スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シックス・センス 

シックス・センス

▼ジャケット表
sixthsense1.jpg

▼ジャケット裏
sixthsense2.jpg

▼盤面
sixthsense3.jpg

▼仕様
・時間:107分(本編)+125分(特典)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:日本語吹替用字幕
・字幕③:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
少年は死者を見ることができる。
しかし、それは誰も知らない<第6の感覚>!
少児精神科医マルコムは、以前担当したヴィンセントという少年を助けられなかったことに深く傷つき、人生に絶望しかけていた。
そんなおり、8歳の少年コールが新しい患者として現われる。
いつも何かにひどく怯え、ひとり心を閉ざすコール。
説得の末、マルコムはコールからの驚愕の"真実"を聞きだす。
「僕には死んだ人が見えるんだ」…。
コールを助けようとするマルコムの前に、科学では説明のつかない"何か"が全貌を現し始める…。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ。
フィルムグレインはかなり細かい粒状感のあるもの。
それがかなり控えめに処理されております。
すっきりしているものの、映像に厚みがなくのっぺりとした印象を受けるくらい。
個人的にはもう少しグレイン量があったほうが好み。
シャープさはイマイチ。
甘さの残る少し眠たい映像となっています。
引きのシーンではそれを特に感じる事ができる。
アップのシーンは比較的頑張ってはおりますが、平面的で少しメリハリに欠ける印象。
暗部の諧調表現も少し黒が潰れがちに感じますが、許容範囲。
発色自体はよく綺麗に見る事ができます。
10年前の作品と考えるとそこそこ満足はできる。
ただ、もう少しフィルムっぽさを残して欲しかったです。
映画というよりTV的な映像になってしまっています。
ですので、グレインが苦手な方ならもう少し評価が高まるかもしれません。
【音質】
音は中々。
重低音はしっかりと厚みを感じる事ができる音。
基本的には控えめな音になっていますが、鳴る箇所ではよく音が出る。
メリハリの効いた仕上がりとなっています。
高音も綺麗に出ており音がクリア。
サラウンド感はそこそこ。
上述の低音と同様に、シーンによっての使い分けがよく出来ている。
静かな箇所、急に音が回る箇所など、映像に合った面白い音となっています。
迫力があるという訳ではありませんが、こういった音は好み。
セリフ部分はクリアで聞き取り易く良好です。
しっかりとした音質で満足できるのではないでしょうか。
【物語】
内容はシャマラン監督によるサスペンススリラー。
ホラーのような、サスペンスのような、ロマンスのような、様々な要素の組み合わさった作品です。
冒頭の展開から、グイグイと心を掴んでいく。
テンポよく話が進み、あっという間に終盤へ。
心理的に驚く箇所もあれば、感動する箇所もありと飽きさせません。
そして観る人を驚かすラスト。
初めて観賞する人なら間違いなく楽しめる傑作です。
二度目からも様々な伏線に気づいたりと、楽しむ事はできる。
何度か観賞している作品ですが、それでも面白かったです。
正直、シャマラン作品は合わない事が多いのですが、この作品に限って言えばかなり好み。
未視聴な人は予備知識を一切入れずに観てもらいたい、そんな作品です。
【特典】
特典はSD画質で未公開シーン、サウンドデザイン、観客の反応、ルール&手掛かり、メイキング、2つの世界の間で、絵コンテ、予告&TVスポット。
未公開シーンにはもう一つのエンディングなども収録されています。
ボリュームは中々のものですが、全てSD画質なのは残念。
古い作品ですし、特典映像は恐らくSDソースしかないかと思われるので仕方ないでしょうか。
【総評】
画質/音質は10年前の作品と考えるとそこそこ満足はできる。
特典はSD収録ながらボリュームがありますので、見応えはあります。
興味があって未視聴な方は是非。
作品のファンの方もある程度満足できる作りになっているかと思います。

▼個人的評価
・画:★★★☆☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★★
・特:★★★☆☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【シックス・センス】
原題:THE SIXTH SENSE
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント
製作年:1999年
発売日:2009/07/24
販売元:ポニーキャニオン

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
スポンサーサイト
[ 2009/09/20 18:00 ] さ行 | TB(0) | CM(2)

ソウ5 アンレイテッド・エディション 

ソウ5 アンレイテッド・エディション

▼ジャケット表
saw51.jpg

▼ジャケット裏
saw52.jpg

▼盤面
saw53.jpg

▼仕様
・時間:約96分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/7.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/6.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
遂に最期か!?
全世界大ヒット・シリーズ
戦慄の【ソリッド・シチュエーション・スリラー】第5弾!!
九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそ、ジグソウの後継者ではないかと疑う。
一方、ジグソウが生前、弁護士に預けていた遺言と遺品を見て衝撃に襲われるジグソウの元妻、ジル。
その頃、コンクリートの床の上で5人の男女が目覚め始めていた。
彼らは犬の首輪に繋がれ、壁にはV字製の大きな刃がセットされている…。
「ハロー!5人が一緒になって、生き残りに励んでほしい」
それは新しいゲームの始まりだった。
果たして、ゲームの仕掛人はホフマン刑事なのだろうか?
そして、ジルが驚愕したジグソウの遺言の内容と遺品とは何だったのだろうか!?

▼感想
未視聴。
視聴後感想はUPします。

▼個人的評価
・画:・・・・・
・音:・・・・・
・話:・・・・・
・特:・・・・・
・総:・・・・・

▼Amazon


【ソウ5 アンレイテッド・エディション】
原題:SAW V
監督:デヴィッド・ハックル
出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、スコット・パターソン
製作年:2008年
発売日:2009/03/19
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[ 2009/03/20 00:04 ] さ行 | TB(0) | CM(1)

ザ・エージェント 

ザ・エージェント

▼ジャケット表
jerrymaguire1.jpg

▼ジャケット裏
jerrymaguire2.jpg

▼盤面
jerrymaguire3.jpg

▼仕様
・時間:約138分
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語
・音声②:ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:MPEG-4 AVC

▼内容
挫折が彼に与えたのは、信頼、友情、そして本当の愛。
スポーツ選手の契約を一手に仕切るやり手のスポーツ・エージェント、ジェリー・マクガイアは、利益ばかりを追求するやり方に疑問を感じ提案書を提出。
それがもとで会社をクビに。
独立したジェリーに現実は甘くなく、ついてきたのは落ち目のアメフト選手ロッドと会計係のドロシーだけだった。
トム・クルーズが人生の挫折を乗り越える人間味ある役柄に初挑戦。
仕事に流されていく現代、良心に従って行動することの難しさと尊さ、そして愛する人と支え合うことの大切さを謳い上げる爽やかなヒューマン・ドラマ。

▼感想
【画質】
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは適度に点在している。
暗部シーンでは強めに感じますが、全体を通すとうるさい訳でもなく良好。
フィルムライクな質感が適度に出ていると思います。
シャープさも中々満足できるレベル。
輪郭線が丁寧に再現されており満足できる。
引きのシーンでもそこまで甘くなる事がなくバランスがよいです。
暗部シーンの諧調も悪くないですので見やすい。
ただ、気になるのが画質のバラツキ。
全体を通すと概ね良いのですが、ガクッと画質が落ちる箇所がいくつか点在しています。
ビットレートが下がっている訳でもありませんので仕様でしょうか。
撮影機材が違うのかマスターの質なのか、少し気になりました。
他のBD作品と比べると綺麗な部類に入ると思います。
10年以上前の作品と考えれば十分満足できるレベルではないでしょうか。
ガクッと画質が落ちる箇所を除けば、下手な新作より綺麗に感じる事ができると思います。
【音質】
音は中々よい。
重低音は控えめです。
鳴りは控えめながらも響きは悪くない。
高音は綺麗に出ており広がりを感じる音に。
サラウンド感は大人しい。
ヒューマンドラマといった作品ですので、仕方ありませんね。
ただ、試合のシーンや音が沢山出ているシーンでも大人しいのは気になりました。
セリフ部分はクリアで聞き取りやすく良好。
しっかり原音に忠実な音なのではないでしょうか。
【物語】
内容はトム・クルーズ主演のヒューマンドラマ。
挫折があり成長があり恋がありと王道的な流れになっています。
テンポは悪くないのですが、途中途中で少しダレを感じる。
ゆったりしたテンポなのに急速に感情が動いたりと、感情の推移が分かりずらく描写不足を感じる事も。
ただ、ラスト付近の展開は素晴らしく涙腺が緩くなったり心が暖まります。
最近のトム・クルーズとは違った新鮮な気持ちで見る事ができます。
他役者達も個性的かつ安定した演技でしっかり魅せてくれる。
典型的なハッピーエンドストーリーですので、安心して観賞できるのではないでしょうか。
【特典】
特典は音声解説、BD-LIVEの他、HD画質で提案書、SPE作品の予告編集、SD画質でメイキング&ドキュメンタリー、未公開シーン、リハーサル映像、CMやPVなどそこそこ。
SD画質な特典が主なのは物足りなさがありますが、古め作品なので仕方ないでしょうか。
提案書は劇中で主人公が提出したものを日本語訳にしたもので、劇中では深く語られなかった提案書の内容を読む事ができ、さらに劇中のシーンが映像で流れるような仕組みになっており、作品のファンなら楽しめるのではないでしょうか。
これの出来がよかったので特典面では★+1。
【総評】
画質/音質共に及第点以上ですし、特典はそこそこ、作品のファンなら安心して楽しめる一本になっています。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★★☆
・話:★★★★☆
・特:★★★★☆
・総:★★★★☆

▼Amazon


【ザ・エージェント】
原題:JERRY MAGUIRE
監督:キャメロン・クロウ
出演:トム・クルーズ、レニー・ゼルウィガー、キューバ・グッディング・Jr
製作年:1996年
発売日:2008/09/24
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/02/08 07:44 ] さ行 | TB(0) | CM(0)

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

▼ジャケット表
clonewars1.jpg

▼ジャケット裏
clonewars2.jpg

▼盤面
clonewars3.jpg

▼仕様
・時間:98分(本編)
・映像:1080p/スコープ(2.35:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面2層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
遥か彼方の銀河系で…「スター・ウォーズ」の新たな伝説が誕生した!
しかも今度は、ルーカスフィルム・アニメーション制作による、シリーズ初の3Dアニメーション!
ファンにはおなじみの登場人物に加え、多くの新キャラクターも登場。
誰も見たことのない「スター・ウォーズ」がここにある。
クローン戦争が全銀河系に広がる中、アナキン・スカイウォーカーと新米のパダワン(弟子)であるアソーカ・タノは、犯罪組織の首領ジャバ・ザ・ハットの誘拐された息子を救出するという、危険な任務に乗り出す。
任務の重要性を察知した反乱軍のドゥークー伯爵は、これを是が非でも阻止せんと、最強の刺客アサージ・ヴェントレスを放つ。
一方前線では、クローンの大群を率いたオビ=ワン・ケノービとマスター・ヨーダが、ドロイドの軍勢相手に激闘を繰り広げ、暗黒面のフォースに抵抗していた。
ライトセーバーを構えよ!
新時代の冒険が待っている!
"「クローン・ウォーズ」によって、あの懐かしいスター・ウォーズの感動が蘇る!"

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
CGアニメという事でフィルムグレインはなく綺麗ですっきりした映像。
シャープさはイマイチ物足りない。
他のCGアニメ作品はどちらかと言うと細部までくっきり再現されている事が多いのですが、この作品は輪郭が甘い。
ソフトフォーカスをかけたかのような意図的な演出箇所も見受けられますが、それ以外の箇所も全体を通して甘く感じます。
ただ、あくまでCGアニメという枠の中で考えた場合に甘く感じるというだけで、ぼけているという訳ではありません。
暗いシーンは破綻する事なくしっかりと再現できています。
諧調表現もよいですし、この辺はさすが。
気になったのは動きの多いシーン。
スピード感あるシーンが盛り沢山ですが、この再現度があまりよろしくない。
破綻はしておりませんが、ブレるかのような見ずらさがあります。
これは止め絵にしても変わりませんので、TVやモニタの問題ではなく映像自体の問題。
もう少し頑張って再現して欲しかった。
他のBD作品と比べるとCGアニメという事もありますがそこそこ綺麗。
全体を通して悪くはないですし綺麗ではありますが、他のCGアニメと比べると明らかに1ランク落ちます。
もっといい画質で出せたと思うだけに残念。
【音質】
音は並程度でしょうか。
吹替え音声、英語音声どちらでも聴きましたが、音が大人しい。
音量だけはあるのですが、しっかりと芯に響いてこない。
重低音の響きがあまり伝わってこなくて迫力に欠けます。
高音はクリアでよいのですが、広がりに物足りなさが。
サラウンド感はまずまずです。
音の位置もしっかりしていますし、色々な箇所から鳴るので臨場感はあります。
セリフ部分は少し被ってしまう事があり、クリアとは言い難い。
聞き取りにくい箇所がいくつかありました。
しかし、このご時世にロスレスサウンドを未収録とは、怠慢としか思えません。
スター・ウォーズのよく鳴る音が台無しです。
【物語】
内容はスター・ウォーズの世界観を踏襲したCGアニメ。
ストーリーの位置的にはエピソード2と3の間のようです。
スター・ウォーズを見ていないと話は分からない内容かな。
CGアニメになってはいますが、しっかりスター・ウォーズをしている。
ただ設定的に無理がある箇所もあったり後付け的な箇所も。
テンポは早くトントンと展開していきますので飽きる事はありません。
見慣れた登場人物がCGキャラになり動いているのは楽しめます。
アクションなどもよく出来ている。
しかし気になるのは規模の小ささ。
クローン・ウォーズを題材にしていながら、スケールが小さい。
CGアニメでやる必要性があったのかと思うくらいです。
どうせCGアニメでやるならならもっとスケールの大きい作品にして欲しかったかも。
とは言え、普通に楽しく観れる内容にはなっています。
【特典】
特典はSD画質で映像付き解説の他、HD画質で製作スタッフなどのインタビュー、メイキング、US公式サイトコンテンツ、予告など、SD画質で未公開シーンと中々。
ホログラム・メモリーゲームは神経衰弱ゲームになっており、クリアするとHD画質のボーナス映像が見れる仕組みになっています。
【総評】
画質/音質は悪くはないものの、もっといい仕様で出せただけに大変残念な作品です。
悪い意味でワーナーらしい仕様になってしまっています。
ファンや興味がある人なら。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★☆☆
・特:★★★★☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ】
原題:STAR WARS: THE CLONE WARS
監督:デイヴ・フィローニ
出演:マット・ランター(声)、ジェームズ・アーノルド・テイラー(声)
製作年:2008年
発売日:2008/12/17
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2009/01/16 00:16 ] さ行 | TB(0) | CM(1)

最高の人生の見つけ方 

最高の人生の見つけ方

▼ジャケット表
thebucketlist1.jpg

▼ジャケット裏
thebucketlist2.jpg

▼盤面
thebucketlist3.jpg

▼仕様
・時間:97分(本編)
・映像:1080p/ビスタ(1.85:1)
・音声①:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
・音声②:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
・字幕①:日本語字幕
・字幕②:英語字幕
・ディスク:片面1層(Blu-ray Disc)
・動画圧縮:VC-1

▼内容
ジャック・ニコルソン×モーガン・フリーマンが男の人生と友情を、明るく優しく描いた感動のヒューマンドラマ!
一度きりの人生なら、華々しく生きようじゃないか。
大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)と、勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)。
一見接点のない二人が、ガン病棟の一室で出会った。
余命を宣告された時、彼らが作ったもの…それは棺おけリスト。
棺おけに入る前にやっておきたいことを記したそのリストを携え、二人は生涯最後の冒険旅行に出掛ける。
スカイダイビング?
チェック。
憧れのスーパーカーでレーストラックをぶっ飛ばす?
チェック。
ピラミッド見物?
チェック。
人生の喜びを味わい尽くす?
チェック!
リストがひとづずつ実現していく中、望むものは何でも手に入れてきた男が、本当にほしかったものとは?
家族のために夢をあきらめ続けてきた男が、最後に見つけた幸せとは?
ロブ・ライナー監督による鮮やかなタクトさばきの下、稀代の名優二人がニュアンス豊かに歌い上げる生の賛歌。
人生を悔いなく楽しく生きるのに、遅すぎることなど決してないというメッセージが心に響く、感動の物語。

▼感想
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
フィルムグレインはシーンによってバラツキを感じるもの。
暗いシーンをはじめ、少しザラつきを感じるレベルまで強い処理もあれば、取り除かれているかのようなすっきりとしたシーンもあります。
全体を通すと細かい粒状感が残る程度ですので、うるさい事もありませんし、フィルムライクな質感は中々よく出ているのではないでしょうか。
シャープさは少し弱めで輪郭が甘い箇所が多いです。
アップのシーンの質感や輪郭はよい出来が多いのですが、引きのシーンになると甘く感じる事が多いです。
暗いシーンなどで破綻する事などはなく頑張っている。
少し気になるのは質のバラツキでしょうか。
色のメリハリに欠けると感じる事もあれば、ピラミッドのシーンのように色の鮮やかさが丁寧に再現できている事もある。
マスターの問題なのか分かりませんが、いい画質、微妙な画質の差を感じます。
とは言え、全体を通すと中々満足できる画質ではないでしょうか。
他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な部類に入ります。
ワーナーの1層とあって画質的に不安がありましたが、これならそこそこ満足できる画質です。
【音質】
音はとりたてて印象に残りません。
重低音は少し軽さが残るものの鳴りはよい。
高音は伸びが悪い訳でもなくよい訳でもなく。
全体的に大人しい音になっています。
サラウンド感はほとんど感じる事はできません。
ドラマ調の箇所はもちろんですが、効果音でもあまり感じる事はできないです。
セリフ部分は比較的クリアで聞き取り易い。
このようなドラマ調な作品と言えど、このご時世にロスレスサウンドを収録していないのはいかがなものか。
音質が悪い訳ではありませんが、もっとよい音での収録が可能だっただけに残念に思います。
【物語】
内容はジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演のヒューマンドラマ。
余命を宣告された2人が残りの人生を楽しむというもの。
主題としては重いはずですが、軽快にテンポよく進めてくれるので疲れる事は全くありません。
笑いもあり涙もあり素敵な物語になっています。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。
彼らの味のある年齢だからこそ観ていて入り込む事ができます。
観た後に心が温かくなれるそんな作品。
自分はかなり楽しむ事ができました。
【特典】
特典はSD画質でPVのみと寂しい作り。
【総評】
画質/音質は悪くはないのですが、もっとよく出来たと思いますし、特典も寂しい。
内容がいいだけにもっと良いものを手元に置いておきたかった。
残念な仕様です。

▼個人的評価
・画:★★★★☆
・音:★★★☆☆
・話:★★★★★
・特:★☆☆☆☆
・総:★★★☆☆

▼Amazon


【最高の人生の見つけ方】
原題:THE BUCKET LIST
監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン
製作年:2005年
発売日:2008/09/25
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

--以下ネタバレ注意--

▼スクリーンキャプチャ
[ 2008/11/06 12:51 ] さ行 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。