者のケイト・フォースター。
しかし、そこには遠距離という障壁があった。
彼女が住むのはシカゴのダウンタウン、彼が住むのは人里離れた郊外の湖畔。
そしてさらに、彼女は2006年、彼は2004年を生きていた。
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが『スピード』以来となる競演を果たしたのは、この時を超えた愛を描いた本物のラブ・ストーリー。
ケイトが美しい湖畔の家を引き払うことになり、次の住人である建築家のアレックス・ワイラーにメッセージを残したことから物語は始まる。
ふたりは手紙でのやりとりを通じてすぐに、お互いがかけがえのない存在であることに気づく…しかし、ふたりの間には2年の隔たりがあった。
ふたりははたして出会うことができるのか?
会おうとするふたりに何が起きるのか?
幻想的で観る人の心を揺さぶる『イルマーレ』は、2004年、2006年、そしてすべての時代に通じる、まさしく時を超えたラブ・ロマンス。

▼感想
未視聴。
視聴後感想はUPします。

▼個人的評価
・画:・・・・・
・音:・・・・・
・話:・・・・・
・総:・・・・・

▼Amazon



【イルマーレ】
原題:THE LAKE HOUSE
監督:アレハンドロ・アグレスティ
出演:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック
製作年:2006年
発売日:2007/04/06
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/04 12:23 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

逃亡者 

逃亡者

▼ジャケット表
fugitive1.jpg

▼ジャケット裏
fugitive2.jpg

▼盤面
fugitive3.jpg

▼仕様
・時間:130分(本編)
・映像:1080p/ビスタ
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/2.0chステレオ/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・字幕③:日本語吹替用字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
"文句なしの傑作!卓越した演出と完璧な演技。"
男が一名逃走中。
奴をつかまえろ。
ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズの二人がスクリーンを所狭しに駆け巡るのは、往年のTVドラマの傑作から生まれた息もつかせぬ追跡劇。
フォード演じるのは、妻殺しの汚名を着させられた、シカゴの外科医リチャード・キンブル。
逃走犯となった彼が身の潔白を証明するには、真犯人である"片腕の男"を探し出すしかない。
そんな彼を、容赦なく執拗に追い詰めていく連邦保安官ジェラード。
ジョーンズはこの役で、1993年度のアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、さらにロサンゼルス批評家協会賞で助演男優賞を獲得した。
追う者と追われる者。
「沈黙の戦艦」のアンドリュー・デイビス監督が世に送る、エンジン全開、ノンストップで繰り広げられるサスペンス・アクションの決定版。

▼感想
ハリソン・フォード主演のアクション映画。
映像はノイズ感がほとんどなく少しのっぺりとした質感。
ノイズっぽさがないので一見綺麗に見えますが、フィルムらしさがなくつるっとした質になっています。
全体的にぼやけた印象になっているのは残念。
大きめの被写体だとくっきり感はあるのですが、細かい描写が弱く情報量が少なく感じます。
古い作品という事もありマスターの問題なのでしょうか。
他のBD作品と比べると普通~普通より少し下。
そこまで悪くはありませんがよくもない。
音はそこまでよくはありません。
全体的な広がりが悪く、時々こもる音になるのが頂けません。
サウンドの響きはいいのですがクリア感がないため物足りなさが。
ストーリーは名作だけあって中々秀逸。
今こうして観ると矛盾点や突っ込み所は多数ありますが、そういう点は割り切れる面白さがある。
基本的にタイトルの名の通り追いかけっこなのですが、スリリングな展開に引き込まれます。
ハリソン・フォードの演技も中々ですが、やはりトミー・リー・ジョーンズの味のある演技がよい。
何度も観た作品ですが、何度観ても楽しめる秀逸な映画です。
特典はそこそこ入っていて満足感はあります。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★☆☆☆
・話:★★★★★
・総:★★★★☆

▼Amazon



【逃亡者】
原題:THE FUGITIVE
監督:アンドリュー・デイビス
出演:ハリソン・フォード
製作年:1993年
発売日:2007/06/08
再発売日:2008/06/11
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
[ 2007/07/03 15:47 ] た行 | TB(0) | CM(0)

エネミー・ライン 

エネミー・ライン

▼ジャケット表
enemylines1.jpg

▼ジャケット裏
enemylines2.jpg

▼盤面
enemylines3.jpg

▼仕様
・時間:106分(本編)
・映像:1080p/スコープ
・音声①:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
『トップガン』を超えるノンストップ戦争スカイアクション超大作!
ボスニアの平和維持活動に当たっていた米国海軍のクリス大尉は、偵察飛行中に突然ミサイル攻撃を受け、敵陣のど真ん中に不時着してしまう。
クリスはセルビア人民軍の執拗な追跡をかわしながら、敵地脱出を試みるのだが…。
全編クライマックスの連続アクション!
F/A-18戦闘機VSミサイルの闘い、敵地へのパラシュート脱出、地雷原での戦闘シーンなど、リアルな迫力で観る者を圧倒する!
アメリカ国防総省全面バックアップ!

▼感想
ジョン・ムーア監督の戦争アクション映画。
映像は中々綺麗。
グレイン処理がかなりきつめに出ているのでノイジーに感じますが、劇場風で悪くない。
フィルムライクな質感が出ていていい味が出てると思います。
どうしてもグレイン処理がきついと好みが別れてしまいますが、自分としてはこの映画に関してはよかった。
ただ全体的にシャープさに欠ける印象がありくっきり感が物足りないかも。
他のBD作品と比べるとそこそこ。
BD初期のタイトルと考えるとかなり頑張ったほうではないでしょうか。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで高画質を再現したPHLのMPEG-4 AVCエンコードは当時から安定感がある。
音はかなり迫力がありいい感じ。
DTS-HD Master Audio(ロスレス)という自分の環境ではオーバースペックなのでDTSで聞きましたがそれでもすごい。
重圧なサウンドが出ており情報量が多く存在感のあるサウンドになっています。
このサウンドがいい感じに映画を盛り上げてくれる。
ストーリーは戦争映画というよりアクション映画。
とにかく緊迫感のある展開の連続です。
一度DVDで観た事がありますがそれでもスリル満点で楽しめました。
一部の設定のリアリティのなさが気になりますが、それでも細かい作り込みがありよい。
アクションシーンやカメラワークなども好み。
テンポもよいのでダレる事なく観る事ができる。
ただこの手の戦争系の映画はどうしても他方を絶対悪として描くのが多いのでその点はあまり好きではありません。
時代背景や設定などは深く考えずに娯楽映画として観ると緊張の連続でドキドキハラハラ楽しめると思います。
特典は音声解説と予告のみの寂しい作り。
何故かポップアップメニューからしか表示できませんでしたが、トップメニューがあったのは満足。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★★
・話:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【エネミー・ライン】
原題:BEHIND ENEMY LINES
監督:ジョン・ムーア
主演:オーウェン・ウィルソン
製作年:2001年
発売日:2006/11/10
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[ 2007/07/01 11:18 ] あ行 | TB(0) | CM(0)

2007年07月発売リスト 


▼2007/07/04

MISIA/THE TOUR OF MISIA 2007 ASCENSION
Amazon

イバラード時間
Amazon】【評価/批評

▼2007/07/06

ザ・センチネル 陰謀の星条旗
Amazon

▼2007/07/13

スペース カウボーイ
Amazon】【評価/批評

トレーニング デイ
Amazon】【評価/批評

リーサル・ウェポン2 炎の約束
Amazon

許されざる者
Amazon】【評価/批評

燃えよドラゴン
Amazon】【評価/批評

狼たちの午後
Amazon

▼2007/07/18

AKB48/ファーストコンサート「会いたかった~柱はないぜ!~」 in 日本青年館 ノーマルバージョン
Amazon

AKB48/ファーストコンサート「会いたかった~柱はないぜ!~」 in 日本青年館 シャッフルバージョン
Amazon

▼2007/07/20

ハッピー フィート
Amazon】【評価/批評

▼2007/07/25

楽園 ~Water&Forest~
Amazon

花 ~Scenery with Flowers~
Amazon

フラットライナーズ
Amazon】【評価/批評

パトリオット エクステンテッド・エディション
Amazon】【評価/批評

幸せのちから
Amazon】【評価/批評

▼2007/07/27

世界自然遺産 アジアI /アジアII
Amazon

王立宇宙軍 オネアミスの翼
Amazon】【評価/批評

機動警察パトレイバー 劇場版
Amazon】【評価/批評

▼18禁
[ 2007/07/01 00:00 ] 発売済み | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。